green+igaku さん プロフィール

  •  
green+igakuさん: 田舎のサラリーマン家庭の子、医学部にゆく。
ハンドル名green+igaku さん
ブログタイトル田舎のサラリーマン家庭の子、医学部にゆく。
ブログURLhttp://igakubu-goukaku.hatenablog.com/
サイト紹介文子は国立医学部生。田舎ゆえに塾に頼らず母がコーチで医学部受験に挑戦した失敗+成功。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 44日(平均4.9回/週) - 参加 2017/10/26 13:29

green+igaku さんのブログ記事

  • 受験を控えた今は、自分のコンプレックスを刺激しないように気をつける。
  • 人って不思議なことに、ちょっとしたきっかけで自信満々になったり、反対にものすごーく些細なことでダメ人間だ〜(鬱)ってなることありますよね・・・。今私はちょっとダメ人間モードに入っています。なぜか?それは、多分自分のコンプレックスを刺激する情報を見てしまったからだと思います。私は、基本的にのんびりしているのが好きだし、忘れることがとても得意(?)なので、1つのことをずっと悩め(考えられ)ません。飽 [続きを読む]
  • 英単語アプリ mikan が楽しい!やりすぎて老眼が進行中(泣)。
  • 英単語の勉強を始めて数日経ちますが、DUOに飽きるとmikanと言う英単語のアプリをやり、目が疲れるとDUOに戻り、とやっています。英単語アプリ mikanmikan Co.,Ltd.教育無料mikanは 無料で使う事が出来ます(有料版もあります)。かわいいみかんのキャラクターが勉強すると褒めてくれるのと、ゲーム感覚で単語の勉強ができて楽しいです。無料でもセンター用単語、とか大学受験用単語、など数種類のカテゴリーから選んで勉強す [続きを読む]
  • 夜更かしで体調を崩さない。隙間時間で+15分の勉強を心がける。
  • 先日、うっかり夜更かしをしてしまい、ものすごく体調を崩してしまいました。DUOで単語学習を始めて、早速二日目でノルマが果たせず(泣)。やるぞー!と気合が入っているほど、計画通りにいかないとがっかりするものですね・・・。受験生のみなさんは、私の様に生活リズムを崩したことがきっかけで風邪を引いたりしないよう、気をつけてくださいね。たった一日無理をしたせいで、その後の勉強計画を大きく崩してしまうことにも [続きを読む]
  • 医学部受験生母だった時、一番知りたかったこと。
  • 本当は、こんな風にしたらうちの子どもには効果があった、と具体的な勉強法を書きたいと思って始めたブログ。ところが、思った以上に私の記憶消去のスピードが早かったらしく、さあ!と思ってもなかなか筆が進みません。私の個人的な育児とか信念とか聞いても、それほど参考にならないし、本当にすみません。思い返せば、私が受験生の母時代一番知りたかったのは、どうやったら成績が上がるか。ってことだったので、具体的 [続きを読む]
  • 私の食育戦略。それはどこへ行っても自分の生活を守れる大人にすること。
  • 子どもが塾通いせずに大学受験したことで、良かったことがありました。それは食育ができたこと。18年間毎日一緒にご飯を食べられたことが、今子どもの一人暮らしに大いに役立っていると思っています。何せ子どもは、朝と夜は基本的に私(あるいは夫と私の両方)と毎日食べ続けたわけです。食事しながら色々話す中で、これはこうやって作るんだよ、とか、献立の立て方はこうすると楽だよ、と伝えてきました。私が家で作っていた [続きを読む]
  • 医学部生の英検1級お試し受験。その結果は?
  • 夏に子どものお尻を叩いて、やっと英検の申し込みをしたと思ったのに、もう一次試験の結果が出ていたようです。残念ながら結果は不合格だったとのこと。結果は受ける前から分かっていたので、どのセクションがどの位できていたのかが気になります。やはり単語の実力が大きく足りていない。その他は付け焼き刃の勉強でしたが、6割程度とのこと。次の英検までに単語力の強化と、その他のセクションの底上げができるように頑張って [続きを読む]
  • 子どもは完全に文系だったので、文系医学部受験生には参考になるかも。
  • 医学部生と言っても、様々。理系バリバリの人が多いですが、うちのようにたまに文系の学生も混じっているのではないでしょうか。文系と言っても数学や物理はできるけど法学に興味があり文系学部に進んだと言うタイプではなくて、文系しかできないから「文系です!」と言う方の文系ですね。さて、では文系の医学部受験生はどうしたら活路を見出せるのか?それを考えていきたいと思います。ヒントは昔のNHKのドラマにあった題 [続きを読む]
  • 子どもには許せる人になって欲しい。そのために私が実行していること。
  • 最近、パディントンの作者が亡くなられたようです。それをニュースサイトで見かけたからか、ブログのタイトルがなんだか似てしまいました。パディントンって可愛いですよね。きっと2〜3歳の無邪気な子どもがモデルなんだと思います。私にとっては子どもはパディントンと重なるところがあるのかもしれません。とんでもないことを時々しでかすことありました。きっとどのお子さんにもそんな逸話の1つや2つあると思います。私 [続きを読む]
  • センター国語の攻略法について考えてみる①
  • 秋と言えば、センターの準備が始まります。受験生のブログをのぞくと、センター国語に苦労されている方多いですね。特に現代文の答えを見てもしっくりこないという悩みは、うちも同じように感じていました。さて、子どもは高3の全統マーク模試第2回では国語の得点が119点でした。その後対策を講じたのが実を結び、第3回では167点→センタープレ157点→センター173点でした。浪人の時は、センターで181点と9割 [続きを読む]