レヴィ さん プロフィール

  •  
レヴィさん: 湘#48 れび@湘南サポBLOG Ver.2
ハンドル名レヴィ さん
ブログタイトル湘#48 れび@湘南サポBLOG Ver.2
ブログURLhttp://revys48.hatenablog.com/
サイト紹介文スポーツナビ+(ブログ)サービス終了に伴い、引っ越しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2017/11/02 01:17

レヴィ さんのブログ記事

  • 湘南2019 〜ゆく人くる人のこる人〜
  • 波乱万丈の50年を経て、ルヴァン杯優勝という結果と共にJ1残留。新体制発表会での眞壁会長の言葉を借りるなら、 河をくだりきって大海に漕ぎ出す2019年。嬉しい残留、予感していた別離、予想外の別離、まさかの再会、そして新加入。キジェさん体制の8年目は、なかなかに刺激的なメンバーが出揃った。まだしばらくは別離の痛みが残るかもしれないが…開幕までには癒えているといいなぁ。新体制/移籍状況【Live】2019 湘南 [続きを読む]
  • 2018年回顧録
  • シーズンが終わって約一ヶ月。戦い抜いた道程を振り返ってみれば、結果としてはギリギリの残留だったけれど、浮き沈みもそれほど無く…というか、これ以上沈んだらアカンというところで踏みとどまって、終盤戦につなげられたのが大きかった。W杯中断があけて、マリノスにたった一つのミスから負けて、そこから公式戦4連敗。24節のFC東京戦で踏ん張れて、25節のアウェイ長崎戦で勝ってきて、ルヴァン杯セレッソ戦初戦で3− [続きを読む]
  • 【J1・第34節_vs名古屋(A)】 『不思議色ハピネス』△2-2
  • 試合が終わってしばらくは、湘南サイドが残留確定で盛り上がっていて。選手達が湘南サポのところにやってきて拍手なんかしてたら、何やら遠くで名古屋の選手が喜びを爆発させている。スマホで確認したくても、電波の奪い合いでつながらない。湘南が『残留確定のダンス』をしてる間に名古屋にも残留確定が出たらしく、双方で選手とサポが喜びを分かち合っている。超満員のスタジアムの、皆が笑顔だ。ほんの数刻前まで互いの意地とプ [続きを読む]
  • 【J1・第33節_vs浦和(H)】 『点火アフターバーナー』○2-1
  • 予兆はあった。浦和が最終ラインからのビルドアップを始めたところで、ようやく前からのプレスにパスを引っ掛けることができた。こぼれ球を拾われて左サイドに振られたが、跳ね返したボールを収めたのは、ウメさん。そこで即座に浦和の2人に囲まれながらも、ターン1発で抜け出してみせたんだ。まだ記憶に新しい、アウェイ仙台で値千金のゴールを演出した場面と同じくキレ味鋭いターン。シュンスケとのワンツーで更に抜け出して左 [続きを読む]
  • 【J1・第32節_vsG大阪(A)】 『もう一度エヴォリューション』×0-1
  • 今週はもう…とんでもなく忙しくて、土曜の夜まで身動き取れなくて。J2最終節を見届けてから、一週間前の試合の件を書き始めてる体たらく。流石にちょいと時期を逸した感もあり、試合については時短モードで失礼をば。吹田はアウェイの割り当てが広いので慌てなくても座れなくなる事も無かろってことで、この日は開場時間ぴったりくらいに現地到着の予定で動いていたのだが、これが大正解。待ち時間ほぼゼロで入場、ゴール真裏 [続きを読む]
  • 【J1・第31節_vs清水(H)】 『ラスト3戦ゲートオープン』△0-0
  • 前回の記事で『金曜日は勝ち点1でいい』と書いたのは、もちろん内容を残してのモノという意味で。まぁシュート16本も打ってノーゴールってのが残念なことは間違いないんだけど、その日展開されたサッカーは、ほぼ完璧なものだった。思うようにならない苛立ちからプレーオン中のピッチ内のボールを蹴飛ばして退場処分を受ける監督なんて珍しいシーンが見られるほどには、湘南のゲームだった。スタメン【J1リーグ第31節ホーム、清 [続きを読む]
  • 【J1・第28節_vs磐田(A)】 『混沌コンセントレーション』 ×0-1
  • 湘南公式からのスタメン発表をツイッターで見た時の感想は、「ルヴァン決勝のやつをコピペして修正しそこねたのかな?」だった。それからタイムラインの反応を見て、Jリーグ公式を確認して、ようやくソレが修正忘れなんかではない事を理解した。スタメン【J1リーグ第28節 ジュビロ磐田戦スタメン】GK:秋元陽太 DF:山根視来 坂圭祐 大野和成 MF:岡本拓也 金子大毅 秋野央樹 杉岡大暉 FW:石川俊輝 山?凌吾 梅崎司 サブ:富居 アンド [続きを読む]
  • 【J1・第30節_vs札幌(H)】 『丁々発止ハロウィン』△2-2
  • リーグ戦も終盤、この札幌戦だって大事な試合なのは間違いない…のだが。大舞台目前ともなると、やっぱり少々浮ついてた。個人的には少々体調崩してスタジアム到着が直前だったこともあって、キックオフからしばらくは試合に集中できなかった。スタメン【J1リーグ第30節ホーム、北海道コンサドーレ札幌戦スタメン】GK:秋元陽太 DF:山根視来 坂圭祐 大野和成 MF:岡本拓也 石川俊輝 金子大毅 杉岡大暉 FW:松田天馬 山?凌吾 梅崎司 [続きを読む]
  • 【YLC・準決_vs柏(H)】 『Road to 埼玉スタジアム』△2-2(PK5-4)
  • 「よう、遅かったな。しかもボロボロじゃないか、大丈夫か?」「…ほっとけ。それにしても、お前とここでやることになるとはな。」「そうかい? 何となく俺はお前とやることになると思っていたぜ。」「17年ぶりの決勝なんだってな。そんな昔話なら、俺らと変わらないな。」「創立50周年で初の決勝とか出来過ぎだな。…中澤の有終の美の邪魔はさせん。」「50年かけて辿り着いたんだ、逃しはしない。結果にコミットさせてもら [続きを読む]
  • 矢野謙次, for Justice, for Love.
  • 2018年10月10日。一人のプロ野球選手が引退した。華々しいスターロードを歩むでもなく、輝かしい大記録を達成したわけでもない。怪我も多くて厳しいプロの世界で16年生き抜いたにしては通年でスタメンに名を連ねた期間も無い。それでも、その情熱溢れる泥臭いプレーと勝負強い打撃で、巨人ファンのみならず移籍先の北海道日本ハムのファンにも愛された。彼の名は、矢野謙次。矢野謙次 - Wikipedia矢野 謙次(北海道日本ハムファ [続きを読む]
  • 【YLC・準決_vs柏(A)】 『半歩前進フルコンタクト』△1-1
  • 今回も時短モードで。まぁ、90分ハーフの前半終了時点てことでw。スタメン【ルヴァンカップ準決勝第1戦、柏レイソル戦スタメン】GK:秋元陽太 DF:山根視来 坂圭祐 大野和成 MF:岡本拓也 石川俊輝 金子大毅 杉岡大暉 FW:菊地俊介 山?凌吾 梅崎司 サブ:富居 ミキッチ 松田 高山 山口 新井 イジョンヒョプ #bellamre pic.twitter.com/iOoofBz1gm— 湘南ベルマーレ (@bellmare_staff) 2018年10月10日トピックとしては、金子が [続きを読む]
  • 【J1・第29節_vs鳥栖(A)】 『紙一重デッドオアアライブ』○1-0
  • 前日にマリノスが勝ち、当日の昼開催の試合ではガンバが大阪ダービーを制し、首位を追う広島相手に柏が3−0完勝。皆して残留争いを抜け出すべく結果を積み上げて、残留争いのメンツに特大のプレッシャーをかけてきた。そんな中でのアウェイ鳥栖戦。負けていたら順位が入れ替わる直接対決、所謂"6ポイントマッチ"を制することができた。長崎戦に続いて、落とせない試合で結果を出せるたのは本当に大きい。よくやってくれましたヽ [続きを読む]
  • 【J1・第18節_vs川崎(H)】 『偽台風ヘビーレイン』△0-0
  • 突如個人的大事件発生のせいで(何)、時間が無くなってしまったので、短縮版で。いやー…それにしても寒かった。いや、試合は熱かったけれども。台風の順延試合のくせに台風並みの暴風雨。しかもポンチョ忘れてズブ濡れっていうね。凍えすぎて、日野まで帰らずに本厚木のカプセルで一泊しちゃいましたよ。スタメン【J1リーグ第18節ホーム、川崎フロンターレ戦スタメン】GK:秋元陽太 DF:山根視来 坂圭祐 大野和成 MF:岡本拓也 齊藤 [続きを読む]
  • 【J1・第27節_vsC大阪(H)】 『悲喜交交アフターカーニバル』△1-1
  • 50周年記念試合でまたもや、である。試合終了間際にゴールを許し、この終盤で勝ち点2を失ってしまった。こういうところできっちり逃げ切れなければ、J1で上位に食い込んでいけないのだろう。桜さんはACL出場の3位争いに食らいつくための、湘南としては残留争いで足を止めないための、貴重な勝ち点1。この分け合った『1』を、残り少ない試合のステップにできるのかどうか、クラブの底力が試される。スタメン【J1リーグ第 [続きを読む]
  • 【J1・第26節_vs鹿島(A)】 『憔悴メンタリティ』×1-2
  • 第26節は荒れた。FC東京が6戦勝ち無し。首位広島が鳥栖に取りこぼす。長崎が絶好調名古屋の連勝を止める。札幌が川崎に7失点。ガンバに足元を掬われたイニエスタ神戸は3連敗。柏が清水に競り負け、鳥栖に抜かれてプレーオフ圏内へ。そして我が湘南と鹿島の対戦は、ACLの頂点を目指す鹿島相手に、波乱の結果を残すことはできなかった。結果的にはロスタイム弾で撃沈した形だけど、先制点の取られ方と、その時間帯が悪すぎ [続きを読む]
  • 【YLC・準々決_vsC大阪(A)】 『未来招来ゴールデンエイジ』△2-2
  • 2012年から始まった湘南/曺貴裁体制。第一次黄金期は2014年のぶっちぎりJ1昇格に始まり、2015年の8位J1残留でピークを迎え、前後に中心選手の"卒業"もあって2016年のJ2降格で終焉を迎えた。そして、2017年の優勝昇格を経て2018年の今、早くも第二次黄金期の入り口が見えてきているのかもしれない。前年度覇者の桜さん相手に競り勝って、22年ぶりの菓子杯ベスト4進出。その結果の中心にいたのは、湘南の未来を支える若い [続きを読む]
  • 【YLC・準々決_vsC大阪(H)】 『縦横無尽ウインドストーム』○3-0
  • 台風の余波で強風の吹き荒れる中、平塚のピッチには湘南のプレーで嵐が巻き起こっていた。前年度覇者の桜さん相手に攻守にやりたい放題の末、プレーオフの仙台戦と同様に、まさかの3−0大勝利という結果に終わった。やりたい放題というのは比喩でも何でもなく、湘南の選手たちは縦横無尽にピッチを駆け巡り、何度となく桜さんの守備を切り裂いた。印象ほどにスタッツに大きな差は出なかったが、試合としては最後まで湘南のゲーム [続きを読む]
  • 【J1・第25節_vs長崎(A)】 『目標勝ち点42ポイント』○3-1
  • 湘南のために、勝利の唄を。俺達は叫ぶ、魂込めて。ビジターゴール裏にやってくる選手たち、万雷の拍手で迎えるサポーター、みんな笑顔満開だ。5戦負勝ち無しだった間、わずかなミスで結果がついてこなかった日々にブレずに向き合い続けて、何が何でも落とせなかった試合での勝利。何と言っても勝利自体が実に一ヶ月ぶりなのだから、これが嬉しくないわけがないのだっ!。・゚・(ノ∀`)・゚・。スタメン【J1リーグ第25節アウェイ、V・ファ [続きを読む]
  • 【J1・第24節_vsFC東京(H)】 『走り続けろオン・ザ・ロード』△0-0
  • 時間あるあると思ったら全然無くって、今回も時短モードです(´;ω;`)。光明を見た。「気持ちを見せろよ!」なんて言わなくても、この試合に賭ける想いは両チームの選手からも、詰めかけたサポーターからも、存分に伝わってきた。この雰囲気を出せるのなら、まだまだ上を向いて戦って行けると感じた。スタメン【J1リーグ第24節ホーム、FC東京戦スタメン】GK:秋元陽太 DF:岡本拓也 山根視来 坂圭祐 MF:石原広教 齊藤未月 石川俊 [続きを読む]
  • 【天皇杯・4回戦_vs川崎】 『見せてクレイジー』×1-3
  • いきなり余談から入っちゃいますが、試合が終わってスタジアムを出る時にトラブルがありましてね。結構長い時間、頭真っ白なまま対応に追われていたw。さて、俺のスマホ「Galaxy S7 edge」にはこんな機能がついている。iphoneは5回押すらしいが、こちらは3回。S8からはその場の音声写真動画まで添付できるようになってるらしい。さっきはコレが知らん間に暴発したのね。まったく無意識にw。 pic.twitter.com/sjeyOfJUnz— [続きを読む]
  • 【J1・第23節_vs神戸(H)】 『漕げ漕げペダル』×0-2
  • 最初に懺悔いたしますと。今回メインスタンドにも配られたコレオ用のボード、回収箱に入れずに座席下に置きっぱなしにしちゃいました。ホント申し訳ない。荷物整理してる間に一旦下に置いて、スマホいじってたら存在をスッカリ忘れてしまって。チケット完売満員御礼、曖昧だったゴル裏立見エリアも区分けして少しでも押し込もうとしたり(昔は3列設定だったらしいけど2列)、大規模コレオを実施したりと、三連敗阻止のためにスタジ [続きを読む]
  • 【J1・第22節_vs仙台(A)】 『鷲掴みウイークポイント?』×1-4
  • ただいま寄生虫もとい帰省中につき、短縮版で。失点シーンまぁしゃーない、相手を褒めるしかないかなぁというのは2失点目くらいか。マークが足を出せないところでボールを収められて、狙ってか偶然かはともかく、ここしかないというコースを通された。素早い反転シュート、お見事というしかない。1失点目はシュートコースを切っていた方にシュート打たれたのよね。難しいとこだけど相手の選択肢を狭められなかった。逆を突かれた [続きを読む]
  • 【J1・第21節_vs横浜FM(H)】 『たった一つのミステイク』×0-1
  • この日スタジアムを埋め尽くした今季最多の14,862人分の熱量はスゴかったね。アウェイ側ゴル裏が埋まるような時は大抵チャントの声量では負けちゃうんだけども、声量以上にこの試合に賭ける鞠サポさん達の必死の想いが伝わってきた。サポーターがチームを勝たせるなんて幻想だとは思うけど、これだけのスタジアムの熱量に選手が応えられたなら、ツマラナイ試合になるわけがない。試合は最後までわからない展開で、タイムアップ寸前 [続きを読む]
  • 【J1・第20節_vs広島(A)】 『秋元神シャイニングフィンガー』△2-2
  • 秋元の日本代表招集、あると思います。この日視察に来ていたポイチさんに、もっとも鮮烈な印象を残したのは、秋元だったろうから。何度も秋元神の降臨は観てきたが、これまでで最高のパフォーマンスだったのではないか。それほどにこの日の秋元は輝いていた。特に圧巻だったのは66分。パットリくん疲れのせいか足がもつれてシュートに行けず、こぼれ球をシュートされたこのシーン。正直失点を覚悟したもんね。大したものである。 [続きを読む]