kanpotokuko さん プロフィール

  •  
kanpotokukoさん: 京都市中京区とくこねえさんの漢方相談
ハンドル名kanpotokuko さん
ブログタイトル京都市中京区とくこねえさんの漢方相談
ブログURLhttps://ameblo.jp/bimajokanpo/
サイト紹介文40代50代更年期、同窓会で一番若見えしたい女性のための漢方相談室です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 201日(平均4.5回/週) - 参加 2017/11/03 12:49

kanpotokuko さんのブログ記事

  • 【内臓が喜ぶ食べもの】京都市中京区とくこねえさんの漢方相談
  • ここ最近外食続きで私の胃が悲鳴を上げだした。しかもちょっと甘いものが欲しくて食べてしまうクッキーや菓子パン。小麦を使った市販のクッキー、洋菓子パン類に何が使われているかしっかり見たことはあるでしょうか。今日は韓国伝統料理研究家な すんじゃ先生の料理教室。米粉やもち米粉を使ったお餅にハチミツやきな粉をつけていただきます。お茶はサンザシ茶やヨモギ茶。余計な添加物やトランス脂肪酸のことを気にせずに食べら [続きを読む]
  • 【この場所にあるのは、可能性。】京都市中京区とくこねえさんの漢方相談
  • 滋賀県、特に大津市は京都、大阪に近い分プラス面とマイナス面があると思います。滋賀県には豊かなな自然があるからこのままでいいのかなぁ。いやいや、まだまだ知られていない歴史や文化があります。可能性を秘めた場所、滋賀県。??イベントのお知らせです。5月29日 火曜日大津市堅田の宿屋きよみ荘さんにて「月と大地と湖に癒される観月の夕べ」琵琶湖を目の前に眺められる場所で身体と心を整えるための養生講座クレイワークシ [続きを読む]
  • 【正常でない臓器⁈脈】京都市中京区とくこねえさんの漢方相談
  • 奇恒の腑今日は脈です。脈は血液を循環させる道。血脈、血府とも呼ばれる。全身を網目状に網羅して血の濡養をあたえる。心と肺の気によって推動される。血管のことをさしているようですね。「人は血管とともに老いる」血管だけでなく血液も一緒に老いると言ってもいいと思います。東洋医学がとても重要視しているのが血流です。血液の流れが悪くなり滞りやすくなった状態または滞っている状態を瘀血(おけつ)と言います。血液が粘り [続きを読む]
  • 【正常でない臓器⁈胆】京都市中京区とくこねえさんの漢方相談
  • 今日は胆について。胆は奇恒の腑でもありますが六腑のうちの1つでもあります。元々、腑とは物質を流す働きがあります。貯めてはいけない臓器です。例えば大腸は便小腸は尿膀胱も尿胃は飲食物胆は胆汁を流します。ところが便、尿、飲食物、胆汁の中で胆汁だけは貯めておく必要があります。この貯めておく腑が奇恒の腑としての胆になります。六腑の胆としての働きについて。胆は、決断の腑と呼ばれ、すぐれた判断はここで下されます [続きを読む]
  • 【正常でない臓器?】京都市中京区とくこねえさんの漢方相談
  • 今日から寄恒(きこう)の腑について。寄恒とは異なる、異常な、正常ならざるものの意味です。脳、髄、骨、脈、胆、女子胞(子宮)の6つがあります。寄恒の腑は形は腑に似ているが、働きは臓に似ている。6つの寄恒の腑は地の気(飲食物の精)を受けて発生し(飲食物の精=栄養)陰の精気をたくわえて同化したもの。(陰の精気=臓や血の栄養)常に充実していて空虚になることはない。しかし五臓と同列にするわけではない。結局、腑というこ [続きを読む]
  • 【お花の癒しパワー】京都市中京区とくこねえさんの漢方相談
  • 長い間風邪気味で体調のすぐれないお客様から「とにかくキレイな色のお花をお願いします。」とお願いがありました。ということでテーマは「カラフル」お花屋さんに行くと私自身の気分もワクワクしてくるのがよく分かります。私も癒されて来ました。漢方錦??漢方薬は飲む美容液です。??漢方錦は同窓会で一番若く見えたい女性のための漢方相談室です。??閉経が近づいてきた更年期に入っても、潤いと艶のある女性でいるために? [続きを読む]
  • 【健康って・春には春の】京都市中京区とくこねえさんの漢方相談
  • 明日おとな学び会第1回、春。美味しく楽しく食べること。艶、潤いのある人生に欠かせないもの。しかし「美味しかったねー。楽しかったねー。」では何かが足りないように思うのです。大人女子には。明日使われる食材を見て「おー!これぞ日本の春!」改めて、四季を感じながら食材を選ぶことを学びなおしたい。そんな思いもあり当日の食材の薬膳解説も用意した。家庭では同じ料理は難しいかもしれないが七代目当主に家庭で簡単に、 [続きを読む]