富樫 さん プロフィール

  •  
富樫さん: 北海道湧別町 地域おこし協力隊員のつぶやき
ハンドル名富樫 さん
ブログタイトル北海道湧別町 地域おこし協力隊員のつぶやき
ブログURLhttp://www.town-yubetsu.com/
サイト紹介文北海道湧別町の地域おこし協力隊として、山梨県から湧別町へ移住した富樫隊員のつぶやきです。
自由文オホーツク海とサロマ湖の傍でピアノを弾いたり写真を撮ったり小説を書いたりしています。湧別町やオホーツク圏の情報を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 236日(平均5.6回/週) - 参加 2017/10/27 13:10

富樫 さんのブログ記事

  • The 田舎ゼミ in 小平町(その2)
  • 「The 田舎ゼミ」1日目の続き【16:30 グループディスカッション】・定住ってそこまで大事?(定住に関する自分と行政側とのギヤップ)・新人の憂鬱(どこから、何かを手を付けて良いのか分からない)・活動の優先順位(やりたい事とならなければならない事のバランス)・観光PRの手段(似たり寄ったりになってしまう宣伝文句、売り文句)・自己PRから始めたい(行き詰っているので打開策がほしい)・観光と地元民の間で(自分は [続きを読む]
  • The 田舎ゼミ in 小平町(その1)
  • きた北海道協力隊ネットワーク(KKN)主催、小平町の「The 田舎ゼミ」に参加。場所は日本海沿いにある臼谷福祉会館。小平町は名前だけしか聞いた事がなく、協力隊仲間では新井田さん、そして「大臣」こと、麻生雄司氏がいる事以外、実は何も知らなかった。KKNは2017年5月1日からスタートし、地域おこし協力隊同士の連携強化や協力隊と行政担当者、及び地域協力者との協働促進を目的として設立された団体で、東神楽町、沼田町、小平 [続きを読む]
  • チューリップフェア終了
  • チューリップフェアが終わり、すっかり静かになったチューリップ公園。風車も役目を終え、来年までお休みです。一面の緑に染まった大地に、初夏の風が吹き抜けます。素晴らしい景色を見せてくれたチューリップ達に感謝、感謝ですね。車で溢れ返っていた駐車場もこの通り。Copyright © 2018 北海道湧別町 地域おこし協力隊員のつぶやき All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 気が付けば8ヶ月
  • いつまでも新人気分でいたら、着任してもう8ヶ月目。新年度から協力隊に着任した人にとっては先輩となった。早い・・・早過ぎる・・・OBやOGの人は口を揃えて「3年間はあっと言う間」と言っている通り、このままだと瞬く間に1年が過ぎ、2年が過ぎ、「あ、3年目だ。どうしましょ」となってしまう。協力隊としての現在の不安、そして将来への不安。先日の研修で、やはり協力隊同士の繋がりは本当に大事だと痛感。今まで一匹狼を気取 [続きを読む]
  • 北海道地域おこし協力隊春季合同研修会(3日目)
  • ―3日目―9:00 プロジェクトのプレゼンテーション11:30 閉会式・終了・解散【9:00 新プロジェクトのプレゼンテーション】・生き物係・絶対ウケる!飲食店運営支援プロジェクト・炭フェス・この町はじめましてバンド・北海道横断ツアー・アナザーオホーツクフィルムコミッションちなみに、なぜに「Another Okhotsk」なのかは、こちらをご覧あれ。Another Okhotsk Film Commissionとは【全体の感想】AOFCプロジェクトに加われ [続きを読む]
  • 北海道地域おこし協力隊春季合同研修会(2日目)
  • ―2日目―9:00 研修4:栗山町見学12:00 昼食13:45 研修5:分科会その115:30 研修6:分科会その217:30 協力隊同士の新プロジェクトに関する事前プレゼンテーション18:30 夕食20:30 2日目終了【9:00 研修4:日原メロン農場、ファーブルの森、栗山自然情報館見学】・案内:西脇 宏伸、田中 成明(NPO法人雨煙別学校)日原メロン農場ファーブルの森オオムラサキ7月オープン予定の栗山自然情報館【13:30 研修5:分科 [続きを読む]
  • だるま軒(「じゃらん」で紹介されたカツ丼!)
  • 以前、旅行専門雑誌「じゃらん」でも取り上げられた湧別町の「だるま軒」(「だるま軒」と検索すると、全く同じ名前のお店が札幌や東京で出てきますが、全く別のお店です)茂加食堂と同じく、湧別町では知らない人がいない老舗食堂です。だるま軒 アクセス〒099-6501 北海道紋別郡湧別町上湧別字屯田市街地244Tel:01586-2-3282■営業時間:11:30〜19:00(売切れ次第終了) ■定休日:不定期■駐車場あり場所は国道242号線沿い、 [続きを読む]
  • 茂加食堂(名物の若どり定食!)
  • 湧別町では知らない人がいない茂加食堂。名物の若どり定食やザンギ定食、生ちらし寿司などの海鮮も。なかなか趣のある建物です。茂加食堂 アクセス〒099-6404 北海道紋別郡湧別町栄町50Tel:01586-5-2431■営業時間:12:00〜20:30 ■定休日:月末の日曜日メニューイチ押しの若どり定食やザンギ定食(1,450円)とにかくボリュームが凄い!さすがは名物ですね。ザンギ定食(1,080円)こちらも美味しいです。こちらは生ちらし寿司。 [続きを読む]
  • 岩見沢SA(下り)
  • サービスエリアとパーキングエリアが意外と少ない道央自動車道。こんな天気の良い日にこのまま湧別に帰るのがもったいないので、岩見沢SAで休憩がてら、どこかに行こうか考え中。とても気持ち良いです。カレーとソフトクリーム。SAで食べるカレーって、なーんで美味しいんでしょうねぇ。上野ファーム監修の北海道ハイウェイガーデン。Copyright © 2018 北海道湧別町 地域おこし協力隊員のつぶやき All Rights Reserved. [続きを読む]
  • チューリップ公園(見納め)
  • もう6月も目前。いよいよチューリップも見納めです。チューピット君とリップちゃん、しばしのお別れ。チューピット号もあと少し。チューリップは病気を防ぐため、そして球根を守るため、枯れる前に花びら摘み取ります。(摘花)もう摘花作業が始まっています。湧別町に来るまで、チューリップと言う花を意識して見た事はありませんでした。そして、こんなにもたくさんの品種がある事も知りませんでした。今はただ、夢のような景色 [続きを読む]
  • スタインウェイのピアノで個人練習
  • 25日は文化センター「さざ波」のホールで個人練習。反響版もバッチリセットしてもらいました。ピアノはスタインウェイD274フルコンサートモデル。いやはや、贅沢過ぎる・・・やっぱりホールで弾くのって気持ち良いですねぇ。練習した曲は以下の通り。ジョージ・ウィンストン・Colors/Dance・Joy西村 由紀江・あなたに最高のしあわせを・せせらぎ・扉を開けよう・Esplanade・パームトゥリーの下で見る夢は中村 由利子・Dear Green F [続きを読む]
  • 挑む!バリトン一騎討ち
  • 26日は石狩市の協力隊であり、バリトン歌手の今野博之氏が出演する「挑む!バリトン一騎討ち」に行きました。「挑む!」のFacebookはこちらhttps://www.facebook.com/idomkonno/場所は札幌時計台ホール。ここに入るのは14年振り。当時、東京のピアノサークルで、北海道出身の友人が「時計台の中で弾く」と言うので、「え?時計台の中にピアノなんてあるの!?」と、日帰り(当時は茨城在住)で聴きに来た事がありました。(その時 [続きを読む]
  • チューリップ公園(その2)
  • 気温が一気に上がり、湧別町のチューリップ達も喜んでいるようですね。昨年10月に湧別町に来て、ポスターや写真でしか見た事がなかったチューリップ。本当に綺麗です。まるでチューリップの絨毯ですね。ひと際存在感を放つ、ふるさと館JRY(ジェリー)「あの建物って何だろうね」と言う声言葉をたくさん聞きました・・・思わず、「あの建物はですね」と言いそうになってしまった・・・広いのでお客さんはまばらに見えますが、これ [続きを読む]
  • 五鹿山公園の桜
  • 五鹿山公園の桜。いつの間にか「五鹿山公園まつり」が終わっていた・・・なんかこう、迫力がないですねぇ。まぁ、天気が悪いので仕方ないですが、北海道は桜が苦手なのかな?これはなかなか綺麗。桜と言ったら、こうじゃないと。山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢(みなみこまぐんふじかわちょうかじかざわ)の、日本さくら名所100選に選定されている大法師公園。五鹿山の頂上付近まで、結構凄いところに来ています。(笑)晴れている時 [続きを読む]
  • 木彫りの熊と知床マグカップ
  • 4月、斜里町にある「北こぶし知床 ホテル&リゾート」のブログ「北こぶログ」に、こんな案内が。「譲ってください!押し入れの木彫りの熊」http://shiretoko.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-7912.html(今は募集終了しています)実は私の家にも木彫りの熊が1頭います。昨年末、役場内で殺処分されるところを、私が引き取ったんですね。しかし、私の家よりも、知床の大自然に返した方が良いのではないかと思い、北こぶし知床ホ [続きを読む]
  • 猿払村道エサヌカ線
  • いつか行ってみよう、と言うより「通ってみよう」と思っていた宗谷郡猿払村の猿払村道エサヌカ線。何もないところを、8kmの直線道路が貫いているだけ。民家も電柱もありません。天気が悪いのが残念。普通は並行している国道238号線を通るので、ここを通る車やバイクはほとんどいない穴場的な道路です。北海道ツーリングの人達にとっては人気のようですね。どこをどう撮っても、こう言う写真になります・・・北海道でしか見られませ [続きを読む]
  • 片岡節子チューリップ便り(その15)
  • 「チューリップおばさん」こと、片岡節子さんより。普通のチューリップ開花No.2「キャンデイアップルデーライト」3日。分類はダーウィンハイブリッド群。最初に開花したホワイトヴァレーは原種のプリッシマの突然変異から育成されたので、原種の兄弟でした。一般的なチューリップとしては、この明るい紅色に白い縁取りがある、背の高い花でシーズンの幕開けです。普通のチューリップ開花No.3「コスモポリタン」3日。ダーウィンハイ [続きを読む]
  • 片岡節子チューリップ便り(その14)
  • 「チューリップおばさん」こと、片岡節子さんより。原種チューリップ開花No.50「ユアン」4月30日開花。フォステリアナ群、斑入り葉。鮮やかな花色と濃い紫色が入る葉とで、大変個性的。原種チューリップ開花No.51「ケープゴット」5月1日開花。グレイギー群。斑入り葉。初めは黄色味が強く、咲き進むにつれて朱色が強くなります。原種チューリップ開花No.52「キャンデラ」5月1日開花。フォステリアナ群。原種チューリップ開花No.53 [続きを読む]
  • 片岡節子チューリップ便り(その13)
  • 「チューリップおばさん」こと、片岡節子さんより。5月に入り、雨と低気温の毎日。寒さや風への対応として温度に敏感な原種チューリップは、ピタッと閉じています。特に目立つのが2日に開花したトゥルケスタニカ。「あぁ、この寒さは嫌だなぁ・・・」と、グッタリうなだれています。でも、晴れて暖かい朝になると2枚目写真のように背筋をピッと伸ばし、「おはよう!」と笑顔で挨拶しているようで、人間味を感じる花です。「新拓」 [続きを読む]
  • 片岡節子チューリップ便り(その12)
  • 「チューリップおばさん」こと、片岡節子さんより。原種チューリップ開花No.45「フミリス アルバコエルレア オクラータ」4月30日。繁殖しにくいため、希少品種で高価。私の家でも、なかなか球根が増えないばかりか逆に腐って減る一方です。原種チューリップ開花No.46「トロント」4月30日。斑入り葉。原種チューリップ開花No.47「サミット」4月29日。大型のフォステリアナ群。この後は次々と普通のチューリップの大きさを持つフォス [続きを読む]