コクーン さん プロフィール

  •  
コクーンさん: 熱帯魚の輸入卸販売コクーン
ハンドル名コクーン さん
ブログタイトル熱帯魚の輸入卸販売コクーン
ブログURLhttp://blog.cocoon.fish/
サイト紹介文『南米の宝石』と呼ばれるアピストグラマを中心に輸入・卸販売しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 215日(平均0.6回/週) - 参加 2017/11/03 15:20

コクーン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 8月28日 リリース
  • 販売特約店様にリリースしたアピストのご紹介です。 今回は3種を新たにリリースいたしました。・Apistogramma veliferasp. ホワイトシームやsp. フォーストライプスとも呼ばれている種です。実はこの種、以前も何度か輸入したことがあるのですが、決まって状態が悪くリリースがほとんど出来なかった種です。今回は珍しく良い状態で良いサイズを入手することが出来ました。ペア数に限りがあるのでお待ちになっていた方はお急ぎを! [続きを読む]
  • 8月24日 リリース
  • 販売特約店様にリリースしたアピストのご紹介です。今回は5種を新たにリリースいたしました。久しぶり過ぎて、魚の写真を撮るのを失念してしまいました。笑Apistogramma sp. D25・・・久しぶりの入荷となりました。今回はサイズしっかり目、フォルムが完成した個体が多い印象です。Dシリーズの中にコクーン便でないと入荷しない種がいくつかいますが、この種もそうです。理由はまたいつか・・・。Apistogramma sp. D18・・・この種 [続きを読む]
  • 生体の一般販売を始めました
  • 5月から6月にかけて、コロンビアの主要な河川が禁漁期になるので輸入はしませんでした。そして今月はアルタムエンゼル採集の最盛期となり、多くの漁師がそれに駆り出されてしまうので、引き続き興味をそそられるアピストの輸入は期待出来そうにありません。しかし全ての漁師がアルタム採集に行くわけではないので、何か目新しいアピストが採集され輸入されるのを少しだけ期待しています。そしてそれはいつも突然やって来ることが多 [続きを読む]
  • FD カラヌス
  • 南米は雨季に入り川の水位が上昇しているため、魚の輸入はしばらく無いと思います。なので前回に続き、コクーンオンラインで販売している乾燥餌のご紹介をしたいと思います。とその前に、コクーンオンラインでのお支払いに『コンビニ支払い(前払い)』が可能になりました。それに加えて、今までクレジットカード払いはVISAとMasterCardのみでしたが13社のカードがご利用出来るようになり、代金引換時に現金のほかクレジットカード・ [続きを読む]
  • おすすめの餌をご紹介
  • コクーンオンラインがオープンして二週間が経とうとしていますが、お客様からの問い合わせで一番多いのが、「アピストの色揚げ効果が一番高いのはどの餌ですか?」という質問です。効果が同じような餌が何種類もあり多分迷われているのだと思い、少し申し訳ない気持ちです。このような質問をお受けした場合、当社では迷うことなく『ネイチャーフード スプリームシリーズのクリスタル Sサイズ』をお勧めしています。この餌は、色揚 [続きを読む]
  • 4月13日 リリース
  • 販売特約店様にリリースしたアピストのご紹介です。本日は3種を新たにリリースいたしました。Apistogramma sp. D24 (Rio Vichada)前回入荷した sp. D24 のタイプIIのみが今回入荷しました。ちなみに前回のタイプI は現地から、ビチャダのヴィエジタとの修正連絡が入っております。情報が錯綜してしまったことをお詫びいたします。しかしビチャダのヴィエジタをご購入された方からは、メタ川やマナカシアス川エリアとは背鰭の形や色 [続きを読む]
  • オンラインショップを始めました
  • この度、観賞魚用ドライフードのインターネット通販を始めました。その名も、『コクーンオンライン』。そのまんまですが(汗)画面右もしくは画面下のバナーよりアクセスしてください。※生体は販売しておりません。生体は特約販売店様にてお求めください。日本をはじめ世界で販売されている様々な餌を探し求め、そして試し、その中から次のような条件を満たすアピストグラマ等小型の観賞魚に最適な乾燥餌を厳選しました。嗜好性が高 [続きを読む]
  • 4月10日 リリース
  • 販売特約店様にリリースしたアピストのご紹介です。本日は5種を新たにリリースいたしました。Apistogramma sp. Mitú (Rio Vaupés)久しぶりの入荷です。数年前に日本に初入荷し、その時は sp. ヴァウペスとして販売されました。マクマス系でありながらこのスリムな体形はやっぱり変わってます。Apistogramma sp. Rautenband (Rio Vaupés)この種も数年前に初入荷し、cf. ヘルケリーとして販売されました。今年に入ってからドイツ [続きを読む]
  • 信じるか信じないかはあなた次第
  • 昨日、ノルウェーのTom Christoffersen氏が運営するサイトが久しぶりに更新され、コロンビア産アピストグラマの新種、sp. D51とsp. D52が掲載されました。実は上のこの個体、採集された日のうちに現地から当社へ写真付きで情報が提供されており、「新種?」「sp. イサナ?」などと真夜中にやり取りをしておりました。と言いますのは、鮮やかな体色もさることながら尾鰭がライヤーテールではなく、ラウンドテールからスペードテール [続きを読む]
  • 3月23日 リリース
  • 販売店様にリリースしたアピストのご紹介です。本日は2種を新たにリリースいたしました。Apistogramma cf. diplotaenia (Rio Orinoco)昨年の11月にレア種としてご紹介したディプロがまたやって来ました。ブラジル側へ流れるネグロ川産とは若干違い、スペードの形をした尾びれがより際立ち、ラテラルバンド下のギビバンドが特徴的なアピストグラマです。前回の便では雌雄の判別も出来ない程の小さなサイズでしたが、今回は良いサイ [続きを読む]
  • 3月20日 リリース
  • 久しぶりに販売店様にリリースしたアピストのご紹介です。本日は新たに3種をリリースいたしました。Apistogramma sp. D24 (Rio Vichada)マクマス系が多いDシリーズの中で、ヴィエジタ〇〇年タイプに最も近いとされるアピストです。頬に赤点がある個体、腹鰭が赤い個体、と現地からは2タイプに分かれて入荷しておりますが、成長した時に同じような姿形になるのか、それとも違ってくるのかは不明です。残念なのが今回も雌個体が少な [続きを読む]
  • 1月12日 リリース
  • 販売店様にリリースしたアピストのご紹介です。本日は1種のみ新たにリリースいたしました。Apistogramma sp. D37昨年、突然大量に入荷したアピストグラマです。日本では何故か、サンホセとかサンノゼとかと呼ばれていますね。笑採集場所はイニリダ川上流とされていますが、実際にはイニリダ川の源流に限りなく近い流れがほとんど無いような小さな湖です。採集場所との位置関係や発送スケジュールにもよりますが、アピストを捕獲す [続きを読む]
  • 2018年初便 リリース!
  • もう忘れ去られてるかもしれませんが、2018年もコクーンを何卒宜しくお願いします。年末に現地漁師と今年のアピスト採集計画を立てました。それらが全て滞りなく実行されれば今年も素晴らしいアピストたちが日本にやって来ます。しかし自然が相手なので計画通りに進まないことも多々あります。前回と同じポイントに行ったのに目的のアピストが居なかったり、最近は天候不順で雨が多く水位も高くなってきているようです。どうぞ少し [続きを読む]
  • 11月29日 リリース
  • 販売店様にリリースしたアピストのご紹介です。本日は4種を新たにリリースいたしました。レア種、Apistogramma cf. ディプロタエニア (Rio Atabapo / Alto Orinoco)ラテラルバンドから斜め下に入る線がこのエリアに生息するディプロタエニアの特徴です。サイズ的にかなり小さいですが状態はバッチリになりました。数が少ないのでこの種を待ち望んでいた方はお早めにどうぞ。Apistogramma sp. ブルトケール(インボイス名)ほとんど瀕 [続きを読む]
  • 11月24日 リリース
  • 本日、販売店様にリリースしたアピストを紹介いたします。今回の輸入は、経由地のアメリカで待ちぼうけを喰らったうえに最近の日本の寒さが影響してか魚の状態はあまり良くありませんでした。そんな中、いち早く立ち上がった2種をまずはリリースしております。Apistogramma リネアタ (Rio Atabapo)手ごろなサイズにも関わらず頬にはリネアタ特有の隈取りがギッシリ入っている個体が多く、背鰭が高い個体が多い印象を受けました。 [続きを読む]
  • Apistogramma sp. D28
  • コロンビアの、とある場所にある小さな湖です。写真で見る限りは湖と言うよりも沼とか水溜りと言った方が正しいかもしれません。この写真は乾季に撮影された写真ですが、このような場所にもアピストグラマは生息しています。この湖が三日月湖のように孤立した湖なのかそうでないかは写真から判断できませんが、雨季になれば後方に見える生茂った植物の根元まで水が達して立派な湖になることでしょう。アピストグラマを捕獲する時は [続きを読む]
  • Apistogramma sp. D25
  • コロンビアのほぼ中央に位置するプエルトガイタンの近くを流れる、とある小川です。乾季を迎えた川で、水深は浅く、川底の水草や堆積物が見えるくらい透明度は高いです。アピストグラマが生息している川は低pHでブラックウォーターと思っている方が居るかもしれませんが決してそうではありません。このように静かに流れる小川の岸辺や物陰にひっそりと生息しているアピストグラマも居ます。この写真をご覧になってお分かりいただけ [続きを読む]
  • ブログ始まります。
  • 初めまして!熱帯魚の輸入と卸販売をしていますコクーンと申します。当社は輸入した熱帯魚をアクアショップ様に販売している問屋ですので、一般のアクアリスト様とは直接の接点はございませんが、この度アクア業界の活性化と健全な発展に貢献することを目的としてブログを立ち上げることにしました。と言いましても、大手問屋さんとは全く比べ物にならない程の小さな小さな問屋ですのでどの程度貢献出来るのかは全く予想出来ません [続きを読む]
  • 過去の記事 …