皐月 さん プロフィール

  •  
皐月さん: 忘れることを前提に
ハンドル名皐月 さん
ブログタイトル忘れることを前提に
ブログURLhttp://forgetmemo.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文映画感想メモ、覚え書き。ホラーとモンスターにキャッキャうふふ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 201日(平均2.0回/週) - 参加 2017/10/31 21:39

皐月 さんのブログ記事

  • しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
  • カッとなって女に手をあげるが後で自己嫌悪に陥る男と、そんな男を「私が決めることじゃないわ彼がボスだから」とか言いながら全部自分の思う通りになるよう誘導する女、てゆーき、旧時代の男女〜!孤児院で育った学のない武骨で不器用な男エヴェレット(イーサン・ホーク)、そんな男に虐げられているかと思いきや最後には我を通しているモード(サリー・ホーキンスさん)二人ともとても良かった。サリー・ホーキンスさん優しく [続きを読む]
  • 名探偵コナン から紅の恋歌
  • 蘭ねーちゃん「でも知らなかったよ和葉ちゃんがカルタ部だったなんて」わたし「ほんとだよ」さあやってまいりました「ちはやふる」のヒットにあやかって急きょ和葉ちゃんが合気道部とかけもちでカルタ部にも所属しておりしかも幽霊部員なのにカルタ大会で決勝まで勝ち残るくらいめっちゃ強いとゆーすごい設定でお送りする劇場版名探偵コナン。阿笠博士のスゴすぎる発明品を駆使したドを越えるアクションとあっさりめ推理、週刊少 [続きを読む]
  • ジェーン・ドゥの解剖
  • 猫が死んだからダメです(定例報告)導入がなんかもうホラー映画のお手本みたい、 ・一家惨殺事件が起き、その家の地下、地中から少女の死体が掘り起こされました。この家族に何があって「彼女」がそれにどう関わったのか、をこれからお見せしますね ・「彼女」が運び込まれた、物語の舞台となる遺体安置所は地下にあり、L字型の廊下の角にはカーブミラーが取りつけられています。真夜中、あれにいるはずのない「誰か」の姿がうつ [続きを読む]
  • レディ・プレイヤー1
  • Ready? Player 1 \Yeah!/底の浅いライトなオタクなので、わーあのキャラが!このネタもこのオマージュも!みたいな興奮はあまりなかったんだけど、メカゴジラの出現とともにゴジラのメインテーマが流れた時は胸にこみあげてくるものがあった…最先端の影像体験、とびっきりの未来技術の話なのに、「なつかしい」という感情が持つ強力な力を奮って我々に訴えかけてくる。このお話はほとんど「過去」でできている不思議 [続きを読む]
  • パシフィック・リム アップライジング
  • うーわなんだそれ下手くそかよ!の連続!単純につまんなくってびっくりしたし、前作の積立貯金を崩しまくってくるのにもびっくり。でもこんな駄作!許すまじ!て感じではなく、マジかよww下手くそかwwwて半笑いになるような感じ。まあ監督映画撮るのこれが初めてなんでしょ?はじめっからうまくできないよね、みたいな…(でも「はじめからうまくできないよね」なんてプロフェッショナルに対して侮辱もいいとこだよな)洗礼 [続きを読む]
  • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
  • か、活版印刷〜!輪転機がまわり新聞が印刷され束ねられ早朝のうす青い街に配達されるのを見て泣きそうになる日が来るとは思わなかったぜ…額にいれて飾っておきたいほど美しく頼もしい「勇敢」の姿よ。ベトナム戦争を勝機は無いと知りながらその分析や事実を伏せて続行した、政府の「隠匿」「嘘」を暴く為に奔走する記者たちの話なんだけど、その中心で圧力に屈せず新聞に報道を載せるか・載せないかの決断を迫られるケイ [続きを読む]
  • デトロイト
  • 何かが起こる、何か酷いことが、とハラハラする嫌な予感で満ちた緊張感たるや。けれどわたしはミシガン州警察が「デトロイト市警は常軌を逸している」「証拠もないのにホテルの宿泊客(黒人と露出の激しい服を着た若い女)を尋問している」「彼等は差別主義者だ」「黒人にも人権はある」まで分かっていて「人権問題に首を突っ込むのはごめんだ、この件は奴らに任せよう」とあの場から立ち去ってしまった段階でわりとバッキリ心が [続きを読む]
  • ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
  • 「今どきボードゲームなんか誰もやらねえよ」とゆーカスタマーレビューにお応えし、あのジュマンジが一夜にしてビデオゲームにジョブチェンジ!その意気や良し!時代のニーズを読み解き生き残るために変化・適応化していくジュマンジの姿勢、見習っていきたい(見習うとは言ってない)現代の一軒家にジャングルの生物がやって来た!な地獄絵図ぶりはだいぶナリをひそめ、ビデオゲーム化により全体的な難易度が格段に下がっている [続きを読む]
  • ボス・ベイビー
  • なんというラブ・ストーリー!ここで言う「愛」はローマンティックなやつじゃなくて、ひとがひとを慈しみ育む方のやーつです。「愛を知らない」という者に「これが愛ですよ、よければあなたに差し上げます」と示す、押しつけがましくなくて誠実で、底抜けにやさしいストーリーに感嘆。空想癖のある7歳の少年ティムの目線で物語が進行するので、自宅や近所がジャングルだったり、海底だったり、牢獄だったりと容易に極彩色な夢の [続きを読む]
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • 「実話に基づく」とゆー触れ込みなので、へーと思って「ハンガリー連続殺人鬼 実話」とか「ハンガリー連続殺人鬼 元ネタ」とかで検索かけたんだけど「ハンガリー連続殺人鬼って映画、実話らしいんだけど元の事件の情報特になかった」みたいな感想がいくつかヒットして俺たちはいったい何と戦っているんだ?とそっとブラウザを閉じた…冤罪で逮捕・収監された男と犯人の容姿とか、3番目の被害者と犯人の関係とか、おっ意 [続きを読む]
  • アイム・ノット・シリアルキラー
  • 田舎町で連続殺人事件が発生、死体や殺人に強い関心を持ち社会病質者と診断された少年ジョンは、事件や犯人について調べていくが───みたいなあらすじだけ聞いて、てっきりジョン少年がのめりこんでいくうちについには殺人を犯してしまう話だと思っていたら全然違った。想像していたよりずっと切実で優しい話だった。動物虐待が悪いことだなんて指摘されるまで分からなかった、みたいなことを言うジョン少年だからどんなにハラ [続きを読む]
  • リメンバー・ミー
  • とても良かった。無条件で与えられる「許し」はマリーゴールドの鮮やかなオレンジ色、家族の元へと帰るための送り火。死者が帰ってくるために花びらをまいて道(橋)を作るって描写がいいな〜お盆的な行事も国によってさまざま。あれだろ、どうせそいつがひいひいおじいちゃんなんだろ、みたいな仕組みの話が気にならないくらい音楽パートが耳に楽しいし、カラフルで夢いっぱいなメキシコと死者の国双方の「死者の日」が目にも楽 [続きを読む]
  • ブラックパンサー
  • てっきり「ブラックパンサー」というヒーローの話、ワカンダ国の王となったティ・チャラ陛下の話だと思っていたんだけど違った、「ワカンダという国」「ワカンダをふるさとに持つ人々」の話だった。故郷を愛する者、憎む者、国を思う人々の物語。ティ・チャラ陛下とその父親、キルモンガーとその父親の話を主軸に様々な立場のひとの戦いが描かれていて、予想していたような陛下出ずっぱりでアクション三昧なあれじゃなかった。衣 [続きを読む]
  • シェイプ・オブ・ウォーター
  • 猫が死んだからダメです(定例報告)でもとても良かった、とても良かった、とても良かった〜べらぼうにロマンチックな愛と時間の物語だった。くちのきけない人魚姫、片方の靴を残して境界を超えるシンデレラ、赤い靴、モンスターとお姫さま、あらゆるおとぎ話が持つ普遍性と同じものが語られる。愛と時間。水の形。我々の手をすり抜け、とどめておけない、けれど枯れることなく存在する強いもの。人外スキーなので単純に『彼』の [続きを読む]
  • 空海 KU-KAI 美しき王妃の謎
  • こーれーはー邦題詐欺って言われても仕方ないんじゃないかな〜原題が「妖猫伝」、英題が「 Legend of the Demon Cat 」そう、主役は猫です。猫の一代記なのです。ナビゲーターに空海と相棒で詩人の白楽天をお迎えして長安からお送りしております!基本ナビのふたりのしゃべりで話が進行するんだけど前半ずーっとウロウロしてるずーっとウロウロしてる、お前ら口と足連動してるのかってくらいずーっと長安の街と建物内を行ったり来 [続きを読む]
  • スリー・ビルボード
  • ハッとするほど鮮やかな赤色と、穏やかなオレンジ色が心に残る。看板の赤、血、炎、電話、夜の部屋にうつる光。天使みたいに突然現れた野生の鹿の毛の色、ディクソンがレッドの事務所にかちこみかける時の光、ストロー付きのオレンジジュース、アイダホ行きの準備をする二人を照らす早朝の光。愛と怒りが濃淡を変えて画面にうつっているのかな、と感じた。怒りによく似た焦燥の赤と、やわらかいオレンジ色のジュース。ストローも [続きを読む]
  • グレイテスト・ショーマン
  • This is the moment you've waited for!歌と、ダンス。それに尽きる。ドレスの裾からげてがなり歌う女が出てくる映画なんか嫌いになれねえよな〜観客の足踏みからはじまったショウは小物の使い方も楽しくて目が離せないそのグラスどこ行く、その縄どこ行く、そういってそうなる!ほほほう!筋としては、成り上がりものがフリークスショウで成功してチョーシのって没落して再起、てゆーそれ何回目?な話だしぺらっぺらなんだけど [続きを読む]
  • KUBIO クボ 二本の弦の秘密
  • まばたきすらしてはならぬ!わーすごーいこれ全部ストップモーションなの〜?みたいな感動はもはやわき起こらない、フツーにCGアニメーション映画を見た気分で本編後メイキングを見てはー!?バッカじゃねーの!?(褒めてる)バッカじゃねーの!?(ちょう褒めてる)気が遠くなるメイキングてなるとこが本題なんじゃねえのか。人形に命を吹き込む「月からきた魔法使い」たち。画面構成や色彩がいちいちアクションRPGみたいで、 [続きを読む]
  • パディントン2
  • 圧倒的にやさしい…だって冤罪で刑務所にブチこまれて、住所変わったからって身内に手紙書くとき「ムショにぶち込まれた」って書くと心配かけるだろうからって「ブラウンさんの所ほどじゃないけどここも悪くないです、由緒あるヴィクトリア時代からの建物で、なんといってもセキュリティが抜群」なんて素晴らしく婉曲な表現するのすごくない?パディントンめっちゃいいやつじゃん…礼儀正しく惜しみなく親切なパディ [続きを読む]
  • ダーク・プレイス
  • ドキュメンタリー映画みたいに、主要メンツが大事なことを話すシーンでカメラさんがぎゅわっとそのひとに寄るのが印象的。一家殺人、生き残った妹、彼女の証言により犯人と断定され終身刑を言い渡された兄、てだいぶ好きな題材なのにイマイチのめりこめなくて自分でも困ってしまった。クロエちゃんが牛殺したりするのに全然ヒャッハーできない。監督、脚本:ジル・パケ=ブレネール原題:Dark Places [続きを読む]
  • 哭声 コクソン
  • 彼らは恐れおののき、亡霊を見ているのだと思った。そこで、イエスは言われた。何故うろたえているのか。どうして心に疑いを起こすのか。私の手や足を見なさい。まさしく私だ。触ってよく見なさい。亡霊には肉も骨もないが、あなたがたに見えるとおり、私にはそれがある(ルカの福音書)犬が死んだからダメです(定例報告)あと鶏もめっちゃ死ぬからダメです。2017年、SNS上でコクソンを見たひとが「祈祷フェスすごかったwww」み [続きを読む]
  • ノクターナル・アニマルズ
  • 見終わった後ふ、復讐〜〜〜???てなって真っ赤な口紅を新調した。20年も前に離婚した夫から自分へと献辞のついた本が届いて、途中まで読んで、「読んでる最中だけどとても素晴らしいわ、今度食事でも?」てメールするスーザンにまずとてもびっくりした。感想を伝えるにしても食事に誘うににしても、まず全部読んでからにすべきではない?そのひとが自分宛に作った作品を受け取って、じっくり全部目を通す前に、「まだ途中だけ [続きを読む]
  • キングスマン ゴールデン・サークル
  • 犬が死んだからダメです(定例報告)JBが死んだってだけでダメなのに、王女さまが即同じパグ犬用意してたのが更にダメだし、後半一切出てこなくて結婚式のシーンにちらっとも映ってなかった(と思う)からほんとダメです。分かるよ、あの犬はハリーとミスター・ピックルのシーンのための布石だったんでしょ…でもあの扱いはわたしの倫理コードに大変抵触したぜ…マシュー・ヴォーンのひとでなしめ!(ここへきて)前 [続きを読む]