弱きもの さん プロフィール

  •  
弱きものさん: 弱きもの。テレビ局内定の極意。
ハンドル名弱きもの さん
ブログタイトル弱きもの。テレビ局内定の極意。
ブログURLhttp://yowakimono.wordpress.com
サイト紹介文倍率1000倍の超難関を突破した テレビ局のキー局のものです。 就活の本当の極意を書きます。
自由文私は、倍率およそ1000倍の超難関
テレビ局のキー局(日テレ、フジ、テレ朝、TBSのどれか)にかつて内定をもらい今も勤務しています。

コネなし、インターンなし、OB訪問なしの私が、
面接だけでいかに超難関の内定をもらったか。

ネットにも就活対策本にも書かれていない
就活の本当の極意、本質を書いていきます。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 45日(平均3.0回/週) - 参加 2017/10/30 04:53

弱きもの さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 本質、というものについて
  • 本質についての考察本質=人を救えるものと仮定人を救えるということは、本質というものは、人に伝わるということを仮定しているということだ本質が人を救う過程で、本質を理解しているある人から本質を理解していない人へ本質をなんらかの方法で渡され、本質を理解していない人がが本質を”理解する”フェーズがあり、さらにその人が、本質を使いこなし、自分の生活を改善したり、生き方を作り直す、といったような具体的対策を講 [続きを読む]
  • 就活成功したいなら、人生幸せになりたいなら人様に”許される”方法だけ考えてろ
  • 私の生き方私は、できるだけ楽することが人生において最も重要視します。仕事の成果とか、責任とか、そういうものすべてから逃げようと思っています。仕事の対価としての賃金、だなんて堅いこともききません。仕事をサボって楽したのに同じだけお金が貰えるのなら、私はできるだけ仕事をしません。ださいなとか、大人としてどうなの、とか知ったこっちゃありません。私は徹底的に楽をして得をすることを考えます。私が身につけた楽 [続きを読む]
  • 『過保護のカホコ』と家族と、情報と人生について
  • お疲れ様です。弱きものです。ツイッターを開設したらこのブログを見てくれる人が急増してとっても嬉しいです。今日は、最近やっていた『過保護のカホコ』というドラマと、そして、少し、ちょうど子供が独立し、働く意味を失った親世代について、最近思っていることをつらつらと書いていきます。いま日本で一番”きつい”人たちは、家族を守っていかなければならない40代後半から50代前半の親たちだ本当に思うなんていうんだろ。後 [続きを読む]
  • 本当は就活の面接対策なんて一つしか手段はない
  • お疲れ様です。弱きものです。いずれにせよ、弱きものです。私はこのブログで、とりあえずのところ、就活対策を中心に記事を書いてきました。コネもなく、インターンにも行かず、OB訪問もせず、企業研究も雑にこなし、それでも、面接一発勝負だけで倍率およそ1000倍の超難関のテレビ局に内定もらった。そのことを生かして面接の本当の対策と銘打っていろいろ書いてきました。が、正直に、正直に言ってしまうと、おそらく今まで言っ [続きを読む]
  • 就活における、自己分析の本当のやり方
  • 自己分析の、本当のやり方お疲れ様です。弱きものです。最近糖質オフという言葉が気になる弱きものです。今日は就活生が大好きな言葉。自己分析というものについて、私が思う、本当の自己分析、をつらつらと書いていこうと思います。まず、自己分析というものについてよく言われるパターン自分の人生を生まれたところから遡れ。そして、自分が本当にやりたいことをみつけろ。的な。いやいやいやいやいや。そんなんでわかるか笑自分 [続きを読む]
  • 想像の外
  • 自分の中の止められない衝動がたまたま殺人だったときどう生きるか?座間の事件をみて、時々考える。会社を辞めたい。エロいことしたい。ご飯を食べたい。楽したい。人気者になりたい。寝たい。寝たい。寝たい。愛されたい。愛されたい。そういう、人間のなかに当たり前に生まれる”欲しい”という感情にたまたま”殺したい”が混ざり込んできてしまったとき、人はどう生きるか。どう生きるのか。 [続きを読む]
  • テレビ局の就活でよくある質問に対する私の答え
  • お疲れ様です。弱きものです。だからどうした。弱きものです。テレビ局の面接を受けていると100%される質問があります。それが、「あなたがおもしろいと思うテレビ番組はどんなものですか?」一言では筆舌しがたい。とりあえず、下手な短くまとめようとしないで、私が思う”おもしろい”を述べていきますわ。まず、”おもしろい”ものを作るとは、とは、エンターテイメントを作るということ。そして、エンターテイメントを作る最大 [続きを読む]
  • テレビ局内定者の本当の特徴
  • テレビ局内定者の特徴 どうも、今日もお疲れ様です。 弱きものです。 ナマケモノのイントネーションで、弱きものです。 今日は、私が直に見てきた、東京のテレビ局、キー局に内定もらって入社するやつらって結局どんなやつらなんだ、という 興味ない人は一つも興味がなく興味ある人はめちゃくちゃ興味ある そんな話をしようと思います。 私はいけましたけど?キー局に入れるってやっぱりそれなりにすごいこと テレビ局に入るっ [続きを読む]
  • 就活における”ご縁” 。嫌なら、就活からなんて逃げていいんだ。
  • 就活におけるご縁 にほんブログ村 就活におけるご縁。 ご縁ってんなんだよ。結局運かよ。 就活がうまくいかないときほどこういう、非科学的なことを言われると、腹が立つもんです。 でも、私は就活を経て、残念ながら、最終的にはたしかに”ご縁”なのかもしれないと、思っています。 ”ご縁” とは? 突然ですが、この言葉を知っていますか? 縁ある人万里の道を越えて 引き合うもの縁なき人顔をあわせ すべもなくすれ違 [続きを読む]
  • 考えないということ
  • 考えないことはすばらしい愛おしいずっと一緒にいられる二人というのはずっと一緒に二人でいること以外のことを考えるのをやめたふたりだ。アホなふたりだ。バカなふたりだ。考えることをやめた、すっからかんのふたりだ。僕には到底できないそんなことは。きっと考えてしまう。この人といるメリットやデメリット一人でいればできたかもしれやい自分の野望や夢や希望やずっと一緒にいられる二人には、そんなものはないずっと一緒に [続きを読む]
  • 就活 どのテレビ局、どの企業でも通用した私の志望動機の作り方
  • 就活 どのテレビ局でも通用した志望理由 お疲れ様です。弱きものです。 私は、コネなしインターンなし、まっさらな状態で、倍率およそ1000倍のテレビ局、キー局(日テレ、フジ、テレ朝、TBSのどれか)に内定をもらったことを生かしてテレビ局の就活の本当の極意をつらつらと書いております。 私が書いていることをしっかり自分でもかみ砕けば志望先がたとえテレビ局ではなくても、きっとあなたの就活を大いに手助けしてく [続きを読む]
  • 就活 テレビ局の1次面接に通る方法
  • テレビ局の1次面接に通る方法 テレビ局を狙っている就活生のみなさんが一番苦しむ時期が、何度受けても1次面接に通過しない時期だと思います。 このままで大丈夫なのか。自分は一生面接に通らないのではないか。 とてつもない不安に駆られる。 今回は、私がテレビ局に内定をもらうまでに実践した1次面接に通る確率が飛躍的にアップする、誰でもできる方法をいくつか書いていきたいと思います。 1次面接で求められていること [続きを読む]
  • 就活 うまくいく人は行動力がある?
  • 就活では行動力が全て? 行動力が… 堀江貴文さんの人知を超えた影響力のせいでしょうか。 今、行動力至上主義が静かに自分の生活にも侵食してきている気がします。 私のように会社を辞めたいと思っている人たちは 行動が全て派つまり、サラリーマンを辞めて、独立する派 と少し立ち止まって様子見る派つまり、ずっとサラリーマン続けながら、副業する派というのが分かれていると思うのですが 正直?どうですか?(笑) どうで [続きを読む]
  • 就活 成功と失敗
  • 人生、就活が全てじゃない世間一般でいうところの”就活成功”をおさめた私が、気づかぬうちに”就活失敗”していた話です。成功と失敗。正反対のようで、実は似ているんです。 私の就活 私は、自分は就活に成功したと思っていました。 倍率約1000倍の壁を乗り越えテレビのキー局に入社。 周りからのチヤホヤは、それはそれは大変なものでした。私は、就活を始める直前までずっと演劇をやっていたので、ほとんど準備することも [続きを読む]
  • 私がテレビ局(キー局)を辞めない理由
  • 私が仕事を辞めない理由 私は、キー局(日テレ、フジ、テレ朝、TBS、テレ東のどれか)に勤めています。 が、4年以内の退職を決めています。 なぜなら、企業に勤めている状態では自分の野心を叶えることが難しいと確信したからです。 入社する前はこの会社に入ることが自分の野心実現のための一番の近道だと思ってました。でも違った。 では、なぜ潔く今すぐに辞めないのか。その理由を説明していきたいと思います。よろしくです [続きを読む]
  • 就活で東京のテレビ局に内定もらうまで そしてその後
  • 私の夢 すこしだけ私のバックボーンについて話していきたいと思います。このブログを読んでくれる人が、私のいうことの根拠を理解しやすくするためです。 私の夢は、自分で書いた脚本に、自分で集めた演者を使い、自分も出演する、そんなドラマを、自分の力で発信することです。 カメラやマイクなどの機材はほぼ全て自前、発信ツールはYouTubeなどネット広告費で金を稼ぎその金でまた新しいコンテンツを作るドラマだけにとどま [続きを読む]
  • 人生 勝つ 方法
  • お伝-オデン-11みたいな10月に闊歩する兵隊たち首筋あたりから人恋しく鼻のあたりから思い出すエンターテイメントは嫌で反逆者たちに思いをはせて悲しい音楽ばかりにうたたねをまかせて絶対に好きと言わないとなかなかに気が狂った表現方法であなたに恋してる思うことが多い日に日向ぼっこする老犬ふくらはぎはやや痛く手首あたりから思い出すおしゃれなバーなんて嫌で浮浪者たちに思いをはせてコンビニの安酒に乱暴をゆだねて絶対 [続きを読む]
  • 過去の記事 …