TT さん プロフィール

  •  
TTさん: カンボジア・タイムズ
ハンドル名TT さん
ブログタイトルカンボジア・タイムズ
ブログURLhttp://tatsuyatanaka.hatenablog.com/
サイト紹介文学生時代からカンボジア支援を行ってきたTTがカンボジアの「今」を伝えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 27日(平均3.6回/週) - 参加 2017/10/24 23:03

TT さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【カンボジア】救国党がここまで躍進した理由。
  • 救国党が力を伸ばした理由。カンボジアでは、ずっと人民党の優勢が続いていたのですが、近年急速に野党が力を伸ばしてきました。僕が考えた理由は三つ。1.人民党の腐敗2.国内での格差の拡大3.薄れゆく内戦の記憶それでは一つずつ考えていきます。理由その1:人民党の腐敗人民党は1993年に行われた選挙からずーっと政権の座についています。その間なんと24年間!!政治に流動性がなくなった結果、「汚職」なども [続きを読む]
  • 【みんなの反応 inカンボジア】救国党の解党を受けて。
  • 11月16日、救国党が解党。一昨日こんな記事を書いた矢先、救国党が解党されたとのニュースが入りました。tatsuyatanaka.hatenablog.com救国党の解党が決定…。さらに5年間の政治活動も禁止。これから一体どうなるんだカンボジア…! https://t.co/erDyOET6Rt― Tatsuya Tanaka@カンボジア???? (@TEx6527) 2017年11月16日【みんなの反応】解党ショック、支持者に広がる。・救国党が解党された…。信じられないよ。・これか [続きを読む]
  • 『これは、カンボジア社会の病気なんです。』
  • ある日、いつもお世話になっている通訳さんがこんなことを言いました。『カンボジアは長い間、ずーっとある病気にかかっています。カンボジア人は長きにわたって二つに分断されています。昔はポルポト派と反ポルポト派に。そして最近では、人民党(与党)支持と旧国党(野党)支持に国民が分かれています。人民党を支持したくない人はたくさんいます。けれど、人民党に逆らうことは決してできない。同じ同胞が分断され続けてい [続きを読む]
  • カンボジアでスラムが形成された理由―経済発展の裏側
  • プノンペンのスラム―ホワイトビルディング渡航の時に撮った写真から。今までこの建物(White building)は単なるスラムだと思っていたけど、今日たまたま発見した記事を見てたら、実はここは低所得者が住んでいるだけでなく、アーティストのコミュニティにもなっててストリートアートの発信地でもあるみたい。一面だけを見て語れないなって強く思った。上の写真に写っている建物は、通称ホワイトビルディングと呼ばれている、いわゆ [続きを読む]
  • 僕が目指す世界―それは「分かり合うこと」が強制されない世界だ。
  • 以下の文章は、僕が四年前に別のブログで書いた記事です。(2017年現在閉鎖中)人は決して分かり合えない「人は分かり合えるんだ!」始めに言います。そんなのは欺瞞です。ありえません。もし、本当に分かり合えるなら、戦争なんて起こりません。たとえ「分かり合えた」ように見えても、それは偶然にも見解が一致しただけです。分かり合えたわけじゃない。分かり合うには、同じ思想、同じ想いが必要です。しかし、完全に同じ考え [続きを読む]
  • カンボジアの教育問題:教師の賃金≒最低賃金
  • 今日はカンボジアの教育問題について考えていきます。教育問題って言っても「識字率がどうたら」とかはググればすぐに調べられると思うので、今回は「カンボジアの先生(特に小学校の先生)の所得」に焦点を当てていきます。・先生の賃金は右肩上がり。だけどほぼ「最低賃金」。実は、カンボジア全土で所得は猛烈な勢いで上がっていて、それは教師でも例外ではありません。今から四年前、僕が大学一年の時に先生にインタビュー [続きを読む]
  • かわいそうなのは、誰だ。
  • 「かわいそうなのは、誰だ。」このタイトルは、同じカンボジアブロガー仲間であるハラハタミオさんのツイートからインスピレーションを受けております。私も、みんなも、新興国の方々を、なめすぎているのかと思う。勝手な価値観で、かわいそうって、かわいそうなのは誰だ。― ハラハタミオ@カンボジア (@harahatamio) 2017年9月24日僕も「今度カンボジアに住むんだ!」って言うと「カンボジアって貧しいんでしょ?」とか「カ [続きを読む]
  • 【TTの呟き】<今>―かけがえのなく掴みどころがないもの
  • how beautiful sea... 海は見る専だけど、大好きです。加工なしでこの透明度!#ファインダー越しの私の世界 #tokyocameraclubプロジェクトとかは明確な目標を設定し、そこから逆算して行動を決める必要があるけれど、人生においてはそれは必要ない気がする。僕らはあまりに今この『瞬間』を無視している。― Tatsuya Tanaka (@TEx6527) 2016年10月6日過去は変えられず未来は予知できない。だから今が何より大切。それは何とな [続きを読む]
  • 大きな主語で語るのをやめよう。
  • 「すぐ退職なんてしたらこの先やっていけないぞ。社会は厳しいんだぞ。」「カンボジア人ってマイペースだよね。一緒に仕事するの大変。」「女なんだからサラダくらい配りなさい。」「男なんだから重たい荷物を持ちなさい。」以上の文はすべて「社会」「カンボジア人」「女」「男」という「大きな主語」で語られています。ありとあらゆる場所でこういった「大きな主語」は使われていますが、「大きな主語」で語られてしまう [続きを読む]
  • 学生団体を引退しても、カンボジアはそこにある。
  • とても悲しいんです。募金のときに「カンボジアの子どもたちのために!」と叫んでいた人が、学生団体を引退するとカンボジアの子どもたちのことをすっかり忘れてしまうことが。学生団体を引退しても、カンボジアはなくならない。カンボジアの人々は今日だって同じようにそこで暮らしています。何も学生団体を卒業した人全員、直接支援に携われと言っているわけではないんです。別のことに興味が移るのも全然ありだと思います。 [続きを読む]
  • カンボジアの大学生が語学堪能な理由。
  • カンボジアの大学生に会うと、とても語学堪能な方々が多いことに気づきます。少なくともみんな英語はかなり達者。日本に留学に来るカンボジア留学生に話を聞くと、大体みんなTOEICスコア850以上とっているから驚きです。(日本の大学生だと、日常会話もほとんどできない人も結構いるのに…。僕も英語、結構微妙です。)そして、彼らは日本語もかなり話せるようになる。どうしてそんなに語学ができるのか、自分なりに考察してみた [続きを読む]
  • リスト:「カンボジアで、やりたいこと。」
  • 1. ひろしまハウスで働く。これは、やりたいことというより決定事項ですね。僕は、今年の12月からここで働くことになりました。ひろしまハウスとは? ? HIROSHIMA HOUSE簡単に言ってしまえば、現地の子どもたちに無償で教育を提供している施設です。ここに通う子どもたちは両親が不在だったり、両親は存在するけど教育の手が届いていない子どもたち。僕は、ここで彼らの居場所をつくりたい。彼らの選択肢を広げたい。2. コ [続きを読む]
  • 過去の記事 …