ノック上達 さん プロフィール

  •  
ノック上達さん: ノック上達方法!野球の指導者必見の技術
ハンドル名ノック上達 さん
ブログタイトルノック上達方法!野球の指導者必見の技術
ブログURLhttps://baseballknock.com/
サイト紹介文野球のノックがうまくなればチームの守備も上達します。ノック上達方法のサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 2日(平均35.0回/週) - 参加 2017/10/30 19:30

ノック上達 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 野球の各ポジションの守備適正や求められる技術
  • 野球の各ポジションの適正や求められる技術のご紹介です。守備の適正が分かれば、ポジションを決めやすくなります。求められる技術が分かればノックや守備練習の参考になるかと思います。ピッチャーの適正と求められる技術まず重要視したいのが、しっかりと投げられる技術です。少年野球の場合には、コントロールの良さや投球のバランスですね。ストライクが入らないことには務まらないポジションになります。速いボールが投げられ [続きを読む]
  • ノック上達!ライト守備上達の練習ポイント
  • 野球のライト守備の上達や練習、ノックのポイントになります。ライトに求められる適正の能力として、強い肩と速い足になります。ライトからサードへの送球する強い肩、外野手としての足や一塁のベースカバーなどが必要なポジションになります。ライト守備の上達方法ライトは回転がかかった切れる打球や、テキサスヒット性の当たりが多いのが特徴になります。ですので、求められる技術として「スライディングキャッチ」も重要です。 [続きを読む]
  • ノック上達!センター守備上達の練習ポイント
  • 野球のセンターと言えば、野手9人の中で最も守備範囲が広いポジションになります。また、バッティングではセンター返しが基本と言われる由縁の一つにもなります。センターはヒットゾーンが広いんですね。ですので、センターに求められるのは広い守備範囲になりますよ。素早い打球判断・速い足・強い肩・ポジショニングなど高い身体能力とセンスが求められるポジションになります。外野手の中では一番強い肩と走力が求められます。 [続きを読む]
  • ノック上達!レフト守備上達の練習ポイント
  • 野球の外野手のレフトの守備上達や、ノックのポイントになります。センターは一番守備範囲が広いです。ライトは三塁へも投げる強い肩や一塁ベースカバーが必要です。センターやライトに比べると、レフト守備は外野手の中では求められる事は少ないです。ですが、右バッターが多く逆方向へ打つ技術がない少年野球やアマチュア野球では守備機会が多く大事なポジションになりますよ。レフトの上達方法レフトは難しい打球が多いために、 [続きを読む]
  • ノック上達!ショート守備上達の練習ポイント
  • 野球のショートの守備上達やノック練習ポイントになります。ショートには色々な技術が求められます。内野手の中でも守備機会が多く、守備範囲も広くなります。左右への動き、強い肩、速い動きなどが求められるポジションになります。ショートの適正としては、内野手の中でも高い運動神経が求められます。守備機会が多いだけに失策も多くなる傾向にあります。ショートの守備上達に求められるポイントショート守備では色々な技術が求 [続きを読む]
  • ノック上達!サード守備上達の練習ポイント
  • サード守備の上達やノックでの練習ポイントになります。セカンドやショートが曲線的な動きに対して、サードは直線的な動きが要求されるポジションになります。サードの打球方向は正面が圧倒的に多いんですね。サードの適正は「強い打球への対応・強い肩・ボテボテのゴロにチャージする技術」が求められます。サードの守備上達ポイントサード守備でトンネルが見られるのは、速い打球が飛んで来るからです。速い打球にも弱い前進する [続きを読む]
  • ノック上達!セカンド守備上達の練習ポイント
  • セカンド守備の上達やノックのポイントになります。セカンドの適正や求められる技術は、ポジショニングのセンスや素早くゲッツーを取れる技術になります。守備範囲の広さ・俊敏さ・判断力が必要なポジションです。ファーストから距離が近いポジションですが、肩が弱いとゲッツーが取りにくいです。セカンドのポジショニングについて状況やバッターの力量に合わせてポジショニングを考えます。振り遅れているのか?それともプルヒッ [続きを読む]
  • ノック上達!ファースト守備上達の練習ポイント
  • 近年の野球では、野手は色々なスローイングや素早い送球で不規則な回転がかかるボールも多いです。ファースト守備に求められることは、後逸しない柔軟なミット捌きになります。左打者も多くなり守備機会も増えたために、大きめのミットよりもコンパクトなミットが主流になっています。ファーストの適正は「捕球技術」になります。また体が大きい方が野手の送球に対応しやすいです。他のポジションに比べると足の速さはあまり求めら [続きを読む]
  • ノック上達!キャッチャー守備上達の練習ポイント
  • キャッチャーのノックや守備ポイントになります。まずキャッチャーノックと言えば「キャッチャーフライ」ではないでしょうか?その他にも、バント処理やブロッキングについての解説になりますよ。キャッチャーの適正は「強い肩・キャッチングのうまさ・判断力」になりますよ。キャッチャーフライの捕り方キャッチャーフライの特徴は、大きくバックスピンがかかり上方へ舞い上がります。ですので、ボールが上にあがってから落ちて来 [続きを読む]
  • ピッチャー守備の上達や練習ポイント
  • 昔のピッチャーは9番目の野手と言われ、投球後にはすぐに守備の体勢を取れと言われていました。しかし近代野球ではその傾向は薄れています。その理由は、ピッチングフォームには個性がありフォームが乱れる、崩れる、負担を軽減させるなど色々な要素があるからです。ピッチャーの守備は難しい打球に対して構えている野手と違い、ピッチャーは守備が難しいです。ピッチングに集中している事と、バッターから距離が近いために瞬時に [続きを読む]
  • 過去の記事 …