徒然なるままに水彩画日和 さん プロフィール

  •  
徒然なるままに水彩画日和さん: 徒然なるままに水彩画日和
ハンドル名徒然なるままに水彩画日和 さん
ブログタイトル徒然なるままに水彩画日和
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/suisaigawako
サイト紹介文趣味は山歩きや近所の散歩。日々感動した風景や花々を水彩画にして残します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 174日(平均2.9回/週) - 参加 2017/10/31 18:05

徒然なるままに水彩画日和 さんのブログ記事

  • 主のいないボタン
  • 最近目を惹き、描きたい衝動に駆られたボタン。こぶし大位の大きく美しい花は毎年同じ場所に咲いています。今は主のいなくなった空家の裏庭に。来年もまた目を楽しませてくれることを願いながら…。 [続きを読む]
  • 初夏の八幡堀
  • 初夏の八幡堀(滋賀県近江八幡)時代劇のロケにはおなじみの場所。豊臣秀次の時代、近江国八幡山に城を築き、城下町を開町した。その際、琵琶湖畔を埋め立て、八幡山周囲に八幡堀を開削したとあります。商業都市として繁栄した昔、味わいある風情です。 [続きを読む]
  • 奥多摩の千本ツツジ
  • 奥多摩の東京都最高峰、雲取山(2017m)へ行く途中、七ツ石小屋上の水場から「千本ツツジ」の標識に従って、石尾根巻道を20分位進むとヤマツツジの群生が鑑賞できます。時期はだいたい5月中旬から6月初旬位までです。 [続きを読む]
  • 川の流れは絶えずして
  • 東京都東久留米市の湧水群からの水をあつめて流れる落合川は、黒目川、新河岸川をへて隅田川に注いでいます。豊富な湧水によってホトケドジョウが繁殖・生息し、ナガエミクリ(水草)が生育するなど、貴重な生態系をもつ川です。 [続きを読む]
  • 里山の桜
  • 西武秩父線の東吾野駅から、ほぼ北に1時間ほど入った山の中に、「ユガテ」という里山があります。民家は2〜3軒、さまざまな作物が栽培され、山中の山桜がひときわ美しく存在を主張していました。 [続きを読む]
  • 酒蔵の煙突
  • 埼玉県和光市は今でも数か所に湧水が出ています。豊富な地下水があった昔、「長泉」という酒蔵があり、明治10年頃から辛口の地酒で評判だったとか。しかし太平洋戦争で米の入手が困難になり廃業したそうです。煉瓦造りの煙突だけは残っていましたが、数年前に取り壊されました。今見ると懐かしく、絵に残しておいて良かったと思いました。できれば「長泉」のみたかったなー。 [続きを読む]
  • 奥多摩に海を見た
  • 奥多摩約1700mの山小屋から望む富士。雨上がりの翌日の早朝、深い雲海が富士山と手前の雁が腹摺り山がくっきり半島ように浮かんでいました。こんな深い雲海はここでは初めて。目の前にある三頭山(1531m)も隠れていました。感動の衝動からハガキサイズでその場のスケッチです。 [続きを読む]
  • 吹上観音
  • 和光市白子にある、吹上観音東明寺。東明寺は、天平年間に行基菩薩が観音堂(吹上観音堂)として開創、その後普明春屋国師(1312-1388)が別当寺として東明寺を開山したといいます。 [続きを読む]
  • コデマリ
  • 園芸店で買ってきた鉢植えのコデマリです。枝振りに魅かれて描いてみました。まだ季節的には早いですが、春先に沢山の白いマリのような可愛い花々が目を楽しませてくれます。花言葉は「優雅」「上品」「友情」だそうです。 [続きを読む]