sugarmountain さん プロフィール

  •  
sugarmountainさん: 鳥肌音楽
ハンドル名sugarmountain さん
ブログタイトル鳥肌音楽
ブログURLhttps://ameblo.jp/sugarmountain/
サイト紹介文人の好みは十人十色 あのこあゝ云う このここう云う 他人と意見が違っても 我が道行け 趣味趣味音楽
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 74日(平均1.8回/週) - 参加 2017/11/04 08:06

sugarmountain さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 戌年のうた ハリー・ニルソン「子犬の歌」
  • 新しい年2018年がスタートしました。新しい年のブログ第一弾ということで恒例の干支がらみの記事をアップいたします。といいながら、なかなか筆が進まずこんな時期になってしまいいささか時季外れと言う気もしますがなにとぞよしなに。いろいろ考えていたのですが、年末にニルソンの記事を書こうとして中途半端なまま放置していたので、ニルソンがらみの犬の歌「子犬の歌Puppy Song」を取り上げたいと思います。ニルソンがらみと [続きを読む]
  • ホーム・アローン・クリスマス
  • V.A./ HOME ALONE CHRISTMAS(FOX RECORDS 07822-18972-2 1997/9/16) 1. All Alone on Christmas - Darlene Love2. A Holly Jolly Christmas - Alan Jackson3. My Christmas Tree - The Fox Albert Choir4. Somewhere In My Memory - John Williams5. Silver Bells - Atlantic Starr6. Sleigh Ride - TLC7. Christmas All Over Again - Tom Petty & The Heartbreakers8. Please Come Home For Christm [続きを読む]
  • 1980年12月9日12時50分 あの時あなたはどこで何をしていましたか?
  • 生きている限り忘れることがないだろうというショッキングな出来事について「あの時あなたはどこで何をしていましたか?」という問いは世界共通のものとしてあるようです。アメリカの場合は20世紀中だと1963年11月22日のケネディ暗殺の日が代表的だったようですが、今は2001年9月11日の同時多発テロの日が話題になることがほとんどのようです。あの日僕は会社で残業した後、夜遅く家に帰るとカミさんがTVのニュースを見ていました [続きを読む]
  • 1977年 ニューミュージックマガジン「今月のアルバム」選 C
  • 1977年のニューミュージックマガジン「今月のアルバム」選リスト第3弾。今日は「C」から始まる歌手(ファミリー・ネームですね)です。ゴールド・ワックスの代名詞ジェイムス・カーのアルバムが7月、8月、10月と3枚ヴィヴィッドから発売されています。ソウル/R&Bは門外漢ですがNMM周辺では非常に盛り上がってた記憶があります。ヴィヴィッドというインディーズの名前をこのアルバムで知った人も多かったのでは。今年 [続きを読む]
  • 老いては益々壮んなるべし
  • 「老いては益々壮んなるべし」という「後漢書」由来の慣用句があります。意味は”年老いても元気が衰えず、ますます盛んな意気がなければならない”ということなのですが、この言葉が最も似合う歌手の一人がニール・ヤングです。どのくらい「お盛ん」かということで1945年生まれのニール・ヤングが60歳となった2005年に以降に発表されたスタジオ・アルバムをあげてみると。Prairie Wind (2005)Living with War (2006)Liv [続きを読む]
  • 1978年 ニューミュージックマガジン「今月のアルバム」選 A
  • FACEBOOK友の方が80年くらいにCBSソニーが企画した「It's A Beautiful Rock Day」という名盤再発シリーズのライン・アップが印刷されたLP内袋の写真をアップされていて、それを見ながらあぁこのアルバムはこの時に買ったのかとか、えっつこんなの出てたんだとか懐かしく思ったのと、こういうのって資料的価値あるよなと感じました。ってことで家にあるニューミュージックマガジン年鑑’78の巻末にある1977年に「今月のアルバム」で [続きを読む]
  • 最悪のクリスマス・アルバム
  • 本日は「最悪」なクリスバス・アルバムのご紹介。フィル・スペクターの『ア・クリスマス・ギフト・フォー・ユー・フロム・フィル・スペクター』です。ちょっと待ちぃや、世に星の数ほどあるクリスマス・アルバムの中でも名盤とされ、例のローリングストーン誌の「ザ・500・グレイテスト・アルバム・オール・アルバム」において季節商品でありながら142位にランク・インされるほどのアルバムのどこが「最悪」やねん、というツッコミ [続きを読む]
  • あらかじめ用意された部品による若者たち
  • 先日、フェイスブックのお友達(というても僕より一世代上の大先輩なのです)が、次のようなコメントをタイムラインにあげられていました。>世間で評価が高くても自分には全然ピンとこないという人がいる。例としてボスやニール・ヤング、コステロなどを挙げられていて、まぁ人それぞれやしねと思いながら、追加のコメの>ブルー・ナイルとかもよくわからんね。プリファブ・スプラウトとかもね。っていうのを読んでプリファブ・スプ [続きを読む]
  • 満月の夜に録音されたアルバム『ヒッチハイカー』
  • 9月にでたニール・ヤングの新譜『ヒッチハイカーHitchhiker』を聴いている。ファンだったらご存知なのでしょうが、このアルバムは新録ではなく過去の未発表音源をリリースするニール・ヤング・アーカイヴ・シリーズの一枚です。ニール・ヤングのファン・サイト「Neil Young News」によれば『ヒッチハイカー』に収録された楽曲が録音されたのは1975年から1976年の間で、プロデューサーのデヴィッド・ブリッグスとヤングが毎月の満月 [続きを読む]
  • 「モーニング・アフター」について
  • FACE BOOKのグループで最近70年代前半にはPOPSの名曲が多かったという話題が盛り上がりを見せています。便乗してブログの過去記事「ALL JAPAN POP 20 1973年 年間ランキング 」をFBにアップしたのですが、そこで書いていたモーリン・マクガバンの「モーニング・アフター」の説明が間違っているというのはFB友から指摘されまして、調べたら確かに勘違いをしていたことが分かりましたので、ここで訂正ついでに記事にしちゃうことに [続きを読む]
  • 昔風の恋の歌が三声のハーモニーで歌われる
  • 一か月ぶりのブログ更新となります。ここんとこ昼間の、いや夜もですが、暑さのせいか書き始めてもすぐに集中力が切れて尻切れトンボの下書きの山が増えるばかり。これはアカンということで帰省の際に親戚の家でいただいたシングル盤についてサラッと書こうと思ったのですが、書いてるうちにいつものようにあっち飛びこっち飛びになりながら、中途半端に長くなってしまいました。とりあえず一発目は昭和30年代生まれであればみん [続きを読む]
  • グレッグ・オールマンのただ一人の本当の友
  • 5月27日にガンで亡くなったグレッグ・オールマンの9月8日に発売される最後のスタジオ・アルバムの詳細が分かったようです。タイトルは予定どおり『サザン・ブラッド』で、収録される10曲は以下の通り。1. マイ・オンリー・トゥルー・フレンド / My Only True Friend (Gregg Allman-Scott Sharrard) 2. ワンス・アイ・ワズ / Once I Was (Tim Buckley-Larry Beckett) 3. ゴーイング・ゴーング・ゴーン / Going Going Gone (Bob Dyl [続きを読む]
  • Hey Paul ! Come and go with Me!
  • 今からちょうど60年前(1957年)の今日7月6日(英国時間)はジョン・レノンとポール・マッカートニーが運命の出会いをした日です。1957年7月6日の午後、16歳のジョン・レノンが率いるスキッフル・グループのクオリーメン (Quarrymen) はリヴァプールのウールトンの聖ピーター教会の野外バザーで演奏を行いました。教会のバザーは音楽の他に様々な露店やゲーム、警察犬による演技、薔薇の女王の戴冠式などもありリ [続きを読む]
  • 歌の贈りもの 
  • 6月27日はブルース・ジョンストンのお誕生日のようです。42年生まれなので75歳、かなりの高齢ですが今もマイク・ラヴと一緒にビーチ・ボーイズとしてツアーで世界中をかけめぐっています。ということでブルースについてウィキなんかで調べていたら、彼の代表曲「歌の贈りものI Write The Song」について「えっ、そうだったの」と今までのイメージがほとんど180度間違っていたことに気づいてしまいました。こまめに歌詞 [続きを読む]
  • 「ディランさん文章盗んだ?」ノーベル賞記念講演
  • ン「ディランさん文章盗んだ?」ノーベル賞記念講演【ミューヨーク=有光裕】2016年のノーベル文学賞を受賞した米国の歌手。ボブ・ディランさんが、今月5日に公開された受賞記念講演で、内容の一部をネットから無断引用した疑いが浮上し、米欧メディアは14日、「盗作の疑い」(米紙ニューヨーク・タイムズ電子版)などと報じた。 最初に疑惑を指摘したのは米オンライン誌「スレート」の記事。ディランさんが。自らの曲作 [続きを読む]
  • 永遠の絆  R.I.P.グレッグ・オールマン
  • 俺は窓辺に立っていた寒く曇った日だった霊柩車が道をやってくる母さんを連れていくために絆は失われないいつか 神よ いつか暖かい家が待っているんだ空の上には 神よ 空の上に葬儀屋さん 聞いてくれ葬儀屋さん ゆっくり走ってくれあんたが運ぶレディのために神よ 母さんの行くのを見るのはつらい絆は失われないすぐに 神よ もうすぐに暖かい家が待っているんだ空の上には 神よ 空の上に俺は母さんの後ろについていっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …