chocoramau さん プロフィール

  •  
chocoramauさん: 食べ物で健康管理
ハンドル名chocoramau さん
ブログタイトル食べ物で健康管理
ブログURLhttp://www.chocoramau.cloud/
サイト紹介文栄養士は食べ物で健康管理、病気を予防する。 食品の効果、働き、食べ物を分かりやすく書いてます。
自由文良く聞くのが、病院に行くとカリウムと取りなさい等、食品成分で言われても、何を食べたら良いか分からないと聞きます。 

ここでは、食品成分を含め、病気予防、食品成分の働き、効果などをまとめています。

食品(食べ物)別でも見る事が出来ます。

食べて、健康、病気予防を中心に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 181日(平均2.7回/週) - 参加 2017/11/05 18:11

chocoramau さんのブログ記事

  • キトサンの効能効果とは?
  • キトサンはエビ・カニなどの甲殻類の殻や、イカ、キノコに含まれているキチンを加工して作られた、消化されない、不溶性食物繊維です。キトサンは、このキチンを酸やアルカリで処理して作られます。キチンは消化されませんがキトサンは胃酸に溶ける性質をもった食物繊維です。加工によって、水に溶けるものと溶けないものもありますが水に溶けないものも胃酸では溶ける性質をもっています。キトサンの効能はお腹の調子を整えたり、 [続きを読む]
  • ビタミンPとは?効果とは?
  • ビタミンPはポリフェノールの一種でありフラボノイド(色素)の総称です。ポリフェノールとは、効果、働きとは?ビタミンPは色々な効果が期待されています。ビタミンPは、ビタミンではなく水溶性のビタミン様物質と呼ばれています。ヘスペリジン、ルチン、ケルセチン、エリオシトリン等の総称ですスポンサーリンク style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-9054342.. [続きを読む]
  • 海藻ポリフェノールの効果とは?
  • 海藻ポリフェノールは海藻に含まれるものです。海藻ポリフェノールは天然の海藻に含まれており中性脂肪や肥満の予防といったダイエット、健康に効果があります。海藻ポリフェノールは分子量がとても大きく、脂肪を分解する酵素リパーゼの働きを弱める効果があります。リパーゼとは、脂肪分解酵素の事で、脂肪を体の中に貯蓄する働きがあります。吸収された脂肪が貯蓄されることで、脂肪細胞となります。体には、一定の脂肪の貯蓄は [続きを読む]
  • ルテインとは? 効果、多く含む食品とは?
  • ルテインはほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドと呼ばれる天然色素の一種で黄色の組織です。人間の体内にも主要なカロテノイドとして存在しています。眼球の水晶体と黄斑部というところに多く存在しています。カロテノイドとは、自然界に存在する色素です。野菜や果物の赤色、黄色、橙色、鮭の切り身イクラの赤色 加熱したタイやエビの赤色があります。ルテインには抗酸化作用と有害な光を遮る作用 [続きを読む]
  • 尿酸値を下げる食べ物は?
  • 尿酸値が高くなると痛風などの合併症が起きます。尿酸の原料はプリン体です。プリン体はビールや、食品にも含まれていますが、体の中の細胞の中にある核酸にも含まれています。約80%は体内で作られています。尿酸は新陳代謝によって細胞が分解された際やエネルギー消費の際に体内にあるプリン体を原料として作られています。尿酸は血液と共に腎臓に運ばれ、吸収、尿から排出されバランスを保っています。しかしストレス、暴飲暴食 [続きを読む]
  • リコピンの効果とは?
  • リコピンはトマトダイエットで注目され始めた成分です。リコピンとはカロテノイドと言う天然色素の一種でトマトやスイカ、ピンクグレープフルーツなどの野菜や果物に含まれている脂溶性の赤色の色素です。カロテノイドは緑黄色野菜に多く含まれており600種類以上あります。カロテノイドは活性酸素を消す、抗酸化作用を持っており代表的なものとしてはαカロテンやβ-カロテン,ルティン,リコピンなどありますが中でもリコピンは、 [続きを読む]
  • 高血圧に良い食べ物
  • 高血圧は生活習慣を改善するほかに、食事の内容により、改善する事が出来ます。高血圧の原因となるのはまず塩分の摂り過ぎです。塩分を摂り過ぎる事により、血中ナトリウムの濃度が上昇します。そうすると脳からナトリウムの濃度を下げる為に水分を取るようにと指令が出ます。塩分の強いものを食べると喉が渇くのはこのためです。そして水分を摂る事により、多くの血液が流れる為血管に、圧力がかかり、血圧が上がってしまいます。 [続きを読む]
  • 風邪に効く食べ物とは?
  • 風邪は薬を頼ることなく、食べ物を工夫することによって予防・治療する事が出来ます。風邪の主な原因は呼吸器系の鼻腔・咽頭(いんとう)・喉頭(こうとう)などがウイルスに感染する事でおこります。ウイルスは、空気感染・飛沫(ひまつ)感染・接触感染などで人から感染します。感染した時に体の免疫力が弱くウイルスを撃退することが十分にできないと呼吸器系の粘膜から増殖し風邪を引いてしまいます。風邪は、体の免疫力が弱った [続きを読む]
  • ルイボスティーの効果効能とは?
  • ルイボスティーには人間の体内の老化の原因とされている活性酸素を強力に除去する酵素が沢山と含まれています。 病気の9割は活性酵素によるものと言われていますがルイボスティーには脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病、癌、白内障ぜんそく、痴呆症、リュウマチ、胃潰瘍、老化の原因となる活性酵素を強力に除去するSOD酵素と呼ばれる植物由来の酵素が含まれています。強い抗酸化成分により、活性酸素を除去し体の免疫力を高めて [続きを読む]
  • 桑の茶の効能とは?
  • 桑の茶は近年効能が凄いと言う事で注目を浴びています。食後の血糖値の上昇、中性脂肪の蓄積を防ぐ糖尿病・高血圧の予防改善、中性脂肪・LDLコレステロールを下げる効果腸内環境を整える、肝臓・腎臓の機能改善など様々な効能があります。桑の葉にはビタミン類のビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEミネラル類の亜鉛、鉄分、マグネシウム、カルシウム食物繊維、各種フラボノイド、カロテンが含まれています。ビタミンA [続きを読む]
  • 蕎麦の実の効能、栄養とは?
  • 蕎麦の実は海外のモデル、ダンサーなどでもダイエット効果が高いとして注目をあびスーパーフードとして摂り入れられている蕎麦の実。蕎麦ではなく蕎麦の実にダイエット効果あります。蕎麦の実の効能、栄養は近年、注目を浴びて来ています。蕎麦の実には、炭水化物、たんぱく質ともに白米や玄米よりも栄養価が高く必須アミノ酸のリジン、トリプトファンが多く含まれています。必須アミノ酸の働きと食品とは?リジンは肝機能を高め疲 [続きを読む]
  • クルクミンとは?効能とは?
  • クルクミンとはウコンなどに含まれているポリフェノールの一種で黄色の色素成分です。参考記事 → ポリフェノールとは、効果、働きとは?秋ウコンに多く含まれています。クルクミンは色々は効果が期待されています。肝臓の解毒機能を強化する作用があり、胆汁の分泌を促進する働きがあります。胆汁に含まれている胆汁酸はコレステロールから作られています。クルクミンが胆汁の分泌を促す為コレステロールの消費量が増えコレステ [続きを読む]
  • ウコンの効能とは?
  • ウコンはショウガ科クルクマ属植物の多年草でショウガなどの仲間です。日本では沖縄や九州南部などで栽培もされています。 種類も20〜30ほど見つかっており日本では秋に咲く秋ウコン  春に咲く春ウコンが使われています。 秋ウコンと、春ウコンは全く別の種類で成分も異なってきます。カレーのスパイスに使われるターメリックは秋ウコンを乾燥させたものです。秋ウコンにはクルクミンという成分が豊富です。このクルクミンは、 [続きを読む]
  • ココナッツミルクの栄養、効能とは?
  • ココナッツは身体にいい成分がたくさん含まれています。ココナッツミルクの一番の特徴である痩せ成分は脂肪です。ココナッツミルクの中には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸が含まれています。参考記事 → 飽和脂肪酸とは?食品とは?参考記事 → 不飽和脂肪酸とは?食品とは?飽和脂肪酸は溶ける温度が高く、室温では固体の状態です。動物性のものは体内に蓄積されやすくコレステロールや中性脂肪の増加があります。 不飽和脂肪酸は [続きを読む]
  • <br />納豆の栄養素、効能、食べ方とは?
  • 納豆にはナットウキナーゼと言う納豆菌によリ作られる納豆の酵素で、納豆のネバネバに含まれています。ナットウキナーゼは血管に出来る血栓を予防したり血栓を溶かす酵素を活性化させる効果があります。そのため血液をサラサラにする効能がある為動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞予防する効果があります。納豆に含まれているタンパク質はカラダの主成分となる栄養です。タンパク質は肉、魚、乳製品、大豆にを多く含みます。大豆の植物性 [続きを読む]
  • 非必須アミノ酸の働きと食品とは?
  • 非アミノ酸はアミノ酸の1つで、11種類あります。参考記事 → アミノ酸とは?効果・食品とは?非必須アミノ酸は体内でほかのアミノ酸と合成されて出来るアミノ酸です。体内で合成が可能で、必ず摂取しなくてはならない成分ではないとされているので非必須アミノ酸になっています。しかし運動などで体を良く動かす人は意識して摂取した方が良いと言われています。更に疲れやストレス、疾患などで、不足している場合もあります。非 [続きを読む]
  • 必須アミノ酸の働きと食品とは?
  • 必須アミノ酸とは、アミノ酸の1つです。参考記事 → アミノ酸とは?効果・食品とは?必須アミノ酸は体内で作りだす事の出来ないアミノ酸です。積極的に食物で摂取しなければ発育・健康保持に障害を来すもので一つでも不足してしまうと体の働きに影響が出てしまうため必須アミノ酸と呼ばれ重要視されています。必須アミノ酸には9種類あります。イソロイシン→ 分岐鎖アミノ酸の1つです。疲労回復促進、筋肉の成長、皮膚の回復血 [続きを読む]
  • 短鎖脂肪酸とは?働きとは?
  • 近年、短鎖脂肪酸は痩せ酸として取り上げられてます。短鎖脂肪酸とは大腸の中で善玉菌により作られる有機酸の一種で具体的には酢酸、プロピオン酸、酪酸などの種類があります。乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌により、食物繊維やオリゴ糖を発酵して短鎖脂肪酸を作ります。参考記事 → 食物繊維を多く含む食品の働きとは?腸内で作られる短鎖脂肪酸には腸を元気にしてくれる働きがあります。腸の中で善玉菌を増やせば短鎖脂肪酸 [続きを読む]
  • ブルーベリーの栄養素、効能、食べ方とは
  • ブルーベリーには様々な栄養素が含まれています。ブルーベリーのおもな成分はアントシアニン、ポリフェノール、ビタミンA、ビタミンEベータカロチン、亜鉛、カリウム、食物繊維です。参考記事 → ポリフェノールとは、効果、働きとは?参考記事 → ビタミンAを多く含む食品の働きとは?参考記事 → ビタミンEを多く含む食品の働きとは?参考記事 → β(ベーター)-カロテン働きとは?食品とは?参考記事 → 亜鉛を多く [続きを読む]
  • 酵素とは?働き・効果とは?
  • 近年酵素ダイエットが流行っています。 酵素とはアミノ酸やビタミンミネラルの栄養素を材料
    として、体の中で作られています。スポンサーリンク style="display:inline-block;width:320px;height:10
    0px" data-ad-client="ca-pub-9054342340884152" data-ad-slot="6695030477">酵素とは体の中
    で作られるタンパク質の一種で、生きていくために絶対に必要な.. [続きを読む]
  • DHA、EPAとは?働き・効果とは
  • 不飽和脂肪酸の一種であるDHA、EPAは青魚の油に豊富に含まれている成分です。参考記事 → 不飽和脂肪酸とは?食品とは?DHAはドコサヘキサエン酸の略で、EPAはエイコサペンタエンサン(又はIPA:イコサペンタエンサン)の略です。どちらも体内で作る事の出来ず、不飽和脂肪酸の中の多価不飽和脂肪酸で、オメガ3の栄養素です。参考記事 → オメガ3とは?働き・効果とは?近年では、魚離れになり、肉中心の食事になってる為、DHA [続きを読む]
  • L-カルチニンとは?働きとは?
  • Lカルニチンは、牛肉の赤身などに含まれるダイエットに有効な栄養素です。Lカルニチンの効果といえば、脂肪燃焼です。肝臓で合成されており、脂肪を燃焼し、ミトコンドリア(エネルギー生産を行う細胞の中の器官)へ脂肪を運ぶ働きをしています。L-カルニチンが不足すると、脂肪酸をエネルギーとして利用できなくなり、疲れやすくなってしまいます。L-カルニチン不足によって、筋肉で燃やされずに残った脂肪酸は、内臓や皮下の脂肪 [続きを読む]
  • 大豆サポニンとは?働き・効果とは?
  • サポニンとは、植物の葉、根、茎などに含まれている苦味、えぐみ、渋味などの原因となっている成分です。お茶、コーヒーなどの苦みもサポニンによるものです。サポニンは漢方や生薬にも多く含まれており、色々な効果があります。サポニンは水と油の両方に溶ける性質があり、効果として、コレステロールの除去、体内で血栓をつくり動脈硬化の原因となる過酸化脂質の生成を抑える働きがあります。サポニンは、大豆やそら豆などのマメ [続きを読む]
  • 乳酸菌とは?働きとは?
  • 乳酸菌とは、腸内環境を良くしてくれる、腸内善玉菌の事です。乳酸菌は、党を分解して、大量の乳酸を作り出す微生物の事で、摂取した糖質(ブドウ糖やオリゴ糖)を栄養として、腸内で乳酸を作っています。人や動物の腸内や、ヨーグルトやチーズなど動物性のものを発酵させる菌、漬物や味噌、納豆のなど植物性のものを発酵させる菌など、日本酒など、乳酸菌は200種類以上あります。ヨーグルトなどの入れ物に記載されている、ビフィ [続きを読む]