rona さん プロフィール

  •  
ronaさん: 新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡
ハンドル名rona さん
ブログタイトル新・rona9229の日本サッカー応援の軌跡
ブログURLhttp://rona9229.hatenablog.com/
サイト紹介文スポナビ+から移行しました。スポナビ+に感謝しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 318日(平均2.0回/週) - 参加 2017/11/03 21:18

rona さんのブログ記事

  • ダイバーシティ・ヤサガラスさんありがとう・ユニクロの巻き込み仕事術
  • 金沢からヤサガラスさんがきてくれて、盛り上がりはそれほどだったようですが、企画としては非常に興味深い企画だったようですね。ヒーローもの、好きな方とかおられると思いますが、それらの方を呼び込む一つの呼び水として面白かったのではないでしょうか。ダイバーシティ、ということが最近たまに言われます。組織内の人材を多様化し、発想を柔軟にすることです。人種や、言語なども多様化し、組織内の人材の男女の構成につ [続きを読む]
  • Jリーグとメディア
  • いや、ひっぱっていいのかわからんのですが、Jリーグからです。www.jleague.jpあともう1つ、関連してJリーグから。www.jleague.jpJリーグをどうやって育てていくのか、チェアマンは、かなり熱い想いを持っておられるようですね。ビジネスの面から、組織の面から、人財の面から、様々なことが語られています。イニエスタが神戸に加入したニュースは世界中で取り上げられて、世界3位のページビューを記録した、とか、日 [続きを読む]
  • 高円宮杯 U−20選手権 構想
  • 高円宮杯の米子北高校戦が土曜日にあって、京都サンガの京産大とのTMが日曜日にあったのだが、ユースの選手たちが何人か出場していて驚いている。それぞれ短時間の出場にとどまっているが、大学生相手に何か学べないか、期待して、という面があると思うが、オーバートレーニングには注意してほしいと思う。思えば、この世代はU−15で素晴らしい実績を作っており、当時から期待をされてきた。何人の選手がプロになるのだろう [続きを読む]
  • 非常に申し訳ないことをした、謝罪します
  • 岸本浩右ユース監督が8月31日付で辞任されたと聞き、ショックを受けています。その二日ほど以前に、自分はユースの在り方、選手の育成をめぐる議論を書いたところだったので、影響があったのではないかと心配しています。自分のブログは一日のPVが今20に満たないような状況で、それほど影響力はないだろうとうかつなことを書きました。優秀な監督を失うことになり、非常に残念に思っています。残ったスタッフで団結して [続きを読む]
  • 選手は宝物・同じ人間として・フォローアップ
  • 以前、池上正さんというアカデミー・ダイレクターがおられて、非常に熱心に選手たちの指導にあたられていた。実際の評判はどうだったのかわからないが、池上さんが2011年ごろ?から小学生たちを指導されて6年?、7年?、その指導された子供たちが京都ユースに入り、今黄金時代を迎えているのではないか。スーパー・ハードワークという言葉で京都ユースの強さをくくる人が多いが、よくよく考えてみると、当時の池上さんのま [続きを読む]
  • スカラ―・アスリート、見直しませんか?
  • スカラ―・アスリートという制度が京都サンガにはある。あまたのプロ選手を輩出した制度ではあるが、一度、見直してみませんか?スカラ―・アスリートというのは、学業も、サッカーも優れた選手を、奨学金を出してユースにそろえるという制度で、京都はこの制度を使って、強いユースチームを作ってきた。ユースは強い、しかしトップは弱い。それは、どこかにひずみがあるのではないでしょうか。自分はユースの関係者ではない [続きを読む]
  • DAZN、ペイ・パー・ビュー、決済、など
  • DAZNでも広告、流し始めたみたいですね。あと、民放のテレビもプラットフォームを立ち上げて、ストリーミングのサービスを作り始めたようです。これからストリーミングで見るのが主流になるのか、それともケーブルや民放などの形態で依然推移するのか、今は転換期・推移期なのかもしれないですね。いったい未来の日本の放送はどうなるのでしょうか。現在、DAZNはプランは一つだけのシンプルな形態を維持していますが、こ [続きを読む]
  • DAZNマネーとレジェンド
  • 神戸がイニエスタ・フィーバーに沸いているらしい。イニエスタやポドルスキ、他の選手たちもたくさんのファンを抱えていて、twitter・インスタのフォロワーなど、それらのファンへの発信力を、神戸、ひいては楽天は重視しているということだそうだ。京都でもレンゾ・ロペスが積極的にインスタなどを使っているようだが、それも発信力なのかな、とは思う。ただ、これらの外国籍の選手たちがやってくる、ということが、もっと別の [続きを読む]
  • ネクスト・ソサエティ(未来社会)
  • 外国人の単純労働者を受け入れる、という方針を政府が発表したような気がする。ドラッカーが『ネクスト・ソサエティ』?だったかで論じていてた『移民』というものが、日本にもいずれはっきりと誕生するのかもしれない。『Wedge』8月号で、限界自治というものが特集として取り上げられていた。少子化、縮小する日本をどうしていくのか、という特集で、特に過疎地域での住民自治組織やコスト削減が論じられていた。非常に面白い [続きを読む]
  • DAZNの今後の展開について
  • GAFAだったかな?グーグル、アップル、FACEBOOK、Amazonなどの記事を扱った書籍があったようです。どちらかといえば否定的に扱った書籍のようですが(読んでいません、目次見ただけ)、こういう企業もあるんだな、こういう企業が出てきた、そう受け止めることもできるのではないかと思います。新興のIT企業の経営者が、経営の方法について述べている本を最近読んでいます。曰く、拡大しない、シンプルな形態を保つ、世界中の人材 [続きを読む]
  • サポーターを巡って考えたこと
  • 元ネタをしっかり練り込んで書けていないので、どういう結末になるかわからないが、書いてみる。クラブの人気についての話だ。コアサポ、というものがある。どんなことがあっても、クラブに忠誠を誓い、ついてきてくれるファンのことだ。もちろん、口うるさい意見をいうことをいうこともあるが、クラブを愛し、クラブと行動を共にしてくれる。僕はユベントスとか、レアル・マドリーがどちらかといえば好きなのだが、これらの [続きを読む]
  • ありがとうを
  • テレビに、ポペイロの松浦さんが登場されるらしい。とてもいいことだと思う。いつも裏方で支えておられる方に、日が当たり評価されることはとてもいいことだと思う。松浦さん、選手のメンタルのケアを初め、器具や、シューズの管理をしてくださってありがとう、あなたのおかげで京都サンガは持ちこたえています。ありがとう、これからも京都サンガを支えてください。バスの運転手さんにも感謝を。大変な、気を使うミッションだ [続きを読む]
  • Jリーグの未来のためにDAZNの今後について
  • DAZNという大きな波が押し寄せてきて、2年がもうすぐ経とうとしている。Jリーグの未来は明るいのだろうか?また、どのような発想で、リーグを導いていけばいいのだろうか。またDAZNとしてはどのような戦略をとるべきなのだろうか。DAZNが放映権を獲得して、現在、100万人を超えた、ということは、Jリーグの視聴者はある程度は確保できているということだと思う。ただスカパーのやっていたような300万人もの視聴者は [続きを読む]
  • ユベントスの中盤の変化について
  • ボスコ監督になってから、京都のDFは失点を重ねている。また負けが込んで降格のがけっぷちに沈んでいる。何故なのか?ボスコ監督の戦術はこうだ。相手は強い、ギリギリのところで跳ね返そう、DFラインは最後尾まで引け。相手の中盤のど真ん中を割るほど攻撃は強くない、サイドを持ちあがり、ハイタワーに当てよう、ロングボールで攻め込んでリスク管理しよう。自分たちを弱いチームだと設定し、ラインはドン引きにして攻 [続きを読む]
  • ファン重視に切り替えるべきではないか
  • 京都サンガの試合を見るつもりをしている。課題もあぶり出したし、それを書いてもいいのだが、どうしようか迷っている。書いても、これから勝っていけるかどうか。問題は勝てるか、勝てないか、J2残留するか、J3降格するかにあるのではない。問題は、京都サンガというチームが、ファンに支持されているかどうかという点にある。行政や、スポンサーから支持されているかという点にある。スポンサーはお金を出してくれる金 [続きを読む]
  • 両サイドのスペースとクロス守備、そしてボックスへ入ること
  • 今の京都の守備の課題は2つあると思う。1つ、ボランチの横のスペースをいいように使われている。ここは、去年ハソンミンが必死で埋めてくれていたスペースだと思う。現状では2つ対策があると思う。1つは5バックにして両サイドのスペースを埋め、ボランチも中央への侵入路を断ち、またクロスを上げさせないようにすること。もう1つは町田がやったように一方に陣形を集中させて密集した網をかけ、クローズさせて相手の [続きを読む]
  • まだ、何かが足りない
  • チームは上昇してきていると思う。町田相手に1点は取ったし、光はある。ただまだ全然足りない。実質1−3だったわけだし、リスタートやボールポゼッション、サイドからの攻め、これから修正をかけていく必要があると思う。ただここではもう書かないことにして、もう少し別の形で書きたいと思う。選手たちも、監督も、実によくやっていると思う。ここからもうひと踏ん張りしよう。0−1、1−2を、せめて1−1、2−2に [続きを読む]
  • 町田のクローズ
  • 町田ー金沢をちょっとだけ見ました。町田、一方に極端に寄せたり、一カ所に集まったりするんですね。いわゆるクローズってやつです。集まった場所の反対には、必ずスペースができます。町田から行きます。町田が左サイド後方の密集でボールを奪った場合、右前方に大きなスペースができます。金沢から見ると、右サイド後方でボールを奪うと、左前方に大きなスペースができます。金沢は町田の4バックの両サイドをえぐる意図 [続きを読む]
  • 京都のスピリット
  • DAZNについて記事を書いてみたのだが、なんかすっきりせずに、もう少し書いてみる。僕らはサッカーを楽しんでいるんだろうか?みんな、サッカー、好きか?サポーターが苦悶の表情で、おいおいまた負けるのか、と応援している様子。フロントが、またサポーターから突き上げられる、と働いている様子。選手が、思うようにプレーできていないでストレスをためている様子。監督は、自分のサッカーができていないと怒って [続きを読む]
  • パフォームはauがお嫌いなのでしょうか?(DAZNのテレビ化)
  • Jリーグが2100億円という値段で放映権をパフォーム・グループに売却してから2年が経ちました。自分はNTTユーザーなのですが、応援している京都はau系のチーム、パフォームはauがお嫌いなのか、京都の成績は全く振るいません。いまのところ、降格、来るかな、と、あきらめています。パフォームは会長がsageという会社の会計部門を歩んできた人のようです(ポール・ウォーカー氏)。sageは会計ソフトでは世界的に有名というか [続きを読む]
  • 町田戦をめぐってたわごと
  • 松本ー京都、後半はいい試合していましたね。上昇のきっかけになってくれればと思っています。美しいサッカーをしていました。勝たないとだめではあるのですが。さて、次は開幕で当たった町田戦です。開幕では町田のデータを分析したいな、とは思っていたのですがデータがなく、結果は0−2でした。いいチームを作られていると思います。ハイライトしか見られていませんが、町田のそれをみただけの感想です。攻撃の核は中島 [続きを読む]
  • 守備の規律
  • 松本と町田の試合を少しだけ見ました。いや、それぞれ特徴的なチームを作られていますね。特に町田は一つのゾーンに極端に密集して相手のスペースとパスコースを消し、奪ってからのロングカウンターという意識が徹底されていると感じました。わらわらと集まってくるんですよね。町田スタイル、というものなのでしょう、昇格するための。町田のスタイルにくらべれば、京都は上品すぎるし、チームとしての形がオーソドックスすぎ [続きを読む]
  • 水戸戦をめぐるたわごと
  • ひょっとすると、このチーム(水戸)相手には京都の勝ちパターンがあるのならば余計なこと言っても無駄ですが、念のためハイライトのみを見て自分の感じたことを少し。このチームの攻めパターンは二つあって、一つは右サイドをえぐって、シュートか中へ戻してくるパターンと、左サイドでパスを交換しながら前へ出てくるの二つです。お手本のような攻めパターンなので、京都も真似してほしい。右サイドへは9番、32番が飛び出 [続きを読む]
  • 気まぐれな雑感
  • DAZN、見られるようになったのですが、京都の調子もあまりよくなく、見ていません。ボスコ監督はJ1ではギリギリまで残留争いをした、ということですが、それは相手がラインをあげてくるJ1で引いて後ろのスペースをカウンターでついたからで、リトリートブロックを引いてくるJ2で、ラインは低い、カウンターは読まれる、では勝ちようがないでしょう。反対にすればいいのです。ラインをせめて10〜20メートル高く [続きを読む]
  • スカパーのエンパワメント方法(魅力)について
  • ブログにこのような、コメントをいただいたようです。cc360122622id:cc360122622 DAZNを使っていますが、スカパーは使ったことがない…その魅力ポイント、詳しく説明してはどう(≧∇≦)https://www.fonepaw.jp/tutorials/record-dazn-live.htmlコメントがついたもとの記事は「DAZNにも、スカパーにも、それぞれ魅力あります」でした。今週から、週1本のみに記事を絞っています。欧州のサッカーのレポートでも書いてサンガの [続きを読む]