kooiwoon さん プロフィール

  •  
kooiwoonさん: Que Sera, Sera
ハンドル名kooiwoon さん
ブログタイトルQue Sera, Sera
ブログURLhttps://ssdbh.blogspot.jp/
サイト紹介文趣味で料理を作っています。
自由文趣味で料理を作っています。 料理やお酒についてのことをメインに書いていますが、たまに映画や音楽についても書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 173日(平均4.5回/週) - 参加 2017/10/30 22:49

kooiwoon さんのブログ記事

  • 塩と胡椒のみでアッサリといただく『骨付き豚ロースのロースト』
  • 『骨付き豚ロースのロースト』です。 味付けは塩と胡椒のみでアッサリといただきました。ローストして柔らかくネットリとしたニンニクと一緒に豚肉を食べると、甘くて香ばしい風味が付け加えられて、更に美味しくなります。白ワインと、とても合う料理です!それにしても肉に骨が付いているだけで、ビジュアル的にも見栄えが良くなりますし、なんだかワクワク感がありますよね。骨の存在があるだけで、数倍以上は美味しく感じます [続きを読む]
  • 映画『酔拳2』の本当のエンディング
  • 酔拳2は、ジャッキー・チェンの俳優20周年を記念して制作された映画です。時代劇的なカンフー映画はやり尽くしたとして、もう作ることは無いと言っていた彼なのですが、記念的な原点として特別に作られた作品です。オリジナルの『酔拳』と続編のこの作品は、主人公の黄飛鴻は同一なのですが、脈絡や設定的に繋がっていない別の作品となっています。この作品は、最終的に敵を倒して、即座にエンディングになってしまうという尻切 [続きを読む]
  • 四川風の辛味とスパイシーさを味わえる『砂肝の冷菜 ピリ辛風』
  • 『砂肝の冷菜 ピリ辛風』です。中華料理の前菜(前菜の目的は、主に食べることによって食欲を増進させることにあります。)ですね。冷菜とは冷蔵庫でキンキンに冷やしたような料理という意味では無く、必ずしもそうとは言えないのですが、常温の料理のことを『冷菜』と呼びます。今回の料理は四川風なので、ピリ辛に仕上げています。生姜の絞り汁と酢を使い、全体的にサッパリとした味わいです。お酒のオツマミとしても活躍しそう [続きを読む]
  • 牛肉100%で作ったジューシーな『ロシア風ハンバーグ』
  • 『ロシア風ハンバーグ』です。どういったところが『ロシア風』なのか?まず、ロシアでは『コトレタ』といってメンチカツやハンバーグやミートボールのような挽肉料理をよく食べます。コトレタは、フライパンでは無く、オーブンで焼き上げています。ロシア風の調理法は、様々ありますが、オーブンで蒸し焼きにした料理が多いそうです。あとソースにバターやレモン汁やペトゥルーシカ(イタリアンパセリ)を多く使っているのもロシア的 [続きを読む]
  • カニ玉とはまた違った滑らかで上品な味わいの『芙蓉蟹』
  • 『芙蓉蟹』です。カニ玉とはまた違った料理です。卵白と蟹肉と鶏ササミのすり身を混ぜ合わせて、低温の油でフワリと火を通した、滑らかで上品な味わいの一品です。サッパリとした鶏ガラスープに軽いトロミを付けて仕上げました。ササミをフードプロセッサー等で、すり身にします。 ササミをボウルに入れ、粘りが出るまで揉みます。 水を入れながら更に揉み続け、ドロドロ状態にします。 生クリームを入れて混ぜ合わせます。 卵白を [続きを読む]
  • フンワリとした優しい口当たりが特徴の『北京風卵炒め』
  • 『北京風卵炒め』です。普通、卵炒めは油を使って炒めますが、この卵炒めは水(スープ)を使って炒めるのが特徴です。水を使って炒めると、卵がフンワリ・フワフワとした優しい口当たりになります。またエビの旨味もスープと共に卵に染み込んで、美味しさがプラスされます。ちなみに北京料理は、素材の香り等を楽しむために塩味の味付けが多いです。この料理も塩味ベースということで『北京風』となっています。海老は背ワタを取っ [続きを読む]
  • 四川の燃えるような美味しさ!『叙府燃麺』
  • 『叙府燃麺』です。四川省宜賓市の名物小吃(店や屋台で食べる一品料理。)ですね。『叙府』とは現在の宜賓市のことで、四川省東南部に位置する地級市。ここ宜賓は、長江の始まりの街として三つの川が流れている水郷であり、水質が酒造りに適しているそうです。また醸造業が古くから発達しており、名酒『五粮液』の生産地でもあります。五粮液 (ごりょうえき) 500ml五粮液売り上げランキング : 162648Amazonで詳しく見る『燃麺』と [続きを読む]
  • 爽やかな味わいの炒め物『豚肉とキュウリの炒め物』
  • お酒のオツマミにいかがでしょうか?『豚肉とキュウリの炒め物』です。キュウリのシャッキリ感と甘酢がとても良く合う爽やかな炒め物です。1センチ角に切った豚ロース肉は醤油、紹興酒、胡椒を加え、手でもんでから片栗粉を加えてさらによくもみます。 キュウリは皮を縦縞にむき、包丁の背で軽く叩いてから、豚肉と同じくらいの大きさに切ります。 中華鍋に油をひいて熱し、豚肉を入れて炒め、表面が白くなってきたらキュウリを加 [続きを読む]