やどかり さん プロフィール

  •  
やどかりさん: クラウド翻訳者なんだがもう限界かもしれない
ハンドル名やどかり さん
ブログタイトルクラウド翻訳者なんだがもう限界かもしれない
ブログURLhttp://heartyappetite.blog.jp/
サイト紹介文やどかりおばさんの「崖っぷち」翻訳修行日記。
自由文フリーの売文業をやっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 179日(平均4.6回/週) - 参加 2017/10/27 11:46

やどかり さんのブログ記事

  • コネはやっぱり人聞きが悪い
  • はてなブックマーク::Hotentry@hatebuコネ入社を自慢する女子大生のアカウントが話題に。大炎上!→アノニマスに乗っ取られたフリをして逃... (51 users) https://t.co/bv7j438LXc 31件のコメント… https://t.co/03dtpTzrJU2018/04/23 03:46:06コネで入社するのはやっぱり人聞きが悪いらしい。でも新卒で大企業でコネ入社なんてどこの会社でもあると思うけどなー。なにはともあれ、コネ入社が批判されるのは、コネがなくても頑張 [続きを読む]
  • 猪浦道夫さん「英語教育は早いほどいいというのは幻想です」
  • 東洋経済オンライン@Toyokeizai【「使える英語」を学ぶと英語力は伸びない】 TOEIC重視の英語教育の弊害とは? : https://t.co/yBMfccIZYU #東洋経済オンライン2018/04/22 11:01:40ちなみに、英語教育は早いほどいいというのは幻想です。小学校における英語教育はハッキリいって危険。小学生に英語は差し迫って必要ではないのに、大人たちがグローバル化の強迫観念で子どもに学ばせているだけ。英語を学ぶ以前に国語力に立脚した思考 [続きを読む]
  • 「スーパーグローバル大学方式」考
  • 昨日紹介した猪浦道夫氏も「外国語の能力は母国語の能力を上回ることはない」と指摘しているが、日本の大学における英語教育が「TOEIC対策講座」と化して久しい。「スーパーグローバル大学構想」とやらが出てきてますますその傾向が強まっているようである。G大学、L大学構想って、日本の大学をグローバル大学とローカル大学に分けて(偏差値で)、「負け組」ローカル大学に入学すると、いわゆるリベラルアーツ的なことはほとんど [続きを読む]
  • 『TOEIC亡国論』TOEICが日本を滅ぼす
  • ぢょー@yd3sorこれは思った。TOEICより英検のほうがまだレベルも実用性も高いと思う。あと土台となる国語力はホント大事。 / 専門家が直言「TOEICが日本を滅ぼす」 https://t.co/bbTzy85UPs #スマートニュース2018/04/20 11:04:03以前にこのブログでも紹介したことがある『語学で身を立てる』の著者、猪浦 道夫さんが新刊を出した。ま、昔から「英検は本当に英語の力がつく良い試験だけど、TOEICは…」という意見は、英語通では常 [続きを読む]
  • 日大が英語講師15人を集団解雇する事情
  • これでも大学職員@koredemo「日大が英語講師15人を集団解雇する事情」首都圏大学非常勤講師組合「日本大学の手法が許されたら、授業を外部業者に委託してコストカットを図る大学が続出するでしょう。そうなれば、多くの教員が職を失うとともに、大学教育の質が著しく低… https://t.co/CUN9UXWaO12018/04/18 12:15:36日大で非常勤講師として英語を教えていた先生15人が解雇されたというニュース。それまでずっと日大に献身してきた [続きを読む]
  • #MeNeither
  • セクシャルハラスメント(セクハラ)など性的暴行の被害体験を告白・共有する際に#MeTooと書くのが流行ってるけど、#MeNeitherはどうか。「私はセクハラとか痴漢って遭ったことがありませんね」「#MeNeither」…といった使い方。なぜ今ごろになって(主として)職場のセクハラを告発するのに、こんなタグが流行するのだろうかと女の目で見ても多少違和感がある。本当に日常的にセクハラ被害に遭っている女性もいるのだろうが、例の [続きを読む]
  • 「寿命」だと思えないから辛い場合
  • ペットロスで仕事どころではなかったが、神様?が「悲しんでばかりいないで仕事をしなさい」というので仕事をした。ペットロスにも2種類あって、①罪悪感がある場合、②無い場合である。寿命を超えていきたような場合は「寿命だから仕方がない」とか「できるだけのことはしてあげた」といって自分を慰めることもできそうだが、寿命より早く死なれると、飼い主として自分が悪かったからではないかと動物に申し訳ない気持ちでいっぱ [続きを読む]
  • わたしが仕事を探している場所
  • こうしたら翻訳仕事が見つかる!という方法があれば誰よりも私が知りたいのだが、このごろ「どうも仕事を探す方法が間違っているのではないか…」という気がしてきた。フリーランスなので基本的に仕事の受注は単発である。なのでindeedとか求人ボックスで希望条件を検索して(例「在宅 翻訳」など)上位にヒットした求人を念入りにチェック。Indeedはハロワの新着情報だけではなく、クラウドソーシング各社の新しい登録案件まで出 [続きを読む]
  • 初心者でもわかる! LawLゆいの英文契約書入門
  • 初心者でもわかる! LawLゆいの英文契約書入門 [単行本]安保智勇第一法規株式会社2014-05-31 表紙が可愛いのでわかりやすいのではないか…と期待して読んだが、可愛いのは表紙だけで内容は例の「英文契約書!!」という感じ。ま、英文契約書(の解説書)は、誰が本を書いてもそんなに易しくはならないだろう。著者経歴を見ると弁護士であり、海外の法律事務所での経験も長いとある。そういう先生が、「企業の法務部に入って右も左 [続きを読む]
  • 京都弁の翻訳者を募集中
  • 日本語(標準語)→日本語(京都弁)の翻訳者の募集である。仕事内容からいって「英語通訳・翻訳者」募集のカテゴリではなく、「ライター・リライター」募集カテゴリだと思うのだが、英語カテゴリからも複数応募している。 映画『舞妓はレディ』のヒロインを思い出してしまった。舞妓はレディ スタンダード・エディション(DVD1枚組) [DVD]上白石萌音東宝2015-03-18ある日、京都の花街に、鹿児島弁と津軽弁のバイリンガルの女の子が [続きを読む]
  • クラウドソーシングでは良い評価が良い出会いをもたらす
  • クラウドソーシングは想像以上に「評価至上主義」なので、自分の評価欄はかなり気をつかわなくては仕事が受注できない。評価欄の数字が異様に低いとかなり不利なことが多い(しかしすごく低いのに、条件の悪い仕事を狙って受注し続けている人もいるので人によるが)クライアントによっては、修正依頼も出さないでいきなり悪い評価をつける人も多いのだが、クラウドソーシングには、評価欄を訂正できるタイプもあるので、「すいませ [続きを読む]
  • アンダークラス翻訳者
  • 前に何回か鑑定してもらったことがある占い師さんに今後の仕事運について占ってもらったところ「あと3年したら、あなたの仕事は無くなるかもしれません…」と宣告された。それはそれで困ったことだ。あと3年どころか、すでに手持ちの仕事がなく、トラブルもあって、なんだかボーとしているのだが、これもわが身の不徳のいたすところ、であろう。占い師は、在宅ではなく通勤の、新しい未知の仕事が良いと言っていたが、それができた [続きを読む]
  • クライアントと喧嘩ばかりしている翻訳者
  • 喧嘩したくないが喧嘩になってしまった。これもまさにわが身の不徳といたすところ。午前中に某クラウドソーシングから連絡がきて、翻訳仕事に当選した。私が出した見積もり(納期と金額)を見て、採用してくれたらしい。その後、クライアントから「訳してほしい」というファイルが送られてきたのだが、仕事依頼のページには1200ワードとあったのに、添付されてきたファイルを文字数カウントしてみると、2000ワードを超えている。私 [続きを読む]
  • 好きな仕事しかしたくない人が増加中
  • 労働局の有効求人倍率を見ていて「好きな仕事しかしたくない人、好きな仕事にしか申し込まない人が増えているのでは…」という印象を持った。あくまで私見である。職種によって有効求人倍率の数字に差がありすぎで、人気職種と、不人気職種の差がますます拡大していっているという印象がある。不人気職種でもどうしても必要な仕事ってあるから、外国人研修生の名目で海外から連れてこないとどうしようもなくなっているのだろう。 [続きを読む]
  • 翻訳者の人生は運で決まる
  • アゴラ@agora_japan【いま人気の記事1位】池田 信夫: 人生は運で決まる:『ダーウィン・エコノミー』 https://t.co/He0KPPAwA0 #アゴラ2018/04/08 08:11:00先週、申し込んでトライアルを受けた翻訳会社だが、求人広告には「トライアルの答案は添削してお返ししますので今後の学習の参考に…」と書いてあった。しかしその後、メールのやり取りをしている時に、「今回は、トライアルの応募者が会社の想定をはるかに超えて多いのでど [続きを読む]
  • サグーワークスのプラチナライターテストを受けた件
  • サグーワークスのプラチナライターテストを受けた(ただいま結果待ち)。プラチナライターになると単価が上がるし、プラチナレベルにしか取れないライティングの仕事に応募できる。でも私も初受験でプラチナライターテストに合格できるとは思えず、今後も頑張って受験し続けようと思う。まずたっぷり5000文字くらい書かされた。これは最小の文字数であり、8000字書いても落ちる人は落ちる。5000文字書こうと思ったら、集中して取り [続きを読む]
  • ライティング案件、喧嘩してクビ
  • 以前から細々と受注してきたクライアントだが、今回ライティングやっていて、わけのわからない仕様書と修正依頼を出してくるので、反論したら首になった。こういう場合でも、その提出をした記事分だけはお金がもらえるのがクラウドソーシングの良いところと言える。その仕事だが、1500文字のライティングで、「ダイエット おすすめ」「ダイエット NG」というキーワードをそれぞれ10回づつ入れろ、という。仕様書を読んで「あちゃ [続きを読む]
  • 「翻訳者」と「Google翻訳リライター」の違い
  • この頃、「翻訳者」と「Google翻訳リライター」はまったく別のルールで働く、別の職種なんだろうなと思い始めた。どちらが優れているとか比較の問題ではなく、別の職業なのである。 ①主戦場・翻訳者…翻訳会社(クラウド翻訳含む。トライアル有)・Google翻訳リライター…クラウドソーシングサイトの翻訳カテゴリ ②翻訳料・翻訳者…1ワード単価制・Google翻訳リライター…「PDF50ページ翻訳して1万円」など、「ひと山いくら」の [続きを読む]
  • 翻訳料、それでも安くしたつもりなんですが…
  • 本当はこういう手合いを「クライアント」と呼びたくないのだが、先月、私が1ワード3円で見積もりを出して、ほとんど決まっていたけどクライアントの都合でキャンセルになった案件があった。なぜキャンセルになったのか?私がクライアントに理由を聞いてみると、「そこまで費用をかけてやるほどでもないかなと思いまして」というお答え。20000語の和訳で60000円+クラウドソーシング手数料だから、費用といえば費用だ。私としては安 [続きを読む]
  • 翻訳を続けていくための収入源について考える
  • 週末にトライアルに申し込んだ翻訳会社(新規)、トライアル原稿が到着してから3時間くらいで返したけど、会社は「提出はいつでもよい…」と言っているのだし、もっと時間をかけたほうがよかった。「翻訳は1晩寝かせると良くなる」とはその通りで、いったん翻訳したトライアル答案を出力して、それを明日もう1回推敲して出せばよかった。 それとは別の件の、例のトライアル詐欺案件だが、なんとか無事にトライアル料は振り込まれた [続きを読む]
  • 老人ですがクラウド翻訳者として頑張っていますの怪
  • クラウドソーシング界には何食わぬ顔をして、後期高齢者のワーカーが混じっていることが多い。70代の翻訳者はちらほらいるし、80代現役翻訳者・レビュアーもいる。最近の高齢者はみんな元気で「稼ぎたい」んだろうなと思う。税金や社会保障費用、物価も確実に上がっていっているし、「お金が無くなるのは不安だ」「毎月、数万円でも収入を増やしたい」という気持ちは分かる。だから後期高齢者の翻訳者が増えてもちっとも不思議では [続きを読む]
  • トランプよ、Amazonと戦争を始めろ
  • はてブ(users100)エントリー@hatebu100トランプ大統領 アマゾンを強く批判 | NHKニュースhttps://t.co/fiOJXilY5ihttps://t.co/eJ8zHimrYaアメリカのトランプ大統領は、ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムについて税金… https://t.co/LcPednKLeP2018/03/30 23:17:02この先、トランプがAmazonと全面戦争するなら、トランプを大いに見直す。税金を支払わないのはアメリカンドリームとは無関係である。【程度の低い人格攻撃の例 [続きを読む]
  • 高い仕事しか申し込まない翻訳者考
  • クラウドソーシングは自分が好きな金額の仕事に申し込めるのだが、クライアントがあらかじめ予算を設定しているので、その予算の範囲内で…となる。「露骨に高い仕事しか申し込まない翻訳者」もいる反面、「金額を見ないで登録案件の全てに申し込む翻訳者」もいて、クラウドソーシングとの付き合い方は人それぞれで面白い。さて、露骨に高い仕事しか申し込まない人の中でも、もっともその傾向が強い翻訳者がいて、ここでは仮にAさ [続きを読む]