まぐろどん さん プロフィール

  •  
まぐろどんさん: アナリスト考案!スマホで株式「トランプ式投資術」
ハンドル名まぐろどん さん
ブログタイトルアナリスト考案!スマホで株式「トランプ式投資術」
ブログURLhttps://ameblo.jp/maguro-butsu/
サイト紹介文日中、株価が見れないサラリーマン投資家に!売り買いのタイミングの悩みも解決する投資法を紹介します!
自由文スマホで株式投資!土日に注文して1週間放置するだけの簡単投資法で低リスクかつ安定的なリターンを実現!

・日中は相場をみていられない
・頻繁に注文を出している暇はない
・銘柄選びに時間をかけられない
・副業として安定的な収入が欲しい
・売買のタイミングが分からない

サラリーマン投資家や株式投資初心者にオススメ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 13日(平均13.5回/週) - 参加 2017/11/06 15:20

まぐろどん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 証券アナリストまぐろどんによる「ノートランプルール」
  • ここでのノートランプルールというのは「トランプ式投資術」の銘柄採用ロジックから外れたという意味。 トランプ式投資術のロジックルール上、採用されなかった銘柄だけど、そのまま捨ててしまうにはもったいないという、まぐろの中落ちのような、0円食堂のような銘柄を紹介します。 少額で早期の資産形成を目指している投資家にオススメ!!そういった銘柄が毎回あるわけではないので不定期の更新になります。 そのカードとは・ [続きを読む]
  • 証券アナリストまぐろどんによる大統領令
  • 「トランプ式投資術」を実践したいが、投資資金が少ない方や1銘柄に集中投資したいという方のために!! まるで大統領令のように迅速かつ強引に「トランプ式投資術」からカードを一枚ピックアップ!! 見事「JOKER」を引き当てることができるか!? 今週のJOKER ミスミG(9962) ※株数は各自リスクのとれる範囲内で自由に設定。 【過去の結果】2017年4月SUMCO(3436)買値1803円→売値1905円 +102円住阪セメ(5232) 買値472円 [続きを読む]
  • 今週の「トランプ式投資術」運用銘柄
  • アナリストが考えたスマホでもできるお手軽株式投資「トランプ式投資術」 機関投資家や外国人投資家などプロのクセを逆手に取った投資法で低リスクで安定的なリターンを実現! ルールは簡単!月曜日寄付き注文で、金曜大引け決済の1週間で完結するスイングトレードです!(ロスカットはあらかじめ決めておきます) 持ち株をシャッフルしていくポーカーのような投資法でロイヤルストレートフラッシュを狙え! ・日中は相場をみてい [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞・パナソニック、新興国開拓を急ぐ。インドで権限委譲で現地開発した家電が好調なため。インドを拠点に中東やアフリカ市場に攻め込み、現在約55%である海外売上高比率を2020年までに6割に増やす方針で、インドなどで進める家電の拡大や車載電池が伸びれば70%になってもおかしくないとの見方を示した。・ファーストリテイリング、ユニクロでセルフレジを都内の店 [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞・三菱電機、中国で産業用ロボットの生産検討。人件費高騰などを背景に工場自動化の需要が現地で旺盛なことに対応する。IoTを活用した機械の稼働監視サービスの海外展開も2018年度から始める。・キヤノン、18年12月期の年間配当が160円になる模様。今期に実施する創立80周年の記念配10円を普通配に上乗せし、記念配がなくなる分と合わせて160円と、今期予想と [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞・第一生命HD、18年3月期の最終利益を従来予想の1790億円→2260億円に上方修正。円安で利息配当金収入が増えたことが要因。ゆうちょ銀行で米国債券の取引に伴う運用益が拡大。・日本郵政、17年2Q累計(4-9月期)の最終利益が前年同期比+20.3%の1801億円。投資信託の販売額が07年の郵政民営化以降で過去最大となった。・アマダHD、18年3月期の最終利益を従来 [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞・良品計画、無印良品で2018年1月から4割にあたる約2400品目を値下げ。過去最大規模の価格改定となる。家具や生活雑貨が中心。消費者の節約傾向が続いていることが背景。販売量拡大による仕入れ単価の低下や物流の見直し、包装の簡素化などによるコスト減も値下げ原資にする。・ワタミ、17年2Q累計(4-9月期)の経常損益が約2億円の黒字と従来予想の6億円の赤字 [続きを読む]
  • 朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞(11/11〜11/12)・アルバック、18年6月期の最終利益を従来予想の255億円→275億円に上方修正。3期連続で最高益を更新する見通し。半導体や電子部品向け製造装置の販売が好調。有機EL向けの製造装置も伸びる。・Vテクノロジー、17年2Q累計(4-9月期)の最終利益が前年同期比+89%の20億円と同期間としては過去最高となった。海外向けを中心に検査装置や露光装 [続きを読む]
  • 証券アナリストまぐろどんによる「ノートランプルール」
  • ここでのノートランプルールというのは「トランプ式投資術」の銘柄採用ロジックから外れたという意味。 トランプ式投資術のロジックルール上、採用されなかった銘柄だけど、そのまま捨ててしまうにはもったいないという、まぐろの中落ちのような、0円食堂のような銘柄を紹介します。 少額で早期の資産形成を目指している投資家にオススメ!! そういった銘柄が毎回あるわけではないので不定期の更新になります。 そのカードとは [続きを読む]
  • 証券アナリストまぐろどんによる大統領令
  • 「トランプ式投資術」を実践したいが、投資資金が少ない方や1銘柄に集中投資したいという方のために!! まるで大統領令のように迅速かつ強引に「トランプ式投資術」からカードを一枚ピックアップ!! 見事「JOKER」を引き当てることができるか!? 今週のJOKER DMG森精(6141) ※株数は各自リスクのとれる範囲内で自由に設定。 【過去の結果】2017年4月SUMCO(3436)買値1803円→売値1905円 +102円住阪セメ(5232) 買値472円→ [続きを読む]
  • 今週の「トランプ式投資術」運用銘柄
  • アナリストが考えたスマホでもできるお手軽株式投資「トランプ式投資術」 機関投資家や外国人投資家などプロのクセを逆手に取った投資法で低リスクで安定的なリターンを実現!ルールは簡単!月曜日寄付き注文で、金曜大引け決済の1週間で完結するスイングトレードです!(ロスカットはあらかじめ決めておきます) 持ち株をシャッフルしていくポーカーのような投資法でロイヤルストレートフラッシュを狙え! ・日中は相場をみていら [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞・住友林業、熊谷組と資本・業務提携。住友林業は熊谷組の発行済み株式の20%を取得し、筆頭株主となり、熊谷組も住友林業に出資し、同2.85%を取得する。戸建て住宅と土木・建築のノウハウを持ち寄り、海外事業や木造・緑化関連の建設事業を開拓する。・住友金属鉱山、18年3月期の最終利益を従来予想の630億円→680億円に上方修正。銅やニッケルなど非鉄金属の価 [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞・三菱UFJ、インドネシア大手銀の株式を4割取得し、持ち分法適用会社を検討。2000億円出資し、将来的に子会社を目指す。海外で稼ぐ利益の割合は邦銀初の5割超えとなる見通し。・安川電機、中国で産業用ロボットを増産。月産台数を現在の1200台→1500台に引き上げる。スマホや家電、コンピューター向け需要に対応する。・マクドナルド、17年3Q累計(1-9月期) [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞・トヨタ自動車、18年3月期の最終利益を従来予想の1兆7500億円→1兆9500億円に上方修正し、一転して増益となる見通し。通期の想定為替レートを1ドル111円、1ユーロ128円と円安方向に見直したことによる。原価改善効果の積み増しも寄与。ただ、為替の影響を除けば実力では減益だとしている。・日本ガイシ、仏のシュナイダーと蓄電システムで提携。同社の蓄電池とシ [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞・ファーストリテイリング、国内外の全商品にICタグを取り付ける。1年以内をめどにユニクロを含めた全3000店で導入する。初期投資は数百億円規模となる模様。ITの活用で店舗の生産性を高める。・日本マクドナルドHD、10月の既存店売上高が前年同月比+8.2%と23ヵ月連続で前年を上回った。月見バーガー関連がけん引し、客単価が大きく伸びた。・ベネッセHD [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞(11/3〜11/6)・住友商事、17年2Q累計(4-9月期)の最終利益が前年同期比2.3倍の1500億円前後だった模様。ニッケルや銅など非鉄金属価格の上昇が寄与。北米を中心に鋼管事業も好調。11/6の決算発表で18年3月期通期の同利益を従来予想の2300億円→2800億円前後に上方修正する可能性が高いとしている。・いすゞ自動車、17年2Q累計(4-9月期)の営業利益が前年同 [続きを読む]
  • 証券アナリストまぐろどんによる「ノートランプルール」
  • ここでのノートランプルールというのは「トランプ式投資術」の銘柄採用ロジックから外れたという意味。 トランプ式投資術のロジックルール上、採用されなかった銘柄だけど、そのまま捨ててしまうにはもったいないという、まぐろの中落ちのような、0円食堂のような銘柄を紹介します。 できる限りリスクをとらずに、かつ少額から早期の資産形成を目指している投資家にオススメ!! そういった銘柄が毎回あるわけではないので不定期 [続きを読む]
  • 証券アナリストまぐろどんによる大統領令
  • 「トランプ式投資術」を実践したいが、投資資金が少ない方や1銘柄に集中投資したいという方のために!! まるで大統領令のように迅速かつ強引に「トランプ式投資術」からカードを一枚ピックアップ!! 見事「JOKER」を引き当てることができるか!? 今週のJOKER NSSOL(2327) ※株数は各自リスクのとれる範囲内で自由に設定。 【過去の結果】2017年4月SUMCO(3436)買値1803円→売値1905円 +102円住阪セメ(5232) 買値472円→売 [続きを読む]
  • 今週の「トランプ式投資術」運用銘柄
  • アナリストが考えたスマホでもできるお手軽株式投資「トランプ式投資術」 機関投資家や外国人投資家などプロのクセを逆手に取った投資法で低リスクで安定的なリターンを実現! ルールは簡単!月曜日寄付き注文で、金曜大引け決済の1週間で完結するスイングトレードです!(ロスカットはあらかじめ決めておきます) 持ち株をシャッフルしていくポーカーのような投資法でロイヤルストレートフラッシュを狙え! ・日中は相場をみてい [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞・ホンダ、2022年をメドに充電時間が半分以下になるEV(電気自動車)を世界で販売。15分の充電で240キロメートル走れるようにする。今後、大容量電池を共同開発するパートナーを検討する。・ダイヘン、EV向けにワイヤレス給電装置を販売。駐車するだけで充電できるようになる。10分間の充電で約17キロメートルの走行が可能になるという。11月から注文を受け付 [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞・ルネサスエレクトロニクス、トヨタに演算処理用の高性能半導体を供給。トヨタが2020年の実用化を目指す自動運転車に採用された。・アイシン精機、AT(自動変速機)を増産。約1000億円を投資し、020年に3割増の1250万台に拡大する。従来は生産目標を1000万台としていた。中国の自動車メーカーを中心にAT需要が増加していることに対応する。・コーセー、18年3 [続きを読む]
  • 朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞・ソフトバンクグループ、傘下の米スプリントとTモバイルUSの経営統合に向けた協議を打ち切る方針。同社と独ドイツテレコムが新会社の筆頭株主となることを互いに主張し、折り合いがつかなかった。・ヤマダ電機、2020年までに低価格のEVを発売。小型EVを設計、開発するのベンチャー企業に十数億円を出資する。生産は船井電機に委託。1台100万円以下にし、 [続きを読む]
  • 今日の朝刊より株式投資の勘どころ
  • 朝刊より株式相場の材料になりそうな記事をピックアップ■日経新聞(10/28〜10/30)・新日鉄住金、17年2Q累計(4-9月期)の最終利益が前年同期比9倍の991億円。原料炭など主原料が高騰も、鋼材価格引き上げで吸収した。業績改善を受け上期の配当を従来予想の25円→30円に増額修正。なお、18年3月期通期の同利益は前期比+30%の1700億円となる見通し。・シャープ、17年2Q累計(4-9月期)の最終損益が347億円の黒字(前年同期は45 [続きを読む]
  • 過去の記事 …