ウォーターマン さん プロフィール

  •  
ウォーターマンさん: 水は大切 自然の貴重な恵み
ハンドル名ウォーターマン さん
ブログタイトル水は大切 自然の貴重な恵み
ブログURLhttp://fanblogs.jp/waterman2316/
サイト紹介文毎日の生活にごく当たり前のある水や自然のしくみや成り立ちを取り上げています。
自由文水は大切ブログでは、自然の恵みでもある水に注目しています。また水や自然がどのようにかかわりあって成り立っているのかも考えます。環境破壊が進みこの時代に警鐘を鳴らし、普段の生活で自然に優しい取り組みを築いていく大切さを取り上げます。当たり前にあるものに有難さは失ってから気付くことが多いです。そのなる前にご一緒に考えましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 100日(平均3.1回/週) - 参加 2017/11/04 15:30

ウォーターマン さんのブログ記事

  • 水は大切
  • 水の特性水は驚異の物質と言えます。あまり温度上げずに大量の熱を蓄えることができます。これによって気候が安定しています。また水が凍ると体積が増え軽くなり、氷が水面に浮かぶためいわば断熱材のようになり海や湖や川が凍り付くのを防ぎます。また、透明度も高いため、光を必要とする生物がかなりの深みでも生存できます。水は水面張力があり、表面が弾力性のある皮のようなものとなるため、虫が池の上を走ることが出来、水滴 [続きを読む]
  • 自然は大切
  • もうすぐ新年を迎えます。自然の大切さをこのブログでは取り上げてきました。特に生活に欠かせない水にまつわる情報を提供してきましたし、生活やトラブルに対処する方法なども取り上げてきました。地球の環境は年々変化しています。未開発の地域にも開発の手が伸びてきています。我々は天然資源を有効に活用して、生活を送ってきました。しかしその中に利益や私欲が入り込んで、不必要な乱開発などを助長してきました。生態系の変 [続きを読む]
  • 地球に優しい生活<br />
  • 大掃除の時期となりました。新年を迎える前に、多くの家庭では家の掃除、不用品の処分など沢山のごみがでますね。太平洋にはたくさんのごみが漂っているようです。強い季節風に吹き寄せられたゴミの塊が浮遊しており、オーストラリアとほぼ同じ面積の海域が覆われていると報告されています。以前のブログ記事でも取り上げましたが、使い捨て社会に慣れてしまうと古くなれば買い替えるという単純な思考になります。有害なごみの不法 [続きを読む]
  • 食料源の破壊
  • この時期はリンゴがおいしいですね。リンゴは最も身近な果物の1つですね。このりんごの種類が100年前に比べてかなり減少しています。アメリカでは、1804年から1905年の間に7098種類のリンゴが栽培されてきました。しかし今日その6121種類が、つまり86%が絶滅しています。梨も同じ状態です。かつて栽培されていた2683種類のうち88%が絶滅しています。野菜はさらに深刻です。野菜全体の多様性は80年足らずで97%も減少してしまっ [続きを読む]
  • 大切な水
  • 大切な水「すべての人のために安全な水を十分に確保するとこは、今日の世界のおいて極めて難しい課題の一つである。水が必要な場所には銃が氾濫していることがあまりにも多い」こう言ったのは前国連事務総長のパン・ギムンです。2024年までには、一人当たりの水の供給量は3分の1減少する、との見解が示されています。危機にある世界の湖「人間活動の影響を受けていない湖は、この地球にもはや残っていない。人は湖を破壊しており、 [続きを読む]
  • 寒さ対策は大丈夫ですか?
  • 本格的な冬が到来しますね。あっという間の年末です。この時期はいろんなイベントが目白押しかもしれません。特に体調管理には気を付けましょう。食べ過ぎ・飲み過ぎには注意して楽しみたいですね。あと寒さ対策も大事です。風邪やインフルエンザなどになってしまうと、せっかくのパーティーも参加出来なくなりますからね。寒さ対策と言えば家の周りの配管は大丈夫ですか?配管凍結にご注意を寒波が押し寄せてくるこの季節、露出し [続きを読む]
  • 水の無駄をなくす
  • 地球の貴重な水現代の工業主体の仕組みは、貴重な水資源を乱用してしまう危険があります。鉄の精製、紙、自動車、食肉用の牛や豚を飼育するにも、食品の冷凍加工にも大量の水が消費されています。水の使用で最も多い分野が農業です。作物が成長するために水は欠かせません。次に多いのが工業です。物を作ろうとすれば水が大量に必要となります。家庭は水の使用の割合全体の10%に過ぎません。ただ、無駄を無くせば水資源を守ること [続きを読む]
  • 子供が熱を出したら・・・
  • なぜ熱が出るのか?体温は普通朝は低くて、夕方は高くなります。脳底部にある視床下部がサーモスタットのような働きをして、体温調節しています。免疫系が細菌やウイルスの侵入で反応を起こして、血液中にパイジェロンと呼ばれる物質を分泌します。この物質が作用すると視床下部は体温を上げるように設定を変更します。これが発熱のメカニズムです。発熱したら・・・子供が熱を出したら・・・熱がそれほど高くないなら、子供の部屋 [続きを読む]
  • 災害時の水は大丈夫ですか?
  • 災害は忘れた頃にやってくる。自然災害は思わぬ仕方で襲ってきます。大変なのは、ライフラインの寸断です。電気・水道・ガスといったラインが滞ります。中でも水道は生活に欠かせません。飲料水や衛生処理、トイレなど水が無ければ、とても不便な状況に陥ります。普段から良く備えておくことが大切ですね。災害時給水ステーションをご存知ですか?都内に住んでいる方は、おおむね半径2?の距離内に1箇所として災害時給水ステーショ [続きを読む]
  • 使い捨て社会で暮らす
  • 使い捨て社会で暮らすこともう12月の年末になりますね。毎年増えていくものは何か?ボーナスではありません。それはごみの排出量です。アメリカだけでも年間のごみ排水出量は同じ水の重量に換算するとオリンピックプール6万8000個がいっぱいになる、と推定されています。ニューヨーク市の住民が1年間出すごみの量は市内のセントラルパークを4?の高さまで埋め尽くすほどになる計算です。コンピューターが環境に及ぼす影響コンピュ [続きを読む]
  • 塩素とインフルエンザと水
  • カルキ臭の原因は?答えから言えば、塩素です。水道水には、衛生面で消毒用として塩素を入れています。現に残留塩素濃度が最低でも0.1mg/Ⅼ以上0.4mg/Ⅼ以下としています。水道水の残留塩素は時間と共に減少します。よく金魚を飼う際には水を少し貯めて時間をおいてから入れるよう言われたことがありますよね?浄水場から離れたエリアでは要最低限の残留塩素を保持するために、各浄水場で適切な塩素を注入しているのです。手洗い・ [続きを読む]
  • 水質は大切
  • 水源の確保は難しい?地球にはわずかな淡水しか存在しないことは、これまでのブログでも取り上げてきました。私たちの生活に必要な水の水源はダムによって支えられています。東京都の場合は8割が利根川水系と荒川水系で、残りの2割が多摩川水系で賄われています。主に8つの関東にあるダムの貯水量によって取水制限が行われたりします。日本の1人当たりの降水量は少ない?日本は世界有数の多雨地帯のアジアモンスーンエリアに位置し [続きを読む]
  • 水はコーヒーにも大切
  • コーヒーはお好きですか?コーヒーはカフェインが苦手な方はあまり好きではないかもしれません。コーヒーはある研究によると鉛や銅といった、溶け込んでいる貴金属の78%から90%を水道水から取り除くことができるという事が判明したと報告しています。電荷を持たない、あるいはマイナスの電荷を持つ分子を有するコーヒーかすは、プラスの電荷を帯びる貴金属を引き付ける働きがあるようです。コーヒーが濃ければ濃いほど、よく除去 [続きを読む]
  • 地球はなぜ熱くなるのか
  • 温室効果実は温室効果そのものは地球の生物には不可欠なものなのです。つまり、太陽エネルギーが地球に到達すると約70%が吸収され、大気や陸地や海を温めます。もしこのメカニズムが無かったら、地表の平均温度は摂氏マイナス18度前後になります。とても寒くて生きていくのが困難になるのではないでしょうか?温室効果ガスとは?温室効果を促す気体は、二酸化炭素、亜酸化窒素、メタン、水蒸気などがあります。過去250年でこの温 [続きを読む]
  • 水の無駄を見直そう
  • 世界の下水の危機現在、12億人以上の人々がきれいな飲み水を手入れることが困難な状態だと言われています。毎年500万人にのぼる子供たちが水にかかわる病気のために亡くなっています。下水処理されていない水や汚染された水を使うしか生活できない国や地域が存在するのです。毎日きれいな水を使えるわたしたちはその大切さを忘れるべきではありませんね。水を無駄にしないためにも水漏れしている蛇口がありますか?パッキンを取り [続きを読む]
  • 水は健康にも大切
  • 水は健康のために大切インフルエンザの流行の季節です。感染症の80%は汚れた手を通して伝染します。1日何度も手を洗うことは大切です。おむつを替えた時、動物やペットに触った時、トイレの後も忘れずにしましょう。石鹸またハンドソープで手を洗うことは、アルコール消毒より効果的と言われています。毎日お風呂に入ることや、衣服や寝具を清潔にしておくことも大切です。食品にも危険が新鮮で栄養たっぷりに見えても、汚染され [続きを読む]
  • 地球の管理は大切
  • 南極の氷南極西部の氷床は、地球温暖化の影響で融解が進んでいると言われています。この氷床の融解が止まらなくなってしまうのは何故でしょうか?普通海を覆う氷床は、太陽光線を反射しますが、氷床が薄く小さくなるにつれて、その下にある反射率の低い海がむき出しになり、暗い海の表面が熱を吸収して氷がいよいよ解けてしまうようです。氷が解けて海面が上昇すると、何億という人々に影響を与えてしまいます。生物圏とは?生物圏 [続きを読む]
  • 水をもっと飲みましょう
  • 水分を十分に取りましょう!特に運動中には十分に水分を補う必要があります。もし水分が補給されないと、疲労が生じ、体の動きがぎこちなくなり、けいれんなどを引き起こしかねません。発汗によって失われた水分を補わないと、血液を循環させるために心臓が激しく動きます。運動の前後にも運動中にも水をきちんと飲むように心がけましょう。生活習慣に関係する痛風ある文献には、痛風は尿酸の代謝異常であると述べています。尿酸は [続きを読む]
  • 魚の能力から学ぶ
  • 魚群の泳ぎって凄いですね?毎年、自動車事故で100万人以上の方が亡くなり、約5000万人の方が怪我を負っています。しかし、魚は大集団の中でも互いにぶつからずに泳ぐことが出来ているのはなぜでしょうか?魚は、視覚と側線感覚という特別な感覚によって、周囲の状況を認識しています。つまりこの2つの感覚を使って周囲の魚の位置を識別し、泳ぎを変化させます。魚の素晴らしい能力能力1、並走。近くの魚の速度に合わせて一定の距 [続きを読む]
  • 人から出る水 涙
  • 涙 人は生まれてくる時から泣くことを始めますね。赤ちゃんが泣くのは感情的また身体的な必要を満たすためです。つまり唯一の意思伝達の手段です。涙はどんな時出るのでしょうか?悲嘆、挫折感、心身の苦痛の場合もあれば、幸福感、安堵感、達成感から出る涙もあります。不思議なことは涙が伝染することです。誰かが泣いていると、その理由が何でも泣けてきてしまうのではないでしょうか?泣くことのメリット泣くことは感情の有益 [続きを読む]
  • 海の幸は大切
  • 皆さん、お寿司は好きですよね?マグロやアジ、サバ、サンマ、イワシ…考えただけでもよだれがでますね?今、世界的に漁業問題になっているのは漁場問題で様々な国が争っていますね。日本の代表的な食べ物である「寿司」はまさに大きな影響を受けてしまいます。すでにいくつかの魚は手に入りにくくなっていますね。危機は世界的世界の漁業資源の60%が乱獲によって壊滅的な被害を受けていると言われています。なぜ乱獲が難しい問題 [続きを読む]
  • 海の幸は大切
  • 皆さん、お寿司は好きですよね?マグロやアジ、サバ、サンマ、イワシ…考えただけでもよだれがでますね?今、世界的に漁業問題になっているのは漁場問題で様々な国が争っていますね。日本の代表的な食べ物である「寿司」はまさに大きな影響を受けてしまいます。すでにいくつかの魚は手に入りにくくなっていますね。危機は世界的世界の漁業資源の60%が乱獲によって壊滅的な被害を受けていると言われています。なぜ乱獲が難しい問題 [続きを読む]
  • 井戸水は大切
  • 井戸水地下水は井戸によって汲み上げられています。昔から井戸は生活の中心でもありました。人々が井戸の周りに集まり、水を汲んだり、洗濯をしたり、最近の出来事を話し合ったり、ご近所の噂話や世間話に花が咲く場所ともなっていました。「井戸端会議」はまさにそこから発展した言葉でもあります。最近仕事でも井戸水ポンプを使っている家に訪ねたころがあります。それは井戸水が枯渇して水が出なくなったことでした。地下水の具 [続きを読む]
  • 水漏れは大変
  • 最近水道料金上がってないですか?蛇口から1ミリほどの糸状の水漏れが生じているとしましょう。1ヶ月でなんと!約6m?で約¥2000無駄にしていることになります。トイレでも便器のたまり水に水が流れ出ているとしましょう。1ヶ月でなんと!約20m?で約¥7000無駄にしていますよ。大したことではない、と考えますか?水道メーターのどこを見ればわかるか?量水器のメーター内には「パイロット」と呼ばれる銀色の小さな皿のようなも [続きを読む]
  • 水はどうやって使えてるの?
  • 水はどうやって使えるようになるのか?東京都水道局のホームページ(www.waterworks.metro.tokyo.jp)の「くらしと水道」を見ると左のような図で解説されています。水道設備の給水方式が3つに分類されています。(1)配水管からの水圧で給水直圧直結給水方式。(2)貯水槽に水を貯めて給水する貯水槽水道方式。(3)増圧ポンプにより給水する増圧直結給水方式。戸建ての家やアパートなどは(1)の直圧直結給水方式になるかと思います。水の [続きを読む]