farisuの真実の紐解き さん プロフィール

  •  
farisuの真実の紐解きさん: farisuの真実の紐解き
ハンドル名farisuの真実の紐解き さん
ブログタイトルfarisuの真実の紐解き
ブログURLhttps://farisuvoice.muragon.com/
サイト紹介文「預言者mebiusu」の息子のfarisuの「真実の紐解き」のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 50日(平均3.4回/週) - 参加 2017/10/29 09:43

farisuの真実の紐解き さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お母様の「真の母」としての実質的在任期間と「顕進様」の御生誕
  • No 13『お母様の「真の母」としての実質的在任期間と「顕進様」の御生誕 』 同じような投稿が続きますが、「過去の検証」が「未来への神様の摂理」の方向性を見極めることに繋がると思います。 再臨主として降臨された「御父様」が、御使命半ばで、御聖和されたということ、その御使命をどなたが引き継ぐのか、を明らかにしたいと私は思っていますが、 実は、その方は、大きなダメージを受けられたと思っています。サタン [続きを読む]
  • 天使長ルーシェルの希望する相対者は?
  • No 12「天使長ルーシェルの希望する相対者は? 」2013-11-23 いつの間にか、「絶対善霊」の話しから「天使」の話しになってしまいました。 昨日は、おびただしい数の天使は、独身でまま、永遠を生きていくのではなく、神様の本質がペアシステムで成り立っているように、「天使」にもパートナーが与えられ、永遠の世界を共に共有できる道があるということを書きました。 今日は、 それでは、「天使長ルーシェル [続きを読む]
  • サタンがお母様の前に現れて、「顕進様」の血統を汚そうとした!!
  • No11 「サタンがお母様の前に現れて、「顕進様」の血統を汚そうとした!! 」 『お父様の「裏切りの数々」』の考察ということで、一連の投稿をしました。一息つけて、再び、「預言者mebiusuの独り言」の投稿記事を挙げてみたいと思います。 『お父様の「裏切りの数々」』の根本的原因にあたるかも知れません。 断定することはできませんが、「お母様」が、「金孝律氏」と出会い、1970年年に、「真のご家庭」に [続きを読む]
  • お父様の「裏切りの数々」の考察 まとめ 2
  • 『三十年目に女性解放を宣布したのです。それゆえに、先生一人でも真の御父母様の代身であり、お母様が一人でも真の御父母様の代身です。「レバレンド・ムーンが古稀を過ぎて七十を超えたのだから、後継者が出てくるのではないか」という、そのような言葉は片づけてしまうのです。レバレンド・ムーンの夫人は四十七歳にしかなっていません! ですから今、先生が第一教主、それからお母様が第二教主だというのです。』 (一九九 [続きを読む]
  • お父様の「裏切りの数々」の考察 まとめ 1
  • 2017年ももうすぐ終わりますが、私にとって、「真の御父母様」の「破綻」、「真のご家庭の崩壊」に関する問題の重要な原因と思われることが明らかになったことは、大きな収穫であったと思います。 神様の願われる「三大祝福」は、第一祝福:個性完成、第二祝福:子女繁殖、第三祝福:万物主管 とシンプルなものでありますが、 第3アダムとして、再臨主として降臨された「真の御父様」が、第一のお母様との破綻をきっかけに [続きを読む]
  • お父様の「裏切りの数々」の考察 5
  • 今回は、『お父様の「亨進様」への裏切り』について考察したいと思います。 「文鮮明師の教え」のタイトル に、 ★文亨進様の後継者問題 ここでは、復帰摂理歴史の中における、お父様のみ言葉と亨進様の後継者問題について述べたい。 前述した様に、お父様は明確に2000年以降、母子協助時代から父子協助時代に移行するので、「そのためには母親がいなくならなければならないのです。」とお母様の役割の終了を宣言された。 [続きを読む]
  • お父様の「裏切りの数々」の考察 4 補足資料
  • 補足資料として、預言者mebiusuの独り言 を挙げたいと思います。 1999年10月に、「金孝律氏」に対する厳しい御言葉を語られています。 『サタンが私の家庭に侵入することさえ許可しなければならなかった。そうだよ。ありとあらゆることが起きたよ。孝進を見るたび、孝律(ピーター金)の顔を殴りたくなる。あいつめ。「あいつを殺してやる」と息子皆が言ったよ。孝進は「殴り殺す」と言っていた。顕進も国進も皆、 [続きを読む]
  • お父様の「裏切りの数々」の考察 4
  • 今回は、『「金孝律氏」への御父様の裏切り』について考察していきたいと思います。 しかし、仕事疲れで、頭が十分に回りません。 今回は、十分に考察できませんが、読むだけ読んでください。 『金孝律(ピーター・キム)氏は、一九六五年に統一教会に入教、その後二年半、開拓伝道師と教会長を務め、一九六八年にはソウルの韓国文化部で雑誌の編集に携わった。文夫人から当時小学一年生の長男孝進氏の世話を依頼されたのは、一 [続きを読む]
  • お父様の「裏切りの数々」の考察 3 補足資料
  • 『お父様の「顕進様」への裏切り』に関して、補足資料を載せたいと思います。 「2009.3.8束草メッセージ事件」より4年前の2005年に御父様が語られた御言葉があります。 『お父様の「裏切りの数々」の考察 3』で紹介した「お母様と国進様」の「一方的な宣言」に対しての御父様の対応が、『「顕進様」への裏切り』にあたると少し、強引に見解を述べましたが、その一件があったのは、2006年4月でした。 その約 [続きを読む]
  • お父様の「裏切りの数々」の考察 3
  • 今回は、『お父様の「顕進様」への裏切り』について考察したいと思います。 一般的には、「2009.3.8束草メッセージ事件」をきっかけに、「活動禁止のご指示」をお父様より受け、数ヶ月は、そのようにされたようですが、御父様のもとから去って、GPFの活動を始められたと言うことで、「顕進様」が、御父様のご指示に従わないで、御父様を「裏切った」と多くのシックは思っていると思いますが、 「2009.3.8束草 [続きを読む]
  • お父様の「裏切りの数々」の考察 2
  • 「真の父母」は、現在も「真の父母」として、存在しているのだろうか。少し、過激になっていく、『お父様の「裏切りの数々」の考察』シリーズとなって行きます。 一応、現在の私は、mebiusuではなく、farisuとして、「真の父母」の真実と「真の御家庭」の分裂に関して、言及していこうと思います。 「預言者mebiusuの独り言」の投稿の整理もしていきたいところですが、今年、2017年に、「真の父母の破綻 [続きを読む]
  • お父様の「裏切りの数々」の考察 1
  • 再臨主として「降臨」されたお父様の人生を客観的に見ると数多くの「裏切り行為」が見受けられます。摂理的事情(蕩減含む)により、そうせざるを得なかったのかもしれませんが、整理してみたいと思います。そこから、見えてくるものがあると思われます。 投稿「顕進様(GPF)の最新の活動状況」は、書かれたからの要請で削除させていただきました。もうその方の情報は、ブログに掲載しないことにしました。その方も、「顕進 [続きを読む]
  • 顕進様(GPF)の最新の活動状況
  • あるSNSより最新の顕進様(GPF)の情報がありますので、シェアしたいと思います。御本人の許可と管理人さんの許諾を取ってありますので、問題はありません。 なかなか、ご紹介するような情報を得る機会がない方が多いと思いますので、ご紹介したいと思います。 <GPFの最新情報 > ワシントンDCでONE KOREA国際会議が今週行われた。 今回の会議は、韓半島情勢を解決するのは、南北統一しかないことを米 [続きを読む]
  • お父様と顕進様の現す「神性」は序の口
  • 今回は、farisuの投稿記事となります。 簡単にします。 本然のアダムとエバが、「堕落」せず、「個性完成」し、神様が「生心」に臨在し、神の宮となって「神性」をアダム・エバが持ち、その「神性」が現われるとしたならば、その「神性」は、お父様や顕進様の現す「神性」とは全く次元の違うものになっていたと私は思っています。 つまり、お父様が、「無原罪」として生まれ、「個性完成」された状態であったとしても、お [続きを読む]
  • 復帰されたアダムのいないエデンの園
  • No10.「復帰されたアダムのいないエデンの園」2013-09-14 今まで何度か挙げてきました 「1995年1月より清平の修練会(役事)が始まりましたが、その7ヵ月後の8月23日に、訓母様の長男・金賢辰氏(1977年生)を、韓承運−洪順愛大母様家庭の養子として霊的に入籍(養子名:韓賢秀)されています。」 昨日も書きましたが、 現在の清平を運営している「清心財団」の代表は訓母様(金孝南氏)、代表理 [続きを読む]
  • 一人で行けないという「天国」のルール
  • No9.「一人で行けないという「天国」のルール」2013-09-27 よく天国は「二人の国」と書くように一人では行けないと言われます。 神様を中心として男性と女性が各々「個性完成」して、その上で、神様を中心として夫婦となり、子供(神様の子女)を生み増やして神様の家庭を作り、その家庭を社会、国家、世界へ拡大させていき、また、万物世界を神様の愛で主管していくことにより地上を天国化していき、地上天国を実 [続きを読む]
  • 二人の大母様
  • No8.「二人の大母様」2013-08-15 先回の「マザーテレサの心の闇と訓母様の心の闇」の続きです。 によると、 1948年、教皇・ピウス12世からの修道院外居住の特別許可を得て、カルカッタのスラム街で、街頭での無料授業を行うことを出発として、マザーテレサが設立した「神の愛の宣教者会」は、彼女が他界するまでに、メンバーは4000人を数え、123カ国の610箇所で活動を行なわれるようになったとい [続きを読む]
  • マザーテレサの心の闇と訓母様の心の闇
  • 現在の清平と金孝南女史の状況については何もわかりませんが、今回は、「預言者mebiusuの独り言」の以下の記事を2回に分けてご紹介したいと思います。 No7.「マザーテレサの心の闇と訓母様の心の闇」2013-08-11 マザーテレサが50年近く抱えてきた信仰的な問題(心の闇)と訓母様が抱えておられると思われる信仰的な問題(心の闇)について、類似性とその対応の違いについて何処まで書けるか解りませんが [続きを読む]
  • 一人ぼっちのお父様
  • No6.「一人ぼっちのお父様」2013-07-31 お母様のご指示で2012年8月23日、第1回目の編纂委員会議がもたれました。 真のお父様は、ご存命の時に、すでに、お母様がお父様の御言葉を再編されようとしていたことをご存知だったのではないでしょうか。 8月3日の訓読会の場で、お父様が、 「顕進なくして基元節はあり得ない。」、「すべてを壊したオンマ(お母様)と金孝律は責任を取りなさい。」 と言われ [続きを読む]
  • お母様が天のお母様になられるはずだった
  • No5.「お母様が天のお母様になられるはずだった」2013-07-28 祈っている時に「天の父母様」という呼び方について、その呼び方は大変な事態をもたらすのではないかと思い、「それはちょっとまずいなぁ」と独り言を言ったことがあります。 以前にも投稿 で書きましたが、 本来、アダムとエバが三大祝福を実現することを通し、神様は喜ばれると同時に、無形なる神様ご自身が、アダムとエバを通し三大祝福を体験され [続きを読む]
  • 天国という名の地獄、地獄という名の天国
  • No4.「天国という名の地獄、地獄という名の天国 」2013-07 霊界の存在を本当に信じているのかと思ってしまうほど、お父様が霊界に行かれたのをいい機会に、霊界関係なく、わが道の先には天国があると思い込んでやりたい放題、やっているようなお母様を中心とした教会幹部達ですが、 天国の表札の奥が地獄だったらどうするのでしょう。 神と人類の解放、地獄にいるすべての魂を復帰してから天国に入ろうと昔はよく言 [続きを読む]
  • お母様が顕進様に謝罪するという選択肢
  • 今回は、この投稿記事を紹介したいと思います。 どうでしょうか。 「お母様」が、「顕進様」に謝罪するという時が、将来、来るでしょうか。 No3. 「お母様が顕進様に謝罪するという選択肢」2013-06-06 真の父母様が発表した異端者・爆破者宣布文(2010.6.5)という動画があります。 (翻訳;サラン2092さん) 父:ここにサインをする? 母:はい。アボジ、そのまま文鮮明と 父:(内容を読み始 [続きを読む]
  • 天使長ルーシェルは改心していたのか。
  • 同じ日に2度目の投稿です。「預言者mebiusuの独り言」の過去の記事の紹介と私、farisuのコメントなので、時間がかかりません。 No.2 「天使長ルーシェルは改心していたのか。」2013-05-25 先回のつづきですが、 過去にお父様がお母様に対して批判されていることが何度かあります。 「お母様、仁進様、国進様、亨進様の名前を挙げられながら、”お前たちは裏で組になって私を殺そうとした、私を [続きを読む]
  • farisuが「真実の紐解き」を始めます!!
  • はじめまして、「預言者mebiusuの独り言」は、終了し、新たにmebiusuの息子「farisu」が、「預言者mebiusuの独り言」の過去の投稿を整理しながら、「再臨主」を中心とした統一協会(現在は、家庭連合」およびその他)の歴史の「真実の紐解き」をしていきたいと思います。その作業をしながら、現在と未来へに対するコメントをしていこうと思っています。 No1.「真の父母であり続けることの難しさ」 [続きを読む]
  • 過去の記事 …