グレねこ さん プロフィール

  •  
グレねこさん: 声の震えを克服する
ハンドル名グレねこ さん
ブログタイトル声の震えを克服する
ブログURLhttp://vicegood.site
サイト紹介文話そうとすると声が震えてしまうという悩みを抱えているかたに悩み解決のヒントになればと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 115日(平均1.7回/週) - 参加 2017/10/30 02:46

グレねこ さんのブログ記事

  • simplicity topページと個別記事の両方に人気記事を表示させる
  • simplicityのテーマを使っていて、人気記事を表示させるには「WordPress Popular Posts」というプラグインをインストールし、有効化します。そして外観→ウィジェットから、サイドバーウィジェットに「新着・人気記事」を表示させるように設定すると、TOPページに人気記事が、個別のページに飛ぶと「新着記事」が表示されます。TOPページにはすでに新着記事は表示されているので、このままでいいかなと思っていたのですが、個別記 [続きを読む]
  • 貴乃花が立候補して落選するなら国技を見直したほうが良い
  • いよいよ明日ですか? 相撲協会の理事長選。私は特に相撲ファンではありません。でも貴乃花のことは知っています。という程度の客観的な意見を綴りたいと思います。貴乃花は立候補するのか?立候補しないのではという意見もあったように思いますが、立候補するという意見が濃厚になってきているのかなと思います。先にも書いたように、私は特に相撲ファンでもなく、相撲協会の仕組みについて詳しいわけではありません。なので、立 [続きを読む]
  • パワハラを受けやすいタイプ
  • もしかしてサイコパス?なヤツにパワハラと思えることをされた経験を書きましたが、どうも私はキツイことを言われやすいタイプのようです。同じ状況にいても、私よりひどいことをしていても責められない人もいる。なぜ私は言われやすいのか?考えてみました。なぜパワハラのターゲットになるのかと、ターゲットにならない手段を。なめられているいろいろな意味で、「なめられている」のかなと思います。反撃してこないと思われると [続きを読む]
  • 小室哲哉引退:日本人の品格どこにいった?
  • 小室哲哉さんが不倫騒動の末、引退するとのこと。小室さんのファンではないけれど、ちょっと憤っている。というか、大丈夫なのか、日本のこの状態、と不安にもなっている。一時代を築いた人だよ?重ねて言うが、小室哲哉のファンではないけど、曲は知っている。彼が作った楽曲に元気づけられ、勇気をもらった人もたくさんいるでしょう。だって、一時代を築いた人だもの。それだけ才能のあるアーティストだったら、ちょっと変わった [続きを読む]
  • 常時SSL(https)化で警告が!アドセンスの問題?
  • セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます。ブログを運営している方たちの記事を見て、httpで始まるブログをhttpsに、つまり常時SSL化したほうが良いということで実行しました。私が使っているサーバーはロリポップ、簡単にSSL化できました。そして使っている写真などのURLもhttpからhttpsに変更しました。ところが!IEで「セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます。」という表示が出るようになっ [続きを読む]
  • 「無添加」に添加されている保存料
  • グレねこです!※最初に断っておくと、この記事は疑問にこたえるものではなく、問いかけです。 「無添加」と表示されていると、身体にいいような気がする。無添加の食品は、添加物が普通に入っている商品よりも値段も高い。しかし!なぜか私は、それらのものを食すると、身体がかゆくなってしまうのです!><無添加、その1「豆乳」豆乳は身体に良いとされている。牛乳よりもむしろ健康的なイメージもある。お肌がきれいな女優さん [続きを読む]
  • STINGER8 新着記事を非表示にする方法
  • グレねこです!wordpressで「STINGER8」を使っていると、デフォルトで新着記事がサイドバーに表示されてしまいます。 ここで使っているのは「STINGER8」ではないのですが、他でカスタマイズしたので、覚書でここに記しておきます。特にTOPページで新着記事がサイドバーに表示されると、メインとサイドバーと二重に新着記事が表示されてしまいますし、個別ページのサイドバーの一番上にも新着記事を表示させたくないという場合、簡 [続きを読む]
  • ヤツはサイコパスなのか?パワハラ?(自戒もこめて)4
  • この体験談が何かの参考になれば、ということもあって書き始めたのですが、思い出しながら綴っていたら、また気持ちが不安定になってきました。というのは、実はこの問題はいまだに解決していないのです。ほかの仲間にバレてしまうヤツからひどいことを言われたこと、もう来るなと言われたこと、私はほかの仲間には言いませんでした。前からしていた「一緒に練習をする」という約束が叶い、仲間と練習をする機会がありました。私は [続きを読む]
  • ヤツはサイコパスなのか?パワハラ?(自戒もこめて)3
  • 前回の続きです。そんなに嫌なムードだったのなら、その集まりには行かなければいいと思う人は多いでしょう。客観的に考えて、自分でもそう思う。しかしヤツのパフォーマンスは特殊で、他に代わりがいなかったという問題があった。具体的に何が異常だったか?例えば、私が初めてパフォーマンスに参加できる機会があった。めちゃくちゃ張り切って、会場に向かった。ボランティアだったけれど、うれしくて仕方なかった。しかし本番前 [続きを読む]
  • ヤツはサイコパスなのか?パワハラ?(自戒もこめて)2
  • 前回の続きです。後から考えると、ヤツは人の弱みにつけこむところがあった。例えば前回も書きましたが、「メールしすぎですよね」「いえ、構いませんよ」という会話があった後に、『メールが多い』とキレ気味になったり。優しさは支配欲の強さこれも後から気づいたことですが、ヤツは支配欲が強いのだと思う。「なんでも相談してきてください」と異常に優しいなと思っていたけれど、裏を返せば、「なんでも報告してきなさい」とい [続きを読む]
  • ヤツはサイコパスなのか?パワハラ?(自戒もこめて)
  • こんにちは!グレねこです!今回は私が関わっていた人がサイコパスだったのか?というエピソードを紹介します。何度かに分けます。サイコパスとはサイコパスという本を読んだ。この本を読むと、誰も彼も「サイコパス」のように思えてしまうのですが、サイコパスとはwikipediaによると↓良心が異常に欠如している他者に冷淡で共感しない慢性的に平然と嘘をつく行動に対する責任が全く取れない罪悪感が皆無自尊心が過大で自己中心的 [続きを読む]
  • 声の震えを克服する秘訣:体の状態を確認する
  • こんにちは、グレねこです!いきなりブログの路線変更をしてしまいましたが、当初の「声の震えを克服する」方法の秘訣を書いておきます!どうやったら声が出やすいか確認する例えば、声が出にくい場合、自分で喉を締めている場合があります。声を出そうと思うあまり、顎が上がっているとか。肩に力が入っているとか。これは人それぞれ違うと思います。自分の身体のことなので、自分で確認しましょう。発声の際の姿勢は大切です。た [続きを読む]
  • 声の震えを克服する秘訣:体の状態を確認する
  • こんにちは、グレねこです!いきなりブログの路線変更をしてしまいましたが、当初の「声の震えを克服する」方法の秘訣を書いておきます!どうやったら声が出やすいか確認する例えば、声が出にくい場合、自分で喉を締めている場合があります。声を出そうと思うあまり、顎が上がっているとか。肩に力が入っているとか。これは人それぞれ違うと思います。自分の身体のことなので、自分で確認しましょう。発声の際の姿勢は大切です。た [続きを読む]
  • 本当に人は気づいていないものなんだ
  • こんにちは!グレねこです!余計な一言を言う人っていますよね。普通、それは言わないだろーっていうこと。例えば、お通夜の席で、「医療ミスだったんでしょ?」とかって言っちゃう人。例えば落ち込んでいる人に向かって、「バチが当たったんじゃない?」と言っちゃう人。おいおい、それは思ってもいけないことだし、思ったとしても言わないよーってことを言っちゃう人。そういう人って、その言葉が言うべきことじゃないってわかっ [続きを読む]
  • 声の震えを克服する:誰かのせいじゃない
  • こんにちは! グレねこです!人と接すると、または人前に出ると緊張してしまう、というお悩みをお持ちの方は、「自分がこんななのは、●●のせい」と思ってしまうこともあるのではないでしょうか?原因は「孤独」なの?誰も自分のことを理解してくれないから、克服できない。恋人ができたら孤独ではなくなるから、克服できるかも?私もそんなふうに思ったことがありました。でも恋人ができても、悩みは解消できませんでした。話し [続きを読む]
  • 声の震えを克服する:それぞれの体験
  • こんにちは!グレねこです!話し方教室に長く通っていたので、人前で話すのが苦手、コミュニケーションが苦手など、さまざまな人の体験もまた聞いてきました。私もそうですが、悩んでいる皆さん、特に内気とか、神経質というわけではないのです。皆さんの「緊張してしまうようになったきっかけ」をざっくりと紹介します。体験①全校生徒の前で元々は人前で話すことが好きでした。苦手意識もなく、緊張したこともありませんでした。 [続きを読む]
  • 声の震えを克服する:腹式発声&ボイストレーニング
  • こんにちは。グレねこです!今回は具体的に、私が学んできたボイストレーニングの方法をご紹介します。参考にしていただければ幸いです。腹式発声のトレーニング「お腹から声を出す」というのはわかっていても、なかなか腹式発声の感覚がわからないという人もいるでしょう。そもそも腹式発声がどんなふうなものなのかわからないという人は、腹式発声の感覚をつかみましょう。トレーニング法は簡単です。仰向けに寝転がってください [続きを読む]
  • 心無い言葉で心に傷を負ってしまった人に
  • 話し方教室に通っていると、ほかの生徒さんがどうして話すのが苦手になってしまったのか、という話を聞く機会もあります。中には、「小学生のころに、先生に言われたことがトラウマのようになってしまって、話せなくなってしまった」という人もいました。なにを言われたのかは、すみません、忘れてしまったのですが。言葉には大きな力があるこの体験でもわかるように、言葉には大きな力があります。ずっと支えになるような言葉もあ [続きを読む]
  • 暴露!話し方教室の最悪の指導
  • 大げさなタイトルになってしまいましたが、今までにいくつかの話し方教室に通ってきて、嫌な思いもしたので、そのことを記しておきます。同じような経験をしている人がいたら、その先生の教室に通うのは考えたほうが良いかもしれません。「はい!震えました」いきなり指摘する苦手だから、お金を払ってまで教室に通っているんです。恥をかいても克服しようと必死なんです。実習の後、ひとりずつアドバイスをもらうのですが、いきな [続きを読む]
  • 声の震えを克服するためのサプリ&ボイストレーニング
  • 特に人前で話すとき、息が続かない、うまく呼吸ができないという状況が起こります。私は元々、めちゃくちゃ早口でした。緊張していなくても早口なので、緊張するとさらに早口になり、息継ぎがうまくできず、余計声が震えてきてしまうという状況でした。ゆっくり話すコツ早口の人がゆっくり話そうとすると、言葉と言葉の間に「間」をあければいいと思いがちです。それは微妙に違うのです。例えば「私は猫です」という場合、「私は」 [続きを読む]
  • スポーツ感覚&アルファシータで声の震えを克服する
  • 恐怖心から無意識に身体に力が入ってしまうことが、声が出にくい原因だとわかりましたが、無意識に入ってしまう力を、意識的に抜くということが、私にはできませんでした。これは、もう、「人前で話すことは怖いことではない(声を出すことは怖いことではない)」というのを、身体で覚えていくしかないと思いました。頭でいくら、「怖くない、力を抜くんだ」と思ってもダメなのだから、もう体当たりで、身体で覚えていくしかありま [続きを読む]
  • 声の震えを克服する:基本の方法
  • 以前も通った話し方教室に申し込み、通い始めました。最初の授業、スピーチの実習で、案の定、最悪の状態でした。前回同様、担当の講師は「初回だけで来なくなるかと思った」と後から言っていました。それくらい、ひどいブルブル状態だったのです。複数の教室に通うしかし、このときの私は、前回、話し方教室に通ったときとは変わっていました。潜在意識に「人前で話すのが楽しい」と刷り込んだ成果か、恥をかいても、うまくできな [続きを読む]
  • 潜在意識に刷り込む
  • 3ヶ月間がんばれば、悩みから解放されると思っていたのにダメだった……疲れ果てた私は、その後、悩みを積極的に解決しようと思いませんでした。声のためにしていたことといえば、友達とカラオケに行ったり、バンドを組んで、コーラス担当になったりしたことです。遊び半分にやっていたことなので、コンプレックス解消にはつながりませんでした。再びカウンセリングへ行く数年間、放置していましたが、25,6歳の頃、「やっぱりこの [続きを読む]
  • 話し方教室の実習で大失態!そして……
  • ドキドキしながら臨んだ実習の自己紹介。当たって砕けろの気持ちでした。苦手で教室に通うことにしたのだから、下手だっていいんだ!大パニックになる実習スピーチの冒頭、「みなさま、こんにちは(時間帯によって、「こんばんは」だったり、「おはようございます」だったりする)、わたくしは●●(自分の名前)と申します」から入ることになっていました。ところが私は、「みなさま」の「み」を言おうとしたくらいのところで声が [続きを読む]
  • カラオケ教室や話し方教室に通う
  • 本来、楽観的な私は、悩んでいるうちに、「そのうちどうにかなるだろう」と考えるようになります。相談にのってくれた周りの人たちが言うように、「気にしすぎ」だから、「気にしなければ、そのうち気にならなくなるだろう」と。ところが、これが良くなかった!放置したことにより、苦手意識は深く意識に刻み込まれてしまいました。自分の地声が嫌いな私は、おかしな発声をするようになっていました。高めの裏声、みたいな。いつも [続きを読む]