老荘凡夫 さん プロフィール

  •  
老荘凡夫さん: 老後を支える家計管理と株式投資
ハンドル名老荘凡夫 さん
ブログタイトル老後を支える家計管理と株式投資
ブログURLhttps://shigotototoushi.com/
サイト紹介文家計管理を盾として、株式投資を鉾として活用し、老後を楽しく生きる術を探求しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 49日(平均7.6回/週) - 参加 2017/10/28 21:00

老荘凡夫 さんのブログ記事

  • 下振れの鉱研工業をナンピン買い
  • 以前紹介した僕の唯一の塩漬け銘柄、鉱研工業を今日、ナンピン買いしました。621円で指値しておいたものです。始まり値が、620円で、1円安く買えました。まだ値を下げたら放置あまり直近では、期待ができる銘柄ではありません。前にも触れたように、ただ、ナンピン買いで取得単価を下げたいというだけの話です。これで、利益確定までの戻りが早くなるわけですが、もちろん、まだ値を下げて行く可能性もあります。そのときは [続きを読む]
  • 3年手帳を健康管理に活用する
  • 3年手帳、表紙には、3Year Diaryと書かれている手帳を使い始めて、かなりの年月が経ちます。この3年手帳ですが、2005年から使い始めています。つまり、3Year Diaryという表示の下に、2005−2007となっている手帳が最初のものです。なぜか2008年と2009年は、単年度手帳もう過去のことなので、覚えてはいないのですが、なぜか2008年と2009年は、単年度手帳を使っています。そしてまた、2010年か [続きを読む]
  • ソースネクストが目標株価を突破
  • 僕が予想していたよりも早く、ソースネクストが目標株価を突破しました。僕はすでに、11月に、お金が必要になって売却してしまいましたが、自分の予想通りの値動きをしてくれると嬉しいものです。気になる銘柄はその後の動向もウォッチ僕は自分が売却してしまった銘柄も、その後の動向が気になるものは、ウォッチし続けています。たとえば、プレナスとか、ビジネスブレイクスルーなども、そうですね。ビジネスブレイクスルーは、 [続きを読む]
  • 弱いからこそ、見えてくる世界があります
  • 今日はちょっと変な話をします。一般的には、弱いことは、あまり高く評価されません。多くの人が弱さを克服して強くなりたいと思っています。まあ、その気持ちは、わからないではありません。僕も強くなりたくて、空手を習っていたくらいですからね。もっとも、長くは続きませんでしたが。しかし、弱いからこそ、実は有利なこともあります。弱いことが幸いしてカルト教団を逃げ出せた僕は20代の2年間ほど、統一協会というところ [続きを読む]
  • 僕が所有する唯一の塩漬け銘柄
  • 僕は、現時点で、特定口座に12銘柄、NISA口座に19銘柄を所有しています。年齢が、50代後半なので、さらに言えば、介護離職した身なので、リスク分散しています。このリスク分散するやり方は、自分の年齢と、残された人生時間を考慮してのものです。それで、僕が所有する31銘柄は、すべて購入したときよりも値上がりしているのですが、ただ1銘柄だけ、買ったときよりも値を下げているものがあります。それは、鉱研工業 [続きを読む]
  • 母の居住空間を変えました
  • 現在87歳の母は、徐々に足腰が弱くなっているため、卓袱台でご飯を食べたり、布団を敷いてそこから起き上がったりするのが、大変になってきていました。そこで、ベッドで寝起きし、食事もテーブルでしようということになりました。予算10万円以内で探す母がデイサービスに行く月曜日に、僕一人でニトリと大川家具に下見に行きました。母の希望はソファベッド。起きているときはソファとして使え、夜はベッドになるやつですね。 [続きを読む]
  • 株価はその企業本来の価値価格へと近づいていく
  • すべての価格は価値を追い続けていきます。それは、株価も例外ではありません。そのため、すべての株価は、長い目で見ればその企業の本来の価値価格へと近づいていきます。ただ、その時間は、誰にもわかりません。そのため、たとえ良い企業の株を持っていたとしても、すぐさま値が上がるわけではありません。そこには、時間に耐える、ということが必要になってきます。コインの裏表の法則に見る「平均への回帰」10円玉でも100 [続きを読む]
  • 冬の熱川温泉
  • 昨日、今日と、東伊豆の熱川温泉に、母を連れて行ってきました。去年の冬は西伊豆の宇久須で一泊し、土肥からフェリーで清水に行き、三保で一泊という、2泊3日の旅でしたが、今年は、熱川温泉の一泊だけにとどめました。母も高齢のために、2泊の旅行は、だんだんきつくなっています。ゆこゆこで予約して行くことが多いのですが、今回は、グルーポンのお得なチケットを利用しました。伊豆方面の旅行のカギは圏央道昨日の行きの圏 [続きを読む]
  • 会話する相手によって、引き出されるパートが違う
  • 会話とは、まことにおもしろいものだと思います。それは、会話する相手によって、自分の中から引き出されるパートが違うからです。このことは、僕は昔から不思議にも思い、また、おもしろくも思っていました。会話も、ある意味、音楽で言うところのチューニングなのかもしれません。立ち向かう人の心は鏡なり「立ち向かう人の心は鏡なり」という言葉があります。これは、簡単に言うと、相手を通して自分を見る、自分を知る、という [続きを読む]
  • はじめてのIPO申し込み、そして落選
  • 僕は、これまで、IPOに申し込んだことがありませんでした。投資歴は10年になるのに、これは珍しいことかもしれません。やり慣れていないことをするのが、めんどくさいと思う性格なので、IPOも勝手にめんどくさく思っていたのですね。でもまあ、今回初めて申し込んでみました。【抽選結果】は落選申し込んだのは、カチタスという銘柄で、岡三オンラインを通じて申し込みました。結果は、落選。日頃より、岡三オンライン証券 [続きを読む]
  • 自信満々でないほうが勝つ、投資以外でも
  • 昨日、M1グランプリを見ていて、和牛は上手いけれど勝てないような気がしていました。そして案の定、決勝での票は割れ、優勝はとろサーモンへ。和牛は、勝てるという自信があったように見えました。実力もあり、勝ってもおかしくはなかったのですが、勝てませんでした。その前に見ていた素人の歌番組でもその数日前に、番組のタイトルは忘れましたが、素人が歌い、得点を争う番組がありましたね。ああ、そうです、カラオケバトル [続きを読む]
  • 長生きリスクと賃貸住宅
  • 今日の読売新聞で、単身高齢者らの入居支援をしているNPO法人の記事が載っていました。そのNPO法人は、賃貸住宅への入居を断られやすい単身高齢者に対して、住まいの確保や入居後の見守りなどを行っているようです。複眼を持って眺めると、大家の立場からすれば、単身高齢者に部屋を貸すことは、さまざまなリスクがあります。貸し渋る大家の気持ちも、わからないではありません。自分の年金に照らし合わせて考えるとこの記事 [続きを読む]
  • 平成のあとの年号は安始なのでしょうか
  • 今日の話は、変なことを言っているな、くらいに読み流してください。原田(仮名)と名乗る2058年の未来の日本から来たと自称している人の書き込みの話です。テスラコイルを応用した技術で出来た、いわゆるタイムマシンで来たと、言っているようです。タイムマシンは極秘扱いで、自分もよくは知らないなどと、多少リアルめいたことも言っているようです。平成の次の年号は“安始”友人の一人が、この書き込みのことを教えてくれたの [続きを読む]
  • 株の現物取引をする際の僕の考え方
  • 株の現物取引は、実に単純な理屈で理解できます。それは、足し算と引き算の世界だからです。株価が安いときに買い、高いときに売る。その差が利益となります。この単純さが、僕が現物取引に惹かれる最大の理由でもあります。価格は価値を追い続ける株式投資だけでなく、僕は人生そのものもシンプルなほうがいいと思っています。複雑なものは、疲れるのです。感覚的な言葉で言うと、すっきりしないのです。どんなに長く生きても10 [続きを読む]
  • ランニングコストにおける一戸建ての優位性
  • 僕は13年ほど分譲マンションに住んでいたことがあります。そのときに感じたことは、管理費と修繕積立金の負担が、年を追うごとに重くなっていくことでした。マンション生活は13年で終了し、そのマンションを民主党政権時代の底値のときに売却しました。実に1000万円以上の値下がりでしたが、残債だけは整理することができました。マンホールから大量の蚊がガラガラポンで再出発し、父の介護生活のために実家を建て直したの [続きを読む]
  • 岡三証券から5000円の振り込みがありました
  • 今年9月に、岡三オンラインの口座開設をしたのですが、そのインセンティブが、5000円ということのようです。ただ、口座を開設しただけでの振り込みです。実は条件はもう一つあって、確か5万円の入金だったと思います。僕は、30万円入金し、無配の銘柄を一つ買いました。現在その銘柄は、買値よりも若干下げています。無配銘柄ですがキャピタルゲイン狙いですその銘柄は、まだ下がる余地があり、もっと下がったらナンピンし [続きを読む]
  • 零細企業で働いていた僕のボーナスの思い出
  • 今朝の読売新聞に、今年の冬のボーナスの記事が出ていたので、自分がボーナスをもらったときのことを思いだしました。僕は介護離職するまで、およそ11年間、社員数、十数名の零細企業で働いていました。そのような小さな会社だったので、ボーナスは、かなり社長の気持ち一つで上下する、といったことがありました。僕がもらったボーナスの最高額僕がもらった冬のボーナスの最高額は、40万円です。そこから、税金や社会保険料な [続きを読む]
  • 小さなことにも幸せを感じられる人のアドバンテージ
  • 幸せとは何かを、簡単に言ってしまえば、「幸せな心の状態のこと」だと、僕は思っています。すごくザックリと言ってしまうと、幸せだと思っている人は、幸せなのです。実は本当にたったそれだけのことなのですが、多くの人は複雑に考えすぎているように僕には思えます。淡々とした幸せの日常僕は毎日、かなり幸せです。暖かな家に住み、食べるものにも困らず、ゆったりと暮らしているからです。月の生活費は10数万円で、高齢の母 [続きを読む]
  • 株式投資の3つのリスクを頭に入れておく
  • 株式投資のリスクは、大別すると「値下がりリスク」「流動性リスク」「倒産リスク」の3つに分けることができます。これらのリスクをしっかりと頭に入れたうえで、僕は株式投資を行っています。値下がりリスクについて「値下がりリスク」というのは、文字通り株価が下がるリスクを言います。株は市場が開いている間はリアルタイムで取引されますから、常に上げ下げを繰り返しています。そもそも、株は値下がりしなければ、損するこ [続きを読む]
  • 老いて行く自分への教訓も兼ねて
  • 母は今、一階の板の間に布団を敷いて寝ているのですが、高齢のため、だんだん寝起きすることが大変になってきています。布団から起き上がるのが、しんどくなりつつあるのです。そこで今日、寝起きが楽になるように、ベッド購入を検討しました。そして、それに合わせて、部屋にある家具の配置なども検討しました。我が家の一階の現状一階の板の間は、広さは14畳ということにはなっていますが、そのうちの4畳分は、カウンターを挟ん [続きを読む]
  • エフティグループ100株を売却
  • 今日は、先週末に指値で売却注文を出していたエフティグループ100株が、指値に届いたため、売却することができました。買い注文にしろ、売り注文にしろ、発注したら、ほとんど昼間はほったらかしです。場の終わったあとに、取引き画面を覗くくらいですね。仕事と介護の両立で実感したほったらかしの有難味今でこそ、介護離職をして、会社員生活はしていませんが、サラリーマン時代は、介護との両立で、真剣に悩みました。そして [続きを読む]
  • 株式投資スタイルについて
  • 株式投資は、進め方一つでインベストメント(投資)にもなればギャンブル(賭け事)にもなってしまいます。この事実は、初心者のうちからしっかりと意識しておかなければいけません。自分に合った投資スタイルを知ろう株式投資で失敗してしまう人というのは、自分自身に合った運用スタイルを考えずに、無計画に、相場という世界に飛び込んでしまうようです。今までに投資経験が少なく、資産形成と言えば貯金しか経験がない人は、特 [続きを読む]
  • 県内一斉ノー残業デーと疲労困憊だった日々
  • 埼玉県は、今日、11月22日(水曜日)を「県内一斉ノー残業デー」とし、県内企業・団体に働きかけているそうです。多くのサラリーマンは、疲労困憊で毎日働いていると思います。僕自身が、そうでしたから、よくわかります。マンション住まいの便利さを捨てて僕の場合は、何と言っても、往復4時間の通勤時間が大変でした。父の介護で実家に戻る前は、往復2時間半ほどの通勤時間で、それでも短いとは言えないのでしょうが、4時間に [続きを読む]
  • 消費から遠ざかって、心の平静を得る
  • 父の介護で、60歳定年を数年残して介護離職した僕ですが、正社員として働いていたときよりも、格段に少ない消費で生きることが可能となっています。それは、ストレスが、大きな要因ではないか、と自分では思っています。ことほど左様に、正社員として働いていることは、大きなストレスがかかり、それに伴って、そのストレスを解消するための費用もかかっていたということなのですね。グルーポンチケットを消費していた日々正社員 [続きを読む]
  • スクロールの株主優待が今年から3倍に
  • スクロール株100株を3万円ほどで購入してから、知らぬ間に3年以上が過ぎていたようです。それを知ったのは、株主優待券が届いてからでした。いつもは、500円分の株主優待券が送られてくるのに、先日送られてきた封筒には、何と3枚が入っていたのです。長期保有の株主に対する優待何しろ、購入金額が3万円という少額だったので、あまり気にしてはいなかったのですが、知らぬ間に株価も当時よりは上昇しています。この銘柄 [続きを読む]