とし坊 さん プロフィール

  •  
とし坊さん: 真実と偽物
ハンドル名とし坊 さん
ブログタイトル真実と偽物
ブログURLhttps://ameblo.jp/hayabusatm0497/
サイト紹介文家庭連合改革推進部
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 155日(平均4.5回/週) - 参加 2017/11/01 01:30

とし坊 さんのブログ記事

  • 批判記述
  • 批判記述人を批判することが無益だとやっと気付きました自分の選んだ道を大切にする事です今の自分に感謝して出来ることは行動するこれで良いと思う多くの人々は自分が正しいと思っている相対的に人はいくらでも批判できる本当に間違っている人は神様が許さないそれで良いではないかと思う [続きを読む]
  • 父の怒り
  • 父の怒り今のお母様の有り様を決して批判してはならない客観的事実をもって判断してはならない仕方のない段階を踏んでお前達の信仰も踏まえてこの様な状況が生まれてしまったのだとお父様の怒りが確かに私に届きましたお母様を批判したり侮辱してはならないお前達の信仰とお前達の救いの為に仕方ない道だったのだとその様なお父様の声が響きました確かに私の胸に響きました [続きを読む]
  • お母様の責任
  • お母様の責任お母様の強欲なのかお父様の真実の意志は三男さんに任せたかった此に反対したのはお母様の強欲か若さだったのか沢山の実の息子達の真実の母親になれなかったのか統一家の闘いは三男さんの追い出しから始まる統一家の混乱は三男さんに任せられなかったお母様の強欲か復帰の道はまだまだ続く三男さんに任せておけば統一家の争いはなかった筈だ統一家の秩序をひっくり返したのはお母様ではなかったか松涛本部はサンクチ [続きを読む]
  • 親としての世界の救出
  • 親としての世界の救出神様の親としての世界の救出は先ずはやはり北朝鮮の人民の開放でしょうそして中東問題、アフリカの貧困問題、その他、飢餓に苦しむ全ての人々の救済でしょう国境なき医師団や国連の難民救済団体やその他の国際救済団体を応援したくなるのは神様の親としての指命でしょうそして神様の代理であるメシヤならばこれ等の問題を無視することは出来ません不平等な神様では決してありません一部の繁栄と幸福は世界に [続きを読む]
  • 私達の献身
  • 私達の献身真実の愛に目覚めました真実の夢と希望に気付きました神様の願いが震える心より理解出来ましたああこんな道によくぞ出逢った暫くはここに賭けるぞ涙を脱ぐって歯を食い縛ってよしやろうと決意しました真実の情熱で真実の熱意を持って一歩一歩噛みしめました深い祈りのなかで神様の希望を胸に詰めて父の勝利と出逢った奇跡に感謝しました私達の原点はまだこの胸の内に明らかに存在する父の姿を脳裏に焼き付け神様の希望 [続きを読む]
  • 信仰の原点
  • 私達はみんな、原理講義に感動して、この道にまいりました。常日頃、原理講論を訓読して思うのは、これこそ信仰の原点たということです。一ページでも読めば、心霊が復興して、意識が分別されます。どんなお経よりも、原理講論の訓読は、すばらしいものがあります。日頃の信仰生活の支えに、もっと原理講論を訓読したいと改めて感じています。 [続きを読む]
  • 今月のカレンダー
  • 今月のカレンダーを見ても、お父様の表情は限りなく深い天宙に通じたとは正に、このようなご表情であると言いたいそれに比べとはもう言うまいお父様の表情に吸い込まれて深い世界に行けそうな、そんな気がするこのお人に捧げた私達の青春は、決してまちがってはいなかった [続きを読む]
  • 不正常態社会
  • 残念ながら、韓国社会は3流社会です。不正常態社会が全ての局面で出ています。オリンピックでも、不正の有無、審判の買収の有無が問題になっています。韓国社会のそのような風潮を世界の人が、気付いています。そして、我が教会にも否応なしにその風潮が入っています。放置すれば、国際的に問題が残ります。組織の刷新と改革が必要です。韓国人自身が気づかなければ難しいところがありますが、国際的なこの問題を乗り越えるのは日 [続きを読む]
  • 罪悪歴史
  • 世界史をみれば、人類歴史は初めて石器が発見されてから、260万年だという。ここらへんがアダムの起点なのか。ネアンデルタール人が35000年前だから、人類の起源は、遥か昔ということになる。現代人はみなネアンデルタール人のDHAを受け継いでいるそうだ。一方初めての文字の発見が、紀元前3500年のメソポタミアだという。人類歴史がなんと明確に解明されていないかが分かる。罪悪歴史が、限りなく続き、罪悪が明確に解明されて [続きを読む]
  • 教会の基盤
  • 教会という基盤今まで苦労してやっと今の教会の基盤をつくったのに、家庭連合に名前も変わったのに、これからだ言うのに、教会が分裂してしまった。多額のお金を捧げて来たのに、聞けば聞くほど、調べれば調べる程顕進様はまともなご意思と活動をされている。お父様のご意思は、顕進様に引き継がれている。やはりお母様は、お父様の妻であり子女様達の母であり理解者であり、協助者なのです。だんだんと理解出来たのに、教会は、 [続きを読む]
  • 飽食の時代
  • 飽食の時代、あれも食べたいこれも飲みたいテレビを見れば、料理特集ばかりあえてストップするのも悪くない食べない忍耐をしてみようあれがたべたかったのに、未練を断って、少し我慢してみよう朝まではもう食べない当たり前のようであるが、これが意外と難しく感じる寝れない時の深夜は食欲だけがむらむら来るいつからか情けないこと限りなし時々は断食して、食べれることの有り難味を感じたいものだ。 [続きを読む]
  • 夢と目的
  • ガンジーの言葉です。「あなたの夢は何か、あなたが目的とするものは何か、それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう。」夢と目的を明確にすることが大切です。あとはそのために行動するだけ。夢に向かって行動できることは幸せです。この幸せを一生、続けたいですね。夢も目的も世界平和です。韓半島の民主的統合やら、飢えで死者がでない世界が夢や目的でありたい。それは、神様の願いと同じだから。だから [続きを読む]
  • 多額の献金の扱い
  • 日本からの献金の行方、人件費本部維持費清平維持費裁判費用不正流出額アメリカ本部維持費各大陸本部維持費使途不明金日本還元分等々明確な使途金額が明らかになれば、愕然とする内容となる。明確な帳簿があるならば、四重帳簿の中から、引っ張り出してみて欲しい。日本の宗教団体としての、計算報告も、四重帳簿くらいあるのだろう。まともに報告できる内容ではないだろう。組織維持のため、まともに公表出来るものではない。金 [続きを読む]
  • 霊界のお父様
  • お父様は注目せざるを得ない。お父様は応援せざるを得ない。顕進様の活動に目を細めていらっしゃいます。必ず顕進様が大きな仕事をされるよう見守っていらっしゃいます。それは誰でも分かる筈です。 [続きを読む]
  • 金銭感覚は国家レベル
  • 金銭感覚は国家レベルにルーズです。不正横領風潮が三流レベルです。国家レベルの風潮が家庭連合にも浸透している。この風潮を食い止め、刷新しなければ未來はない。献金を集めても、穴だらけでは話しにならない。顕進様の改革を拒んだ結果、この有り様です。日本はひたすら献金を送るだけ、パイプラインがボロボロで修復困難では、行き詰まった摂理に希望がない。アリクイ虫の不正を一掃しなければ、沈没を待つのみではないか。 [続きを読む]
  • お父様の血統
  • お父様の血統を大切にしないでどうするんですか?幹部達は顕進様に反発ではなく、育て後見しなければならなかった。顕進様を中心に組織が一つになるべきであった。組織が何故分裂しなければならなかったか?そこに問題点があるのです。一つになれない理由が、問題の張本人なのです。 [続きを読む]
  • 文鮮明師は、世界と時代の変革者だった。
  • イエスより使命を授かった重責を果たし、活動を続けて来られました。その使命を子孫であるご子息が引き継がなければならない。顕進様が、引き継がざるを得ない立場になりました。その顕進様を食口の幹部の大部分が無視して、認めませんでした。お父様故に集まった筈なのに、ご子息の引き継ぎに反対したのです。お父様の活動は正しくまだ、引き継ぎが必要なのです。顕進様しかいないことを知りながら、彼の内部改革方針に多くの幹 [続きを読む]
  • 正上さんの回答について、
  • 櫻井正上さんの「教理委員会の批判に答えて①から③」がアップされました。正上さんの率直な心情の発露と思います。私達の信仰の原点から、神様と父母様の偽らざるお姿をとらえた、ご意見と存じます。歪められた教理委員会の主張に対して、神様と父母様に対する、正しい信仰の発露だと感じました。神様への信仰が、組織を守る信仰に変貌してはなりません。信仰の正しいあり方をよくよく考慮して、神様が応援せざるを得ない、組織 [続きを読む]