はづき さん プロフィール

  •  
はづきさん: Re: In Translation
ハンドル名はづき さん
ブログタイトルRe: In Translation
ブログURLhttp://intranslation.blog.jp/
サイト紹介文フリーランス特許翻訳者のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 216日(平均1.0回/週) - 参加 2017/11/04 17:07

はづき さんのブログ記事

  • 話題のものにはとりあえず乗っかろう
  • なにやら『吸血鬼の英文法』という本が話題になっているのを見かけて、何じゃそれ?と思って検索してみると、おー、あの本の和訳ねってことでした。あの本といいますのは、こちら。The Deluxe Transitive Vampire: A Handbook of Grammar for the Innocent, the Eager and th... [続きを読む]
  • まずはprosecution
  • 『litigationよりもまずはprosecution』これは、以前お会いした取引先の弁理士の方が言っていたことです。翻訳会社の営業とか、フリーランス翻訳者の応募書類などで、訴訟を踏まえた英文明細書を作成しますという宣伝文句を見かけるけど、権利化しないことには訴訟にならない... [続きを読む]
  • 英語のお勉強
  • 最近、英語の文法のおさらいをしてます。といっても、分厚い文法書を読むほどの時間もエネルギーも今はないので、うす〜いワークブックを一冊。こちら↓結構前に購入したのですが、さらっと眺めたままほったらかしになってたので、ちゃんと読んで設問を解くことにしました... [続きを読む]
  • 読書記録(1月〜3月)
  • 昨年末頃、勉強とは関係なく、ただ娯楽として本が読みたいと思い読み始めたら、止まらなくなっちゃいました。最初は寝る前に30分程度だったのですが、本の後半に入ってくるとどんどん先が知りたくなり、あともう少しと読み進め、気付いたら2時間くらい読んでたり。でも、睡眠... [続きを読む]
  • 大学院生の頃の研究テーマ
  • 今は昔。大学院生の頃。と言っても、昭和の時代じゃありません。平成に入ってからです!!外国語としての日本語教授法を専門としていたのですが、当時の私の研究テーマは、ポライトネスの習得でした。文法レベルでの敬語の習得にとどまらず、それぞれの状況でどの程度のポラ... [続きを読む]
  • 確定申告終了
  • 書類を改竄せずとも、ちゃんと数字が合いました(^^)毎年思いますが、確定申告って面倒ですよね。税理士さんに頼もうかとも思っているのですが、どこでどうやって信用できる人を探せばいいのか分からず、結局毎年自分でやってます。翻訳業界の外の人が、どこでどうやって信用... [続きを読む]
  • もう1つの"C"がもたらすジレンマ
  • 少し前になりますが、テクニカルライティングには3Cだけではなく、cohesion も必要という話を書きました。じゃあ、4Cでいいの?というと、それでもやっぱり足りないと思います。Consistencyこれもテクニカルライティングには必要じゃないでしょうか。文書全体が首尾一貫して... [続きを読む]
  • 機械翻訳に関する雑感
  • 翻訳関連の雑誌だったり、翻訳者のブログだったり、翻訳会社や翻訳スクールのウェブサイトだったり、どこを見ても機械翻訳の話って出てきますよね。ここもやっぱり、盛り上がってる話題には乗っていこう。個人的見解としては、正直、何が本当かわからないから今後どうなるの... [続きを読む]
  • ググったらカス
  • そんな経験ありませんか?グーグル検索って便利ではあるんですけど、検索結果を程よくフィルターしないと、実際のところは使えないですよね。というわけで、英語表現を検索するときにいつも使ってる設定を少々ご紹介。まず、"Settings" を して "Advanced search" ... [続きを読む]
  • ネイティブ崇拝主義
  • 翻訳会社でも、ソースクライアントへの納品前にはネイティブチェックしてますというところ、結構ありますよね。本当に全件チェックしてるかどうかは別として。フリーランス翻訳者に対しても、ネイティブチェックをしてフィードバックしてくる会社もあります。でも、う〜ん(... [続きを読む]
  • トライアルについて考える
  • トライアル受けるの、好きな人います?私は嫌いです。だって、面倒なんですもの。トライアルにも色々な形態がありますよね。一般的なのは、無償トライアルで、特許翻訳の場合だと明細書の一部を抜粋した原稿を訳すもの。私の場合、このタイプのトライアルの勝率はそんなに高... [続きを読む]
  • フリーランスになって5年
  • 5年前、派遣の仕事を辞めたときは、本当にフリーランスで食べていけるのかな〜?と不安はありましたが、普通に食べていけてます。さて、今年もあと数日で終わりですので、まとめ的な記事も書いておきましょうね。まず、売り上げはと言いますと、昨年比101.4%と微増。納品した... [続きを読む]
  • 回転可能に支持する
  • 機械分野の案件では『回転可能に支持する』という表現がよく用いられますよね。早速、公開公報の例を見ていきます。**********************************************【原文】第一支持突部12の径方向外側に、第一支持軸受61が配置されている。この第一支持軸受61は、円... [続きを読む]
  • "on the basis of" と "in accordance with"
  • 最近担当した案件数件続けて『〜に基づいて』という表現の使い方が気になりました。実際の案件を引用することはできませんので、公開公報から似たような使われ方をしているものをいくつか引用します。***************************************<引用1>【原文】CPU111... [続きを読む]
  • 訳語選択の根拠をどこに求めるか
  • 訳文で用いる表現に関しては、なぜそう訳したのかが説明できる必要があります。その訳が適切であるといえる根拠ですね。実際には、すべての訳語の根拠を説明するのは難しいのですが、悩んで、調べて、また悩んで訳出した箇所についてはたいてい根拠があります。よく、訳語を... [続きを読む]
  • 隙間はあるの?ないの?
  • 似たようなネタを以前のブログでも書いたような気もするのですが、大事なので二度書きます(冗談)。日本語明細書では、それぞれの構成の効果をしつこいくらいに説明している場合がありますね。『こういう構成だからこの問題が発生しない』と、起こらないこと、存在しないも... [続きを読む]
  • 肯定形で否定を表す
  • 特許翻訳の仕事をしていると、使用禁止用語がだーーっと書かれた指示書が送られてくることがありますよね。その中に含まれる用語といえば、"necessary" "required" "essential" など限定解釈につながる可能性を持つ用語です。また、"cannot" もよく含まれますね。で、こうい... [続きを読む]
  • 受身形なのか可能形なのか
  • 特許明細書には、よく『考えられる』『用いられる』『得られる』といった表現が登場しますが、これって受け身を表してるの?それとも可能を表してるの?と考え込むことがあります。まず、日本語文法のおさらいをしましょう。おそらく大半の日本人は、学校で習ったであろう日... [続きを読む]
  • インボイス制度の影響を考える
  • 『インボイス制度』(公的には適格請求書等保存方式というらしいです)が平成35年10月1日から導入されるらしいです。インボイス制度とは、納入先に『適格請求書』を発行しなければいけないという制度のようです。詳しいことまで理解していないので、伝聞・推量の助動詞が多く... [続きを読む]
  • 選べる翻訳者でありたい
  • 『選べる翻訳者』でありたいというのは前々から言っていることです。フリーランスという働き方を選ぶ理由は人それぞれですが、私の場合、納得いかない仕事をしたくないという思いがつのった結果です。翻訳の仕事を始める前に勤めていた会社でのお話を少々書きましょう。個人... [続きを読む]