宇治美穂子 さん プロフィール

  •  
宇治美穂子さん: 宇治美穂子のブログ
ハンドル名宇治美穂子 さん
ブログタイトル宇治美穂子のブログ
ブログURLhttp://ujimihoko.blog.fc2.com/
サイト紹介文声楽家、古楽アンサンブルのメンバーとして活動している宇治美穂子のブログです。
自由文声楽家、古楽アンサンブル・ウィリディスのメンバーとして活動している宇治美穂子のブログです。
歌うこと、表現すること、奏でること…自分が感じたことを書いていこうと思います。ライブや演奏会の情報も載せますので、興味がある方は是非お越しください♪
歌だけでなく、レベックやハープなど、中世ヨーロッパの時代に活躍した復元楽器も演奏しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 343日(平均0.7回/週) - 参加 2017/11/03 14:20

宇治美穂子 さんのブログ記事

  • 3回目のソロライブが終了いたしました!
  • 10月6日(土)に岩本珈琲でおこなったソロライブ「響け、響け、古の歌」が無事に終了いたしました。 前半のプログラムはイギリスやアイルランド、スコットランドに古くから伝わる民謡をお届けしました。ライブの題に“古(いにしえ)の歌”という言葉を盛り込んだ際に「これらの国で誕生した歌は絶対に入れたい!」と感じたからです。妖精、異世界、魔女…私が大好きな要素を多く持っている作品を歌うことで、彼らと関わっているよ [続きを読む]
  • 【お知らせ】次回のソロライブは10月6日(土)の夜です!
  • 10月6日(土)の19時半から、岩本珈琲にて3回目のソロライブをおこないます! 次回はイギリスやスコットランド、アイルランドに古くから伝わる民謡を中心にお届けする予定です。プログラムはまだ全部決まっていませんが、詩の中には私が大好きな自然や異世界、妖精などファンタジー要素の多いものがたくさん含まれていることでしょう。ワクワクします。 また、インドの打楽器“タブラ”奏者である黒田真介さんがゲスト出演されま [続きを読む]
  • 2回目のソロライブ終了!なんと今日は…
  • 本日、2回目のソロライブが終了いたしました。 初めてYukimiya Cafeに来た時、「ここでヒルデガルトの曲を歌ったら気持ちよさそうだな…」と思いました。アイリッシュ・ハープ、そして新しく仲間入りした楽器“シュルティ・ボックス”とともに歌ってみて、その直感は正しかったと感じました。 中世音楽を始めたきっかけとなった最愛の作品である「聖母マリアの頌歌集」。今回のライブでは、私が初めてこの作品集と出逢った際に [続きを読む]
  • ソロライブ前日!大昔のことを思い浮かべると楽しい…。
  • いよいよ明日は2回目のソロライブ!席はまだありますが、ご予約のご連絡も少しずつ増えております。 地震発生から一週間以上経ちました。少しの振動にも反応する日々が続いておりますが、ハープを鳴らしながら歌っている時は森などの大自然や教会、そこに住む人々のことを心の中で描いております。現代のように電気もガスも無かった時代、人々は真っ暗闇の夜をどのように感じたのでしょう。音楽は今と変わらず娯楽だったかと思い [続きを読む]
  • 北海道地震が起きましたが、私は無事です。ソロライブも開催します!
  • このブログを読んでくださっている方々へ、まずは私信を。 私は無事です。家族も無事です。   9月6日(金)の深夜に北海道地震が発生した頃、私はバリバリ目が覚めている時でした。久しぶりに恐怖を感じる揺れでした。数年前、寝ている最中に「ドン!」と下から地面の揺れを感じた時と同じような感覚を覚えました。 充電が残り僅かなiPadが明かりの代わりになり、ブレーカーを落とす時やお手洗いに行く時は助けになりました。  [続きを読む]
  • 【お知らせ】9月17日(月・祝)はソロライブです!
  • 9月17日(月・祝)の14時から、Yukimiya Cafeにて2回目のソロライブをおこないます! 今回は私が大好きな聖母マリアの頌歌集(Cantigas de Santa Maria)の他、中世ドイツを語るうえで外せない女性“ヒルデガルト・フォン・ビンゲン”の作品を中心に演奏いたします。Yukimiya Cafeの店内はほどよく響く造りなので、歌とハープにはピッタリなはず…!今からドキドキしています。 シュルティボックスというインドのドローン楽器を購 [続きを読む]
  • ソロライブ報告と、次回のお知らせです。
  • 昨日は人生初のソロライブを行いました。会場は満員御礼!椅子をどんどん追加し、中に入れず帰宅されたお客様もいたほどでした。申し訳ないです…! スープカレーの美味しそうなスパイスの香りを嗅ぎながらライブの支度をするのはなかなか辛かったですが、ライブを心待ちにしているお客様と歓談し、少しずつ席が埋まっていくごとに気持ちは昂っていきました。今までに感じていた緊張感とはまた違う不思議な感覚。自分だけが演奏と [続きを読む]
  • 7月前半を振り返る その2
  • 今回の記事では、7月10日におこなった投げ銭ライブと、お世話になった宿について書きます。記事のあとにURLを載せますので、ご興味を持った方はぜひご覧くださいね。  〜中世酒場で投げ銭ライブ〜 JR中央・総武線 西荻窪駅から徒歩3分のところにある英国式パブ“The Old Arrow”。ヴィエールの坂本卓也さんとリハーサルを終えてお店に向かうと、入口と看板からもう中世の香りがぷんぷんと漂っていました。店内は少しだけ薄暗 [続きを読む]
  • 7月前半を振り返る その1
  • なかなか思うようにブログが更新できず、申し訳ありません…。 「えっ…今更(笑)?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、少なからずこのブログを楽しみにしているというお声もありますので、気にせず7月前半を振り返ってみようと思います♪  7月7日(土)〜7月12日(木)の6日間、3つの目的を果たすために東京へ行ってまいりました。今日は①を、記事を別に分けて③のことをブログで書こうと思います。 ①Seconda P [続きを読む]
  • ソロライブのフライヤーを載せます!
  • 7月29日(日)の15時から、北区にある「スープカレー Jack in the box」にてソロライブを行います。カフェや大通情報センターにフライヤーを置かせていただいてますが、手にすることが難しい方もご覧いただけるようブログ上でも公開いたします。当日のプログラムはほぼ決定済みです。しかし、イベントがきっかけで素敵な曲に出逢い、せっかくだから初ソロライブにねじ込みたい…という気持ちも芽生えてしまう。納得のいく選曲がで [続きを読む]
  • 7月10日、西荻窪の中世パブで投げ銭ライブを行います!
  • 7月10日の夜、英国式パブ「The Old Arrow」にて投げ銭ライブを行います!このライブで演奏を担当するのは、異なる地域から集いし三名の楽師たち。大阪からは、ヴィエール奏者の坂本卓也さん。パリからは、音楽学者であり歌手であるルドン絢子さん。そして札幌からは私、歌手の宇治美穂子です。13世紀から15世紀にかけてのフランス、ガリシア、トスカーナの中世音楽をお届けします。聖母マリアを讃える歌、恋の歌、ダンスミュージッ [続きを読む]
  • 「ノートルダム楽派・集中講座」のお知らせです。
  • 友人から紹介してもらった講座があるので、宣伝させてください。東京でおこなわれる中世音楽の講座のお知らせです。7月14日(土)〜16日(月・祝)の三日間、横浜市は大倉山記念館にて「ノートルダム楽派・集中講座」が開催されます。 ノートルダム楽派とは、12世紀後半から13世紀までの間フランス、パリのノートル・ダム大聖堂を中心にして栄えた楽派のこと。この講座で講師を担当されるのは、フランス国立高等音楽院にて教鞭をとる [続きを読む]
  • 大阪中世まつり(2)
  • 昨日に引き続き、大阪中世まつりの感想・第2回目はワークショップや物販について書きます。■マルシェ・メディエヴァル中世やファンタジーの衣装・雑貨が並ぶマーケットです。古楽器のバッジやペグのグッズ、中世珈琲を販売されていた「坂本音楽スタヂオ」さん。中世の衣服や巾着袋の作成キット等を販売されていた「cella draconis」さん。中世の料理や植物について書いた本を販売されていた「コストマリー事務局」さん。マントや [続きを読む]
  • 大阪中世まつり(1)
  • 「大阪中世まつり」という催しに参加するため、25日〜28日の四日間、大阪に行ってまいりました。大阪中世まつりは、中世ヨーロッパの音楽・楽器製作・裁縫・遊戯を体験する三日間(25日〜28日)のイベントです。さまざまな方向から中世を愛する、または興味のある方が参加し、交流することができました。ブログでは、2回に分けて感想を書いていこうと思います。第1回目は、音楽に関することを書きます。私は以下のレッスン及び講 [続きを読む]
  • 初ソロライブのお知らせです。
  • 以前から告知していたソロライブですが、7月29日(日)におこなうことにしました! 会場は札幌市北区にある「スープカレー Jack in the box」です。ライブも頻繁におこなわれていて、普段はアイルランド音楽がBGMで流れています。アンサンブルのライブで昔からお世話になっているお店で、初のソロライブならここでやりたい!とずっと考えていました。了承してくださったマスターには感謝しきれません。プログラムはまだまだ検討中で [続きを読む]
  • 枯れることなく、咲き続ける薔薇
  • 私が一番好きな花は、薔薇です。植えられている薔薇も好きだし、描かれている薔薇も大好き。そんな私が愛してやまない作家さんがいます。写真は、昨日購入した「ペインテックス・ブーケ」さん作製の雑貨たち。手帳に入るサイズのミニクリアファイルと、マスキングテープのカッターです。一枚一枚手描きされている薔薇は一つとして同じものは存在せず、また色の種類も豊富。私にとっては、眺めていると幸せになれる作品です。 時折 [続きを読む]
  • 憧れの作品に近付きました。
  • “Died for love” 一番最初に聴いた頃がいつだったか忘れてしまいましたが、この歌をYouTubeで初めて耳にしたとき「なんて美しいんだろう」と感動しました。 ※現在は削除されており閲覧不可能 どんな曲なのか?どんな詩なのか?どんな写本(古文書)に書かれているのか?残念ながら昔に調べた時は答えまで辿り着けず、憧れの曲と化していました。しかし最近、お世話になった声楽家の方からこの曲について教えていただき、よう [続きを読む]
  • 公園で撮影してきました。
  • 昨日、ソロライブのフライヤーに載せる写真を撮るため、アイリッシュハープを持って公園に行ってきました。 緑を基調とした衣装を着て、相棒であるハープとともに木の下で座っている写真。とても素敵なものになりました。 公園にいて、初めて知ったことがあります。それは、強めの風が吹くとハープのサウンドホール内が響いて金属的な音が聞こえるということ。最初は何の音かな?と不思議だったのですが、何度か耳にするたびに「 [続きを読む]
  • 4月25日(水)にアイリッシュハープで弾き歌いをします。
  • 札幌もすっかり暖かくなりました。私が外出する時は23度になっており、暖かいを通り越して少々暑かったです。 告知が急であり、かつ短時間とはなりますが、フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」にてアイリッシュハープの弾き歌いをしますのでお知らせいたします! 「みんたる」では毎月1回、オープンマイクというイベントが行われています。プロ・アマ問わず歌、演奏、演劇、落語などジャンルを問わず、楽しく自己表現す [続きを読む]
  • ライブ終了報告 & ソロライブについて
  • 8日(日)の午後におこなわれたアンサンブル・ウィリディスLIVE「中世古楽の午後」が無事終了しました!天気が悪かったにも拘わらず、店内はほぼ満席!たくさんのお客様にお越しいただきました。ご来場いただいたお客様、そして気にかけてくださった方、まことにありがとうございました。 歌い、レベックを弾き、ハープを弾き、スクエアドラムを叩き…色々と楽器を持ち替えての演奏は大変ではありますが、より多くの音をお客様に聴 [続きを読む]
  • Twitterを始めました。
  • Twitterを始めました!登録したばかりなので不慣れなことが多いと思いますが、演奏会情報や音楽について呟くことが多くなるかと思います。また、今年からアイリッシュハープを相棒にソロライブをやりたいと思っていますので、その準備に関しても色々呟くことがあるかと思います。ご興味がある方は是非検索してみてくださいね♪Twitterの世界でもよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 4月8日(日)、ウィリディスのライブを行います。
  • 4月8日(日)、私が所属しておりますアンサンブル・ウィリディスが中世古楽のライブを行います!アンサンブル・ウィリディス(Ensemble Viridis)は女性三人組の演奏団体です。中世ヨーロッパに成立した音楽の中でも特に11世紀〜13世紀の作品に焦点を当て、全員が歌と楽器を担当しています。また、ロマネスクハープやレベック、プサルテリーやスクエアドラムなど一般的な楽器店ではまず置いていない復元楽器を相棒に演奏活動をおこな [続きを読む]
  • 緑の楽師達、室蘭の修道院にて合宿をおこなう
  • 1月6日(土)〜8日(月)の三日間、合宿のためアンサンブル・ウィリディスのメンバーで室蘭に行ってきました! 今回の合宿では、聖ベネディクト女子修道院にたいへんお世話になりました。修道院のすぐ隣にあるゲストハウスで宿泊・食事を提供していただき、シスターが毎日おこなっている祈りに参加させていただきました。長い年月を修道院で過ごすシスター達とともにお祈りの言葉を詠み、賛歌を歌い、祈る。静かに声や歌が響くお御堂 [続きを読む]