テス さん プロフィール

  •  
テスさん: 廃墟ログ
ハンドル名テス さん
ブログタイトル廃墟ログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tess5555-hai/
サイト紹介文廃墟を探索するサイト。 北陸の廃墟が多いです。
自由文廃墟に関するサイトです。
廃墟を回って、沢山写真を撮って、それを見てもらうのが目的です。
写真はがっちがちに編集したのをあげることもありますし、探索記風にあげたりもします。
オリジナル物件を増やしていきたいなあ。
探索者の方との情報交換もしたい。

写真はフリッカーにアップしています。
クリックしたら、大きな写真が見れるよ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 22日(平均3.8回/週) - 参加 2017/10/28 20:25

テス さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 竹林の中で朽ちていく廃村 その2
  • 前回の続き。基本的に僕は心霊現象を信じていないのですが、ちょっと自分、洒落怖話していいっすか?この廃村なのですが、ここに来てしばらくすると、リコーダーか、オカリナの音が聞こえ始めるんですよね…まじで。いやほんとまじでよ。都合で五回は来てるけど、毎回聞こえる。春秋冬と来てるけど毎回。今回もずっと笛の音が聞こえてたんだけど、しばらく運指の練習をして、それからずっと浜辺の歌を演奏してた。ずっとな!!前回 [続きを読む]
  • 竹林の中で朽ちていく廃村 その1
  • 金沢のど真ん中に廃村があることをご存知ですか?アクセスも良好、フォトジェニックではあるのですが、いかんせん蚊が多いです。夏は本当に無理です。8月頃に行って体中百箇所以上で血を吸われ、心が折れてしまったので足が遠のいていたのですが、この度行ってまいりました。まずは近くの展望台のような場所から一枚。今日も曇り。揺るぎない信頼をおくことができる。石川の曇りっぷりには。坂を下ります。それで、しばらく行くと [続きを読む]
  • 白山市の砕石場
  • 白山市近くの砕石場に行ってきました。例によって、どこかは秘密です。大分崩れている坂を登ります。もう使っていないので、砂利がない部分があります。道の隙間に、立入禁止の看板。危険なのでしょうか。結構大きめの構造物がまだ残っています。ここはなんだろう。石を分かる場所かな?草に埋もれて、なんだか分からないのもたくさんあります。上に回ってみましょう。汗をかきつつ登ります。傾斜がきつい。中になにかが封じ込めら [続きを読む]
  • 竹林の中で朽ちていく廃村 その4
  • 前回の続きです。マルハの鯖味噌煮!すごく素敵なデザインだわ。ここは入り口が頑丈で開かなかったはず。不穏な趣のホースがたくさん落ちている!なんだろこれ竹林の向こうにもう一軒家がある…でも険しすぎて近づけない…この看板の裏には立入禁止と書いてありました。反対側からこっちに回った場合はどうなるんだろう。ほほう。こんな道にでるのか…おい!ガースケ!こんなところにおったんか!初めて見かけた時から大分移動した [続きを読む]
  • 竹林の中で朽ちていく廃村 その3
  • 前回の続き。破壊の限りを尽くされた感のある家。人がやったか、自然になったかはわからないけど。インスタントマッシュポテト。ハイカラなものを…横のカラフルなのは、子供のおもちゃですね。乱雑に積み上げられている、新聞の束。一寸離れて撮るとこんな感じ。まさに竹林。洗面所かな?タイルが可愛い。これはガスボンベの上が取れたやつかしら。危険!お、こんなところに壺が。なんでも鑑定団の話をすべきか、風来のシレンの話 [続きを読む]
  • 下の茗温泉 その2
  • 前回の続きだよ。どうしても本館に近づけない。鬼のような釘攻撃。破傷風が怖いし、靴裏に金属も入っていないので、他の道を探すことにする。ちなみにこれは本館と温泉をつなぐ連絡通路。ここも通るのは不可能でした。ちょこちょこと橋を移動し、さらに崖を歩いて温泉の方に到着。さて、どうやって入るべきか。階段は完全にぶっこわれているし、橋の下を通って本館にいくことも考えたが、カメラを持っていくのはきつすぎる。よって [続きを読む]
  • 下の茗温泉 その1
  • 下の芦温泉、超有名なので今更ではありますが、なんやかんやで行ってきました。遠かったぜ−。温泉の近くを走っている水の管。なんだろう。はいでました看板。400米というのがよい。道はぐっちゃぐちゃなんで、体感は1kmくらいありますが!近くにあるお地蔵様に挨拶をしてから向かいます。はいこれが道です。もういちど書きます。これが、道です。ヤブどころの騒ぎじゃねえ。こんなかんじ。辛うじて、草以外が見えるところを歩 [続きを読む]
  • 廃ホテル 4
  • 今日でこの廃ホテルの記事は終了!それではいってみましょう。お、怪しげなファイルを発見。しかし開かずじまい。カーテンは絵になるなあという主張。ドアと、ストッパーとしての役割をなさない羽毛。ここなんか、花粉症の人が今も宿泊している感ありありですね。大量の布団。畳もきれい。そういえば。廃墟はとても静かですが、時々こんなところに鳥がいて、足音に驚いた羽音に僕が驚きます。お互い様か。障子の破れ具合が時間の経 [続きを読む]
  • 廃ホテル 3
  • まだまだ続きます。二階。懐中電灯がないので、いまのところ携帯の灯りで登っています。トイレの立入禁止って、結構非常事態ですね。クリーニングに出された服がおいてありました。住居としてつかっているのでしょうか?趣のあるカーテンに進化している!紅地獄…?こええ廃墟のカーテンって素敵ですよね。何故でしょうか。この部屋には生活臭が有る。まだまだ使えそう。テレビはブラウン管ですが。押し入れもきれいです。まだ荒ら [続きを読む]
  • 廃ホテル 2
  • 昨日の続き色々増築したのか、あんまり脈絡のない建物が沢山建っています。左奥に見える、田んぼがとても良い色。ぎりっぎり看板が見えない場所。湯の文字が見えますな。ここからぎりで露天が見えたんじゃないのかしら。なんだかきっちりとした入り口。ここは開いていませんでした。すとーぶとか、懐中電灯とか。ホラーゲームだったらここからはじまるってかんじ。電池を持っていった数で生死がわかれる。浴場につながる道。真っ暗 [続きを読む]
  • 廃ホテル 1
  • さてさて、ここは僕が10月までやっていた、テスピクの後継ブログです。何が変わったかというと、具体的には廃墟に特化したやつにしました。廃墟の写真見に来た人に、猫の記事をあげるのもなと思って。というわけで、11月からここは、ガチガチ廃墟サイトになりました。新参者ですが、よろしくお願いします。まずは記念すべき一件目の記事。立山近くの廃ホテルですよ。ちかくにはこの看板。良い感じで植物が繁茂しています。これ [続きを読む]
  • 過去の記事 …