myomyo さん プロフィール

  •  
myomyoさん: 手仕事が好きな事務員
ハンドル名myomyo さん
ブログタイトル手仕事が好きな事務員
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/myomyokobo/
サイト紹介文くらしと手仕事(刺繍、絵を描くこと、パン作り、お菓子作り)のブログです。
自由文おいしいもの、美しいものが大好きです。
手仕事のほか、ピアノと読書とおそうじも。

ミニマリストにあこがれています。
簡素だけど、ゆたかな気持でくらせたいいなあ!と思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/11/04 13:09

myomyo さんのブログ記事

  • お餅の不思議
  • 数日前にお汁粉やお餅について書きました。鏡開きの「会心のお汁粉」お餅のおいしい焼き方は?「会心のあんこ」の備忘録そのお餅について、少し不思議なことを書いてもいいでしょうか?いつも、大袋に入った個包装のお餅を食べています。焼くときは一つずつビニール袋を開けて取り出しますが、しっかりとした材質のためギザギザから切ろうとしてもなかなか切れないのが悩みでした。はさみを使うのもおっくう、というか何だか悔しい [続きを読む]
  • Kotori worksのあったかインナー
  • Kotori worksのあったかインナーを愛用しています。まずは、秋の終わりに買った「はらまきパンツ」。締め付け感、もたもた感が一切なくてまるではいていないみたいなのに、暖かくて最高。とても気に入ったので、洗い替えを追加発注することにしました。ところが…はらまきパンツ1枚だけにするつもりだったのに、ついでに腹巻、ババシャツ、レッグウォーマー、靴下まで注文してしまいました。クリスマス前限定でお得なセットになっ [続きを読む]
  • だて巻き失敗の巻
  • お節は毎年家で作ります。だて巻き作りは毎年とても緊張します。卵を6個に調味料もどっさり使う大がかりなもの。失敗したらどうしよう!前年の記録を確認しましたら(→大晦日の手仕事(おせちと刺繍)、今年いちばんの本)、「220度で25分焼いたら焦げた」とのこと。そういえばそうだった…。今年は焦がさないようにしよう。母から引き継いだレシピ…というか配合は、大昔に新聞に掲載されていたものだそうです。もう時効かと思い [続きを読む]
  • 「会心のあんこ」の備忘録
  • 鏡開きのお汁粉に母が煮たあんこが会心の出来栄えだったため、作り方を聞きました。いつものことですが「適当に、勘でやった」「よく覚えていない」、「同じようにやっても同じように作れるかわからない」ということで、はなはだ不安定なものですが、小豆も気候も水温もそのときどきで違うのだからまあそんなものでしょう。それでもないよりはいいに決まっています。その程度の備忘録です。■会心のあんこ【材料】・小豆 300g(「 [続きを読む]
  • お餅のおいしい焼き方は?
  • お餅はずっとトースターで焼いていたけれど、2年ほど前に網を買って以来、コンロで焼くことが多いです。ずっとついていなければならなくて手間も時間もかかるけれど、トースターで焼くより香ばしくて、お米の味が引き立っておいしいです。特に海苔餅は絶対に網焼き!※画像はたぶん去年の鏡開きのお餅です。普段食べるのは角餅なので。それにしても、お餅をおいしく焼くにはどうしたらいいのでしょう?例えばお肉ならばなるべくい [続きを読む]
  • 鏡開きの「会心のお汁粉」
  • 今日は鏡開き。毎年、お汁粉は自家製です。なかしましほさん「たのしいあんこの本」のレシピで粒あんを作るつもりでいたけれど正月休み最終日の午後をまるまる費やして作るのが億劫でさぼってしまいました。ぶつぶつ言いながら、元祖あんこ星人の母がいつもどおりに自己流で煮てくれました。昼過ぎに「小豆、とても美味しくできました。」との報が入り、以降、私の頭はあんこのことでいっぱいに。あんこに備えておやつは食べず、寄 [続きを読む]
  • とびきり 簡単ランチ(おかかチーズむすび)
  • 年末年始連休中の、ある日のお昼です。残りご飯と冷凍ごはんを使って作った「おかかチーズむすび」、前夜の残りのお味噌汁、おせちの黒豆。「おかかチーズむすび」の作り方はとびきり簡単で、ご飯をボウルなどに入れ、かつお節、醤油、塩を加えさっくりと混ぜ、適当な大きさに切ったプロセスチーズを入れて和えたら、好みの形に握るだけ。海苔を使わないので本当に楽です。おかかむすびにチーズを合わせるアイディアはどなたのかど [続きを読む]
  • 冬のかわせみ
  • マメルリハインコ(→マメルリハインコ(ぽっちゃりさん)の刺繍ができました)で思い出しましたが、年末に出かけた公園でかわせみを見ました。まさかこんな寒い時期に。思いがけないことで大変驚きましたが、なんという幸運!水面から頃合いに突き出た枝に留まって、じっと動きません。魚を狙っているようです。そして岸辺には、すごい望遠レンズをつけたカメラを構えたおじさまたちが鈴なりに。水に飛び込む瞬間を狙っているよう [続きを読む]
  • 便利なレシピカード
  • 必要に迫られて、毎週末 食パンを焼いています。1回にできるのは1.5斤ですが、一週間持たないので2回作ることもあります。とても簡単で実際の作業時間が短いとはいえ、発酵待ちなどで時間は取られるので、2回作るのは結構大変です。食いしんぼうの母が、まずいパンを買うくらいなら自分で作ると言い出だしたので、レシピをとてもわかりやすく書いて渡しました。ハガキ大の厚紙に大きな字で、長く詳しくかいても結局読まないから簡 [続きを読む]
  • マメルリハインコ(ぽっちゃりさん)の刺繍ができました
  • マメルリハインコの刺繍ができました。発光しているかのようなすごいネオンブルー。冬よりもギラギラした太陽が似合いそうな色ですが、ピカッとしてパワーがあります。くちばしの薄桃色がやさしい、かわいらしい表情の子になりました。以前に刺繍したものより、マメルリハインコ特有のまるっこさを少しだけ強調してみました。お腹のカーブが気に入っています。刺繍はやっぱり楽しいです。↓ランキングに参加しています。よろしかっ [続きを読む]
  • フォートナム&メイソンのビスケット
  • フォートナム&メイソンのクッキーをいただきました。ロンドンのお土産です。何てきれいな缶。ペン画の雰囲気が、「不思議の国のアリス」や「メアリー・ポピンズ」の挿絵を彷彿とさせます。なんとなく長方形のクッキーが縦にズラリと並んでいる図を想像していたら、開けてビックリ。どーんと丸くて分厚いクッキーでした。直径約7cm!微妙に楕円だったりちょっとだけふぞろいだったりしています。もしかしたら手作業で作っているの [続きを読む]
  • 桃林堂の花びら餅
  • 念願かなってついに桃林堂の「花びら餅」を手に入れました。先日行った、桃林堂松屋銀座店には置いていなかったのです(→2019冬バーゲン)。あきらめ切れなくて、遠路はるばる表参道まで買いに行きました。持ち運びで変形してしまったかもという心配は杞憂でした。こんなに大切に箱詰めにされて。なんてきれいな姿でしょう。ふんわりとした雪のお布団にくるまれた、桃か桜の蕾みたい。朱のお皿にしましたが、ちょっと色が強すぎる [続きを読む]
  • インナーをおろすときにしておくと便利なこと
  • 元旦は、すがすがしく気持ちも新たに、何かまっさらなものを身に着けた方がいいのではないかと思います。洋服ならば最高でしょうけれど、なかなか難しいのでせめて下着だけでも。今年は紺のタイツもおろしました(ちょうど穴が空いてしまったところでした)。下着類をおろすときは、タグに使用開始年月などをサインペンで書いておくことにしています。捨てどき、替えどきが判断しやすいです。ユニクロのウルトラシームレスショーツ [続きを読む]
  • 海苔とキリチーズの簡単おつまみ
  • 家で人気の簡単おつまみを紹介します。■海苔のキリばさみ用意するのはキリチーズと海苔。海苔を適当な大きさに切り、キリチーズ少々を載せてペタンと二つに折るだけ。キリチーズは溶けやすいので手で直接持たずお皿に置いたものを楊枝で切り分けると簡単です。海苔がすぐにしなしなになってしまうので(それもまた悪くはないけれど)作り置きはできません。食べる直前にお作りください。家では、追加を作ってお皿に置いた瞬間に待 [続きを読む]
  • 2019冬バーゲン
  • 正月二日、都内へ繰り出しました。まず訪れたのは松屋銀座の地下にある桃林堂。目当てははなびら餅です。地下はものすごい賑わいで、くねくねと縫うようにしてやっとたどり着いた店頭に、しかしはなびら餅が見つかりません。店員さんに聞いたところ、青山店にはあるけれど、こちらでは生菓子は扱っていないとのこと。な、なんと…!がっかりです。夏の生水ようかんは販売していたからはなびら餅も扱っているかと思いました。あーあ [続きを読む]
  • 2019年元旦の記録
  • 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。今年の年賀状です。水彩絵の具で、たてがみとしっぽなどに金を、牙とひづめに金を塗ってあります。おせち料理とお雑煮を食べた後、初詣に出掛けました。空は真っ青、おだやかな元日。駅へ行く途中で野良猫に出会いました。ふてぶてしいオス猫で、こちらのことなんぞ歯牙にもかけない。肩を左右に揺らすチンピラ歩きで遠ざかっていきました。帰り道ではラー [続きを読む]
  • 年の瀬パネトーネ(パネトーネマザー使用)
  • 先日初挑戦し、おいしくできた、ドライイーストで作るパネトーネ。(→パネトーネを作ってみました)パネトーネマザーを使ったレシピを試してみないと気になって年が越せません。お正月を迎える準備で大わらわではありましたが、合間を縫って作ってみました。昨日のことです。レシピを散々研究しましたが、それでも・ちゃんと膨らむか・変な味にならないかつまり、まともに食べられるものができあがるか非常に不安です。今年最後の [続きを読む]
  • 年賀状2019(3)まとめ
  • 毎年、年賀状は自分で描いた絵をスキャナで取り込み、印刷したものに金銀の水彩絵の具で部分的に色をつけたものを送っています。一番大変なのは絵を描くことと、取り込みの設定です。今年はその二つが早い時期にとてもスムーズに済んでしまいました。印刷・彩色も終えたらすっかり安心してしまい、それきり放置してしまいました。ふと気づいたら12月も半ばを過ぎています。早く宛名書きしなけきゃ!焦りましたが、家ではやりたくな [続きを読む]
  • 至福のパネトーネ・バニラアイス添え
  • 先日作って冷凍しておいたパネトーネを、おやつに食べました。軽くトーストし、バニラアイスを添えてみたら、そりゃもう至福の美味しさです。パネトーネ自体が薄味だから、アイスと一緒に食べても甘さが過剰になりません。ほんのりとあたたかい生地と冷たいアイスの対比が最高です。ドライフルーツとアイスがこれまたよく合うのです。この味の構成、何かに似ているなと思ったらクレープでした。クレープを焼くのは姉の専売特許なの [続きを読む]
  • シナモンクッキーを焼きました
  • 会社の人が、お庭で採れたというみかんをくれました。なんて立派なみかんでしょう!家にあったスーパーのみかんと並べてみました。この大きさの違い。とても素直で爽やかな味のみかんでした。お礼に、クッキーを焼きました。鳩サブレもどきとぶたのシナモンクッキーです。まるで小鳥とぶたの戦いのようですが…大きさでは小鳥が優勢ですが、数ではぶたが勝っています。シナモンクッキーのレシピは、「ルスルス」の「ちどり」を参考 [続きを読む]
  • パネトーネマザーで簡単食パンを作ってみました(2)
  • ドライイーストではなく、パネトーネマザーでいつもの簡単食パンを作ってみました(→パネトーネマザーで簡単食パンを作ってみました)。焼きたての冷めたてを試食したら、もっちりしっとりした食感。わずかに酸味のあるような香り。少しばかり癖はあるけれど、たとえばぶどうパンを作ったらおいしそうだなという感想を持ちました。スライスして1枚ずつラップにくるみ、次の日に食べる分だけを残して冷凍しました。そして、翌朝。 [続きを読む]
  • クリスマスケーキ2018
  • クリスマスケーキはいちごのショートケーキと決まっています。小嶋ルミさんのレシピです。生クリームを使ったデコレーションケーキを作るのは1年ぶりです。お菓子作りって、少し離れるとすぐに勘が鈍るものなのでうまく作れるか不安です。前哨戦として先日「黒糖のパウンドケーキ」を作りうまくいったから大丈夫だとは思いますが、念のために去年の記事(クリスマスケーキ!)を確認しました。ケーキに載せるいちごは別に取り分け [続きを読む]
  • 至福のシナモンロールの作り方
  • シナモンロールが大好きなのですが、理想とする「むせかえるほどシナモンが入ったシナモンロール」に巡り合えないため自作しました。私にとっては最高のシナモンロールです。■至福のシナモンロール(約10個分)【材料】生地・強力粉 140g・薄力粉 140g・砂糖 40g・塩 小さじ2/3・荒挽きカルダモン 小さじ1/2〜・ドライイースト 小さじ1と1/2(約6g)・牛乳 150ml(人肌に温めておく)・卵 30g(よく溶きほぐしておく)・ [続きを読む]