オヤジ さん プロフィール

  •  
オヤジさん: 中年オヤジのロシア語学習記
ハンドル名オヤジ さん
ブログタイトル中年オヤジのロシア語学習記
ブログURLhttp://www.glottologist.com/
サイト紹介文50代半ばの中年。 NHKのラジオ講座を中心としたロシア語学習の記録。学習中に気になったこと等も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 205日(平均2.0回/週) - 参加 2017/10/29 08:22

オヤジ さんのブログ記事

  • 応用編第11課
  • 第9課から第12課は、チュコフスキー (Чуко?вский) の「2歳から5歳まで」 (От двух до пя?ти) からの抜粋ですね。この作品は、ある意味、言葉の遊びみたいなところがあるので、語彙力がないと、面白さが分からないですよね。さて、第11課の「練習」の③に出てきたМаршак の "Кошкин дом"ですが、エフゲーニヤさんの解説によると、ロシアの子供は、"Кошкин дом" を絵本というよりも [続きを読む]
  • 応用編第9課
  • ― Кто краси?вее ― па?па и?ли ма?ма?― Не бу?ду вам отвеча?ть, потому? что не хочу? обижа?ть ма?му.における、хочу? に続く不定形の動詞の体について。テキストに書いてはありませんが、放送中の解説で、否定の не хочу? には「不完了体」が続き、肯定の хочу? には「完了体」が続く傾向があるとのこと。つまり、傾向として [続きを読む]
  • 応用編第7課
  • 「今日のポイント」には、「不完了体の過去形は行為の結果が現在と切れていることを表します。」と説明があります。例文としてОн уезжа?л「彼は出かけていた」というものが挙げられています。つまり、彼は出かけたけれども、今は戻っている、ということを表すとのこと。こういう用法もあるのですね。とにかく、動詞を覚えるときに、完了体か不完了体かも合わせて覚えなければならないということですね。とにかく努力する [続きを読む]
  • どがらじ
  • 今週は、ゴールデンウイークということで、語学の放送は、先週分の再放送ですね。ラジオ放送の録音ですが、以前にも書いたように Radikool を使っています。同様な録音ソフトに「どがらじ」というのがあり、去年くらいにリリースされました。これは結構便利で、NHKの聞き逃し放送の録音もできます。ですので、radikool と capshabe の両方の機能を持っているといえます。ただし、語学番組の先週分を録音する場合、「どがらじ」では [続きを読む]
  • 応用編第5課
  • ве?рить の用法として② ве?рить в + 対格 「〜の存在・実現を信じる」③ ве?рить + 与格 「〜を信用する・〜に信頼を置く」が提示されています。これらは、英語のbelieve in + 目的語believe + 目的語に対応するものでしょう。英語では、believe + 目的語 の「目的語」が人称代名詞の場合、その人称代名詞は「その人の言ったこと(言うこと)」という意味になります。例えば、I believe him.は、「私は彼の [続きを読む]
  • 入門編について
  • 今期の入門編は、発音が「かな」ではなく「アルファベット」での表記になっています。これは画期的なことだと思います。これまでのNHKのテキストや他の入門書、いくつかの辞書では、発音が「かな」で表記されていました。やはり、正確を期す場合には、発音記号とは言わないまでも、最低限アルファベットでの表記を使うことが望ましいですから。 [続きを読む]
  • 2018年上期
  • 入門編の「ロシア語文法のとびらを開こう!」は新作ですね。最初のうちは発音の説明ですが、これまでにない説明の仕方もされているようで、楽しみです。応用編の「ロシア語大好き!12の扉」は再放送のようですね。2017年後期の応用編は、まだ自分には難しすぎました。確かに勉強にはなるのですが、時間対効果が悪過ぎました。今期の「ロシア語大好き!12の扉」ぐらいが、自分のレベルに合っていると思います。各課ごとに特定の文法 [続きを読む]
  • 応用編第47課
  • По?сле обе?да Э?сма прошла?сь по ко?мнатам родно?го до?ма, слу?шая знако?мый скрип полови?ц, вдыха?я гру?стный за?пах о?тчего жилья? и вспомина?я де?тские и ю?ношеские го?ды.のслу?шая знако?мый скрип полови?ц, вдыха? [続きを読む]
  • 応用編3月分
  • 3月のテキストの出典は「チェゲム村のサンドロ」(邦訳のタイトルは「チェゲムのサンドロおじさん」)で、全32章のうちの第29章です。この本全体としては、かなりの大部のもので、翻訳に含まれているのは、全32章のうち第1、2、8、9、14、23、29章の7章分だけです。以下に、各章の題名を原語と訳語(訳本の「訳者あとがき」に記載されているもの)で記します。1. Сандро из Чегема(チェゲムのサン [続きを読む]
  • 応用編第43課(承前)
  • 昨日の疑問に対する答えが一応見つかったようなので、そのご報告を。ロシア語の間接疑問文では、1) 疑問詞で始まる文を従属節にする場合2) 疑問詞が無い文を従属節にする場合の2つの場合に大別できるようです。1)では、疑問文がそのまま従属節となります。2)は、「〜か(どうか)」を尋ねる形で、接続詞の что は不要とのことです。そして、 ли または и?ли нет が必須のようです。ли の例としては、昨日のКаза? [続きを読む]
  • 応用編第43課
  • Каза?лось, он си?лится поня?ть, не укоря?ет ли его? э?тот звук в том, что он тут расси?живается в тени?, когда? бра?тья и оте?ц рабо?тоют.のон си?лится поня?ть, не укоря?ет ли его? э?тот звукについて。не укоря?ет ли его? э?тот [続きを読む]
  • 応用編第41課
  • 今月はイスカンデル Искатдер 著「チェゲム村のサンドロ Сандро? из Чегема? 」の第29章「大きな家の大いなる一日 Большо?й день Большо?го До?ма 」です。本日は、Го?сть то?же пыта?лся подели?ться свои?м жи?зненным о?пытом, но Сандро? по?сле пе?рвых же попы?ток подави [続きを読む]
  • 応用編第39課
  • Одна?жды, неде?ли че?рез две по?сле исто?рии с посы?лкой, ...のнеде?ли че?рез двеについて。訳文では、「2週間ほど」とあり、概数(約、およそ)を表していることが分かります。「これならわかるロシア語文法」の15.2 (p. 340)の説明によると、「前置詞がつく場合は名詞と数詞の間に入ります。」とあります。つまり、неде?ли две のнеде?ли [続きを読む]
  • 応用編第37課
  • 《読解のポイント》の②の例文のНаш дом в тако?м беспоря?дке, что да?же е?сли бы у меня? бы?ло де?сять рук, я бы не успе?ла убра?ть его?.について。в тако?м беспоря?дке, что ・・・ は、тако?и 〜, что ・・・ の変形ですね。英語では、 such 〜 that ・・・の形です。英訳すると、My house is in [続きを読む]
  • 応用編第35課
  • То же са?мое твори?лось с карто?шкой.にある же の意味ですが、初級露和辞典の見出し же の②にある[助]《指示代名詞・副詞の後に添えて》他ならぬ、同じが該当すると思います。要するに、強調ですね。 [続きを読む]
  • 応用編第33課
  • И не за то во?все, что бы?ло в шко?ле, ― нет, а за то, что ста?лось с на?ми по?сле.にあるза то, чтоの за の意味について。то は対格で、その内容が что 以下に述べられています。「パスポート初級露和辞典」にはза の意味として大きくI 《+造》II 《+対》に分けられています。該当するはずのII 《+対》の下には適切な定義が見当たらず、当て [続きを読む]
  • 応用編第31課
  • 「読解のポイント」の③のВа?ся поэ?тому стал боя?ться, что коро?ву мо?жет уби?ть по?ездом и?ли она? сама? помрётについて。まず、что коро?ву мо?жет уби?ть по?ездомの мо?жет ですが、これを動詞だと考えると、三人称単数現在です。この мо?жет が支配する動詞は уби?ть (殺す)、уби? [続きを読む]
  • 応用編第24課
  • かなり前のものですが、少し気になっていた箇所について。テキストの「『巨匠とマルガリータ』その結末」(放送の終わり近くで説明)で、テキストには掲載されていないのですが、放送では説明されていた部分を文字に起こしてみます。それは、テキストの「未完の小説を完結させるためでした。」と「巨匠は叫びました。」の間の箇所です。省略されているのは、以下の通りです。ヴォランドは巨匠に言います。?Ну что же, те [続きを読む]
  • 応用編第30課
  • 数回分飛ばします。後半の最初の部分について。Мать, верну?вшись из колхо?зного кооперати?ва, оте?ц и Ва?ся до са?мой по?лночи ходи?ли в ра?зные сто?роны по окре?стным поля?м и ....この文の動詞 ходи?ли は過去複数で、主語は、Мать, оте?ц и Ва?ся のようです。そして、Мать [続きを読む]
  • 応用編第26課
  • Ему? нра?вилось в коро?ве всё, что в ней бы?ло, ― до?брые глаза?, обведённые тёмными круга?ми, сло?вно коро?ва была? постоя?нно уномлена? и?ли заду?мчива, рога?, лоб и её большо?е худо?е те?ло, кото?рое бы?ло таки?м пот [続きを読む]
  • 応用編第25課
  • 今月は、Пдатонов の Коро?ва ですね。В сара?е, ря?дом с дрова?ми, се?ном, просяно?й соло?мой и отжи?вшими свой век дома?шними веща?ми ― сундуко?м без кры?шки, прогоре?вшей самова?рной трубо?й, одёжной ве?тошью, сту?лом без но?ж [続きを読む]
  • 応用編第課22課
  • Мы вас испы?тывали, ― продолжа?л Во?ланд, ― никогда? и ничего? не проси?те! Никогда? и ничего?, и в осо?бенности у тех, кто сильне?е вас.について。まず、第1文目のникогда? и ничего? で、никогда? は副詞、そして、ничего? は ничто? の生格だと思われます。「 [続きを読む]
  • 応用編第21課
  • Попроси?ть, что ли, само?й, как искуша?юще сове?товал Азазе?лло в Алекса?ндровском саду??について。как 以下は、「・・・が〜したように」という意味で、特に問題は無いでしょう。主文は、いわゆる不定形文で、義務を表しているようです。次に、что ли についてですが、これは、コンサイス露和辞典の 代名詞 что の項にある、[挿入 [続きを読む]
  • 応用編第20課
  • ほぼ一週間遅れとなってしまいました。さて、今回は、Никако?й награ?ды за все её услу?ги на балу? никто?, по-ви?димому, ей не собира?лся предлага?ть, как никто?, её и не уде?рживал.前半部分の骨格はНикако?й награ?ды никто? ей не собира?лся предлага?тьと [続きを読む]
  • 応用編第3課
  • 第2課については、あまり気になるような箇所はなかったため、投稿はしませんでした。さて、第3課の、Я сча?стлива, короле?ва-хозя?йка, быть приглашённой на Вели?кий бал полнолу?ния.について。余計な要素を取り除くと、Я сча?стлива быть приглашённой на бал.となります。英語にすると、I'm happy to be invited to t [続きを読む]