xien さん プロフィール

  •  
xienさん: 疲弊した兵士
ハンドル名xien さん
ブログタイトル疲弊した兵士
ブログURLhttp://www.xien81.com/
サイト紹介文この世界はとても苦しい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 86日(平均2.2回/週) - 参加 2017/10/26 10:02

xien さんのブログ記事

  • 友人キャラは大変ですか? 4巻 感想
  •  今日感想を書いていくのは、ガガガ文庫から「友人キャラは大変ですか? 4」-----友人キャラ、パパになる! 「事情あって使徒に味方することになった」。謎の書き置きを残して姿を消したエルミーラさん。仲間たちの捜索の結果、たまたま俺が見つけるのだったが――。――オギャア、オギャア――「お〜よちよち。泣いてはダメですわ、シズマ」なんと、エルミーラさんは子連れヴァンパイアになっていた!しかも、キュウキ陣営に子ども [続きを読む]
  • りゅうおうのおしごと! 7巻 感想
  •  今日感想を書いていくのは、GA文庫から「りゅうおうのおしごと! 7」。-----「文句があるならかかってこい! 八一!!」清滝一門の祝賀会。師匠である清滝鋼介九段から叩きつけられたその言葉に、八一は衝撃を受ける。 順位戦――名人へと続く階段で、昇級のチャンスを迎えた八一と、降級の危機にある清滝。師匠の苦しみを理解しつつも八一は己の研究を信じて破竹の進撃を続ける。 一方、棋力のみならず将棋への熱をも失いかけてい [続きを読む]
  • 魔人の少女を救うもの 1巻 感想
  •  今日感想を書いていくのは、GA文庫から「魔人の少女を救うもの Goodbye to Fate」。-----第9回GA文庫大賞≪優秀賞≫ファンタジー作「弱くてもいい。あなたがいいの」ウィズにはわからなかった。偶然出会っただけの少女アローンがなぜ自分を慕うのか。彼は凡夫で、秀でた才能もない二流の傭兵。遠い故郷を目指すアローンの護衛役にはふさわしくない、そう思っていたが……。「……同じだったから。あなたもわたしも同じ……選 [続きを読む]
  • 賭博師は祈らない 3巻 感想
  •  今日感想を書いていくのは、電撃文庫から「賭博師は祈らない 3」。-----バースにたどり着いた賭博師ラザルスと奴隷の少女リーラ。温泉街でしっぽり……といく筈もなく? ノーマンズランドでの負傷も癒え、ようやく当初の目的地バースにやってきたラザルスとリーラ。村から付いてきたエディスとフィリーも道連れに、気儘で怠惰な観光を洒落込むつもりだったが、一つ誤算があった。 温泉とギャンブルが名物のこの街で目下勃発し [続きを読む]
  • 1パーセントの教室 感想
  •  今日は、電撃文庫から「1パーセントの教室」の感想を書いていこうと思う。1パーセントの教室 (電撃文庫)----- とはいっても、結構前に発売されてたから今更感あるけれども、そういえば積読してたなあってことで年始で暇だしと思って今回読んでみた。この恋は、99パーセント《破滅》でできている――。松村涼哉、待望の最新作!「恋をしました、キミに――」 平凡男子高校生の雨ケ崎誠也に突如訪れた非日常。それは、クラスの美 [続きを読む]
  • ブルーピリオド 1巻 感想
  •  今回は、月刊アフタヌーンから「ブルーピリオド 1」の感想を書いていこうと思う。ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス)----- 基本ラノベ感想をメインにやっていこうと思ってるけれども、ちょいちょい漫画の方の書いていくので宜しく!ただ基本的に漫画は電子派で何らかのセールスにかかった時に買うのがメインだから、感想を書く機会は少ないかも・・・ケチでスマソ。成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を [続きを読む]
  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下巻 感想
  •  今回も前回に続きで、KAエスマ文庫から「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下」の感想を書いていこうと思う。KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下巻-----陸軍病院で“一人”目を覚ましたヴァイオレット。大陸戦争で一命は取り留めたものの、白く滑らかな両腕は失われ、義手になっていた。そんなヴァイオレットの元にやってきたのは彼女の後見人となったホッジンズ。ホッジンズは軍を辞め、郵便社の事業を立ち上げ [続きを読む]
  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上巻 感想
  •  今回は、KAエスマ文庫から「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上」の感想を書いていこうと思う。KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上巻----- 1月からアニメ放送ということで、物は試しで買ってみた。だってPV見てたら超絶面白そう感でてたし…こういうのは原作を読んだ上でアニメを見る事で、より一層物語りに入り込めるとかあるじゃん、多分。『自動手記人形(オート・メモリーズ・ドール)』その名が騒がれた [続きを読む]
  • 文句の付けようがないラブコメ 7巻 感想
  •  今回は、ダッシュエックス文庫から「文句の付けようがないラブコメ 7」の感想を書いていこうと思う。文句の付けようがないラブコメ 7 (ダッシュエックス文庫)----- といっても、今回の7巻で完結なんだけれどもね。まあでも本筋としてのお話は前巻で終わってたって感じなのかな。タイトルロゴがAfter Storyになってるし完全にそんな内容だった。愛してるぜ――。大反響不条理ラブコメ、堂々完結!!幾千幾万の輪廻を超え、ユウキ [続きを読む]
  • 86―エイティシックス― 3巻 感想
  •  今回は、電撃文庫から「86―エイティシックス― Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉」の感想を書いていこうと思う。86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉 (電撃文庫)-----  後、今回から今迄と書き方少し変えるよ…!もうちょい書き上げた後、見直してみて文章量を少な目にしてみる。今迄のだとやっぱり少し自分で読み返してもダレてるなあって感じたし。これからも見やすく [続きを読む]
  • 月光のアルカディア 感想
  •  今日は、週刊少年ジャンプ15号から「月光のアルカディア」の感想を書いていこうと思う。 いや、何でこのタイミングでそんな昔のジャンプの感想書くねん!って話だけれども、どうやら少年サンデーの方で、12月6日(水)発売の2号から八木教広先生の「蒼穹のアリアドネ」が連載するんだよね。それでおそらく予告絵から察するに、このジャンプでやった読み切りの「月光のアルカディア」をブラッシュアップしたものみたいだから大体ど [続きを読む]
  • 君は淫らな僕の女王 2巻 感想
  •  今回は、ヤングジャンプから「君は淫らな僕の女王 2」の感想を書いていこうと思う。 この作品を知ったきっかけは高校生くらいの時だったか、何かのサイト見た時に目に留まった昴が単純に可愛くて魅かれたからで、それで頑張って調べて調べて一体どんな作品なんだろう?で行きついたらこんな作品でしたみたいな。まだこういうジャンルを知らなかった無垢な時期だったから、ある意味一歩大人に近づけてくれた作品みたいな大げさだ [続きを読む]
  • 透明人間の骨 1巻 感想
  •  今回は、ヤングジャンプから「透明人間の骨 1」の感想を書いていこうと思う。  連載場所はヤングジャンプじゃなくてジャンププラスで、担当がヤングジャンプの人らしいからそういう扱いみたい。値段高くしやがってとかこれっぽっちも思ってないから…多分。というかWEB作品だし、コインで見れるし、追いつけるから正直買う必要性ってあるのかなあとは思ってたけれども、うまく言葉に表すのが難しい系の理解するより感じろ系だ [続きを読む]
  • 弱キャラ友崎くん 5巻 感想
  •  今回は、ガガガ文庫から「弱キャラ友崎くん Lv.5」の感想を書いていこうと思う。 安定のにわかなのでラノベ何とかランキングから知って入ったんだけれども、1つの区切りの指標になってる感じがする5巻ということで期待半分、不安半分だった。アニメ化するなら大体1クールだと3〜5巻分くらいが多いし。 とりあえずそんなわけで、一通り1巻の口絵から登場した女の子達の全員のメインエピソードが終わった…よね?5人だしそういう [続きを読む]
  • 魔女の旅々 5巻 感想
  •  今回は、GA文庫じゃなくてGAノベルから「魔女の旅々 5」の感想を書いていこうと思う。実は、この作品を知ったのがつい最近で、丁度いいタイミングに復刻特典イベントもやっていたので若干勢いで全巻揃えてしまった。 正直よく分かってないんだけれども、文庫本のサイズが大きいから本棚に置くと何か本読んでます感でていいよね。ああ、こいつ参考書買っただけで勉強した気になるタイプの奴だ…とか思われそうだけれども!…はい [続きを読む]
  • ブルー・オーシャン戦略 考察
  •  今回は、お勉強も兼ねて「ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する」を図書館で借りてきたからそれについて感想じゃなくて色々考察してみる。こうなんていうかさ、バリュー・イノベーションをファンデーションとして自分達の生活って新しく有意義になっていってるんだなあっておもt…や、イキりたいわけじゃないから!真面目にお勉強も兼ねて理解したつもりだから…プラウザバックしないでください、おなしゃす。 そ [続きを読む]
  • ブルー・オーシャン戦略 考察
  •  今回は、お勉強も兼ねて「ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する」を図書館で借りてきたからそれについて感想じゃなくて色々考察してみる。こうなんていうかさ、バリュー・イノベーションをファンデーションとして自分達の生活って新しく有意義になっていってるんだなあっておもt…や、イキりたいわけじゃないから!真面目にお勉強も兼ねて理解したつもりだから…プラウザバックしないでください、おなしゃす。 そ [続きを読む]
  • 戦闘員、派遣します! 感想
  •  今回は、角川スニーカー文庫から「戦闘員、派遣します!」の感想を書いていこうと思う。おそらくこのタイトルを既に知っている人ならもうご存知だろうけれども、このすばで有名な暁なつめ先生の作品。厳密な流れは把握してないけれども、このすばよりも前にWeb小説サイトに投稿していたこと、そこでは当時このすばよりも人気があったとかも、なますにかなんかで言われてた記憶がある。まあ、内容も半分以上無料で見れるし、あと [続きを読む]
  • 戦闘員、派遣します! 感想
  •  今回は、角川スニーカー文庫から「戦闘員、派遣します!」の感想を書いていこうと思う。おそらくこのタイトルを既に知っている人ならもうご存知だろうけれども、このすばで有名な暁なつめ先生の作品。厳密な流れは把握してないけれども、このすばよりも前にWeb小説サイトに投稿していたこと、そこでは当時このすばよりも人気があったとかも、なますにかなんかで言われてた記憶がある。まあ、内容も半分以上無料で見れるし、あと [続きを読む]
  • 読書メモ 10月分
  •  タイトル通り月末に、その月読んだ本をまとめてみようかと思う。読書メーターとか使えばもっと便利な気もするけれども、折角ブログ作ったしここに書いておく。…とそこまでは良かったけれども、如何せん最近始めたばかりでメモしてこなかったから少し曖昧な記憶を頼りに書いたから見落としあるかもね。まあ、来月からはちゃんとまとめられたらいいなと思ってる。・コミックスクジラの子らは砂上に歌う 1魔法使いの嫁 1宝石の国 1 [続きを読む]
  • 図書迷宮 感想
  •  今回も引き続き、MF文庫Jから「図書迷宮」の感想を書いていこうと思う。新刊はできるだけ早めに感想を挙げていきたいんだけれども、忙しくて結局今日になってしまった。ネタは鮮度が大事!っていうけれども、年季あるブログじゃないので影響力0だしそこは置いておいて… 25日から感想あげていた前2作品と一緒にアニメイトで買おうと思ったんだけれども、まさかの置いて無いという。結局特典も特に無い本屋で購入。1冊で完結?と [続きを読む]
  • 図書迷宮 感想
  •  今回も引き続き、MF文庫Jから「図書迷宮」の感想を書いていこうと思う。新刊はできるだけ早めに感想を挙げていきたいんだけれども、忙しくて結局今日になってしまった。ネタは鮮度が大事!っていうけれども、年季あるブログじゃないので影響力0だしそこは置いておいて… 25日から感想あげていた前2作品と一緒にアニメイトで買おうと思ったんだけれども、まさかの置いて無いという。結局特典も特に無い本屋で購入。1冊で完結?と [続きを読む]
  • 異世界拷問姫 5巻 感想
  •  今回は前回の流れの通り、MF文庫Jから「異世界拷問姫 5」の感想を書いていこうと思う。正直なところ、安易に異世界異世界言われるのがあまり好きじゃなかったりするから、うーんと思いながらスルーしてたんだけれども、評判とイラストの綺麗さに惹かれて4巻を機に購入を決意。それなりに人気なのも納得できたので、今回5巻の購入に至った。 これも最初から5巻の感想書かれても…だしぱっと今迄のあらすじを書くと、3巻までの1部 [続きを読む]
  • 異世界拷問姫 5巻 感想
  •  今回は前回の流れの通り、MF文庫Jから「異世界拷問姫 5」の感想を書いていこうと思う。正直なところ、安易に異世界異世界言われるのがあまり好きじゃなかったりするから、うーんと思いながらスルーしてたんだけれども、評判とイラストの綺麗さに惹かれて4巻を機に購入を決意。それなりに人気なのも納得できたので、今回5巻の購入に至った。 これも最初から5巻の感想書かれても…だしぱっと今迄のあらすじを書くと、3巻までの1部 [続きを読む]