フットボリスタ42 さん プロフィール

  •  
フットボリスタ42さん: 大和田ジュニアーズ42期生
ハンドル名フットボリスタ42 さん
ブログタイトル大和田ジュニアーズ42期生
ブログURLhttps://ameblo.jp/footballista42/
サイト紹介文埼玉県さいたま市見沼区で活動するサッカー少年団のブログです。主に大砂土東小学校で活動しています。
自由文サッカー少年団に所属する親のブログです。
活動方針・報告など様々な情報をアップしています。
同時に新規団員も募集しています。
MAIL:owadajrs42@gmail.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 193日(平均0.3回/週) - 参加 2017/10/24 22:23

フットボリスタ42 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • サッカーというスポーツ
  • うちのチームはプロコーチのおかげで試合中も子供たちが「好きなように、やりたいように」やらせてもらっています。 他のチームとは一線を画していて「今のプレーは○○すべきだ」「●●だったら▲▲をしろ」といった具体的な指示・コーチングは一切ありません。 子供達の自主性に任せ、自由にやらせて、そこから悪癖があれば取り除く。こういった作業工程になっているため、全てが非常にポジティブであり、自主性を重んじている [続きを読む]
  • TEAM練習
  • 今回は、ジュニアーズの練習について。 その前に、低学年の子供たちにとってどんな練習が良いものとなるのか考えてみると・・・ 最も重要な要素は「楽しさ」脳科学的知見からも、楽しければ脳からドーパミンが分泌されることで、モチベーションも練習効率も好循環となります。低学年の今こそこの要素が必要。多ければ多いほど、サッカーが好きになり、今後成長に伴い好循環サイクルが回っていくのだと思います。 その次に練習の [続きを読む]
  • その試合、誰が勝ちたいの?
  • 子供たちの招待試合など見ていてもチームの勝ち上がり伴い「決勝」や「優勝」の文字がチラつくと、つい目の前の試合に熱くなってしまう傾向があります。 勝ちたい欲が高まり、応援にも熱が入る。ついつい大きな声を出してしまったりと・・・。 でもふと我に返ると、勝ちたいと強く思っているのは我々「親」の方であったりします。この思いの強さが「子供<親」になってしまうと非常に危険を孕みます。エネルギーが誤った方向に [続きを読む]
  • 最良のコーチングとは
  • 少年サッカーにおける最良のコーチングとはいったい何なのか。 チーフコーチを1年半見続けて思ったこと。 それは 「その子に合った、ちょっと(ここが重要)難しい課題を与えて           チャレンジさせ、できたら認めてあげること」※何だかヨコミネ式の教育法に似ています…(笑)言い回しは五十六海軍大将(笑) これを繰り返し行うことが大切。 これを実現するためには、その子の現状がどのような状態であるのか [続きを読む]
  • 最も重要だと思うもの
  • 「心技体」・・・スポーツ界でよく使われることば。 具体的には 「心」・・・メンタル。「技」・・・テクニック。「体」・・・フィジカル。 その中で、我がチームで最重要視しているのが「心」です。 また、サッカーにおいても重要な資質を表す「3B」という言葉が使われます。 「Brain」・・・判断力「Ball Control」・・・ボールコントロール「Body Balance」・・・ボディバランス 同じく、我がチームで最重要視しているのは「B [続きを読む]
  • チーム方針。目指すべき方向とは
  • 「方針」とは目指すべき方向。 今回ご紹介したい、我がチーム方針は 「仲間(なかま)とボールを大切にするサッカー」サッカーは一人ではできません。仲間がいて、相手がいて、審判やスタッフがいる。周りには応援をしてくれるサポーター(大人)がいる。そのことを忘れず練習、試合に取り組んでいきます。そこを何よりも大切にします。 会社でもそうですが、ついつい忘れがちな方針。 子供がチームに所属しサッカーを始めると、 [続きを読む]
  • 大和田ジュニアーズ(サッカー少年団)を選んだ理由
  • ひょんなことから始めることとなったこのブログ。 記念すべき第1回目となる当回は、何故大和田ジュニアーズ(サッカー少年団)を選んだのかについてお話したいと思います。 結論から申し上げますと「人格者」に出会えたから。 昨今、少年サッカー界ではクラブチームを始め少年団おいても「コーチ(教える人)の品格」が取り沙汰されています。挙げ始めればキリがありませんが、問題なのは「人間力」の足らないコーチが多いという [続きを読む]
  • 過去の記事 …