nazpapa さん プロフィール

  •  
nazpapaさん: 次の時代を担う子供の教育を考えるブログ
ハンドル名nazpapa さん
ブログタイトル次の時代を担う子供の教育を考えるブログ
ブログURLhttp://educatemychildren.hatenablog.com/
サイト紹介文この激動の時代を強く生きてほしい。次の世代を力強くになってほしい。親としての試行錯誤アイディア
自由文女の子、男の子の二人の子供を持っています。この激動の時代を強く生きてほしい。次の世代を力強くになってほしい。親としても試行錯誤しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 364日(平均3.3回/週) - 参加 2017/10/25 00:05

nazpapa さんのブログ記事

  • 子供とムーミン谷に行ってみた! 埼玉県飯能市のあけぼの公園
  • 埼玉県飯能市にムーミン谷のような公園があります。ムーミンをモチーフにして作られた、ムーミンが出てきそうな、かわいい、そして本格的な建物が並んでいます。スポンサーサイトちょっと都心からは遠いですが、おすすめ観光スポットです!ムーミンの家予想外に大きいです!今はキノコの家と呼ぶようです。中もちゃんと入れます。4階建てくらいあるのでは?きのこの家の中これはキッチン一階の入ってすぐのところにあ [続きを読む]
  • 大型おしゃれ絵本 Under EARTH Under WATER
  • 以前、大型おしゃれ絵本として、MAPSという絵本を紹介しました。educatemychildren.hatenablog.comスポンサーサイト今回するのは、同じ作者のアレクサンドラミジェリンスカが作った、「Under Earth、Under Water」という作品です。アンダーアース・アンダーウォーター: 地中・水中図絵 (児童書)作者: アレクサンドラミジェリンスカ,ダニエルミジェリンスキ,Aleksandra Mizieli´nska,Daniel Mizieli´nski,徳間書店児 [続きを読む]
  • 2018グッドデザイン賞受賞 童話の主人公が話す絵本
  • 一人称童話が話題になってます。これは、童話の主人公が、自分の目線で物語を語るというもの。ありそうでなかった!という絵本ですよね。スポンサーサイト想像してみてください。桃太郎視点で、桃太郎のお話が展開して行くのです。想像するだけで、結構おもしろいです。スピンオフで、鬼視点や、猿視点、おばぁさん視点での桃太郎なんかも期待しちゃいます!現在は3つの作品が出ているようです。ためしに一つ読ん [続きを読む]
  • 木村カエラが作った絵本 「ねむとココロ」
  • ご存知でしたでしょうか?木村カエラさんが絵本を作ってリリースしています!プライベートでも男の子と女の子の2人のママである木村カエラさん。とってもアーティスト感あふれる人ですが、絵本も作ってしまったと!絵もとてもかわいらしいですね。ねむとココロ作者: 木村カエラ出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/04/22メディア: 単行本この商品を含むブログを見るスポンサーサイト木村カエラさんは、小さい頃 [続きを読む]
  • 西丹沢の大滝キャンプ場に行ってきた!
  • 連休を利用して西丹沢の大滝キャンプ場に家族で行ってきました。無印のキャンプ場、山梨県のSUMIKAでのキャンプの記事も書いていますので、こちらから。educatemychildren.hatenablog.comeducatemychildren.hatenablog.com目次 キャンプ用品はレンタル! 大滝キャンプ場の場所 大滝キャンプ場 テント設営 子供は川遊び 帰りは中川温泉に!スポンサーサイトキャンプ用品はレンタル!今回、今まで [続きを読む]
  • キャンプ用品をレンタルしてみた
  • 前回キャンプ用品のレンタルサービスを紹介しました。その記事はこちらから。educatemychildren.hatenablog.com今回、実際にレンタルしてみました。スポンサーサイトレンタルしたものレンタルしたものは以下です。テント(今回はタープ一体型のSnowpeak ランドロックを借りて見ました!)テーブル(LogosのL型テーブル)椅子4脚(Helinoxのチェアワン)寝袋(モンベル子供用 x 2、大人用 x2)BBQセット(Coleman)ラン [続きを読む]
  • ハワイに行ったら絶対買うべきサンダル
  • ハワイに行ったら、絶対に購入しておくべきサンダルがあります。Island Slipper(アイランドスリッパー)です。聞いた事ありませんでしょうか?テレビなどでも結構紹介されています。スポンサーサイトアイランドスリッパーの何がいいのかどんなに歩いても疲れない。(と言われています。)実際使った感想として、正直、それは少し言い過ぎかなという気はしますが、フィット感は、どのサンダルよりもいいのは間違いありま [続きを読む]
  • 子供と一緒に行ける!中国ラーメン 揚州商人
  • ちょっと辛そうだけれど、全然子供と一緒にいける最高に美味しい中国ラーメン屋さん。揚州商人スポンサーサイト中国ラーメン揚州商人のメニューメニューはたくさん!色々食べたくなっちゃいます。。。焼きそばも結構おいしかった!そして、小籠包。これは鉄板。絶対に頼むやつ。中国ラーメン揚州商人の内観店内はこんな感じ。おしゃれじゃ無いですか?スポンサーサイトこんな感動的なはなしも。。中国ラーメン揚 [続きを読む]
  • 子供とボードゲーム 「犯人は踊る」に夢中
  • 子供がハマっているめずらしいカードゲーム「犯人は踊る」を紹介したいと思います。カードゲームといえば、トランプかUNOですよね。実はUNO(数字の1を意味する)も、DOS(数字の2を意味する)という新しいカードゲームが最近でました。educatemychildren.hatenablog.comスポンサーサイト「犯人は踊る」にハマる子供しかし、うちの子供は「犯人は踊る」というユニークなカードゲームにハマっています。ボードゲーム 犯 [続きを読む]
  • キャンプ用品をレンタルして、キャンプに行こう!
  • このブログで「子供とおでかけ」シリーズでキャンプの投稿をしてきました。無印のキャンプ場では、テントなどキャンプ用品のレンタルサービスもあり、手ぶらでキャンプに行く事ができました。educatemychildren.hatenablog.comSUMIKAキャンプ場では、グランピング用のテントがあり、追加でタープとBBQセット(テーブル、椅子、BBQコンロ)をレンタルしました。educatemychildren.hatenablog.com今回は、レンタルサービス [続きを読む]
  • スタディサプリ コスパ最高の学習アプリ
  • 今年小学校5年生になる娘にスタディサプリをやらせたところ、結構ハマり、飽きずにずっと続けています。この記事では、スタディサプリになぜハマったのか、口コミレビューとして記事にしてみました。スタディサプリが優れている理由は三つあります。理由1: 面白くて飽きない理由2: 学年を超えて見放題理由3: 価格がリーゾナブル以降の記事で詳細を解説したいと思います。スポンサーサイト目次 スタディサプリと [続きを読む]
  • 安室奈美恵さんのハンパない子育て法
  • 安室奈美恵さんが2018年9月15日に引退します。25年以上に渡り、走り続けた安室さんの人生は波乱万丈、壮絶でした。10代でのデビューアムラー・コギャル現象人気絶頂での結婚、出産実の母親の殺害SAMとの離婚シングルマザーとしての子育て人気下落からの復活このようなジェットコースター人生を成り立たせていたのは、安室奈美恵さんの心の強さがあると思います。その強さが彼女の子育て法からみえてきます。スポンサーサイト [続きを読む]
  • 子供とグランピングに行こう! 富士山の麓 SUMIKAでグランピング
  • 最近の家族のお出かけテーマがキャンプになっています。今回は、グランピングをやってきました。以前、行った無印のキャンプ場で手ぶらキャンプの記事はこちらから。educatemychildren.hatenablog.comグランピングをしてきたのは、山梨県の富士山の麓のSUMIKAというキャンプ場です。グランピングなので、テントは張る必要がなく、常設のテントが用意されています。こんな感じ。場所はこちら。都心からだと、御殿場ICか河 [続きを読む]
  • 自由研究のついでに絵画コンクールに応募して賞品をゲット!
  • 夏休みなので、自由研究に取り組まれていると思いますが、そのついでに、絵画コンクールに応募するのが良かったので紹介します。絵画コンクールで入賞すると賞品がもらえるものがある。それをやる気にして、子供ががんばる。という相乗効果があります。コンクール自体は結構多くたくさんありますが、多くは賞状などの商品になっています。豪華商品が用意されているものを紹介します。ドコモ 未来ミュージアム絵画コンクー [続きを読む]
  • 幼児〜小学校低学年におすすめ。本質的な考える力をつける
  • 勉強をできるようにする。そのために、計算ドリルや漢字練習のドリルなどをするのはよくありますが、これでは、繰り返しの能力はつきますが、本質的な考える力の能力はなかなかつきません。その結果、ちょっと応用問題になると、とたんに問題が解けなくなったり、学年がが上がっていくと増えてくる文章問題が解けなくなったりします。これからの将来に読解力がさらに大切になるという記事を以前も書きましたので、こちらも参考 [続きを読む]