shkd さん プロフィール

  •  
shkdさん: SHKDのブログ
ハンドル名shkd さん
ブログタイトルSHKDのブログ
ブログURLhttp://shkd.jugem.jp/
サイト紹介文かつてケン・ウィルバーとインテグラル理論に深く傾倒していた人間が、さらなる深みと対決していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 264日(平均0.3回/週) - 参加 2017/10/24 11:06

shkd さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • インテグラル思想等に関する勉強会の予告(大阪、8月以降)
  • 突然ですが、今年の8月以降のどこかで、インテグラル思想等に関する勉強会及び交流会を再開することを検討しています。 2010年から13年にかけて京都でウィルバー勉強会を開いていたので、約5年ぶりでしょうか。場所は大阪北部、日時は土日祝の午後となる予定です。 内容は未決定ですが、勉強面の主な候補としては、1. ウィルバー-コムスの格子を超えて――オファロンのSTAGEモデル入門2. 経済とお金の根本問題への統合的アプロ [続きを読む]
  • 実存、愛、経済――人々を窒息させている3つの鎖
  • 現代の日本社会にどこか閉塞した空気が漂っていることは、よほど鈍感な人や恵まれすぎた人でなければ、おそらく多くの人が同意するでしょう。 それは"空気"だけでなく、自殺や犯罪の発生、実質賃金の低迷や貧困家庭の増加といった外的事実として顕在化しています。 けれども、その原因は何でしょうか。個別的には様々な原因が絡んでいるでしょううが、現代社会の閉塞性の最も中核にある原因とは、いったい何なのでしょうか。 [続きを読む]
  • もう1つのブログも紹介しておきます
  • もう1つのブログは礼儀がよくないので紹介しないと述べましたが、社会の不正や無思慮に対する本能的な憤りを表明することがあるだけであって、別に特定の個人に対する誹謗中傷などをしているわけではないので、一応紹介しておきます。 SHKDhttp://shkd.blog.fc2.com/ まあ、個人としての正式なブログにするつもりはないので、これからもあまり読者のことは考えずに、書いていくと思います。 クズとかカスとか、そのほうが自分 [続きを読む]
  • このブログは休止します
  • このブログは休止します。 主な理由は、個人の正式ブログとしても通用しうるように外向けの顔をつくることに疲労したことと、そもそも個人としての正式なブログが当面必要ないと思われるからです。 コストに見合うメリットが消失したと言ってもいいですが。 一応、もう1つブログがありますが、罵詈雑言などが自由に書けなくなりそうなので、ここで紹介するのはやめておきます。 まあ、キーワードを上手に選んでググれば見つ [続きを読む]
  • 超越-内在パターンを意識化する
  • 単に統合的であれる――様々な分野の知を有機的な全体へと結集させられる――だけでなく、空なるスピリット(創造的深淵)とも親しくなってきたときに、触れておくとよいと思われる見方があります。 それは「超越-内在パターン」、及び、それを1つの要素とする「発達の1234パターン」です。 ヴィジョン・ロジックの臨界点に到達し、空なるスピリットにさえも少しずつ触れられるようになってきた頃というのは、確かに古い旅が終 [続きを読む]
  • 人々の生活を変えられない思想
  • 発達理論やインテグラル理論の現状に対する不満や懸念は数多くありますが、個人的な実感として大切にしたいと思うのは、結局、一部の人たちが「上のほう」で何かやっているだけで、市井の生活においては全く何も変化が感じられないということです。もっとも、1つの理論や思想にそこまで求めるのは酷かもしれませんが、少なくともその程度のことさえも出来ないのなら、インテグラル思想を「現存する最も包括的で統合的な思想」 [続きを読む]
  • 「世界にはなぜ膨大な悪や苦が存在するのか」に対する神学の見方
  • 現代において「神が死んだ」ことには一定の正当性があるでしょう。 とはいえ、神学にも、単純に神の愛を信仰するものばかりではなく、ほとんど「神との対決」と言っていいような立場があることは、私のようにキリスト教と直接関わりのない人々にももっと知られるべきだと思います。 私たちは、創造主としての神("スピリット")の存在を仮定するとき、誠実に考えていくと次のような疑問に容易に直面します。    1. 神は全 [続きを読む]
  • インテグラル理論は使っても使われるな
  • インテグラル理論を紹介する記事を書いておいて何ですが、私は現状のインテグラル・コミュニティに大した未来はないと考えており、インテグラル理論そのものが世界を大きく変えることもないと思っています。 Integral Lifeのサイトなどで、毎月毎月、中身の薄っぺらい同じような文章が量産されているのを見るたびに、ますますその思いは強くなります。 確かにインテグラル理論は、本物を目指す現代の探求者ならば誰でも知ってお [続きを読む]
  • 10分で分かるインテグラル理論入門 Part3(最終)
  • 〇4. タイプ 例えば、自我の重心を同じ合理的段階に置いている人であっても、ある人は時流の変化を捉えた新規ビジネスを立ち上げ、ある人は科学や哲学の基礎研究に邁進するかもしれません。 深く捉えるなら、前者の人は世界に適応することで世界を変えようとし、後者の人は世界の真理を解き明かすことで世界を変えようとしたと言い直せるかもしれません。 ここで大事なことは、本質的にどちらが優れているというわけではない [続きを読む]
  • 10分で分かるインテグラル理論入門 Part2
  • 〇2. レベル 子どもから成人にいたる過程を考えれば明らかなように、人間の成長とは、水平的、あるいは量的に知識や経験が増えていくだけのものではなく、垂直的に、質的な飛躍を遂げていくものでもあります。 インテグラル理論では、そうした質的な飛躍は子どもから成人までの間に限られるものではなく、適切な条件が整えば、成人してからもさらに起こりうるものであると考えます。成人の自我もまた、「あるレベル」から「次 [続きを読む]
  • 10分で分かるインテグラル理論入門 Part1
  • 〇インテグラル理論とは何か? インテグラル理論(Integral Theory)とは、アメリカの現代思想家ケン・ウィルバー(1949-)が創始した理論のことです。「インテグラル思想」「インテグラル・アプローチ」「インテグラル・フレームワーク」「統合哲学」などとも呼ばれます。 インテグラル(統合的)という単語は、包括的で、全てのものを含んでおり、何も周縁化せず、包容力があるということを意味している。 どのような分野へ [続きを読む]
  • 過去の記事 …