HERO さん プロフィール

  •  
HEROさん: タイに住んで、食べて、教えて、ブログ。
ハンドル名HERO さん
ブログタイトルタイに住んで、食べて、教えて、ブログ。
ブログURLhttps://thaifoodfun.com
サイト紹介文在タイ15年のバンコク郊外在住大学講師が、食べ歩き、現地での体験談、生活お役立ち情報などを発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2017/10/28 13:00

HERO さんのブログ記事

  • タイに来てから変わったお金に対する考え方
  • 2002年にタイに来たのでもうだいぶ経ちます。到着早々、高層コンドミニアムがタイの寺院が同じ車窓から見えることに驚きましたが、当時屋台での食事が一回25〜30バーツなのに、伊勢丹でアイスが1スクープ50バーツ、スタバのコーヒーが一杯100バーツ、新卒の給料が10,000〜15,000バーツなのに人々は数千バーツの携帯を使い、月給以上のローンを組んで車やコンドミニアムを買う...なんか物価のバランスとタイでの経済観念が日 [続きを読む]
  • タイのガソリン事情〜ガソリンスタンド、種類と価格について解説します
  • 規模やロケーションにもよりますが、たいていのタイのガソリンスタンドにはトイレ、コンビニ、コーヒーショップ、ATMが併設されていて、なかにはスーパー、洗車場や整備場、マッサージなどの施設もあります。様々なガソリンスタンドがあって、どこで給油するのがお得なのか、またガソリンにはどんな種類があってどれがいいのかまとめてみましたので、タイで車を運転する方の参考にしていただければと思います。タイのガソリン [続きを読む]
  • バンコクでビュッフェに行くなら、ピンクラオのCopperがおすすめ
  • 東南アジア屈指の大都会であるバンコクには、レストランが天文学的な数ほどあって、食べることに困ることはありません。旅行者にも地元タイの人々にも人気なのは、やはりビュッフェ形式のレストラン。タイでは、食べ放題は英語式に「バッフェ」と呼ばれていまして、一定の料金を払って数々のメニューの中から好きなものを好きなだけ食べれるという明朗さがウケているのは万国共通ですね。私は、今まではアプリeatigoを使って [続きを読む]
  • バンコクのアイコンサイアム・高島屋への行き方まとめ
  • 2018年11月10日、チャオプラヤー川西岸、ミレニアムヒルトンとペニンシュラの間に、新しい大型商業施設「アイコンサイアム」がオープンしました。バンコク在住者でオープンを心待ちにしていた人も多いかと思います。しかし、立地がトンブリー側、チャオプラヤー川の西側といいこともあり、アクセスの悪さを懸念する声も聞かれます。オープン前に2回、そしてオープン2日目にももう一回訪れたついでに、アイコンサイアムへの行 [続きを読む]
  • バンコクのアイコンサイアム・高島屋への行き方まとめ
  • 2018年11月10日、チャオプラヤー川西岸、ミレニアムヒルトンとペニンシュラの間に、新しい大型商業施設【アイコンサイアム】がオープンしました。バンコク在住者でオープンを心待ちにしていた人も多いかと思います。しかし、立地がトンブリー側、チャオプラヤー川の西側といいこともあり、アクセスの悪さを懸念する声も聞かれます。オープン前に2回、そしてオープン2日目にももう一回訪れたついでに、アイコンサイアムへの行 [続きを読む]
  • タイでGrabを安全に利用するための注意点
  • Grabはシンガポールに拠点のある配車アプリ運営会社で、東南アジア一帯で活発な事業を展開しています。タイでは2013年8月にGrabTaxi(グラブタクシー)のサービスを開始し、現在ではCar、Bike、Food、Deliveryの4つサービスがあります。このうち、Car(配車サービス)にはGrabTaxiとGrabCarの2つがありますが、大手タクシー会社や個人タクシーの運転手とも提携していて、いままで散々態度が悪いタクシー運転手にまつわる話を聞 [続きを読む]
  • タイで食事を配達するサービス、アプリ【GrabFood】の使い方ガイドと感想
  • 「Grab」って、配車だけでなく出前サービスもしてるんですねー。最近こういったサービスが増えてきているのは知っていますが、うちはバンコクじゃないので「デリバリーエリアの範囲外」ということが多く、宅配はこれまでにピザカンパニーとOishiくらいしかとったことありません、ちょうど職場のネットがつながらなくなるというトラブルで、自宅での仕事を強いられていたので、一度利用してみることにしました。タイ在住の方 [続きを読む]
  • クラビ空港の情報と、クラビタウンとアオナンビーチまでの行き方まとめ
  • 待ちに待った休日、期待と興奮で胸を膨らませ、いよいよクラビに行く日が近づいてきました!クラビはタイ南部の地方都市で、空港は小さく、町(クラビタウン)やビーチまで行く方法もそこまで多くの選択肢があるわけではないので、移動についてはあまり心配することはありませんが、タイならではの事情もありますので、出発前に空港、町、ビーチの位置関係と交通事情を少し頭に入れておきたいところです。クラビ空港から町や各 [続きを読む]
  • ナコンパトムで一年中蓮の花が見れる【Red Lotus Floating Market】
  • バンコクの西隣ナコーンパトム県には、有名な仏塔をはじめいくつか見どころが存在しています。在住者としてその中でもおすすめの一つが、レッドロータス水上マーケット(Red Lotus Floating Market/????????????????? ? ??????)です。一年中美しい赤い睡蓮の花を見ることができ、ドローンによる空撮サービスもあり、カップルや私たちのような家族で訪れるのにいいところです。バンコクからだとア [続きを読む]
  • タイの王様が亡くなった日を英語でAnniversaryと言うのは正しいの?
  • もうすぐタイのプミポン前国王の死去から2年になろうとしています。この日はタイの祝日に制定されましたが、グーグルカレンダーの英語表記Anniversary of the Death of King Bhumibolに少し違和感を感じました。Anniversaryって、なんかおめでたいことがあったときに使う単語っていうイメージがあるんですが、英語でこういう表現はあるの?これはもしかして東南アジアで使われる英語の特有の表現?ということで、この記事では [続きを読む]
  • バンコクの【パーククローン花市場】は観光で必ず訪れたいスポット
  • タイにはさまざまな種類の市場がありますが、チャオプラヤー川の東岸、中華街近くに位置しているこのフラワーマーケットには一回行ってみたいと思っていまして、最近それが実現しました。バンコク都内での仕事の後、車で偶然通りかかり、しかも運良くマーケットの近くに車を停めることができたんです。ちょっと覗いてみるつもりが、気がついたら2時間くらい経っていました。それほど活気に満ちたカラフルな市場でしたので、 [続きを読む]
  • バンコク郊外のローカル度満点の水上マーケット【観光客なし】
  • タイの水上マーケットといえば、ダムヌンサドゥアック、アムパワー、そしてタリンチャンが有名ですね。 いかにもタイらしい場所でとても印象的ですので、観光ツアーにも組み込まれており、すでに訪れた方も多いことと思います。 しかし、バンコク郊外には小さな川や運河が多数あり、現在でも地元民が使う昔ながらの小規模なマーケットも多く存在するんです。 生粋のあまのじゃくである筆者が、そういった物好きしか来ないような超 [続きを読む]
  • タイのEMSは安全?国内外への書留郵便の種類、料金、日数等について
  • タイではフェースブックやインスタグラムなどのSNSを使った個人売買(雑貨、衣類、化粧品、サプリなど)が盛んで、タイ郵政もそのニーズを汲んでビジネスをサポートし、さらにサービスを充実させるため様々なオプションの統合を進めています。 タイの普通郵便料金は払っても払わなくても同じじゃね?っていうくらい爆安なんですが、対応もそれなりで信頼が置けず、郵便物がたびたび迷子になるのは有名な話。 では果たしてEMSや書留 [続きを読む]