ドラドラ さん プロフィール

  •  
ドラドラさん: カサンドラの癒しと子育てと
ハンドル名ドラドラ さん
ブログタイトルカサンドラの癒しと子育てと
ブログURLhttp://kasandora22.seesaa.net/
サイト紹介文カサンドラ歴20年。自分の癒しや発達障がいの夫や子どもたちとの生活の記録です。
自由文カサンドラ症候群だと気づいたのは結婚して12年目のことでした。自分や夫の癒し、日常のすったもんだ、子育てのことなど。思いつくままに書いてゆきます。

夫はAC+ADHD+ASD
長男はASD+LD
長女は多分ADHD
次女は定型天然少女
私はカサンドラです。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 111日(平均6.9回/週) - 参加 2017/11/01 03:55

ドラドラ さんのブログ記事

  • 【子どもの自立】お手伝いのポイント3つ。
  • 中学生になってロボ太は背がぐんと伸び、体も心も成長しました。同じ年の子どもたちに比べたら全体的に成長が遅いロボ太ですが、ちゃんと「ロボ太のその時」になるとできるようになります。「他の子とは成長の早さが違うんだ。でもいつかできるようになるんだ」というのを頭に入れておけば、親はあせる必要はありませんし、本人に余裕の声かかけができます。◆◆◆◆◆小さいころは本当に手がかかる長男でしたが、今は家の手伝いを [続きを読む]
  • バレンタインデーの由来を知っていますか?
  • 45歳アラフィフ・カサンドラのドラドラです。日本でバレンタインデーにチョコレートを好きな男性に贈るのが流行りだしたころに学生時代を過ごし、どっぷりとチョコレート会社の用意してくれたイベントに乗っかってきた世代でございます。ドキドキする楽しいイベントはあって良いと思います。でも、最近のやたらと誰にでもチョコレートを贈る習慣ができつつあるのは、ちょっとどうなんだろうかと思ったりもします。(チョコレートが [続きを読む]
  • 科学のふしぎな話365を子どもにプレゼントした結果
  • 1年前に子どもたち3人に『科学のふしぎな話365』という本をプレゼントしました。365とあるように、一日一ページ読んでいけば1年で365個の科学の面白い知識を得ることができます。好奇心をそだて考えるのが好きになる科学のふしぎな話365 オールカラー (ナツメ社こどもブックス) [ 日本科学未来館 ]価格:2,484円(2018/2/5 00:14時点)感想(134件)本屋さんには同じような365とか366とかの科学の本が数冊並んでいたのですが、その中 [続きを読む]
  • 40代女性の再就職は難しい?!①
  • こんにちは。今日は女性の再就職について考えたいと思います。カサンドラの癒しと回復のプロセスの中に「一人格として自立する」「私が私らしく生きる」という段階があるのではないかと思っています。私の場合は3人の子どもが小さいときは子育てで精一杯で、自分が働くことはまったく考えられませんでした。今子育てが一段落したので「私も私の得意分野で仕事がしたいなあ」と思っているところです。カサンドラの癒しの最終段階と [続きを読む]
  • アラフィフ女一人旅。温泉で癒されてきました♪
  • 1月終わりから2月はじめに一泊二日でアラフィフ女一人旅に行ってきました!近年の自分へのクリスマスプレゼントは「温泉旅行」です。年末年始は忙しいので少し落ち着いた2月のはじめの平日に行きます。平日なのでお客も少なくゆっくりできます。でも女性の一人旅というのはちょっと勇気がいりますね。最初はとても緊張しました。私が一番初めに女の一人旅をしたのが「草津温泉」でした。(今草津温泉が噴火でキャンセルが増えて [続きを読む]
  • 年間行事を家族で楽しく過ごすこと
  • 「一月は行く。二月は逃げる。三月は去る。この時期はどうしてこんなに時間が早く過ぎるんだろうね?」こんななんでもない会話を食事のときにします。「今年は戌年(いぬどし)。干支(えと)12個ぜんぶ言えるかな?」きゃぴ「もちろん!」と習ったばかりのきゃぴは得意げに数え始めます。「ねーうしとらうーたつみー……」ロボ太「俺は忘れかけてた。覚えなきゃな」ほにゃこ「ふーん12こなの?」ほにゃこは聞きながら、12の動 [続きを読む]
  • アスペルガー症候群(受動型)の夫。妻の悩みと改善策
  • アスペルガー症候群は大きく3つに分類されると言われています。(以下しばらく昨日と同じ記事です。「もういいよ」という人はにゃんこの下まで読み飛ばしてくださいね)①積極奇異型・・・積極的に人に関わっていくタイプ。自分の話したいことやりたいことを相手に押し付けがち。人の話は聞いていないことが多い。エネルギッシュで周りの人には「元気で変わった人だなあ」と思われる。こだわりが強く、一部の知識がとても広く深い [続きを読む]
  • アスペルガー症候群(積極奇異型)の夫。妻の悩みと改善策
  • アスペルガー症候群は大きく3つに分類されると言われています。(以下しばらく昨日と同じ記事です。「もういいよ」という人はにゃんこの下まで読み飛ばしてくださいね)①積極奇異型・・・積極的に人に関わっていくタイプ。自分の話したいことやりたいことを相手に押し付けがち。人の話は聞いていないことが多い。エネルギッシュで周りの人には「元気で変わった人だなあ」と思われる。こだわりが強く、一部の知識がとても広く深い [続きを読む]
  • アスペルガー症候群(孤立型)の夫。妻の悩みと改善策
  • アスペルガー症候群は大きく3つに分類されると言われています。①積極奇異型・・・積極的に人に関わっていくタイプ。自分の話したいことやりたいことを相手に押し付けがち。人の話は聞いていないことが多い。エネルギッシュで周りの人には「元気で変わった人だなあ」と思われる。こだわりが強く、一部の知識がとても広く深い。奥さんになった人は振り回されたり、会話が成り立たなくて困ったりする。②孤立型・・・一人で過ごすの [続きを読む]
  • 睡眠障害…不眠症、悪夢、睡眠時遊行症について
  • 私の身近な人の睡眠障害についてまとめてみました。①夜眠れない(不眠症)お布団に入ってもなかなか眠れない。頭がさえてちっとも眠くならない。気がついたら明け方になっていた、なんてことも。眠りはじめたと思ったら夜中すぐに目が覚めてしまう。覚めるとなかなか寝付けない。義母はこのタイプのようです。なので眠れなかった次の日はとても眠そうにしています。夜眠れないと翌日はふらふらになるし、思考が鈍るので何か仕事を [続きを読む]
  • カサンドラさんに自助会やカウンセリングをお勧めします
  • 発達障害というのは目に見えない障害なので当時者の苦労は周りの人に理解されにくいです。それと同じように、発達障害者のそばにいるがゆえに疲れたり、病んでしまうカサンドラ症候群の辛さは他のひとに分かってもらえないものです。近年発達障害児への理解やサポートが進んでいることは本当によいことだと思います。そのお陰で、私たち凸凹家族はいろいろな人に助けられ、支えられながら生きています。また、同じような境遇の人た [続きを読む]
  • アラフィフのしみしわ対策
  • 45歳になり更年期もはじまり、いよいよお肌の「はりのなさ」や「しみ」「しわ」が気になってまいりました。子どもが小さいころ(30代)は自分のことをなかなかケアできず突っ走ってきたので、ふと40歳を過ぎて立ち止まって鏡をまじまじと見ると「うっ」となりました。いつのまにかお肌が……!!まずはしみ対策。これは義母が「これで顔を洗うとしみがなくなるのよ」と言う洗顔料をプレゼントしてくれました。これは会員制(しかか [続きを読む]
  • 発達障害かどうか診察(検査)を受ける手順(子どもの場合)
  • ロボ太の場合幼児期に「発達障害かもしれせんね」と定期健診でひかからなかったので、小学校になって困りごとが出てから、自分たちで発達障害の検査・診断を受けるために行動する必要がありました。2年生のときに「学習障害の診断」がおり、6年生のときに「軽い自閉症スペクトラム」と診断がおりました。小学校2年生のときは保健(養護)の先生の紹介で近くの小児クリニックで検査を受け、診断してもらいました。2時間くらいの検査 [続きを読む]
  • フィギュアスケート 四大陸大会!(台湾)
  • みなさんこんにちは。カサンドラのドラドラです。現在、フィギュアスケート4大陸大会が開催されています。いつものようにコーヒーとスイーツを用意して観戦をしています。氷の上で熱い戦いが繰り広げられるしかも美しいすてきなスポーツです。四大陸大会。何と言っても冬季オリンピックを前にした大切な大会ということで日本選手としては表彰台にあがり好調であることをアピールしたいところです。フィギュアスケートというのは国 [続きを読む]
  • おすすめの漫画。読んで癒されるマンガ①
  • 小学校3年生の長女きゃぴがマンガ好きなので、私にも第二次マンガブームが到来しています。第一次マンガブームは小学校高学年のときでした。にりぼんを愛読していたのを思い出します。あのころは「ときめきトゥナイト」にはまっておりました。(なつかしいー!ランゼと真壁君)友達が「ちゃお」や「マーガレット」を買っていたので、お互いにまわし読みをして、本当にわくわく楽しいマンガ愛読時代でした。中学生になると「マーガ [続きを読む]
  • カサンドラ、実家に逃げる。新婚当初のお話
  • みなさんこんにちは。カサンドラのドラドラです。今日は結婚当初(結婚して5ヶ月ごろ)に夫君と一緒にいるのが辛くなって実家に逃げたときの話をしたいと思います。カサンドラ症候群になって別居生活をしている人もいらっしゃるかと思いますが、私も短いながら夫と離れて生活した1ヶ月という期間がありました。じわじわと違和感を感じて低温やけどのようにダメージを受けて「もうだめ!」となるカサンドラさんもいれば、私のように [続きを読む]
  • 【乳幼児さん】子どもが本好きになる方法
  • 子どもが本好きになるコツはたった一つ。小さいときの読み聞かせだと言っていいでしょう。ロボ太の場合、2歳くらいから毎日一冊絵本を読んであげました。3歳以降は毎日3冊くらい。親と楽しく本を読む経験すると、子どもは本を読むのが好きになります。ロボ太は宇宙図鑑が特に好きだったのでぼろぼろになるくらい繰り返し一緒に読みました。世界の童話絵本シリーズは祖父母からもらったので、それも何周も読みました。(40冊)日 [続きを読む]
  • 発達障害の子がいじめられた時に親がすべきこと
  • 今日は長女きゃぴのことです。長女きゃぴは現在小学校3年生。診断は受けていませんが、ADHD傾向のある明るい女の子です。きゃぴは散らかしたり、頼んだことを忘れてしまったり、過集中になると周りがみえなくなったりします。(えー、また?)と思うことが続くと、やはり発達障害の特性を持っているんだなと思います。そしてそれはお友達との付き合い方なんかにもちょこちょこと見られようになりました。きゃぴが近所の女の子とお [続きを読む]
  • 【発達障害児】うちにテレビがない理由
  • うちにはテレビやゲームがありません。そのことを知ると、友人や知り合いは驚きます。「子どもがかわいそう」「情報はどうやって手に入れるの?」「ゲームしてなくて子どもがいじめられたりしない?」テレビはかれこれ10年置いていませんが、困ったことは一度もありません。ニュースはインターネットニュースで5分でチェックできますし、テレビを見るよりも早く最新の情報が得られます。震災のときもラジオやインターネットが便利 [続きを読む]