myomyo さん プロフィール

  •  
myomyoさん: 手仕事が好きな事務員
ハンドル名myomyo さん
ブログタイトル手仕事が好きな事務員
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/myomyokobo/
サイト紹介文くらしと手仕事(刺繍、絵を描くこと、パン作り、お菓子作り)のブログです。
自由文おいしいもの、美しいものが大好きです。
手仕事のほか、ピアノと読書とおそうじも。

ミニマリストにあこがれています。
簡素だけど、ゆたかな気持でくらせたいいなあ!と思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/11/04 13:09

myomyo さんのブログ記事

  • 残念なシナモンロールができあがりました
  • シナモンロールを作りました。しかし、よかれと思ってした一工夫が余計なことで、不幸な失敗作に…!「一工夫」したのはフィリングです。これまでは、平たく延ばした生地に無塩バターを塗り、シナモンときび砂糖(または微粒グラニュー糖)をブレンドしたシナモンシュガーをふりかけ、こぼれないように指で少し押しつけてから巻いていました。こうして出来上がったロール状のものをカットするとき、気を付けてもシナモンシュガーが [続きを読む]
  • パネトーネを作ってみました
  • イタリアのクリスマスに欠かせないというパネトーネ。ドライフルーツやナッツを贅沢に使った菓子パンです。どっさりのドライフルーツ、バター、砂糖、卵黄を使ったリッチなレシピが多く、作ってみたいなぁと思いつつもなんとなく手を出しかねていました。卵白ばかり2つも3つも余っても困りますし…。「荻野恭子の世界のおうちごはん(読売家庭版2018年12月号)」掲載のレシピは、砂糖もバターも控えめで、全卵使用。たぶん、家庭 [続きを読む]
  • パッヘルベルのカノンを練習中です(2)
  • 練習を再開したパッヘルベルのカノン、「初・中級版」はスムーズに弾けるようになりました。後はひたすら弾きこんでいくだけです。暗譜は…、できるかどうか不明ですが、いつの間にか覚えてしまうかもしれません。無理を承知で「上級」に挑戦してみました。当然のことながら難しい。けれど、以前弾いてみたときよりは格段に弾けるようになっています。譜も読めるようになっているし、対応力も上がっている。ピアノ教室をやめて2年 [続きを読む]
  • すばらしきインナーダウン
  • 急にものすごく寒くなったから、初冬用ダウンコート(かつてはふっくらもこもこで暖かく、真冬に愛用。しかし、経年変化でくたびれて薄くなってしまったので初冬用に異動となった)の下に無印良品の「軽量オーストラリアダウンポケッタブルコート」を着ています。初冬用ダウンが割と細身なので、中に着られるかどうか危ぶみましたが、全く問題ありません。袖はひゅっと通るし、身頃も大丈夫。ファスナーをあげるときだけ、食わない [続きを読む]
  • パッヘルベルのカノンを練習中です
  • パッヘルベルのカノンが大好きです、と昨日の記事に書きました。(→パッヘルベルのカノン)ピアノで弾いてみたいけれど、全音の楽譜は難しすぎてとてもじゃないけれど歯が立ちません。音が多すぎるし、おまけに長すぎます。CDで聴く分にはゴージャスでたっぷりと楽しめていいですけれど。そんなに難しくなく、シンプルで、でもカノンらしさの残る楽譜を…と探して見つけたのがこちらです。「パッヘルベルのカノン (珠玉の名曲ピア [続きを読む]
  • パッヘルベルのカノン
  • パッヘルベルのカノンが好きです。優雅で、美しくて、気品があって。全ての曲の中でいちばん好きなものは?という質問にはバッハのG線上のアリアと迷った末、パッヘルベルのカノンを選ぶと思います。ピアノを習っていたくせに、ピアノ曲ではなく室内楽を選ぶのが我ながら微妙ですが。カノンは、小学校か中学校の音楽の時間で知りました。確か「輪唱」の項で、その中に例としてパッヘルベルのカノンが出てきたと記憶しています。音 [続きを読む]
  • シナモンロール大好き(1)理想のシナモンロールは
  • シナモンロールが大好きです。あのうずまき、あの香り!想像するだけで幸せに包まれます。なぜこんなにシナモンロールが好きなのかわかりません。気づいたら虜になっていましたが歴史は浅く、ここ数年というところでしょうか。シナモンロール発祥の地は北欧だそうですが、それがアメリカに渡るとカルダモンはレシピから外され、表面にはパールシュガー(白砂糖の小さな塊)ではなくアイシングがたっぷりとかかり、この上なくスイー [続きを読む]
  • ムンク展に行ってきました
  • 上野の東京都美術館で開催されているムンク展に行ってきました。当初はパスするつもりだったのですが…。だって、見て気分がよくなるような展覧会ではなさそうでしょう。逆に、何かよくない作用がありそうで怖い。ただ、原田マハさん「いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (集英社新書)」を読んだら、見ておいた方がいいような気がしたのと、ムンクといえば「叫び」しか知らないので他の作品も見てみたいという気持があり [続きを読む]
  • 「おとなのピアノ」連弾の苦労と愉しみ(選曲編)
  • 昨日、「おとなのピアノ」の連弾について書きました。(→「おとなのピアノ」連弾の苦労と愉しみ)発表会では、連弾はソロの前の指慣らし、いわば遊びのような位置づけでしたが、大変だったのが選曲でした。何しろプリモ(高音部、旋律を担当することが多い)は、「ドはここよ」と先生に指を置かれてレッスンが始まった「超初心者」の母で、セコンド(低音部、伴奏を担当することが多い)は練習をしてもしても一向に上達しない「万 [続きを読む]
  • 「おとなのピアノ」連弾の苦労と愉しみ
  • 今はレッスンには通っていませんが、数年前までピアノを習っていました。幼児期に手ほどきは受けたもののピアノが大嫌いでろくに練習しなかったもので、「再開組」と言えど、ほぼ初心者の状態。しかし大人になってから始めたピアノはとても楽しくて自分でも恐ろしくなるほどのめり込みました。毎日練習するのは当然(というより練習しないとストレスになる)、休日ともなれば何時間もピアノの前に座り飽かず練習。発表会は「1年で [続きを読む]
  • 皇居乾通り一般公開へ行ってきました
  • 平成30年秋季皇居乾通り一般公開へ行ってきました。ニュースで見たことはありましたが、足を運ぶのは初めてです。買い物のついでにふらりと寄る程度の感覚でいましたが、念のため詳細を宮内庁ホームページで確認したところ、そんな気軽なものではなさそうでした。入り口は「坂下門」一か所のみ、周辺各駅から坂下門へのルートも決められていて、坂下門から参入したあとは一方通行で逆行は不可。参入の際には手荷物検査と金属探知機 [続きを読む]
  • 成長し続けるユニクロ3Dメリノフレアワンピース
  • 大好きなユニクロ3Dメリノフレアワンピース。レギュラー丈のMサイズ2つ、Sサイズ1つ、合計3着持っています。Mの黒は、自分で洗濯したら干し方に失敗して伸びてしまいました。お湯漬けして、縮めて着ていますが、少しずつどんどん伸びてきているのが悩みです。平干しすれば伸びないかな、と思いMのグレーを洗ってみました。洗濯機の「上質コース」、洗剤は「アクロン」です。「お湯漬け」はしませんでした。脱水をきつめにかけて、 [続きを読む]
  • 簡単でとびきりおいしい明太子パスタの作り方
  • 先日、BSでパスタ特集の番組を放映していました。見るともなしに見ていたら、「壁の穴」のたらこスパゲティが簡単でとてもおいしそうでした。店名だけは聞いたことがあったけれど、お店に行ったことはありません。たらこパスタ発祥のお店だそうです。たらこの味を引き立てて深みを出す「相棒」を見つけるために研究を重ね、ようやくたどり着いたのが「昆布粉」だったそうです。バター、たらこ、昆布粉、もみのりだけのシンプルなレ [続きを読む]
  • 修善寺みやげ・源楽胡麻饅頭
  • 修善寺のお土産に「源楽胡麻饅頭」をいただきました。なんて真っ黒!あまりの黒さに度肝を抜かれます。丸くてつやつやしていて、まるで爆弾みたいです。その昔、フランスかどこかの空港で、日本人旅行者のおにぎりが手荷物検査でひっかかり騒ぎになった…という話を読んだことがあります。黒い海苔をぐるりと貼り付けた「爆弾おむすび」、怪しんでほぐしたら中から出てきたのは真っ赤な梅干しというのですから、係員もさぞ驚いたこ [続きを読む]
  • 弥生美術館「一条ゆかり展」へ行ってきました
  • 根津・弥生美術館で開催されている「一条ゆかり展」へ行ってきました。----------------------------------集英社デビュー50周年記念 一条ゆかり 展  〜ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!〜 ドラマチックなストーリーと華やかな画風で人気を獲得し続ける少女漫画のクイーン・一条ゆかり。1968年『りぼん』3月号でデビューし、不良性と強い野心を持った異色の主人公像は、少女漫画の定説を打ち破りました。読者から絶 [続きを読む]
  • Kotori worksの腹まきパンツ
  • 防寒目的で、長年ユニクロのヒートテックボディウォーマーパンツを愛用してきました。薄くてもたつかず、ウエストも苦しくなく大変に助かっていましたが、もう少しあたたかいものが欲しいなぁ、と思っていました。ふわふわした毛糸のパンツに心を惹かれましたが、ボリューム感が気になります。お尻やお腹がどーんとなるのはやっぱりちょっといやです。そんなときにKotori worksの「腹まきパンツ」を見つけました。上質なウールです [続きを読む]
  • おしゃれでおいしい「サケのソテー甘栗のクリームソース」
  • 新聞の切り抜きを見て「サケのソテー甘栗のクリームソース」を作りました。サルボ恭子さんのレシピです。秋にぴったりの、おしゃれっぽい組み合わせ。クリームソースなのに生クリームを使わないのがいいなぁと思いました。生クリームは値段もカロリーも高いし、残りを持て余します。活用するためにわざわざお菓子を作るのもどうかと思いますし。鮭も栗も大好き。生の栗を調理するのは大変ですが、甘栗ならば楽々です。焼き豚と一緒 [続きを読む]
  • こねない超簡単食パンの作り方
  • 簡単食パンの作り方を紹介します。以前のレシピ(食パンの作り方)から若干、工程と配合を変えています。シンプルで奥深く、毎日食べても飽きないパンです。■こねない超簡単食パン【材料】 1.5斤分・強力粉 350g・きび砂糖 20g・塩 5g(おいしい塩。ゲランドの塩を使っています)・スキムミルク 10g・ドライイースト 6g(小さじ1.8くらい)・ぬるま湯 240ml〜【作り方】1.大きなボウルに強力粉、きび砂糖、塩、スキムミルク [続きを読む]
  • 晩秋の大そうじ
  • あたたかくて風もなく、穏やかな日和でした。こんな日にそうじをしなくていつするの?さぁ、大そうじだ!というわけで、朝から大車輪。本来ならば、「すっかり片付いた部屋」を「そうじ」するのが理想。片付いていないなら、そうじをする前にまず片づけをするべきです。「片付けとそうじを一緒にしてはいけない」のは、「人生がときめく片づけの魔法」の著者、こんまりさんのメソッドでは鉄則です。何度かの「片づけ祭り」を経て自 [続きを読む]
  • 年賀状2019(2)遊印が届きました
  • 毎年、年賀状を作るといつも思うのです。「ハガキに押す、落款印が欲しい…!」と。出す直前、仕上げの段階で思い出すものだからもちろん間に合わず、「来年こそ」と思い続けては毎年忘れています。今年は原画がとてもスムーズにできたおかげで頭の巡りもよくなっていたのでしょうか、「今年こそはハンコ頼もう!」では、どこへお願いしましょうか?minneやCreemaを見たりもしたけれど、結局楽天に出店していたハンコ屋さんに注文 [続きを読む]