Yosuke さん プロフィール

  •  
Yosukeさん: 料理撮影のブログ|カメラマン小山洋介
ハンドル名Yosuke さん
ブログタイトル料理撮影のブログ|カメラマン小山洋介
ブログURLhttp://ryoriphoto.com/
サイト紹介文料理写真を上手に撮る撮影方法などの解説や出張撮影サービスを行っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 66日(平均1.6回/週) - 参加 2017/10/23 18:35

Yosuke さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ストロボを使用した料理撮影時の「光の向き」や「光の質」ついて考える
  • カメラの操作が一通りできたら、今度は料理に当たる光がどんな方向から当たるのか、どのような質感の光が当たるのか、これらのことが重要になってきます。ここでは料理撮影における「光の向き」や「光の質」とは、どういった種類があるのかを解説します。ここでは写真撮影の技術以外の重要な要素である、料理の盛り付けやテーブルセッティングなどのスタイリングについては言及しません。料理写真における光の質私が撮影する場合は [続きを読む]
  • シフトレンズとは普通のレンズと何が違うのか?
  • シフトレンズとは、かつて大判、中判カメラで行っていたチルト、ティルト、シフトといったアオリ撮影の作業をシフトレンズのみで行うことができる特殊なレンズです。アオリ撮影とはチルト、ティルト、シフトなどを用いた撮影方法の総称です。中判カメラでのアオリ例、大判、中判カメラではジャバラがあり上下左右、前後にレンズが動くような設計になっており自由度が高い。チルト、ティルト撮影とはピントの合う範囲は被写体とカメ [続きを読む]
  • カメラマンの撮影料金について
  • 広告写真に携わっている方ならばご存知だろうが、有名カメラマンの料金、ギャラは人気によってまちまちである。芸能人と同じだ。売れてれば高いし、売れてなければ安い。有名カメラマン以外の広告撮影を行なっているカメラマンは大抵基本的なラインがあって基本料金3万-5万、1カット3000-15000という感じだ。化粧品の撮影なんかは合成作業が増えるので単価は高くなる。この価格帯だと請求金額は大抵10万円前後となる。また、こ [続きを読む]
  • 写真機材無しで美味しそうに撮影する4つのポイント
  • ここでは写真用の機材なしで美味しそうに撮影する方法を解説します。といってもレフ板は使います。レフ板はあると大変便利です。600円以内でしっかりしたものを用意できますので、ぜひご用意ください。レフ版とは、レフ版を簡単に自作する2017.09.251. 料理に当たる光を一つにする。料理に当たる光を一つにするとは、太陽の光で撮影する場合に、室内の照明が料理に当たらないようにするという事です。つまり室内の照明を消すという [続きを読む]
  • アートレとプラスチック障子紙を比較してみた
  • アートレとプラスチック障子紙のディフューザーとしての性能の違いをテストしてみました。プラスチック障子紙一般家庭の障子張り替え用に作られたプラスチック障子紙は猫を飼っている家の障子の交換として絶大な人気を誇るようです。猫や子供は障子をすぐに破ってしまいますのでこのプラスチック障子紙はその名の通りプラスチックでできており非常に丈夫です。指でついて穴を開けるのが困難なほど丈夫です。汚れたら水拭きすること [続きを読む]
  • 三脚とは、予算別の三脚の選びかた
  • 三脚は写真の構図を決めた後に、カメラの位置を固定するための道具です。料理写真の撮影ではコースの集合写真を撮るときなどにあると便利です。三脚なしでコース料理を撮ることもできますが、構図を決めて細かい微調節が出来ないので大雑把なレイアウトになってしまいます。三脚はできれば用意したほうがよいです。三脚のサイズは機能としては大は小を兼ねます。問題は持ち運びの際に「大きいと重い」ということです。大きくなるほ [続きを読む]
  • 職人気質の人たち
  • 私はカメラマンという一人の職人ですので、職人の考えることはだいたいわかります。「このレベルの商品で、この価格でサービスを提供すればお客様は集まるだろう。」しかし、実際には想定したほどには集まりません。私もかつては「良い商品を提供していればお客様は自然と集まる」と思っていました。現実は誰もあなたを知りませんし、興味もありません。お客様は自分が何をしてもらえるかに興味があるのであって、それを私たち職人 [続きを読む]
  • 料理を撮るカメラは何がよいか、カメラを選ぶための2つの要素
  • 料理の写真撮影でカメラは何がよいのか? 答えは「センサーサイズが大きい、レンズが交換できるカメラ」です。それをこれから解説します。大きく二つ要素があります。カメラのセンサーの大きさ。レンズ交換ができるかどうかカメラのセンサーサイズの大きさの違いとはカメラごとのセンサーサイズの違いと呼び名(出典:カメラ選び&購入のポイント)センサーが大きいと、背景のボケがキレイな写真を撮ることができます。背景がキレ [続きを読む]
  • 広角レンズ、望遠レンズとは
  • 広角レンズ、望遠レンズの違いは写る範囲(角度)の違いです。広角レンズは広い範囲を撮影することができるので風景写真や建築の写真で使われます。望遠レンズ写る範囲が狭いので遠くのものを近くにあるように撮ることができます。天体観測、サッカー、野球などフィールドの広いスポーツなどで使われます。特に明確な決まりはありませんが、35mm以下は広角レンズ50mm前後が標準レンズ100mm以上は望遠レンズといった感じで使い分け [続きを読む]
  • レフ版とは、レフ版を簡単に自作する
  • ここではレフ版の使い方とレフ版の自作方法を解説します。室内で料理や商品を撮影する場合はレフ版があると劇的にきれいに撮影できるようになりますのでぜひ準備してください。レフ板とはレフ板は白や銀で色付けされた板や布で、光を反射させるためのものです。板や布に白や銀、金、黒などの紙を貼ったり、塗料を塗ったりして光の反射を調節する写真撮影用の道具です。布のレフ板ハクバ板のレフ板エツミレフ版の使い方と利点レフ板 [続きを読む]
  • 過去の記事 …