光輝 さん プロフィール

  •  
光輝さん: ひかりの路?我以外皆我師也
ハンドル名光輝 さん
ブログタイトルひかりの路?我以外皆我師也
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/usagi_spirit11/
サイト紹介文心理臨床家の徒然日記です。サウンドクリエイターもしていますので、音楽関係のネタも記します。
自由文心理臨床家にしてサウンドクリエイターの光輝が記すエッセイです。

臨床心理学の話題を記す時には、時としてかなり長い記事を書く傾向があります<(_ _)>

また、音楽関係の記事も記していきます。

皆様宜しくご指導くださいませ<(_ _)>
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 12日(平均8.8回/週) - 参加 2017/11/05 11:57

光輝 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • YouTubeに自作曲『青春』をアップしました(*^-^*)
  • KORG KRONOS2-88KORG New KRONOS-88 88KEY MODEL/KRONOS2-88 MUSIC WORKSTATION SYNTHESIZERKORGABILITY 2.0 Pro [エレクトロニクス]インターネット2016-05-19 YouTubeに自作曲『Youth~青春~』をアップしました(*^-^*)使っているDAWは相変わらずABILITY2.5 Proです。ハモンドオルガンの音色を出しているマスター・キーボードは、例によってKORGのKRONOSを使っています。KRONOSは88鍵盤の仕様のものを使っていますので、シンセのソ [続きを読む]
  • 毒になる親とパーソナリティ障害(第三話)―虐待
  • 父-娘 近親姦―「家族」の闇を照らす [単行本]ジュディス・L.ハーマン誠信書房2000-12親に壊された心の治し方 「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本 (こころライブラリー) [単行本(ソフトカバー)]藤木 美奈子講談社2017-01-24臨床心理学 (第1巻第6号) 子どもの虐待 [単行本]金剛出版2002-02子ども虐待への心理臨床: 病的解離・愛着・EMDR・動物介在療法まで [単行本]海野 千畝子誠信書房2015-06-10子どものこころの生きた理解に向 [続きを読む]
  • 新曲『覚醒』をYouTubeにアップしました(*^-^*)
  • 新曲『覚醒』のマスタリング処理もしていないデモ音源をYouTubeにアップしました。マスタリングもしていないし、イコライジング処理もろくろくしていないラフな音源ですが、ご覧いただけたら感謝です歌詞が一部聞き取りにくいので、歌詞をお書きしておきますね。『覚醒』作詞・作曲 志織&光輝編曲・演奏 光輝仮歌のヴォーカル 志織覚醒のイニシエーション前へ踏み出すたびに離れてしまう迷いの森のあの時の私さまよいながら追 [続きを読む]
  • "Grace"――新曲のデモ音源をYouTubeにアップしました(*^-^*)
  • 新曲のデモ音源をYouTubeにアップしました。タイトルは"Grace"です。「恵み」という意味ですね。KORGのKRONOSを使って宅録で録音しているシンプルな音源です。そのうちスタジオのピアノできちんと録音するつもりです今回は宅録の、しかもやはりマスタリングもしていないラフな音源です。お聞き苦しい点は、皆様のご寛容をもってお許しくださいませ感謝しつつ。光輝(*^^)v [続きを読む]
  • "Blessing"―新曲のデモ音源をYouTubeにupしました<(_ _)>
  • 今年の春に横浜市の三渓園にお花見に行った時に作曲した"Blessing"というインストものの動画を、今日YouTubeにup致しました使っているDAWはABILITY 2.5 ProとCubase 9 Proです。マスターキーボードとして、KORGのKRONOSを使っています。これもデモ音源のマスタリング処理をしていない荒っぽい音源ですので、お耳汚しだとは思いますが、お聞き苦しい点はご容赦くださいませ。皆様のご寛容に感謝しつつ光輝 [続きを読む]
  • 自作曲『ひかりの未来』の動画です(#^^#)
  • 自作曲のラフなスケッチをYouTubeにアップしたものを一つ記しておきたいと思います。一曲目タイトル:『ひかりの未来』作詞  光輝&志織作曲・編曲・演奏 光輝使用DAW: ABILITY 1.5 Pro二曲目タイトル: 『 夢のいのち』作曲・編曲・演奏: 光輝使用DAW : ABILITY 1.5 ProとCubase 8どちらも昨年つくったきわめてラフな音源を動画に張り付けて、YouTubeにupしていたものです。長らくそのまま放置していましたが、最近ようやくきち [続きを読む]
  • 頑張ったってできないこともあるよねー春爛漫
  • 頑張ったってできないこともあるよね何回やっても駄目なことも完璧だと思ったのに相手が上だった外れクジばかり引いてるようでなぁに小さなはずれは当たりの貯金いつかはどーんと大当たりそう、例えばあなたに出会えたように大切なあなたに大当たり(作詞作曲 さだまさし氏 『春爛漫』より)努力すれば結果はおのずとついてくるとか、「やれば出来る」という幻想に、私たちはどうやらいまだに縛られ過ぎているように思います自力 [続きを読む]
  • Tears In Heavenー『聖書と歎異抄』を読んで
  • にほんブログ村' target="_blank">第二次世界大戦の敗戦後、筆舌に尽くし難い逆境と苦難の中を生き抜いて、当代を代表する作家となられた五木寛之氏。日本におけるフランシスコ会の頂点にまで上り詰めながら、新共同訳聖書の訳出に携わる中で現代の日本のキリスト教会の現状と対峙なさった経緯から方向転換し、今では大阪のドヤ街のようなところで泥まみれになって慈しみを実践しておられる本田哲郎司祭。このお二方が対談なさった [続きを読む]
  • 残春―若さを嗤わず、老いを恨まず
  • 若さを嗤わず 老いを恨まずいつか来た道 いつか行く道いのちを恥じず いのちに怯えず永い永い坂を 黙して独り行く心に咲く花は 季節を選ばない与えられしいのち かなしきもまたよろし(さだまさし氏作詞作曲『残春』より)さだまさしさんが35億円もの莫大な借金を完済なさってから、氏の書く楽曲に少し変化がみられるように思います。上に引用した歌詞は、さだまさしさんの『第二楽章』というアルバムに収められている『残春 [続きを読む]
  • 聴く力ー不登校の心理療法の要諦①
  • 大切に育ててきたわが子が学校に通えなくなることが、心ある親御さんにとっていかに大きなショックを与えるか、不登校状態になったご本人と親御さんのご心痛のリアルは、プロの医師や心理臨床家にもなかなかわからないものです。不登校という臨床像については、古くは「学校恐怖症(school forbia)」と呼ばれて神経症扱いされていた黎明期から、日本では次第に「登校拒否(school refusal)」と呼ばれるようになりましたね。次いで、 [続きを読む]
  • キモチを汲むこと―思春期の心理臨床①
  • 幼少期に不幸にして養育者との間に適切で血の通った愛着が形成されなかった子どもたちは、サイレントベイビーになって自らの愛情飢餓を訴えたり、わざと過度に養育者に甘えたり反抗したりしながら、何とかして養育者の未熟さに気づきをもたらそうとします。親を含めた養育者が、幸いにして心ある方々である場合、子どもの異変にふと気付いて、小児科医や児童相談に自ら通ったりして、わが子に対する見識を改めることがあります。そ [続きを読む]
  • 過去の記事 …