Ryo-Yong さん プロフィール

  •  
Ryo-Yongさん: Ryo-Yong 「笑顔のWA!」
ハンドル名Ryo-Yong さん
ブログタイトルRyo-Yong 「笑顔のWA!」
ブログURLhttps://ameblo.jp/non-pac2549/
サイト紹介文笑顔になれる習慣を目指します(^^♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 12日(平均8.2回/週) - 参加 2017/11/02 18:52

Ryo-Yong さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 引き寄せの法則を楽しもうと思ったきっかけ
  • ワタクシが引き寄せの法則を学び、楽しもうと思ったのは1か月程前のことでアメブロで記事を書いているうちに「あっ、そういうことだったんだ」と気づいたからでした。(詳細はトップページに記載しています) “先生”と出会った苦い経験でしたがこの経験を振り返り、引き寄せの法則を少しずつ知ることになりました。“先生”には感謝していますが、おそらく「ワタシのお陰だから〜」という声が聞こえそうですので。 なので! この [続きを読む]
  • “先生”に伝わってほしいなぁ(^^
  • “先生”へ あれから10年以上、“先生”とはお逢いしていませんね。 何故、現在も距離を置き続けるのか今も分からないでしょうね。 もしも再会したりすると“先生”の心を更に刺激してしまうからです。 これまでの“先生”の言動(行動)を簡単ですが、数本の記事でまとめてみました。本当は沢山あるのですが“先生”が過剰に反応されるので控えました。 このブログ記事を読んで“先生”は今直ぐに抗議したくなるでしょうが残念で [続きを読む]
  • 客観的に見ても“わからない”人なんだな〜 その7
  • 再び、“先生”について記述。 “先生”の言動に限界を感じたワタクシは新興宗教退会を決意する。 ある日の【家庭集会】で“先生”の言動が尋常ではないことをハッキリと告げたのだ。 すると、車内で“先生”がいきなり大きな声で、しかも早口で怒り狂い大泣きしよった!! しかも、別の方には普通に話すのだがワタクシに関しては急に態度を変え大きな声で叫び・泣き・怒り狂うのである。 “先生”が狂信者であることが完全にバレ [続きを読む]
  • 「病気を言い訳にするんじゃない!」
  • これまで“先生”のあれこれを記述してきたがあれからワタクシは?という話を。 薬の副作用で笑えなくなってしまったこと統合失調症で辛くなってしまったことが重なりワタクシ自身が嫌になってしまうこともあった。 「もう嫌!こんな自分、大嫌い!何もしたくない!」 かーちゃんに何度も訴え暴れたりもした。 そんなかーちゃんが 「病気を言い訳にするんじゃない!病気を利用して逃げるのはかーちゃん、絶対に許さないよ! いくら [続きを読む]
  • 客観的に見ても“わからない”人なんだな〜 その6
  • “先生”は、近所付き合いでもアピール振りを発揮する。 ⑨ 「おすそ分け」と称して、自分語り 何を「おすそ分け」か?というと実家から送ってきたもの、“先生”繋がりの方から貰った山菜そして、訳ありの果物(←これが多い) かーちゃんに渡した後は“先生”による毎度恒例の、教え(宗教)のうんちく語りと「入信」の促しが始まるわけだ。 いわゆる「プレゼント」で人を釣ろう・操ろうっていうことですな。 ⑩ 化粧がスゴい ひ [続きを読む]
  • 客観的に見ても“わからない”人なんだな〜 その5
  • 再び、在籍していた新興宗教の話に戻す。そこでは【霊位】が4段階ある。その霊位を『相承』する為には幾つかの段階などをクリアしなければいけないのである。(ここでは割愛しておく) 当時“先生”は最初の霊位を『相承』していて第2段階目の霊位相承を目指していた。(この言葉を聞いて、「あっ、あの宗教だ」とお気付きになった方もいらっしゃるはず) ここで・・・。 ⑧ 「ワタシの言うことを素直になって実行する」ことを押し [続きを読む]
  • 客観的に見ても“わからない”人なんだな〜 その4
  • “先生”は町内活動でも発揮する。 「バーベキューのお手伝いに行こう」と“先生”に誘われたのは良いが・・・。 ⑦ 「ワタシ、これだけしていますよ〜。何であなたはやらないの〜?」と、いう態度で示す バーベキューの素材を下準備する為に、数名の主婦の方が集まっているが集まった方々は全員班長さんが声を掛けて参加しているのである。 つまり、ワタクシと“先生”は声を掛けられていないので飛び入り参加に。 班長さん:「私 [続きを読む]
  • 客観的に見ても“わからない”人なんだな〜 その3
  • 新興宗教の信者さんには、もちろん謙虚な方も多い。信仰の理由は人それぞれ。 だが! “先生”は違うのだ。 精舎内(食堂など)であれ、移動中の車内であれ、“先生”の健在振りを発揮する。 ④ 止まることの無い、“先生”による独演&説教会 とにかく、教えに関してはあーだこーだと止まることなく喋り続け時には「この前言ったこと(失言など)は取り消すわ」と言ったかと思えば新たな失言とこき下ろしによる攻撃が止まらないの [続きを読む]
  • 客観的に見ても“わからない”人なんだな〜 その2
  • ワタクシが当時入信していた新興宗教(敢えて名前は伏せておく)には霊能者が色んなことを指摘したり、「こうするといいでしょう」のアドバイス、「次の修行に入りますよ」のサインなどを教えてくれる独特の修行がある。 もちろん、相談事、“霊位”の向上の相談、結婚や進学・就職などの相談を霊能者が鑑定するものもある。 終わったら、その修行で霊能者が言われた【霊言】をノートなどに記録する。 がっ!! ワタクシ、その霊能 [続きを読む]
  • 客観的に見ても“わからない”人なんだな〜 その1
  • ワタクシとその新興宗教の信者さんとの関係は元・ご近所さんであり【英語教室の教師と生徒】でもあった。 その“教師”も最初は良い印象でワタクシを新興宗教に誘った理由も「心が綺麗なのに、なぜ統合失調症になってしまったのか。その苦しさから幸せになって欲しい」ということだった。 しかし、入信すると徐々に“先生”(←に大変身!)の「本性」が現れてくるのだ。 宗教の【うんちく】を熱く語るようになり「自分は長い間修 [続きを読む]
  • 笑えなくなる、笑うことを失う
  • 薬の副作用は継続され面白いテレビ番組を観てもどうしても笑えなくなってしまう。 強引に笑おうとするが薬の力に抑えられてしまい「ハハハハ!」と声を出すこと笑顔を作ることも限界。 笑いたいのに笑えない。 笑うことの楽しさが薬によって失うこともあるなんて・・・。 いつかは笑顔になれるよう取り戻そうという気持ちだけはある。 しかし、それ以降約10年在籍していた“新興宗教”(宗教は人それぞれだと思うので肯定も否定も [続きを読む]
  • 同じ行動と副作用
  • 投薬治療は継続していき、新薬が出るとその新薬を服用して様子を見る日々。 頭が重くなっていき喉が渇く日々、退屈になっていく ただ、ひたすら階段の昇り降り、部屋の隅から隅までウロチョロと歩きお水を飲み、お手洗い。これの繰り返し。 かーちゃんが職場に行く時間から職場から帰宅するまでズーッと続くのである。(当時、休みは週に1日だけ。通勤はバスと徒歩) とにかくウロチョロしていて、ワタクシ自身どうしたら良いかも [続きを読む]
  • 妄想と昼夜逆転、そして奇声
  • ワタクシの統合失調症の治療はお薬の服用から始まった。 最初は毎食後3錠ずつの服用。(薬の名前を覚える余裕は当時は無かったので、忘れたけれど) しかし、変化は少しずつ起きる。 段々、睡眠の時間がずれてくる。被害妄想が止まらなくなる。 その度に服薬の数、量が増えていった。 そして、昼夜逆転の生活になってしまう。 ほぼ毎晩のように 「キャーッ!」「ワ〜ッ!」「ウォ〜ッ!」 と、いう奇声(または悲鳴)をあげる度に [続きを読む]
  • あの頃、「妄想」だったと気づかず
  • ワタクシ、発達障害で生まれ仕事も2年半ほどしか続かず、バイトも長くて1年しか続かず。 そのショックがずっと長引きあり得ない“現象”に悩まされてきた。 それは毎晩・・・。 「家に戦車が来る!しかもイスラムから! キャーッ!!」 と、怯えながら訴えていたのだ。 しかも 「謎の空飛ぶ物体からミサイルが〜〜〜!!!」 この時のワタクシ、真剣だった。 そんな現象が続き、病院で診察を受け “統合失調症”と診断された。 今 [続きを読む]
  • 過去の記事 …