chocoramau さん プロフィール

  •  
chocoramauさん: 食べ物で健康管理
ハンドル名chocoramau さん
ブログタイトル食べ物で健康管理
ブログURLhttp://www.chocoramau.cloud/
サイト紹介文栄養士は食べ物で健康管理、病気を予防する。 食品の効果、働き、食べ物を分かりやすく書いてます。
自由文良く聞くのが、病院に行くとカリウムと取りなさい等、食品成分で言われても、何を食べたら良いか分からないと聞きます。 

ここでは、食品成分を含め、病気予防、食品成分の働き、効果などをまとめています。

食品(食べ物)別でも見る事が出来ます。

食べて、健康、病気予防を中心に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 42日(平均8.8回/週) - 参加 2017/11/05 18:11

chocoramau さんのブログ記事

  • 短鎖脂肪酸とは?働きとは?
  • 近年、短鎖脂肪酸は痩せ酸として取り上げられてます。短鎖脂肪酸とは大腸の中で善玉菌により作られる有機酸の一種で具体的には酢酸、プロピオン酸、酪酸などの種類があります。乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌により、食物繊維やオリゴ糖を発酵して短鎖脂肪酸を作ります。参考記事 → 食物繊維を多く含む食品の働きとは?腸内で作られる短鎖脂肪酸には腸を元気にしてくれる働きがあります。腸の中で善玉菌を増やせば短鎖脂肪酸 [続きを読む]
  • ブルーベリーの栄養素、効能、食べ方とは
  • ブルーベリーには様々な栄養素が含まれています。ブルーベリーのおもな成分はアントシアニン、ポリフェノール、ビタミンA、ビタミンEベータカロチン、亜鉛、カリウム、食物繊維です。参考記事 → ポリフェノールとは、効果、働きとは?参考記事 → ビタミンAを多く含む食品の働きとは?参考記事 → ビタミンEを多く含む食品の働きとは?参考記事 → β(ベーター)-カロテン働きとは?食品とは?参考記事 → 亜鉛を多く [続きを読む]
  • 酵素とは?働き・効果とは?
  • 近年酵素ダイエットが流行っています。 酵素とはアミノ酸やビタミンミネラルの栄養素を材料
    として、体の中で作られています。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:320px;height:10
    0px" data-ad-client="ca-pub-9054342340884152" data-ad-slot="6695030477">酵素とは体の中
    で作られるタンパク質の一種で、生きていくために絶対に必要な.. [続きを読む]
  • DHA、EPAとは?働き・効果とは
  • 不飽和脂肪酸の一種であるDHA、EPAは青魚の油に豊富に含まれている成分です。参考記事 → 不飽和脂肪酸とは?食品とは?DHAはドコサヘキサエン酸の略で、EPAはエイコサペンタエンサン(又はIPA:イコサペンタエンサン)の略です。どちらも体内で作る事の出来ず、不飽和脂肪酸の中の多価不飽和脂肪酸で、オメガ3の栄養素です。参考記事 → オメガ3とは?働き・効果とは?近年では、魚離れになり、肉中心の食事になってる為、DHA [続きを読む]
  • L-カルチニンとは?働きとは?
  • Lカルニチンは、牛肉の赤身などに含まれるダイエットに有効な栄養素です。Lカルニチンの効果といえば、脂肪燃焼です。肝臓で合成されており、脂肪を燃焼し、ミトコンドリア(エネルギー生産を行う細胞の中の器官)へ脂肪を運ぶ働きをしています。L-カルニチンが不足すると、脂肪酸をエネルギーとして利用できなくなり、疲れやすくなってしまいます。L-カルニチン不足によって、筋肉で燃やされずに残った脂肪酸は、内臓や皮下の脂肪 [続きを読む]
  • 大豆サポニンとは?働き・効果とは?
  • サポニンとは、植物の葉、根、茎などに含まれている苦味、えぐみ、渋味などの原因となっている成分です。お茶、コーヒーなどの苦みもサポニンによるものです。サポニンは漢方や生薬にも多く含まれており、色々な効果があります。サポニンは水と油の両方に溶ける性質があり、効果として、コレステロールの除去、体内で血栓をつくり動脈硬化の原因となる過酸化脂質の生成を抑える働きがあります。サポニンは、大豆やそら豆などのマメ [続きを読む]
  • 乳酸菌とは?働きとは?
  • 乳酸菌とは、腸内環境を良くしてくれる、腸内善玉菌の事です。乳酸菌は、党を分解して、大量の乳酸を作り出す微生物の事で、摂取した糖質(ブドウ糖やオリゴ糖)を栄養として、腸内で乳酸を作っています。人や動物の腸内や、ヨーグルトやチーズなど動物性のものを発酵させる菌、漬物や味噌、納豆のなど植物性のものを発酵させる菌など、日本酒など、乳酸菌は200種類以上あります。ヨーグルトなどの入れ物に記載されている、ビフィ [続きを読む]
  • オメガ3とは?働きとは?
  • 脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。参考記事 → 脂質を多く含む食品の働きとは?参考記事 → 飽和脂肪酸とは?食品とは?参考記事 → 不飽和脂肪酸とは?食品とは?オメガ3とは不飽和脂肪酸の一種で、人間には作る事が出来ず、食べ物からしか摂取出来ない為、必須脂肪酸に分類されています。不飽和脂肪酸は、オメガ3(n-3系脂肪酸)、オメガ6(n-6系脂肪酸)、オメガ9(n-9系脂肪酸)の3種類があります。不飽 [続きを読む]
  • トマトの栄養素、効能、食べ方とは
  • トマトダイエットでも有名な、トマト。トマトに含まれている、リコピンは、カロテノイドの一種で、とまと、スイカ、ピンクグレープフルーツなどに含まれている、脂溶性の赤色色素です。リコピンの強力な抗酸化作用により、がん予防、生活習慣病予防、アンチエイジングや、シミやソバカスなどの美容、美肌効果、ダイエット効果があります。成長ホルモンの働きを活性化させることで、基礎代謝が上がり、運動や、私生活でも燃焼されエ [続きを読む]
  • ナイアシンを多く含む食品の働きとは?
  • ナイアシンはビタミンB群の中で、3番目に発見されたことから、ビタミンB3 と呼ばれていた、水溶性ビタミンです。参考記事 → ビタミンB群とは?働きとは?ニコチン酸とも呼ばれていましたが、タバコに含まれるニコチンとは全く関係はありません。しかし、紛らわしい事もあり、今はナイアシンと言う名前で呼ばれています。ナイアシンは、糖質や脂質、タンパク質と言った栄養素を体の中で、活動を行うためのエネルギーへと変えるた [続きを読む]
  • ビタミンB群とは?働きとは?
  • ビタミンB群は、B1・B2・ナイアシン・B6・B12・パントテン酸・葉酸・ビオチンの8種類のビタミンの事を言います。ビタミンB群複合体とも言います。参考記事 → ビタミンB1を多く含む食品の働きとは?参考記事 → ビタミンB2を多く含む食品の働きとは?参考記事 → ビタミンB6を多く含む食品の働きとは?参考記事 → ビタミンB12を多く含む食品の働きとは?参考記事 → パントテン酸(ビタミン類)を多く含む食品の働き [続きを読む]
  • リコピンとは?働きとは?
  • リコピンとは、カロテノイドと言う天然色素の一種で、トマトやスイカ、ピンクグレープフルーツなどの野菜や果物に含まれている、脂溶性の赤色の色素です。カロテノイドは緑黄色野菜に多く含まれており、600種類以上あります。カロテノイドは活性酸素を消す、抗酸化作用を持っており、代表的なものとしてはαカロテンやβ-カロテン,ルティン,リコピンなどありますが、中でもリコピンは、ほかの成分より、強力な抗酸化作用を持って [続きを読む]
  • コエンザエムQ10とは、働き、食べ物とは?
  • コエンザエムQ10は、脂溶性で、食品にも含まれており、健康や美容に効果を発揮する栄養素です。コエンザエムQ10は、体のエネルギー生産にかかわる補酵素で、全ての細胞内のエネルギー生産にかかわっている補酵素です。 人が生きていくためには、重要不可欠な栄養素です。コエンザエムQ10には、酸化型と還元型の2つがあります.酸化型は、酸化ストレスで、サビから守ってくれ、還元型は抗酸化作用で、体のサビ取り効果があります。 [続きを読む]
  • プロテインとは、働きとは?
  • プロテインは、筋肉トレーニングや、ダイエットの一環で使用されています。プロテインとは、三大栄養素の1つ、タンパク質の事です。 参考記事 → タンパク質を多く含む食品の働きとは?タンパク質は、体の組織をつくる大事な栄養素の一つで、筋肉や骨、血管、髪、肌などの材料で、体のエネルギー源にもなります。人が生きていくには欠かせない大切な栄養素です。体は、運動やトレーニングをするほど筋肉がついていきます。慣れ [続きを読む]
  • 大根の栄養素、効能、食べ方とは
  • 大根には、粘膜や皮膚の健康維持、老化防止、美肌効果、疲労回復、動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病・肥満等などを予防し、免疫力を高める効能があります。大根には根の方に、ビタミンC カリウムがあり、葉の方に、ベーターカロチン、葉酸、ビタミンE、ビタミンK、カルシウム、鉄が含まれています。参考記事 → ビタミンCを多く含む食品の働きとは?参考記事 → カリウムを多く含む食品の働きとは?参考記事 → β(ベー [続きを読む]
  • β(ベーター)-カロテン働きとは?食品とは?
  • β-カロテン(β-カロチン)は、緑黄色野菜や海藻などに多く含まれる、カロテノイドの一つで、体内ではビタミンAに変化する栄養素です。プロビタミンAとも呼ばれています。参考記事 → ビタミンAを多く含む食品の働きとは?小腸から吸収されて、必要に必要に応じて、体内でビタミンAに変化します。働きは、ビタミンAと同じで、目に良い栄養素として知られています。目の神経伝達物質、細胞の成長・保護、修復、皮膚や粘膜の細胞 [続きを読む]
  • 必須ミネラルとは?働きとは?
  • 五大栄養素の1つであるミネラル。 ミネラルの数は約100種類ありますが、人間の生命維持に欠かせない必要なミネラル、最も重要な16種類のミネラルの事を、必須ミネラルと言います。ミネラルの主な働きは、ビタミンと協力して、酵素を働かせたり、歯や骨などの形成成分、体の機能調整です。16種類ある必須ミネラルですが、更に2種類に分類されます。主要ミネラル体内に比較的多く存在し、体が正常に機能するのに、1日に必要とされる [続きを読む]
  • ミネラルの働き、効能とは?
  • ミネラルは、体に必要な5大栄養素の1つです。無機質とも言われています。5大栄養素とは、タンパク質、脂質、糖質(炭水化物)、ビタミン、ミネラルです。必要な量は少ないのですが、体の中で作るとこが出来ないので、食べ物や飲み物から摂る必要があります。ミネラルは、骨などの体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。ミネラルは、食べ物にて摂り入れられた栄養素を、各細胞内に吸収する事で維持されてい [続きを読む]
  • 白菜の栄養素、効果、食べ方とは?<br />
  • 白菜は、95%が水分と言われています。残りの5%に、色々な成分が含まれています。ビタミンCは免疫系のサポートをする効果があり、風邪予防や、シミやソバカスを防ぐ、美白効果もあります。参考記事 → ビタミンCを多く含む食品の働きとは?ビタミンンCは乳酸菌の餌となり、腸内環境を整えます。食物繊維とビタミンCで便通の改善を促進します。参考記事 → 食物繊維を多く含む食品の働きとは?カリウムはナトリウムを排出して [続きを読む]
  • ビタミンUを多く含む食品の働きとは?
  • ビタミンUは、水溶性ビタミン様物質です。ビタミン様物質とは、ビタミンに似た作用があり、ビタミンの働きを助けて体内で合成が出来ます。特に摂取の必要性が認められていないため、ビタミンの分類からは外れています。ビタミンUは 「Ulcer(潰瘍)」と言う意味からつけられた、ビタミン様物質です。化学名、塩化メチルメチオニンスルホニウム と呼ばれ、また、キャベツの絞り汁から発見されたため、キャベジンともいわれていま [続きを読む]
  • 必須アミノ酸・非必須アミノ酸のそれぞれの働きと食品とは?
  • アミノ酸には、必須アミノ酸と非必須アミノ酸の二種類があります。参考記事 → アミノ酸とは?食品とは?それぞれの成分の働きと食べ物を纏めました。必須アミノ酸の働きと食べ物とは?イソロイシン → 分岐鎖アミノ酸の1つです。疲労回復促進、筋肉の成長、皮膚の回復、血管を拡張、肝機能強化作用、美肌、美髪効果、反射神経などの神経系のサポートがあります。牛乳、鶏肉、プロセスチーズ、鮭などの魚に含まれています。ト [続きを読む]
  • 人参の栄養素、効能、食べ方とは
  • 人参は緑黄色野菜の王様と言われるくらい、豊富なベーターカロテンが含まれています。人参に含まれるベーターカロテンの含有量は食材の中で1番です。ベーターカロテンは、皮膚粘膜の健康維持や目の健康維持、老化、生活習慣病、がん予防に役立つとされています。 ベーターカロテンは、体内で必要な分だけ、ビタミンAに代わる為、プロビタミンAとも呼ばれています。ビタミンAは皮膚や喉、気管支、肺はなどを正常に保ち、美肌、美白 [続きを読む]
  • アミノ酸とは?食品とは?
  • アミノ酸は体を作るのに重要な栄養素です。アミノ酸は20種類に分けられます。その20種類に分けられたアミノ酸はそれぞれ異なった働きをします。体の筋肉、内臓、血管、皮膚など、生命活動を行っている機能の殆どはタンパク質が中心で出来ており、タンパク質の元となるのが、アミノ酸です。体の20%はアミノ酸で出来ています。体内で、タンパク質と再合成されて、新陳代謝による細胞新の材料として使われていきます。参考記事 →  [続きを読む]
  • 大根の栄養素、効能、食べ方とは
  • 大根には、粘膜や皮膚の健康維持、老化防止、美肌効果、疲労回復、動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病・に肥満等などを予防し、免疫力を高める効果があります。大根には根の方に、ビタミンC カリウムはあり、葉の方に、ベーターカロチン、葉酸、ビタミンE、ビタミンK、カルシウム、鉄が含まれています。参考記事 → ビタミンCを多く含む食品の働きとは?参考記事 → カリウムを多く含む食品の働きとは?参考記事 → 葉酸を [続きを読む]