Niyom さん プロフィール

  •  
Niyomさん: チェンマイ楽々日記
ハンドル名Niyom さん
ブログタイトルチェンマイ楽々日記
ブログURLhttp://dream2051.blog.fc2.com/
サイト紹介文若いタイ人女性と一緒に暮らすことを夢見る60代男性のエキサイティングだけどちょっと滑稽な日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 239日(平均5.2回/週) - 参加 2017/10/24 19:52

Niyom さんのブログ記事

  • じゃあ、普段は何して暮らしてるの?
  • 6月19日(火)冒頭の台詞は、日本から遊びにやってきた知り合いの男性が時々僕に向かって発する“問い”である。彼らはたいていゴルフと女遊びが目的でチェンマイにやってくる。女は足りているので一緒に遊ぶことはないが、ゴルフはときどきお付き合いさせていただく。すると、こういうやりとりになる。「ゴルフは週に何回くらいしてるの?」「週に何回って・・・月に1回するかどうか。人が日本から来れば、もっと増えますけど [続きを読む]
  • “大散財”の1か月を振り返る
  • 6月18日(月)前妻の一周忌の前後にいろいろな出来事があったことは既に書いた。いろいろなことがあると、必然的にお金も出ていく。先月半ばからの1か月間で、どれくらい散財したか、記録として残しておくことにしよう。毎月の生活費などは秘密なので、それは除く。<一周忌のタンブン関連> 4,000バーツ寺への謝礼    500バーツタンブンの品代 1,000バーツ食事代     2,500バーツ<息子の交通事故 [続きを読む]
  • エアークーラー、やっぱりダメだった
  • 6月17日(日)先日HomeProというタイでは超有名なホームセンターに彼女と一緒に行った。僕は全然興味がなかったんだけど、彼女が「あら、1,500バーツだって。安いわ。ひとつ買いましょうか。2階は暑いでしょう。パソコンで遊ぶとき、エアコンの代わりに使えば電気代の節約になっていいわ」と言うので、ついつい騙されたつもりで買ってみた。エアークーラーというのは、このような箱形をした“冷風”を発生させる装置で、僕たち [続きを読む]
  • ケータイの翻訳機は便利か?
  • 6月16日(土)チェンマイのゴルフ場は結構たくさんあるが、1か所だけ年会員になっている。でも最近はめったに行かない。スコアが90〜100くらいのアベレージゴルファーの域を脱することができないので、あまり面白くないのだ。そろそろ飽きてきた感もある。でも、日本からゴルフ好きのお客さんが来た時だけは別だ。昨日は何と4か月ぶりにそのゴルフ場に出かけた。スコアが冴えない昨今、ゴルフをやる楽しみのひとつは終わ [続きを読む]
  • 初めての遅刻
  • 6月13日(水)僕の勘も捨てたものじゃない。でも、自慢してもしょうがない。アパートに暮らしている息子が学校に遅刻しないように、毎朝6時半すぎに電話している。大概シャワーを浴びていることが多く、電話を取るのは少し遅れるが、先週の1回を除いて、いつも電話には出る。「今シャワー中」の一言でオワリ。それでいいのだ。今朝は6時半ピッタリにかけた。数秒後に息子は出た。取るのがいつもより早いくらいだ。でも声の調 [続きを読む]
  • こんなのが欲しかったんだ
  • 6月12日(火)今朝、前に住んでいた家を点検に行った帰り、近所のホームセンターに寄ってみたら・・・うわー、きれい!こんなのが欲しかった。さっそくカメラで撮影して彼女に送ったら、「レオテー(お好きにどうぞ)」と、いつもの返事。もちろんATMに走って買った。これを衝動買いと言うらしい。値段は2990バーツで、高くもなく安くもなく、という感じか。円に換算して1万円以上だと思えば、やっぱり高いか?まあいいや [続きを読む]
  • 血圧素人談義
  • 6月11日(月)これから書くことは、医者でもなく医学知識もない素人の記事だから、真に受けないようにしてほしいが・・・僕は40代に入った頃から、年1回あった勤め先の検診で血圧が高めに出るようになった。上が160くらい、下が90くらいを記録しはじめ、170や180という数字も珍しくなくなった。あるとき勤務先の常勤医に相談したところ、手動で血圧を測ったあと、「上が150くらいですね。この程度の血圧は何に [続きを読む]
  • 結婚したら、金だよね
  • 6月10日(日)今日は息子のアイロンを彼女と一緒にアパートの近くのロータスまで買いに行ってきた。なんでも、自分だけヨレヨレの服を着ているのが恥ずかしいと言っていたので、パリッとした制服を着るためにアイロンとアイロン台、しめて560バーツ也を買ってやった。そのついでにロータスの駐車場にあるイサーン料理屋でお昼を一緒に食べた。3人で200バーツ也。そして息子をアパートまで送ったあと、今度はBIG-Cへ行っ [続きを読む]
  • 寿司か、それともステーキか
  • 6月9日(土)17歳の息子が転校して1週間が過ぎた。彼は真面目な高校生に変身した。前の高校では出席日数が足りずに落第したので、とにかく時間通りに登校してくれれば、僕は何にも文句を言うつもりはない。そして木曜までは、朝6時に一人で起きて7時頃には登校した。学校まで800メートルという至近距離のアパートにいることも功を奏したのかもしれない。ところが昨日の朝は困ったことが起きた。朝6時半頃から7時過ぎに [続きを読む]
  • 自分名義の家なのに、勝手に処分できない
  • 6月7日(木)亡くなった前妻の一周忌の前後にいろいろなイベントが発生した。息子の交通事故と転校、日本の役所への婚姻届け出、そして今度は残っている家の問題だ。先日、いつも助けてくれている弁護士先生と話し合った。半年前、僕が住んでいた家を出る直前に、前妻の連れ子3人と話し合ったときも、弁護士先生が話し合いの中心にいた。そして、「一周忌が済んだ頃に、またお話しましょう」と約束してくれていたのだ。先生が僕 [続きを読む]
  • “終わった人”でもモテるタイ
  • 6月6日(水)内館牧子さんの小説「終わった人」の映画が今週封切られるそうだ。もちろん日本の話。僕はその小説のことを全く知らなかったが、今朝ネットで舘ひろしの主演する映画の記事を読んで知った。「終わった人」は、東大卒のエリート銀行マンが途中で出世街道から外れ、子会社への出向のあと本社に戻れないまま定年退職を余儀なくされ、不完全燃焼のままサラーリーマン人生を終えた男の物語。エリートではないが自分も6年 [続きを読む]
  • 徒歩圏からの早朝通学が始まった
  • 6月4日(月)昨日アパートの整理を終えて息子と別れる時、目覚まし時計を6時半にセットしておいた。今朝は、犬の散歩を終えてから、念のために電話して、6時半に起きたかどうか確かめようと思っていた。ところが・・・僕が散歩から帰ってきたのは6時半過ぎのこと。さあ電話しようとケータイを手に取ると、すでに息子から着信があったではないか。散歩に出かけた後の、6時15分の着信だった。すぐに折り返したところ、「もう [続きを読む]
  • ズバリ!思い通りになった息子
  • 6月3日(日)ひょっとして精神疾患に犯されているかもしれないと心配した息子だが、今朝会ったときは、まったくそのような気配は吹き飛んでいた。バイクを修理に出していたホンダのお店は今日は休みだったようで肩透かしを食らった。いくら電話しても出ないし、店に行ってもシャッターが下りていた。お店側の勘違いか、息子の勘違いか、それは分からないが、バイクは今日は戻らなかった。まだ不足している日用品を買い足しに二人 [続きを読む]
  • これは遺伝なのか、それとも愛情の欠乏なのか?
  • 6月2日(土)今日は息子の“入学式”だった。朝7時前に迎えに行って学校へ向かった。彼女は今日は仕事があったので一緒に行かなかった。講堂のような広い場所に生徒と保護者が集められ、2時間以上にわたって校長はじめ5〜6人の先生が演説した。それで終わりではなく、日本式に言うとPTAの会長さんの演説まで聞かされた。タイ人の生徒も親も意外に我慢強くて、勝手に動けない生徒はともかくとして、途中で席を立つ親はほとん [続きを読む]
  • やっぱり高校生は難しい年頃だね
  • 6月1日(金)毎月1日と16日は宝くじの抽選日、僕は1枚、彼女は3枚買っていたが、やっぱりダメだった。そろそろ2000バーツくらい当たってもよさそうなのに、ダメなものはダメだ。次回また600万バーツを狙う。今日は一人暮らしを始める息子と一緒にいろいろと買い物をした。彼女も付いてきてくれた。「何を買えばいいかは、一人暮らしの大先輩の僕が考えてあるから」と車の中で言ったら、息子は猛反発した。「お父さん [続きを読む]
  • 婚姻届けを出してきた
  • 5月31日(木)先日書いた通り、日本側でも正式に、つまり法的に夫婦になるよう、今朝チェンマイの日本総領事館へ行って婚姻届けを出してきた。午前10時過ぎに行ったのだが、領事館に入ると中には誰一人いなかった。これはシメシメだ。彼女もそう思ったに違いない。もし日本人やタイ人がいれば、歳の差カップルだからそれなりに目立つはず。そんなことは誰も気にしないと思っても、僕の方はやっぱり気になった。「見て見て、僕 [続きを読む]
  • オジサンに同情する息子
  • 5月30日(水)今日で交通事故の件は落着となった。「明日の朝9時に1万バーツを持ってきてください」という警察官からの指示で、息子と2人で通いなれた警察署に行った。入り口の前のベンチで相手のオジサンと僕たちの弁護士先生が並んで話していた。オジサンの弁護士?は来なかった。弁護士先生は息子に1枚の文書を渡して、「よく読んで、お父さんに説明してあげなさい」と言った。息子はタイ語で書かれた示談書を僕に直接読 [続きを読む]
  • あっという間にアパートを決めた息子
  • 5月29日(火)昨日は朝警察へ行ったあと、息子のアパート探しをした。警察から直行はせず、初めて僕たちの家へ連れてきて一緒に食事した。犬のチビは半年ぶりに会う息子をよく覚えていて、大喜びした。チワワのレックレックはもう忘れたのだろうか、最初は何故か怖がっていた。そのあと彼女も一緒にアパート探しをした。来月から新しい学校、新しい住まいとなる。僕はそれくらい生活環境を激変させないと、2年生を落第したこと [続きを読む]
  • あっという間に解決へ向かう
  • 5月28日(月)今朝は午前7時半に息子と警察署へ行った。これで3度目だ。弁護士の先生は少し遅れて到着。でも相手のオジサンは指定された8時を過ぎても姿を見せなかった。仕方なく弁護士先生と息子の2人で担当の警察官に会った。僕は外で待っていたので、どんなやり取りがあったのかほとんど知らない。息子によると、警察官は裁判をやめさせようと思っているらしく、「相手はお金一辺倒だから弱るね・・・」と話したそうだ。 [続きを読む]
  • 息子の交通事故、その後
  • 5月27日(日)バイク同士の接触事故は今月11日(金)に起きた。相手は68歳の一人暮らしのタイ人男性。仕事は定職というものはないが、アルバイト的に何か稼いで生活しているらしい。相手は無免許、息子は免許を持っている。5月14日(月)に警察署に呼ばれて、双方がそれぞれの主張をした。相手のオジサンは右肩の打撲、息子は両手両足に傷を負った。数日前から松葉杖なしに歩けるようになった。いま包帯を巻いているのは [続きを読む]
  • 日本側の入籍を決めた
  • 5月26日(土)前妻の一周忌(5月20日)が過ぎてから実行しようと考えていたことが2つあった。一つは彼女が子供と会うこと。もう一つは僕と彼女の婚姻届けだ。読者の中には、「あれっ、それはとっくに済ませたんじゃないの?」と思う人も多いだろう。3月の上旬に、かなり苦労した挙句に近所の役場で結婚の手続きをしたことを詳細に書いたからだ。ご存じの方には説明するまでもないが、国際結婚は自分の国と相手方の国の双方 [続きを読む]
  • ひょんなことから彼女は息子に会った
  • 5月24日(木)6年続いた前のブログでは、長いお休みがちょくちょくあった。去年の9月から始めたこのブログでも、ついに本格的な長期“休筆”の始まりかと自覚していた。ところが今朝、多分初めての方だと思うが「心配してます」と言うコメントをいただいてしまった。そこで、心配事を書いておこうと思って、今書き始めている。実は先週、僕にとっては画期的な出来事が起きた。彼女がはじめて前妻の連れ子の一人に会ったのだ。 [続きを読む]
  • バイク事故の顛末は・・・
  • 5月15日(火)昨日はバイク事故の当事者2人が警察に呼ばれていた。先週の金曜日の夕方、スーパーハイウエーと言われているチェンマイ市内の幹線道路で起きた事故で、70歳に近い相手の男性はバイク同士が接触して転んだ際、右肩を痛めたと言ってまだ入院している。骨折ではなく打撲のようだが。事故の起きた日の夜、息子と息子の友達と僕の3人で病室を訪れた。男性はすぐにベッドから起き上がって、「肩の骨が折れている。こ [続きを読む]
  • またまた懲りない深夜帰り
  • 5月13日(日)飼い犬のチビが飼い主の気持ちを忖度して日記を書くのはそろそろ飽きてきた。というより、チビは自宅とその周辺に散歩に行く程度の行動範囲だから、いくら鼻と耳が人並み外れて鋭いとは言っても、得られる情報には限りがある。人間の言葉を、とくにタイ語を理解する能力と日本語をある程度書けることは認めるが、僕の書きたいことを書いてくれないので、しばしお休みさせることにした。今日からはまた自分で書く。 [続きを読む]
  • 吾輩はチビである(16)
  • 5月10日(木)今日は犬の話をしよう。犬が犬の話をするということは、すべて真実が語られるということだ。だから最後まで読んで、ポチっとひと押ししてほしい。僕とチワワのレックレックは男同士だ。しかも年齢差が2つあるから、僕が兄、レックレックが弟のようなものだ。仮にもう一人、女の犬が家に居たら僕たちは恋敵ということになるかもしれない。そうすると犬のことを知らない人は、兄弟で女をめぐって毎日歪みあって暮ら [続きを読む]