マンボウ次郎 さん プロフィール

  •  
マンボウ次郎さん: アニもに!
ハンドル名マンボウ次郎 さん
ブログタイトルアニもに!
ブログURLhttps://animoni.xn--gckwff8f.com/
サイト紹介文オリジナル小説 魔法少女まどか☆マギカ 別編 〜再臨の物語〜 を連載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 170日(平均3.1回/週) - 参加 2017/11/05 20:23

マンボウ次郎 さんのブログ記事

  • 魔法少女まどか☆マギカ 別編〜再臨の物語〜(2-18)
  • 魔法少女が、魔法少女を殺す。魔女が存在していた頃を仮に魔女歴(まじょれき)と呼ぶとすれば、魔女歴では魔法少女が魔女を殺していた。そして円環の理以降の今の世を円環の歴(えんかんのこよみ)と呼ぶとすれば、円環の歴では魔法少女が魔法少女を殺す。魔女と魔法少女……。姿は違えど、それはどちらも人間の少女の成れの果て。人が人を殺し、血で血を洗う人間の歴史のごとく、魔法少女もまた、殺し殺される運命なのか。 「こ [続きを読む]
  • 魔法少女まどか☆マギカ 別編〜再臨の物語〜(2-17)
  • 白と黒の市松模様で構成された閉鎖空間で、小さな少女くるみを見下ろすほむらと、上目でほむらを見上げるくるみ。紫色の魔力を纏ったほむらは冷静に、淡々と話しかけた。「ずいぶん可愛らしい魔法少女さんだけど、その見かけはまやかしね」見た目は幼い少女だが、くるみの発する魔力の波動は普通の魔法少女のそれとは桁違いだった。可愛らしい姿と裏腹に、底知れぬ邪悪な魔力を秘めているように感じた。そしてこのモノクロな閉鎖 [続きを読む]
  • 魔法少女まどか☆マギカ 別編〜再臨の物語〜(2-15)
  • 「待ってください、杏子ちゃんを助けにいかないんですか?」すぐにゆう子が意外そうな顔で聞いてきた。「杏子ちゃんは、まだひとりで戦っているかもしれないんですよね。それを置いて、行っちゃうんですか?」強敵を相手にひとり残った杏子を置いていくわけにはいかない。自分を逃がすためにひとり残った杏子の身を何よりも案じているのはゆう子だ。マミにもその気持ちは痛いほどわかるが、軽率な判断はヘタをすればゆう子を巻き [続きを読む]
  • 魔法少女まどか☆マギカ 別編〜再臨の物語〜(2-8)
  • 螺旋階段の行き止まり。ゆう子は「出口」と書かれた案内灯の明かりが灯る扉を開けると、そこに広がっていたのは中世の舞踏会場のような大広間だった。高い天井からは豪華なカーテンが垂れ下がり、大きな鏡、キャンドル、壁掛け時計、そして中央には巨大なクリスマスツリーが煌びやかに飾り付けられている。さっきまでの真っ暗な階段とはまったく異なる部屋。というよりも、ここは見滝原市内のショッピングモールのはずだが、モー [続きを読む]
  • 2018.1.24 第021回
  • しかし今日は寒いですねぇ。私の地域では今朝の気温がマイナス6℃、先日の雪がカチコチ凍ってて車の運転が怖いです(´・ω・`)掲示板コーナーに『スロットまどマギ雑談コーナー』設置しました。アニメではなく、スロットのまどマギに関するお話雑談がメインです。このサイトはアニメ特化ですが、私がスロットまどマギ大好きなので(*´▽`*)マニアックな内容もあると思いますが、基本はゆる〜くやっていきたいので、スロットまどマ [続きを読む]
  • 魔法少女まどか☆マギカ 別編〜再臨の物語〜(2-5)
  • 【聖大橋】と書かれた大きな橋を通り過ぎ、川沿いの歩道から住宅地の方に分岐する道を下りていく。マミの手にあるソウルジェムは変わらず淡い発光を続けているだけで、今日も探知機としての機能を発揮できないでいた。(やっぱり使い魔や魔女の結界がすぐそばに現れないと反応しないのかも)それはつまり、まだ街の人々には影響が出ていないわけだが、この広い見滝原市内をソウルジェムの反応無しに探すのは骨が折れる。住宅街を [続きを読む]
  • 2018.1.20 第020回
  • お久しぶりの日常です。まどマギ小説は現在、18話を執筆中。書くペースがどんどん落ちてます(´・ω・`) お話的には中盤のヤマ場を迎えているのですが、どうも上手く文章にならない。お話を書くって本当に難しいですね。ちょっと前から小説投稿サイトにも掲載を始めました。サイトはこちら→ WEB小説投稿サイト HAMELN(ハーメルン)第2部からしか掲載していないのと、内容はこちらのサイトと同じです。少しでも読者様が増えれば [続きを読む]
  • 魔法少女まどか☆マギカ 別編〜再臨の物語〜(2-4)
  • 翌朝、マミと杏子、そして天生目ゆう子は見滝原市内の水上公園で待ち合わせた。前夜にマミはゆう子に連絡し、グリーフシード探しを手伝ってもらえるよう約束をしていた。ただ、ほむらだけは今回も単独で行動するようで、皆とは会わず朝早くからどこかに出かけた様子だった。「ゆう子ちゃんは、見滝原に来るのは初めて?」マミはバスで1時間以上かけて来てくれたゆう子に気を遣って尋ねた。「いいえ、何度か来たことはあります。 [続きを読む]
  • 2018.1.11 第019回 スロットまどマギ
  • スロット 魔法少女まどか☆マギカAを初打ちしました。去年の12月にリリースされた台で、スロットまどマギの第3弾です。今回はノーマルタイプということで、少しは遊びやすくなっている……らしいです。稼働日記はこちら演出はまどマギ2の使いまわしが多いのですが、新しい演出や新規追加曲もあってファンにはたまらない1台だと思います。大当たり中は各話のストーリーがダイジェストで見られるのですが、ちょっと短いですね [続きを読む]
  • 魔法少女まどか☆マギカ 別編〜再臨の物語〜(第2部)
  • すべての生き物は、生き延びるために、種の存続のために進化を繰り返してきた。強きも弱きも、正義も悪も、人も魔女も、生きる事への固執は変わるものではない。自らを存在させようとする意思は何よりも強く、時にはこの世の理に逆らい、どんな犠牲を払ってでも生きることを選ぶ。そうして魔女は、生きるために自我と魔力を捨て魔獣になった。これは進化でも退化でもなく、ただただ生きるための変化でしかない。もし魔獣に生きる [続きを読む]
  • 2018.1.2 第017回 新年のご挨拶と今年の目標
  • 明けましておめでとうございます。今年もアニもにをよろしくお願いします(*’ω’*)新年最初の投稿になりますので、今回は今年の目標を書いてみたいと思います。①オリジナル小説【魔法少女まどか☆マギカ 別編〜再臨の物語〜】の完結こちらは15〜16万文字を目安に現在第2部(合計7万文字程度)を書いています。3部構成で半分弱までできている状態なので、再臨の物語は夏くらいまでには完結させたいと思います。②オリジナル小 [続きを読む]
  • 29.12.31 第016回 大晦日だよ、あんこちゃん
  • 今年も終わりですね。1年が過ぎるのはあっという間です。このサイトを立ち上げて約2か月が経ちました。年明けからはいよいよ、オリジナル小説【魔法少女まどか☆マギカ 別編〜再臨の物語〜 第2部】を掲載していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。このサイトのメインコンテンツはまどマギ小説、需要があるかどうかは気にせずに続けていこうと思っています。少しでもたくさんの方に読んで頂ければ嬉しいです(*´▽`*) [続きを読む]
  • 2017.12.29 第015回 忘年会・第2弾
  • 昨夜は忘年会・第2弾に行ってきました。仕事の都合で夜中の1時から3時くらいまで飲んでたのですが、帰りに運転代行を呼んだら……2時間待ち( ゚Д゚)ですよね。遅い時間だからそんなに混んでないんじゃないかと余裕かましてたら、まさかの車の中でひとりで2次会をするハメになりました(´・ω・`)コンビニでお酒とツマミ買って、車の中でスマホ動画を見ながら約2時間。まあそれなりに楽しめましたけどね。仕事納めで帰りに飲み [続きを読む]