ウォーターマン さん プロフィール

  •  
ウォーターマンさん: 水は大切 自然の貴重な恵み
ハンドル名ウォーターマン さん
ブログタイトル水は大切 自然の貴重な恵み
ブログURLhttp://fanblogs.jp/waterman2316/
サイト紹介文毎日の生活にごく当たり前のある水や自然のしくみや成り立ちを取り上げています。
自由文水は大切ブログでは、自然の恵みでもある水に注目しています。また水や自然がどのようにかかわりあって成り立っているのかも考えます。環境破壊が進みこの時代に警鐘を鳴らし、普段の生活で自然に優しい取り組みを築いていく大切さを取り上げます。当たり前にあるものに有難さは失ってから気付くことが多いです。そのなる前にご一緒に考えましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 325日(平均2.3回/週) - 参加 2017/11/04 15:30

ウォーターマン さんのブログ記事

  • 食欲の秋を迎えるにあたって おいしいご飯と水
  •                おいしいお米を食べるには? 食欲の秋が近づいてまいりました! 何といっても白いご飯がおいしく食べれれば最高ですよね?実はおいしいご飯の条件には、お米の品質とお米を炊く「水」に大きく依存しています。もっと細かく言うと、お米を洗米する時の水も大切なのです。実は初めて米が水に触れる洗米で多くの水を吸収します。その水がただの水道水ですとあまりおいしく仕上がりません。ミネラルウ [続きを読む]
  • おいしい飲み物を楽しむためにも水が大切
  •               日本茶をおいしく淹れるには? だんだんと秋めいてきましたが、温かいお茶がおいしい季節になりますね。お茶がおいしく飲めるかどうかは、お茶に適した「水」かどうかでも変わってきます。お茶のおいしさは「旨味」「渋味」「苦味」のバランスが保たれたもので決まります。その面で適した「水」は、硬度30~80度の水です。 以前のブログでも取り上げましたが、水は大きく分けて「軟水」と「硬水」に [続きを読む]
  • トイレの床に水が漏れる 何が原因?
  •           トイレの床にシミや水漏れがありませんか?  毎日使うトイレですが、ふと見るとトイレの床に「黒いシミ」が・・・ いつも床に敷いているトイレマットが湿っているように感じる・・・      それはどこからか水漏れしているサインです。 トイレの水漏れのトラブルの中でも4割近くが、この症状です。でも、どこから漏れてるのか分からない方がほとんどです。フローリングも表面にはコーティングしてあ [続きを読む]
  • 地震・カミナリ・火事・おやじ?
  •             「地震・かみなり・火事・おやじ」 昔から怖いものと言えば、こう言われていましたね。「雷」とは、”大気中で大量の正負の電荷分離が起こり放電する現象”と気象庁のホームページにありました。かみなりは山火事や人に当たれば死に至る「恐ろしいもの」というイメージが強いですね。標準的な稲妻の電光では約10億ワットを放電します。最近の稲妻では1000億ワットから10兆ワットまで放電するものもあると [続きを読む]
  • ゲリラ豪雨 恵みの雨?
  •                  ゲリラ豪雨とは? ゲリラ豪雨の原因となるものは、「積乱雲」です。いわゆる入道雲のことですが、そのメカニズムは地表の温かく湿った空気が上昇し、上空にある冷たい空気と混ざり合うことで発生します。大気が不安定になると空気が激しく混ざり合い、積乱雲が急速に発達し、雷雨をもたらします。これが「ゲリラ豪雨」となります。ゲリラ豪雨は夏に多く発生していますが、今ぐらいの涼しくなっ [続きを読む]
  • ダイエットの秘密兵器−水
  •  厚生労働省のホームページを見ると、「メタボリックシンドローム」つまり「内臓脂肪症候群」の該当者および予備軍が40~74歳の男性の2人に1人、女性で5人に1人という現状を報告しています。つまり、該当者の数は約960万人、予備軍とされる人の数は約980万人、併せて約1,940万人に上ると推定されています。  何を隠そう私もその中に入っています。多分・・・ダイエットの基本4原則と言えば、「適切」「適時」「適量」「適度」。 [続きを読む]
  • 熱いシャワーは危険?
  •                熱いシャワーは危険?熱いシャワーを浴びるのはお好きですか?それ以外にも、家族の衣類の洗濯や食器を洗ったりする際に比較的熱いお湯を使うことがあるかもしれません。 ピッツバーグ大学大学院公衆衛生学部の化学者ジュリアン・アンデルマン氏によると熱いお湯を使用した際に生じる「水蒸気」を吸い込むことによって、地下水汚染物質として知られているトリクロロエチレン(TCE)や塩素処理の副産 [続きを読む]
  • 水は大切 当たり前のものではない
  •                    水の大切さ 西アフリカに住むテデという女の子は、夜が明けるずっと前に起きます。身支度をして大きなたらいを頭の上にバランスよく載せて、最寄りの川まで約8?歩きます。そこで水浴びをして、たらいに水を満たし、帰途につきます。テデはこの日課を果たすのに毎日4時間かけています。これで終わりではありません。次に1時間ほどかけて寄生虫を取り除くためにその水を濾過して、3つの容器 [続きを読む]
  • 植物の大きな働き 自然の恩恵に感謝
  • 植物は様々な形で私たちに恩恵を与えています。食物や新鮮な空気、中には医薬品の原料や農作物の品種改良の遺伝材料となっています。植物が存在する意義は計り知れないものがありますね。例えば、庭で何もしていないと生い茂るのは「雑草」です。しかし、その「雑草」にも大きな役割があるのをご存知ですか?実は、雑草は植物の成長に適した環境を作り出すものとなっています。土壌は風雨によって急速に浸食作用を受けやすいもので [続きを読む]
  • ミネラルウォーターと普通の水 どこが違うの?
  • 水の価値はどれくらい?ドイツの5つ星ホテルにはブランド銘柄のミネラルウォーターを取り揃えており、いわばワインのように品質評価され、人々はそれぞれお目当てのミネラルウォーターを買い、ボトルに入れて携帯しています。高いもので1リットルが62ユーロ(約8.900円)もするものもあるそうです。まさに高級な水ですね。             ミネラルウォーターとは何か?ここで言う「ミネラル」とは、人の体に必要な成分 [続きを読む]
  • 水はどのように大切なものか?
  •          水の恩恵に感謝していますか?ご存知の通り、私たちの全体重の約70%は水分です。体の健全な働きには多量の水が必要になります。腎臓の濾過能力・新陳代謝・老廃物の排除といった私たちが意識していないところで水が大きな役割を果たしているのです。その水分は、絶えず体から発散され、排出されていきます。例えば、時速5?で歩くだけでも15分ごとに200?の水が失われます。ですから定期的に水を補給していかな [続きを読む]
  • 海水を淡水化すれば水不足は解消できるのか?
  •               海は豊かな天然資源と言えます海水を真水にもどすのは?地球の陸地と海の面積は、陸地29.2%に対して海洋は70.8%になります。この資源を有効活用できないか?つまり深刻な水不足に悩んでいる国や地域に供給できないか?これまで多くの企業が海水の淡水化プラントを製造し、現在も稼働しています。ご存知の通り、海水には多くの塩分が含まれています。海水を真水に抽出する方法が現在5つあるようですが [続きを読む]
  • おいしいコーヒーを淹れるには? 水にもこだわりましょう
  •              おいしいコーヒーを飲むには?コーヒーは好きですか?おいしいコーヒーを飲むには、最も適した「水」を選ぶことが大切です。水によって、コーヒー豆の本来の持ち味がしっかりと引き出され、雑味のない美味しさのある味を楽しめます。まず、以前のブログにも取り上げましたが、飲料水は大きく「軟水」と「硬水」の2つに分けられます。この2つの違いは、水に含まれるカルシウム・ナトリウム・カリウムな [続きを読む]
  • おいしいサンマをいつまで食べれるのか?
  •        サンマのおいしい季節になってまいりました!         ・・・しかし、このところサンマの不漁が続いているようです。報道によると、様々な要因が考えられるそうですが、その一因には海水の温度や環境の変化によって稚魚の発育が妨げられ、そもそもの資源量が減少したことが挙げられていました。それによりサンマの漁場が沖合に移動して、沿岸を中心に漁獲してきた日本の漁船が捕りに行きづらくなったことが [続きを読む]
  • トイレ掃除で気を付けること べっぴんさんになるためにも
  • トイレの掃除にもご注意を!一番汚れやすく、きれいにしておきたいのが、トイレです。こんなトイレ用ブラシでゴシゴシ洗うのが一般的です。しかし、使い古したトイレ用ブラシは大変危険です。プラスチックの柄の部分から先端のブラシが突然抜けて、流れてしまうことが起こり得ます。そうなると、便器の奥で挟まり、詰まります。ご使用の前に、ブラシも点検して外れる危険がないかチェックしましょう。にほんブログ村 大気・水・土 [続きを読む]
  • TOTO製タンクで水が出なくなったら…修理方法教えます!
  • トイレの水が出ない?突然、トイレの水が流れなくなってしまった!どうすればいいのか?タンクの蓋を開けるとこんな感じのタイプの方は必見です!簡単に直せるんです。水道業者を呼ぶと最低1~2万円は覚悟しなければなりません。しかし、自分で修理できれば、費用がわずかで済みます。ここで取り上げるのは、TOTO製の便器の場合です。タンクの蓋をゆっくりと外し、内蓋も開けてみると左写真のような形になっていませんか?では交換 [続きを読む]
  • 地震で水道管は大丈夫か? 老朽化した配管の恐怖!
  • 水道管は大丈夫ですか?水道管の耐用年数は15年と言われています。築25年以上の住宅では給水管が鉄管で敷設せれている場合が多いです。鉄は錆びるという原理は配管にも当てはまります。最近、水道料金が増えてきたり、水漏れしてるような音がしたりしていませんか?老朽化した配管は、いわば時限爆弾と同じです。いつ破裂してもおかしくないのです。地震や地盤沈下などで破損するケースも多くなってきます。もし配管が老朽化で腐食 [続きを読む]
  • 災害は忘れた頃にやってくる 日頃の備え
  • 災害は忘れた頃にやって来るここ数か月、日本列島は様々な災害に見舞われています。被災してしまった方々は、今なお不自由な生活を強いられいることと思われます。一番困るのはライフラインの断絶です。特に「水」は深刻です。緊急持ち出し用に飲料水を確保しておられるかもしれませんが、人が1日必要とする飲料水の量は成人で2リットルから2.5リットルです。1歳未満であれば1リットルになります。3日分程度を準備しておくことが提 [続きを読む]
  • 土が汚染されると大変です 土を守ろう
  • 増大する土地の汚染自然の水のサイクルで、降り注いだ雨が地面にしみ込み川や地下水となって恩恵を与えます。しかし、地面が汚染されてしまうと必然的に川や海にも悪影響を及ぼします。これまで人類は、便利さを追求するあまり、たくさんの化学物質を生み出してきました。確かにそれらは生活を豊かにしてくれています。スプレー、人工甘味料、化粧品、染料、インク、塗料、殺虫剤、医薬品、プラスチック、冷却剤、合成繊維などです [続きを読む]
  • 果物を食べて水分補給 美容と健康を促進
  • 野菜や果物のほとんどが水分ですその中でもスイカはトップにあげられます。文部科学省の食品成分データによれば、スイカの水分量は89%になります。この夏いっぱい食べられましたか?スイカには甘く食べ過ぎると太るのでは?と思うかもしれません。実は、その逆です。カロリーは100?あたり37kcalとゴボウの100?あたり65kcalと比較しても格段に低いのです。スイカには糖分に加え、カリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルが [続きを読む]
  • 秋の長雨 水の大切さを実感する
  • 秋の長雨9月に入り、雨の多い季節となってきました。雨は動植物にとっても貴重なものです。しかし、雨にも変化が生じています。それは「酸性雨」です。酸性雨とは、二酸化硫黄(SO?)や窒素酸化物(NOx)などを起源とする酸性物質が雨・雪・霧などに溶け込み、通常より強い酸性を示す現象のことです。酸性雨は、河川や湖沼、土壌を酸性化して生態系に悪影響を与えます。コンクリートを溶かしたり、金属に錆を発生させたりして、建 [続きを読む]
  • 木を見て森を見ず 大切な森林を守りましょう
  • 森を守ることは大切新緑の森の中を散策すると心を癒されるものです。新鮮な空気、鳥のさえずり、木洩れ日の暖かさ、いろいろな形で私たちを楽しませてくれます。しかし、乱伐によって世界的なレベルで森林が失われています。森は様々な動物たちの生活の場でもあります。野生の動物は否応なく、住処を追われ、民家に下ってしまうのも無理のないこととかもしれません。都心での生活ではそれ程身近な問題では無いように感じますが、結 [続きを読む]
  • 生活と文明に不可欠な川の存在
  • 人間の生活と文化に深いつながりのある川最古の文明の一つは、中東のチグリス川とユーフラテス川の肥沃な流域で始まっています。中国の黄河、アジア南部のガンジス川やインダス川、エジプトのナイル川なども大文明の発達を可能にしました。その川が今や汚染によって危機に瀕しています。世界の川に放出されている汚水の量は年間約4,500億立方メートルになります。約10億人が安全な飲料水を手入れることができません。水に関係する [続きを読む]
  • iPhoneの緊急SOS機能をご存知ですか?
  • 8月ももう終わりですね。今年の夏はどうでしたか?海に行かれた方も多いかと思います。ご存知の通り、この地球の97%が海です。人間に必要な淡水は残りの3%にも満たないと言われています。その淡水の99%は氷河・氷山や地下水で、残りの1%の淡水で世界中の人々や生物が生きています。水は貴重な天然資源ですね。にほんブログ村 大気・水・土壌環境水は私たちの生活を豊かなものにしてくれます。水遊びは子供のころから楽しい物ですよ [続きを読む]