ひなみ さん プロフィール

  •  
ひなみさん: 本当にいいの?国際結婚
ハンドル名ひなみ さん
ブログタイトル本当にいいの?国際結婚
ブログURLhttps://ameblo.jp/srmamasan/
サイト紹介文国際結婚のリスクや、国際離婚の事実(米国)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 350日(平均1.3回/週) - 参加 2017/11/01 11:39

ひなみ さんのブログ記事

  • 自己実現
  • 今回は、結婚とか出産を決める前に、「自分は自己実現をしたいタイプかどうか」を見極めた方がいいのでは?という提案です。 そして、少しでも自己実現をしたいという気持ちが潜在的にあるのなら、仕事は続けた方がいいと思います。 ブログでは、全員じゃない、一部の専業主婦の悪口を言ってきた・・・。というのも、私が個人的に嫌な思いをしたことがあったから。ゴシップされたり、私の子供まで巻き込む結構、陰湿なものとかも [続きを読む]
  • 国際結婚のまとめ
  • またまた日が経ってしまいました。 ところで、このブログは、テーマに逸れた内容が多い事もあり、個人的に日本における女性の自立や児童虐待などの社会問題に興味があることもあり(仕事で専門にしてる分野ではありませんが)、今後、テーマを変えようかな、と思っています。 なので、今回は国際結婚について、まとめます。 これからも国際結婚ネタを続けるかもしれませんが、今のところ未定です。 アメリカ人の夫と日本人の妻の [続きを読む]
  • アメリカに住むということ − 移民と人種差別問題 −
  • ネットを読む限り、日本にもアジア系の移民が増えているとのこと。埼玉県川口市とか。それにしても、この凄まじい在日中国人や韓国人などのアジア諸国の人々への差別は、まさに、アメリカにいる日本人が受けているものと同じだと思った。日本人だってアメリカでは移民なわけだから。 とはいえ、アメリカ人と良い関係を築いている日本人もいるでしょう。仕事上、大学で、趣味、スポーツ、あと日本に住んでいるアメリカ人は日本人に [続きを読む]
  • 終戦記念日 ー アメリカという国の破壊力 ー
  • 15日に終戦記念日を迎える 小学校高学年の時の先生が、東京大空襲を経験された先生だった。 よく戦争の本を読んでくださった。読みながら声をつまらせてよく泣いていた。教室が静まった瞬間をまだ覚えている。 「かわいそうなぞう」「ちいちゃんのかげおくり」「ガラスのうさぎ」「兎の眼」とか「生きることの意味」(あの本の挿絵にあった、確か在日朝鮮人お父さんが、今の自分とかぶる。アメリカに住み、会える日もたくさんある [続きを読む]
  • 女性差別問題
  • 引き続き女性差別問題。 東京医大の入試不正をめぐる女性差別問題は、大きな波紋を呼び、「女性差別」に対して注目が集まっている。 それにしてもですが、アメリカの研究では、女性の心臓発作は男性医師が担当すると死亡率が増える、という報告も取り上げられていましたね。 西川史子氏の1回目の発言からは、医療現場は、肉体労働でもあり、男の筋力が必要なのだな、ということがわかった。しかし、今回の件から思うのは、裏で操 [続きを読む]
  • 男性優位社会 ー 意識を変えるだけで楽になる
  • 今週は、「東京医大の女子の合格抑制」とか、「千葉市の公立小学校教師による性的暴行」といったひどいニュースがあり、女性差別に関連していると思ったので書くことにしました。 それにしても、このブログでは、「男性優位社会」や「女性差別」のトピックが続き、今回も国際結婚のテーマとはかけ離れているけど、これも私が訴えたいことなので書き続けます。 私も何を知っているわけではないくせに、何だか上から目線ですが、ま [続きを読む]
  • 専門性を軽視する人
  • 娘ちゃんたちは、父親家族でキャンプに行った。楽しんできてほしいなと思う。ということで、ブログ書きます。 ところで、私は子供たちの父親についてあまり書いていないが、というのもだって別にわざわざブログ書いて訴えたいことでも何でもないし。 私にとってあのお方は一言で「不気味」な存在。でも共同親権で連絡取り続けなければいけない人(テキストでさらりと最低限なやり取りだけ) 過去には私自身にも問題があって共依存 [続きを読む]
  • かっこいい男の定義は変わった - 働くママ、初の7割超え
  • 日本は猛暑に見舞われ、熱中症の問題が深刻化しているとのことですが、今は夏真っ盛りかと思います。西日本の豪雨でも多くの方が亡くなられたとのこと。一日も早い復旧を願います。 ところで、こちらはもう夏は終わりなんです。日本のような?優しい音を奏でるようなイメージ?のこおろぎがこちらのは耳をつんざくような鳴き声で、あまりにもうるさいと思ったら家の中に一匹侵入していることが判明。ティーツリーオイル(虫退治に [続きを読む]
  • 人を助けるということについて
  • 電話がかかってきた。現地の日本人の知り合いからだった。彼女とは去年くらいまでは子供のプレイデートをすることがある仲だった。でも1年程会っていない。 知り合い:「あなたも会ったことがある日本人女性Tさんの旦那さんが病気されていて、大変だから寄付を募っている」 私:「それは大変だね。Tさん?うーん、知らないなあ・・・」 私はTさんとはほぼ面識がない。話を聞いてみると、Tさんの夫は重い病気を患っており、Tさんは [続きを読む]
  • 国際結婚の壁
  • 前回、日本の女性差別や男尊女卑について触れました。 では、アメリカは男女平等と言えるのでしょうか? アメリカでは、職場により差はあるとは思いますが、労働環境は男女平等と言えると思います。女性も男性と同じ、もしくは男性以上に評価されている女性もいます。男、女はさほど関係なさそう。男性も、女性が上司になることに抵抗がないどころか、まったく気にしてなさそうというか、(男性は40、50代、その女性は20代だった [続きを読む]
  • 海外では日本が先進国に見られない理由
  • いや、日本、すごいですよ。本当に。経済的には先進国ですよ。本当にいい国だし。治安はいいし(でも殺傷事件とかは問題だけど)、公共サービスを始め、社会全体が整っていて、安全に暮らせるし、交通機関は発達しているし、インフラは整っているし、カスタマーサービスも対応がいいし、医療制度も整っている(これはアメリカに住んでいるからそう思うのかもだけど)。 でもね、海外では日本がそこまで評価されていない、というこ [続きを読む]
  • 歩み寄る
  • 先日、沖縄慰霊の日のスピーチをのせました。 動画を見た正直の感想は、暗記しないでそのまま詩を読み上げた方が、その方の強い思いが伝わるのでは、と思いました。でも詩の内容自体は実に完成度が高く、本当に良かったです。 このスピーチじゃなくて、一般的に、日本とかアジア諸国のロボットっぽいのは海外から見ると違和感がある。 小学校卒業式の自分の台詞(?)が「大きな夢と希望を胸に未来に向かって羽ばたきます」だった [続きを読む]
  • 沖縄慰霊の日:平和の詩「生きる」全文 相良さん
  • 沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子さん 私は、生きている。マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、草の匂いを鼻孔に感じ、遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。 私は今、生きている。 私の生きるこの島は、何と美しい島だろう。青く輝く海、岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、山羊の嘶き、小川のせせらぎ、畑に続く小道、萌え出づる山の緑、優しい三線の響き、照りつける太陽の [続きを読む]
  • 東京目黒区5歳女児の事件
  • あまりにもショックなニュースに、この事件をきっかけに考えていくことはできないか、と思い書くことにしました。 あと、この間も少し触れた、ガザですが、ライフル銃で受けた銃創で両足切断の治療に当たった国境なき医師団の方の話のニュースもあり、ガザの事情も考えていきたいと思いますが、これはまた今度(と書いてそれについて書いた試しがない・・・)。それも相当ショックでした。 私にも5歳の女の子がいます。離婚して [続きを読む]
  • 世の中はまがい物で溢れている
  • 【世の中はまがい物であふれている】 ↑↑本当は、もっとこういうこと書きたいんだけど、どこまで書いていいのかわからないから、英文のまま載せることにした。 クリXXャンの多いアメリカ。そのルサンチマンや偽善ぶりが鼻につく最近。 ここで言う、mass 大衆。 本当だよね。なんかすごい勢いで騙されているな、と思う。 昨日、都心部の美術館に行ったんだけど、その帰りにフェスティバルに遭遇した。アメリカ人の休日の楽しみに [続きを読む]
  • 国際結婚を考えている人へ(あとSNSというもんについて) 
  • 夏休み。(に入りました)公園には(水場があるので)水着を着た子供たちが溢れている。空も青く、スイカも美味しくて、この州は6月は夏真っ盛り。私もここ2日、娘ちゃんたちを公園に連れていき、自分は運動。ランニングとか、サッカーボール蹴ったり(ボール投げたり蹴ったりするのはいいストレス解消法だと気づいた)していました。明日は美術館に行こう♪ いい仕事をするためにも、「魂・心・体」三位一体は大事ですね。 …… [続きを読む]
  • 年齢と美
  • 本題に入る前に・・・ですが、世界情勢を見ることでも、アメリカという国を客観視できると思います。米国は14日、イスラエルの建国70年に合わせて在イスラエル大使館をエルサレムに移転しました。15日は、「ナクバ(大惨事)の日」(イスラエル建国により大量のパレスチナ難民が故郷を追われた日)でもあり、抗議行動が行われましたが、イスラエル軍の催眠ガスや狙撃兵による銃撃で、55人が死亡し、2700人の負傷者が出ました。 こ [続きを読む]
  • ついに狂った私のたわごとー感覚を研ぎ澄ますー
  • 日本では、5月は新緑の季節で一番好きな月でした。何もかもがまぶしくて。 この州では、5月は子供たちの学校の終業の月であるのですが、片道車30分の送り迎えで体力的にも限界で、アレルギーもあり、疲れてきってしまっている時期です・・・。 (時差の関係で)夜中の仕事でついに体力的に限界が来た感があり、ブログを書くほどの創造力も働かないので、今回はたわごとを並べることにしました。 ということで、前回はそんなスト [続きを読む]
  • 国別に見るビジネス
  • 中国と取り引きを始めたと書きました。アメリカに住んでいる私が、中国時間でやるとなると夜中もがんがん連絡が来るので、なんか最近、仕事モードが抜けずゾンビですそれでも働かねばならず。シングルマザーの現状です。 でも今日は久しぶりに緑の多い公園に、我が娘君(→少年化している。下のプリンセスも姉の影響を受けてきてた)と行ってきました。今年は、3月あったかくて4月に入って雪が降っているという山の麓の辺鄙な場所 [続きを読む]
  • 結婚しないという選択で身を守る
  • 「アメリカ移住なんてするもんじゃない」さんのブログ、 「ほんと、日本って一体何がしたいのよ?」 「そりゃあ、愛国心もうまれなくなるよね。」 その言葉が一週間響きました。 私がタラタラ誤字だらけで要点のない文章を書いているのにそれをまとめてくださってます。 あと最近のブログでは中国を持ち上げすぎていましたが、さっそく(仕事で)問題が浮上しましたw でもね、なんでだろう。私アジアの国の悪口は書きたくない。 [続きを読む]
  • 実際のアメリカ生活
  • 好きなお料理ブログがあります。その方の料理の腕は見事です。素人でもシェフ並みの料理を作るコツをたくさん教えてくださっています。 食事が乏しいアメリカでは、そして今住んでいる地域は乾燥地帯なので、お肉は基本的にパサパサで、魚介類は少し離れたアジア系スーパーに行かないと手に入りません。なので、野菜をどうやって美味しくいただくか、これが非常に重要になります。ピーマンとかブロッコリーとか、そういう野菜なら [続きを読む]
  • アメリカ人の無知な部分について―金銭感覚と食生活
  • もうアメリカとか遅い。911以降ですね。これは私が学生時代の15年前くらいから言われていたけど。学生時代の友達は当時、中国、インド、沖縄(なぜ?でも島の価値観が美しい)に進出したがっていました。彼らは正しかったかもしれません。 最近、仕事でアメリカ人の横柄さ(「アメリカの子供を褒めるところは良い」と前回書きましたが、結果として大人になると横柄な人多いです。何事もほどほどに、バランスが大事ですね)それと [続きを読む]
  • 褒めることや幼児虐待について色々
  • 本題に入る前にですが、ニュースが入ってきました。 http://www.afpbb.com/articles/-/3093108 ↑これは2年前のニュースですが、今日27日、もはや無抵抗だった黒人男性に数発も銃を発砲した警察官に対する不起訴処分が決定されたそうです。 アメリカの人種差別はひどいです。 ............................................................................................................................................ [続きを読む]
  • イジメの対処法
  • アメリカに住むことは闘いの連続です。 とにかく金が中心になることが多い社会なので、弱い者は常に獲物(まさにサメです)に狙われます。 最近もまた酷ないじめがありました。このブログも少し休もうかな、とも思うくらいでした。 でもね、久々に他の方のブログ読んでお腹抱えて笑って元気が出ました。共感した記事もありました そして、私もまた書きたくなりましたw 笑うのっていいですね。たまに思いっきり笑うと元気でますよ [続きを読む]