ゆうこ さん プロフィール

  •  
ゆうこさん: 『JAPAN』〜まだ知らない日本をあなたに〜
ハンドル名ゆうこ さん
ブログタイトル『JAPAN』〜まだ知らない日本をあなたに〜
ブログURLhttp://ujapan.net
サイト紹介文寺社、城郭、秘湯。おびただしい文化財。厳選した『和』をオールインワンに届けるサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 12日(平均9.9回/週) - 参加 2017/11/02 23:19

ゆうこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 石積みと里坊の町並みを残す明智の王国『坂本』
  • ゆうこ 滋賀県大津市の『坂本の町なみ』を紹介します。 アクセス京阪坂本駅おりてすぐ。みどころ・石積みと白壁に囲まれた里坊・点在する重要な寺院・清らかな水音を響かせる水路坂本は、叡山の麓にある。かつては、門前町として栄えた。叡山での修行を終えた老僧が住んだ里坊が、約50ケ所。穴太衆が積んだ石垣に囲われ、趣向を凝らした庭園が、四季折々の色を見せる。駅からお [続きを読む]
  • 三成が結城秀康に贈った名物 『石田正宗』
  • ゆうこ 石田正宗を紹介します。 幻の名工刀剣史において、正宗は巨大だ。徳川吉宗が作らせた『享保名物帳』という名物リストがある。約250口の刀剣を収録し、のち国宝や重要文化財を指定する根拠ともなった。うち59口を、正宗が占める。『石田正宗』は、その一口。由緒宇喜多秀家に四百貫で買われ、三成へと贈られた。当時、秀吉に高く評価されていた正宗は、諸大名から大人気 [続きを読む]
  • 時がとまった寺『宝珠山立石寺(山寺)』
  • ゆうこ 山形県山形市の山寺を紹介します。 アクセス仙山線山寺駅おりてすぐ。みどころ・時が止まったような岩塔婆や石仏たち・山下を一望できる五大堂からの絶景・古建築と自然が織りなす風姿清流を渡ると、五間四面の根本中堂。ブナ材を用いた建物では、日本最古。左に折れ山門へ。山腹にそびえる杉木立を上る。途中、四寸道という狭い道を通る。古来から、煩悩が消滅するとさ [続きを読む]
  • 西国随一の安産霊験『紫雲山中山寺』
  • ゆうこ 兵庫県宝塚市の中山寺を紹介します。 アクセス阪急中山観音駅徒歩約1分みどころ・羅漢像や弘法大師像の造形・秀頼が寄進させた本堂意匠山門を護持する仁王像。像の裏手には、ユーモラスな狛犬。参道にそって、塔頭が並ぶ。中山寺の歴史中山寺は、安産で名高い。古くは秀吉もこの寺に参詣し、秀頼を授かった。明治天皇の安産祈願もなされ、日本で唯一の明治天皇勅願寺で [続きを読む]
  • 超カンタンにわかる神社の参拝方法
  • ゆうこ 神社の参拝方法をシンプルに紹介します。 鳥居前では・本殿に遠い鳥居から順に。・かるく一礼。参道では ・端を歩く。中央は、神様が通る道。手水舎では・柄杓で、左手→右手→口→左手の順に洗う。・柄杓を立て柄を洗い、元に戻す。穢れをはらうための水なので、飲まないでくださいね。参拝時には・かるく一礼。・鈴を鳴らし、賽銭を静かに入れる。・ふかく二礼。・拍 [続きを読む]
  • 八葉蓮華の霊峰『法華山一乗寺』
  • ゆうこ 兵庫県加西市の一乗寺を紹介します。 アクセス車かバス。バスは、姫路駅から約37分。みどころ・日本でも指折りの三重の古塔・四季折々の風情を宿す山谷の景・点在する石仏の表情山道途中の石仏。石段を上る。左は、国宝の三重塔。一乗寺の歴史平安期、法道仙人による開基。インドからの渡来僧で、紫雲にのって渡り、鉄鉢を自在に飛ばす仙術を使ったと伝わる。播磨一帯に [続きを読む]
  • 奇跡の白城『姫路城』
  • ゆうこ 兵庫県姫路市の姫路城を紹介します。 アクセスJR姫路駅から徒歩約15分。みどころ・そびえ立つ連立天守・高石垣の曲線美。それを囲む堀。・二十七の櫓と十五の門、おびただしい塀と狭間桜門越しに天守を望む。広大な広場を抜け、大手門。迷ったら、とにかく左へ。右手に狭間が見えてきた。姫路城の歴史姫路城も、戦火にさらされたことがある。ときは、幕末のころ。領主の [続きを読む]
  • 雅極まる相阿弥の庭『圓満院門跡』
  • ゆうこ 滋賀県大津市の圓満院門跡を紹介します。 アクセス京阪三井寺駅から徒歩約10分。みどころ・緑水があふれる石庭・頻発に催されるアクティビティ・門跡寺院の格式を伝える建築〈門跡寺院とは〉寺格の一つ。皇族・公家が住持を務める寺。三井寺の傍にある。横手から入れる宸殿へ。内裏から移された襖は、複製だという点を差し引いたとしても、華やかさに目を奪われる。本物 [続きを読む]
  • 過去の記事 …