がんを治す・生き方 塚本みづほ さん プロフィール

  •  
がんを治す・生き方 塚本みづほさん: がんを治す・生き方とは・・・がんが治る8つの法則
ハンドル名がんを治す・生き方 塚本みづほ さん
ブログタイトルがんを治す・生き方とは・・・がんが治る8つの法則
ブログURLhttp://gqualitypro1271.hatenablog.com/
サイト紹介文がんが治すには・がんが治る生き方・・・ 生命の根源である栄養・体温・心を整え自然治癒力を高める
自由文がんを通し学び、体得したことを綴っています

食事を見直す
体を温める
筋肉を鍛える
早寝早起き
健康食品を活用
明るく前向きな心
すべてに感謝する心
信念をもち執着をすてる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 52日(平均11.7回/週) - 参加 2017/10/24 14:02

がんを治す・生き方 塚本みづほ さんのブログ記事

  • がんの自然退縮
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・  がんと自然治癒研究所ガンが自然退縮するタイミングは様々ですが、基本的には月、年単位でみていきます。しかし、中には数週間単位でガンが自然退縮していく方もいらっしゃいます。そのほとんどの方が原因不明の高熱を出しています。先日、胃ガン末期のクライアントさん(46歳)から連絡がありました。39.8℃の熱をだしているとか・・・痛みもあり不 [続きを読む]
  • 最大の発がん因子
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方最大の発ガン因子とは何?私自身のガンの原因はストレスだったと思います。次に体の冷えです。そして薬品だと思います。ストレスは自律神経のバランスを崩してしまいます。自律神経は自分の意思とは関係なく、交感神経と副交感神経と言われるものがシーソーのようにバランスをとりながら体の働きを調整しています。交感神経とは昼間の活動モード、車に例える [続きを読む]
  • がんと口呼吸の関係
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方がんと自然治癒研究所無意識にしている呼吸ですが、あなた鼻で呼吸していますか?それとも口呼吸ですか?結論からいえば、鼻呼吸の方が断然、免疫は上がります。鼻で呼吸をしているつもりでも、実は出来ていない人がほとんどです。口呼吸をするのは、言葉を話す人間だけであり、これが様々な病気を引き起こす危険な呼吸なのです。例えば、悪性リンパ腫や一部の [続きを読む]
  • 私の愛用品
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・がんと自然治癒研究所私の命の恩人愛用品プロポリスです毎日『ありがとう』と感謝をして飲んでます。ここはアップ結構大事ですよ私の愛用品はこちら?http://www.qualitypro.jp/health-foodこの苦味は慣れて何ともない私ですが、苦手な人もいらっしゃいますでも逆に、抗ガン剤を経験された方は、『抗ガン剤のつらさに比べたら、このくらい全然へっち [続きを読む]
  • がんにフィトケミカルな有用性
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・がんと自然治癒研究所ガンの原因である活性酸素活性酸素が過剰に発生する原因はストレス、薬品、電磁波、添加物など様々なものがあります。そして、私達はたえず酸素を体に取り込んで生きています。取り入れた酸素の約2%が強い酸化作用を持つ活性酸素に変わるといわれています。活性酸素のすべてが悪いわけではなく、その強い攻撃力で体内に侵入した [続きを読む]
  • マンモグラフィー検診のリスク
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・  がんと自然治癒研究所乳ガン検診は受けるべきか!?受けないべきか!?少しずつ問題になってきている乳ガン検診の過剰診断米国では普及から30年を経過したマンモグラフィによる乳ガン検診40歳以上の女性を対象とし、早期の乳ガンも発見できることで貢献するはずでしたが・・・1976〜2008年の米国のデーターを検討した結果、マンモグラフィ検診による [続きを読む]
  • 活性酸素のバランス調整、がんを抑制?
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・ がんと自然治癒研究所私たちの体は、約60兆個の細胞で出来ています。この細胞は、寿命がくると、アポトーシス (細胞の自殺) をし、新しく生まれた細胞と入れ替わります。ガン細胞も同じです。ガン細胞にアポトーシス(自殺) を起こさせるのは、ミトコンドリアが出す活性酸素です。活性酸素は悪いものじゃないの?と思われた方もいらっしゃるでしょう。活性酸 [続きを読む]
  • 反抗がん剤遺伝子(アンチ・ドラッグ・ジーン)
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・ がんと自然治癒研究所ご存知の様に抗ガン剤は、造血機能を破壊してします。当然、白血球の中のナチュラルキラー細胞や免疫細胞も破壊してしまうのです。白血球が破壊されるということは、ガン細胞の宿主である人間の生命が危険にさらされるということです。そこまでのリスクを負って抗ガン剤をするべきなのか、それとも自助努力で免疫を上げ ナチュ [続きを読む]
  • 幸せホルモンでナチュラルキラー細胞を活性化
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・がんと自然治癒力研究所  「幸せホルモン」「ストレスホルモン」どちらを分泌してますか?嬉しい、楽しい、好きこれらの愛の感情は、ドーパミンやβエンドルフィンという物質が脳内に大量に分泌されます。これが「幸せホルモン」と呼ばれるものです。幸せホルモンが分泌されると、前向きな気持ちがどんどんわいてきてます。そして、ドーパミンやβエンド [続きを読む]
  • 大根の葉で血流改善
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・ がんと自然治癒力研究所 大根の葉を捨てていませんか!?この大根の葉が、冷え性の体に役立ちますよこれからの時期、エアコンで体を冷やしてしまう方・・・大根の葉は、冷えで起きる血液の滞りの改善に良いと言われています。肩凝り、頭痛、めまい・・・これらも冷えからくる毛細血管の血液の滞り大根の葉は、抗酸化物質であるβ-カロテンやカル [続きを読む]
  • 家族関係でがんになるのは何故か?
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・がんと自然治癒力研究所 うちはガン家系だから・・・とよく聞く言葉です。お父さんをガンで亡くなられ、息子さんもまたガンになる。親子でガンになっている方、確かに多いですね。しかし、遺伝性のガンは5%に過ぎないと言われています。お父さんは肺ガン、息子さんは肝臓ガンガンの種類が全く違います。しかし、なぜかみんなガンになっている [続きを読む]
  • 子宮を温めるとがんのリスクが減る
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・   がんと自然治癒力研究所 子宮を大事にしていますか?子宮は、子が宿る場所「子のお宮」です。お宮といえば、神社ですね。神社には、参道があり、その奥にお宮があります。参道とは、赤ちゃんが通って生まれてくる産道お宮とは、子の宮である子宮お宮には神が宿り、子宮には子(神の子)が宿ります。だから女性は結婚すると、かみさん [続きを読む]
  • 黒豆の効能
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・  がんと自然治癒力研究所 クライアントさんから頂いた黒豆茶早速頂いてみましたお湯を注いでいる最中から、黒豆の香ばしいかおりがします黒豆に含まれるアントシアニンは、活性酸素を除去し、ガン細胞の発生を防ぐ働きがあります。また、トリプトシンインヒビター、フィチン酸には、抗ガン作用もそして黒豆は、食物繊維やカルシウムも豊富音譜カルシウ [続きを読む]
  • がんの原因によって調理方法を帰る
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・  がんと自然治癒力研究所   ガンは、体の冷えから起きる病です。体が冷えると、血液の流れが悪くなり、栄養や酸素を運ぶ力が阻害されます。体の冷えは、増えすぎた活性酸素を除去したり、老廃物を排出する働きを低下させてしまいます。ガンなおしは、体を温めることがとても重要となります。温熱療法などで、外から体を温めることはとても効果的で [続きを読む]
  • 唾液は天然の抗がん剤?
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・  がんと自然治癒研究所しっかり噛んで食事をしていますか?私たちは、毎日たくさんの活性酸素を生んでいます。ストレス、添加物、電磁波、薬剤など、現代の生活では、残念ながら活性酸素が出る生き方が普通になっています。活性酸素は、いわば排気ガスのようなもので、必ず排出するものですが、溜めてしまうと毒になります。排出してしまった活性酸 [続きを読む]
  • がん細胞は自分次第で変化する
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・ がんと自然治癒力研究所 ガンが見つかり、強いストレスを受けます。転移と聞いて、さらに強いストレスを感じます。ガンは、私たちにとって、死の病気だと潜在能力にしっかりと刻み込まれているからです。テレビなどの報道で、ガンであることを告白した有名人は、抗ガン剤でやつれ切ってしまい、以前の姿は見る影もない・・・そして、訃報これを見る [続きを読む]
  • プロポリスの感想をお電話くださいました
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・ がんと自然治癒研究所先月、ホームページの方から「蜂粋ゴールドプロポリス」120?をご注文下さった方からお電話を頂きました。ホームページからのご注文は、どんな方が飲まれているのか、どんな目的で飲まれているのか全くわかりません。でも、何らかで「蜂粋ゴールドプロポリス」を必要として下さっている方でしょうから、お役に立ちますように・・ [続きを読む]
  • 子宮の冷えががんを招く
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・・ がんと自然治癒研究所 心臓ガンって聞いたことありますか?全身にわたり、さまざまな種類のガンがありますが、ガンにならない場所があります。心臓と脾臓です。なぜ、心臓はガンにならないのでしょう・・・心臓は、24時間、365日 絶えず動き続けています。絶えず動いている心臓は、発熱量は多く、とても温かい臓器です。脾臓も同じで [続きを読む]
  • 抗がん剤から学説まで
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・・  がんと自然治癒研究所お電話を頂いた方とお会いしました。昨年、ガン宣告を受け、手術、抗ガン剤治療をされています。しかし、ご自身の中で治療に対する不信が出てこられたのでしょう・・・抗ガン剤を受けられ「これは治療ではない」という思いから近藤誠先生を訪ねて行かれたそうです。その後、ご家族からお電話をいただきました。初めてお会いしたとは [続きを読む]
  • 保存料を摂るとがんになる?
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・・ がんと自然治癒研究所気付かないうちに摂ってしまっている食品添加物その中でも、多く使われているのが、ソルビン酸などの防腐剤です。これは、食品の腐敗を防ぐために使われている保存料です。かまぼこや、ちくわ、ソーセージといった練り製品から、お菓子に至るまで多くの食品に使われています。このようなものを毎日食べていると、将来、ガンな [続きを読む]
  • 女性のおりものとがんの関係
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・・・ がんと自然治癒研究所生理痛、生理不順、おりもの異常、カンジタ、不妊、子宮筋腫、子宮ガン、卵巣ガン、乳ガン・・・女性特有の病気は、どんどん増え続けています。しかも低年齢化・・・病気が増えると同時に、女性のおりものも変化してきているようです。昔の女性は、おりものが今の人のように無かったと言います。おりものは、食べ物や環 [続きを読む]
  • バナナ便でがんを抑制
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・・・・ がんと自然治癒力研究所  腸をしっかりと働かせていますか?ガンになったらするべきことです。なぜなら・・・腸は、免疫の7割をつかさどっている重要な存在だからです。実は、私たちの腸管にいる腸内細菌たちが大きな活躍をし、免疫向上に働きかけてくれています。ガンをはじめとする、さまざまな病気は免疫の低下から起きています。つ [続きを読む]
  • がんでも心豊かに生き生きと輝く
  • がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない生き方・・・がんと自然治癒力研究所 私の大切な会員さんは、みなさん、ガンであっても、心豊かに美しく生き生きと輝いています。会員さんは、30代後半から50代半ばの女性が大半を占めています。みなさん、とっても心が優しく素直な方ばかりです。ほとんどの方が、直接お電話を下さいます。ご主人の代わりに、奥様がお電話を下さる方もいらっしゃいます。 [続きを読む]
  • 免疫システムが起こす反応でがんを防いでいる
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・・・・・がんと自然治癒研究所暴飲暴食によって吹き出物、アレルギー、下痢などの症状が出ることがあります。これは、人間の免疫システムが働いているからこそ起きる症状のひとつです。私たちの体は、免疫が働き、外からの細菌やウイルスから体を守ってくれています。だから、体に入ってきた異物を体の外に出そうとして、さまざまな反応が出ます。食 [続きを読む]
  • 自然体に近づけることが「がん」を遠ざける
  • がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・・・がんと自然治癒力研究所食べ過ぎ・頑張り過ぎ・悩み過ぎ・極度なストレス・薬の飲み過ぎこれらが、ガンをつくっています。食べれば食べるだけ、治癒力を低下させてしまいます。頑張り過ぎ、悩み過ぎは、交感神経が過剰に働き、血流を悪くし、免疫を低下させます。ストレスは、組織破壊を起こす顆粒球を増加させてしまい、体内に毒素を溜めやすくな [続きを読む]