さすけ3世 さん プロフィール

  •  
さすけ3世さん: セミリタイアへの道 〜 穏やかな日常を目指して 〜
ハンドル名さすけ3世 さん
ブログタイトルセミリタイアへの道 〜 穏やかな日常を目指して 〜
ブログURLhttps://semi-ritired.blogspot.jp/
サイト紹介文旅行と読書に専念する為、サラリーマンを辞めセミリタイアしました。楽しい人生はこれからです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供267回 / 249日(平均7.5回/週) - 参加 2017/10/24 12:06

さすけ3世 さんのブログ記事

  • DOWAホールディングスの株主総会へ行ってきました
  • セミリタイア生活の楽しみの一つが保有する会社の株主総会への出席ですね。株主総会は平日の午前中に開催ですから、サラリーマンの姿を見ることは少ないですね。出席者のほとんどはご老人と専業主婦風の方がほとんどです。最近は減少傾向にあるとはいえ、懇親会やお土産を用意してくれる会社もあります。DOWAホールディングス株式会社もその中の一つです。株主総会の会場は高級ホテルの「ホテル椿山荘東京」!ホテル椿山荘東京は藤 [続きを読む]
  • 欧州旅行の裏テーマ 〜 イタリアでのロングステイ研究 〜
  • ロングステイと言えばアジアだが。。。ロングステイと言えば、セミリタイア界隈ではタイなど東南アジアが人気です。一年中暑い気候に加えて、物価も日本より安い。何より開放的な雰囲気がセミリタイアにピッタリなのは同意するところです。一方ヨーロッパと言えば、一般的な旅行では人気が高いですが、長期滞在となると話が別ですね。本当に長期となるとビザの問題に加え、日本からの距離もネックになります。何よりも物価は東南ア [続きを読む]
  • 『残業代出ない「課長昇進はイヤ」は大間違い!』は大間違い?
  • 会社によって状況が違うNIKKEI STYLEの記事である"残業代出ない「課長昇進はイヤ」は大間違い! 働き方改革で激変する給与の裏側"を読んで思ったことは、自分の労働環境とは偉い違いだな!ということですね。記事内ではさら〜っと" そもそもの残業が減るので、残業代も減ってしまうからです。"(引用元: https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180624-00010002-nikkeisty-bus_all )と書いていますが、そもそもそれが本当かね [続きを読む]
  • セミリタイア後最大のイベント 〜 1か月の欧州旅行へ 〜
  • セミリタイア後に初の長期旅行へ「旅行と読書の為にセミリタイアした」と言いながらも、長期の旅行はなかなか行くことができませんでした。一番の理由は、セミリタイア生活というのは思ったより心地よくて、日々の移動が自宅 → ジム → 図書館という単調な生活でも、ここ1年くらいは全く飽きることがなかったからですね。セミリタイアする前は旅行に対する禁断症状みたいなものが出るかな?と思いましたがそういうことはなかった [続きを読む]
  • バブル入社組の憂鬱はセミリタイアで解決可能
  • NIKKEI STYLE の"嫌われる「バブル入社組」に未来はあるか? 彼らが憂鬱になる5つの原因とは"という記事を読みました。私もバブル入社組なので、この手の記事にはつい食いついてしまいます。この記事によりますとバブル入社組が憂鬱になる5つの原因として以下が挙げられています。1.今の時代に合わない2.氷河期世代との相性が悪い3.マネジメント力が弱い4.「年下の上司」という状況が我慢ならない5.今後の15年間が想像 [続きを読む]
  • セミリタイア後に体力は落ちるか?
  • サラリーマン時代のトレーニングサラリーマン時代には内勤だったので、会社では身体を動かすということがあまりありませんでした。せいぜいランチ時に外出するのと、コピーとトイレに行く程度。お陰様で慢性の腰痛になりました。ただし、サラリーマン時代の後半は節約とトレーニングを兼ねて毎朝2駅分(2Km程度)は歩いており、週に最低1度はジムのプールでウォーキングを行っていました。そんなわけで、サラリーマン時代は最低限 [続きを読む]
  • セミリタイアの為なら「ケチ」と呼ばれてもかまいません!
  • オーバースペックのホテルに泊まらないとケチ?私はサラリーマン時代に「ケチ」と呼ばれることがしばしばありました。一番の理由はどうやらホテル選びらしいです。当時の私の会社は出張旅費規程ではホテル代金は定額制の支給。これは1泊すれば実際の宿泊代金に関わらず、例えば10,000円貰えるというもの。「○○社の部長たるもの安いホテルには泊まれない!」と見栄を張る部長は規程ギリギリの高いホテルに宿泊していましたが、私 [続きを読む]
  • 会社にとって住宅ローンは社員を縛る有効なツール
  • 会社から見た住宅ローンの意味サラリーマンとして社会人生活をスタートしたばかりの時に、先輩が住宅ローンについて語ったことで妙に印象に残っているものがあります。「会社は社員に家に買わせるのは住宅ローンで会社に縛り付ける為。 数千万円のローンを抱えていたら、ちょっとやそっとじゃ辞めないだろ?」と言うようなものです。会社はメインバンクと協力して一般より安い住宅金利を社員に提供したり、不動産屋と組んで家を割 [続きを読む]
  • 民泊解禁 〜 民泊OKの物件には住みたくない! 〜
  • 民泊解禁民泊が本格的に開始されたとのことです。私自身は学生時代に東欧旅行をした際に民泊を利用したことがあります。ベルリンの壁崩壊直後に行ったので、東欧はホテル数が不足していたと思います。当時の東欧は物価がえらく安かったのですが普通のホテルは激高!貧乏学生は実質的に民泊一択でした。物件は郊外の団地という感じが多く、3DKくらいの物件の一室を貸し出すスタイルが主流ですが、オーナーも普通に暮らしていました [続きを読む]
  • 新聞は図書館で読めばタダ
  • セミリタイア後は新聞は読まなくなったな金融機関に勤務していた時は毎朝、日本経済新聞を読んでいましたが、メーカーに転職してからは、自分で新聞は購入することはなくなり、会社においてある新聞で気になる記事をチェックするに留めました。新聞を購入しなくなった第一の理由は節約です。日本経済新聞の宅配便の価格は月額4,900円!年間ベースで58,800円は相当でかいですね。また、仕事の内容から、そこまで経済ニュースを細か [続きを読む]
  • 自慢話を聞かなくてよいだけでもセミリタイアの価値あり
  • 「50歳を過ぎたら自慢話をどんどんするべきだ」だって!東洋経済の記事にちょっとウンザリの記事がありました。それがこちら。50歳を過ぎたら自慢話をどんどんするべきだ(出典: https://toyokeizai.net/articles/-/224721 )"この記事では自慢話を聞かされて若者が奮起する"みたいに書かれていますが、自慢話なんか聞かされたら、若者は奮起するのではなくウンザリするのです。そしてウンザリする若者は会社を去り、一部はセミリタ [続きを読む]
  • 人手不足を外国人留学生で補うのは危険な理由
  • 就活「外国人留学生」に熱視線 人手不足、海外展開…企業狙い産経ニュースによりますと、特にアジア系の学生へ企業が熱視線を送っているとのことだそうです。就活「外国人留学生」に熱視線 人手不足、海外展開…企業狙いどうもこの手のニュースを見て違和感を感じます。それは、外国人が日本人と同様の終身雇用的スタンスで入社するとは思えないからです。将来の幹部候補生は、幹部になる前に辞める可能性が高いです。かつての私 [続きを読む]
  • セミリタイア後の住居に一戸建ても悪くないかも
  • 分譲マンションの問題点昨日、マンションを購入した場合の疑問点で述べたことを改めて纏めますと、例えば、30歳で購入した新築マンションが80歳になると築50年、施工がしっかりしているマンションならば良いけど、相当ガタがくるマンションもあるんじゃないの?その時点で建替えなんてことになったらどうするの?と言うものです。それ以外にも、分譲マンションの問題点としては、・隣人リスク (隣人がうるさかったり変な人でも簡単 [続きを読む]
  • 損得抜きでマイホームが欲しい⁉
  • マイホーム購入について同世代の人とマイホームについて話すことがありました。あまり詳しいことは聞くのも失礼かと思いましたが、会話の流れで推測した彼の購入したマンションに関わる情報は以下の通りです。場所:都内某所返済計画:月々15万円程度で65歳に完済「月々15万円」と言うのは、返済額が家賃並という発言から推測したものです。昨今の65歳定年制の導入の流れを見ると無理のある返済計画ではありません。私の疑問点私は [続きを読む]
  • セミリタイア・アル中リスク 〜 昼間から酒を飲みたくなる誘惑に勝つ 〜
  • セミリタイア者は1日中でもお酒が飲める環境20年くらい前に読んだ推理小説で、タイトルも内容も覚えていないけど、妙に印象に残っている描写があります。それは作中に出てくる作家のセリフで、「作家は自由業だから飲もうと思えば毎日でも昼間から酒が飲める。 だから自分を律しなければいけないんだよ。」と言うようなセリフです。セミリタイア者は自由業より遥かにお酒が飲める環境にあります。実はセミリタイア当初に結構辛か [続きを読む]
  • 有給休暇消化期間の過ごし方 〜 セミリタイア実質1周年で振り返る 〜
  • 最終勤務から1年が経過セミリタイアをしてから1年間が経過しました。厳密に言いますと、退職したのは7月末ですが、6月第1週に出社後に有給休暇消化に入りましたので、「実質的に」セミリタイアは1年になるのかな〜と思います。そんなわけで、最後に仕事をした日から約2ヵ月間は有給休暇消化期間だったので、その2か月間を振り返ってみたいと思います。有給消化期間は約2ヵ月サラリーマンの有給休暇は1年間20日間が一般的かと思いま [続きを読む]
  • セミリタイアでランチ地獄から脱出
  • ビジネス街でのランチ昨日はビジネス街でランチをしました。刺身定食 880円 はビジネス街のランチとしては普通の価格でしょうが、そこは魚の専門店だけあり、スーパーの刺身とは味も全然異なり、たまにはいいものだと実感です。私は時間があるのでゆっくりとランチを楽しみましたが、サラリーマンの方々は恐ろしい速度でランチを終えて出ていきます。また、団体サラリーマンはずっと仕事の話をしながらランチを取っています。なる [続きを読む]
  • 「飲み会が趣味」の人にはセミリタイア願望はないだろうな
  • 「飲み会が趣味」「はあ、そうですか。。」とある立食の会合であった初老の男性(おそらく60歳くらい)と話しをしていて、「趣味は何ですか?」という話になりました。その男性が言うには、「趣味は飲み会ですね」とのこと。私はてっきり、飲み会というのは友人と飲み行くことかと思ったら、飲み会の中心は会社の同僚と取引先とのこと。飲みに行く相手は年齢も色々で、特に、若い人と飲み行くのは色々刺激があって良い、という事を [続きを読む]
  • 40代での体力低下がセミリタイアへ拍車をかけた
  • 体力低下は何とか食い止めたいですが。。。5月に2週間程風邪で調子が悪かったという影響もありますが、6月に入り、体力の低下というのを日々感じます。思えば体力などというのものは、少なくとも20代後半から順調に?落ちてきていると思いますが、体力の低下を痛切に実感したのは40歳になってすぐです。実はこの体力の低下がセミリタイアに密接に関連しています。40代では実質的な自由時間は限りなく0へ!20代〜30代にかけては、 [続きを読む]
  • セミリタイア後は温泉街のワンルームに住むのも悪くないかな?
  • 温泉街に住むという選択肢はありか?先日の加賀温泉郷旅行で気が付いたのは、結構単身者向けと思われる集合住宅が多かったことです。例えば、石川県加賀市の山代温泉の中心地からそれほど離れていないエリアでも、「部屋空きあり、敷金・礼金なし」なんていう札がぶら下がっている物件が多かったです。気になったので帰宅後に調べてみると、確かに敷金・礼金が不要の上に、家賃も月額3万円程度の物件が多いですね。築年数は30年程 [続きを読む]