もみ さん プロフィール

  •  
もみさん: hominism
ハンドル名もみ さん
ブログタイトルhominism
ブログURLhttps://ameblo.jp/hominism/
サイト紹介文東方神起、ホミンの幸せを妄想しつつ追求していきたいです ホミンだけ(*∵)(´・ J ・`)
自由文ほみにずむ 、と読みます。
2人の東方神起が大好きで大切です。
ユノとチャンミンのホミンを腐った妄想で幸せにしよう、と書き綴っています(*^^*)
リアルもパラレルも有り
R付きは限定記事で…
宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供600回 / 169日(平均24.9回/週) - 参加 2017/11/07 09:04

もみ さんのブログ記事

  • 悪い男 84
  • Side C僕にとって何よりも大切な人例え自らがどうなっても、その人が輝いていてくれればそれで良いユノヒョン、あなたが居れば、輝ける場所に居てくれればそれで良いそれが僕の望みだった筈それなのに、僕は欲を出してあなたを求めてしまったあなたを守る為だなんて言って、結果自己犠牲に自己陶酔して弱さを曝け出し庇護された身体で繋ぎ止めて、愛する人の大切な居場所を奪いかねないように…そうしてしまったのは他ならない僕 [続きを読む]
  • 生徒会長と戯れ事 2
  • 投稿しましたが、すぐに消されてしまったようです・・・R18です何でも大丈夫な方はこちらから宜しくお願い致します ↓生徒会長と戯れ事 2相変わらず趣味に走りました続いても大丈夫か不安なので・・・大丈夫だよって方はぽちっで教えて頂けると嬉しいです ↓にほんブログ村読んでくださりありがとうございますこのお部屋の文章の著作権は全て私個人に帰属しいかなる媒体への転載転記共に禁止致します [続きを読む]
  • 生徒会長と戯れ事 2
  • 時刻はもうすぐ20時、辺りは漆黒だ「チャンミナ、先に行ってくれないか?」「え…どうして…」右隣を歩く可愛い恋人は、涙目で俺を見つめる「大丈夫、すぐ後ろにいるから怖くないよ」優しく、怖がらせないように微笑んで、額に張り付いた、少し伸びた前髪を指先で流してやる4月も半ばだけれど、夜の外気はひんやりと冷たいのに、チャンミンは汗をかいているようだ「…っん…怖い…ユノ、やだよ……っ」汗は緊張の印で、学校のトイ [続きを読む]
  • ハッピーホミンちゃんの結婚認定書
  • ご訪問ありがとうございます最近、ホミンちゃんが大好きである事を今まで以上に旦那さんに隠せなくなってきています・・・最近は、疲れた、と言う旦那さんに厳選したlovelovemusicなホミンちゃんご夫婦のお写真を送って「可愛くて素敵なご夫婦のお写真を見て元気出してね」と、応援しました我ながら、ホミンペン的良妻だなあ、と・・・たまには自分で自分を褒めてあげたくなりました(違うだろ、という突っ込みは受け付けていませんごめん [続きを読む]
  • 消えない傷痕 6
  • 国内最大級の百貨店である東方百貨店に移動になり、早くも2週間が経った美容部員としての仕事内容は変わらないから、そう鷹を括っていたんだけれども、現実はそんなに甘くなくて…それまで勤務していた地方百貨店とは比べられない程の客数、訪れる人々の感度の高さ、何より自分を知る人がいない場所で一から自分の居場所を築き上げる事の難しさにぶち当たった今までは、男性美容部員は珍しいから…と、それだけで注目を集めて、笑 [続きを読む]
  • 色に惑う 後編
  • ある人が傍に居ると、匂いが気になって仕方無い別に嗅覚が敏感な訳じゃない神経質な訳でもないし、嫌な訳じゃない違う、嫌だったならこんなに悩む事は無かったのだろう咲き誇る木蓮の花よりも鼻腔をつく甘い甘い匂いそれを嗅ぐと理性が吹き飛んでしまいそうで、優しくしたいのに心も身体もざわついて居てもたってもいられなくなるその人、チャンミンは大切な幼馴染みで寮では同室で、そしてクラスメイトつまり、一日中一緒に居るか [続きを読む]
  • お花売り 22
  • ユノの家に泊まって、ひとつのベッド…とは言っても大の男ふたりが寝ても充分な大きさが有ったんだけれど…の中で眠り、朝食変わりのコーヒーを飲んだそして、ユノの家で、仕事に向かうユノを見送ったそれは何だかとても不思議な感覚で、今まで数人いた彼女とも同棲なんてした事が無いから、恥ずかしいのとこそばゆいような、初めての感覚だった確かに言えるのは、好きな人と一緒に居られてとても幸せだって事訳あって現在手持ちが [続きを読む]
  • 悪い男 83
  • チャンミンの存在を失い掛けたあの日から浅くなった眠り眠気を感じても、眠っても、常に脳は覚醒しているようで気持ちが休まらないその代わりに、どれだけ疲れていてもチャンミンを抱いて、ひとつに繋がっていればそれだけで癒されて安心出来るチャンミンが自らの生を放棄しかけて、そして目を覚ました時、俺は確かに愛する人が生きてされすれば良いと、そう思ったそれなのに、願いはどんどんと深くなり、欲望は増すばかり俺の隣で [続きを読む]
  • ホミンちゃんのカモフラージュを検証します
  • ご訪問ありがとうございます昨日は4月20日、昨日でユノが転役して1年経ちましたね1年と1日前、もう1年も経つんだなあ、なんて思い出したんですが・・・あの日は私、お仕事のお休みをいただいて、ひとりでおうちでひっそりとチャンミンのウリヒョンことユノヒョンお帰りパーティーを行いましただって、あの頃私はひとりでひっそりとふたりの帰りを待っていて・・・リアルでは(今でもですが)周りにトンペンさんがいなくて・・・そしてあの日旦 [続きを読む]
  • 秘密のシム先生 8
  • チャンミンと外で会う約束をした正確には『約束』じゃなくて俺が勝手に決めただけだけど…嫌だ、とは言われなかったからチャンミンの事、まだまだ知らない事だらけだけど好きな所はたくさん挙げられるいつも、どこか人目を避けて気を張っているように見えるあなたが、俺の前で笑ってくれたら嬉しいなんて…そんな事は烏滸がましいのかもしれないけれど、俺と居る時だけでもほっとしてもらえたら、そのままのシムチャンミンで居てく [続きを読む]
  • 色に惑う 前編
  • チョンユンホは寝不足だ原因は、分かっているそれ、が始まったのは三日前のことだったけれども、それを取り除く術が見当たらないんだ「ユノ、もう遅刻するから起きて」浅い眠りから、柔らかな声で引き起こされる「…おはよ、チャンミン」「もう、声を掛けてすぐに起きられるんだったら、僕が起こす前に起きなよ」 全寮制の男子校俺とチャンミンは、もう記憶に無いくらい幼い頃からの幼馴染みで、今は寮のルームメイト「あはは、ご [続きを読む]
  • 消えない傷痕 5
  • 人ばかり多くて、都会なんて何も良い事が無いまだ慣れる事の無い、僕の新しい最寄り駅ホームの端、ベンチに腰掛けて項垂れた満員電車から降りようとしたら、チョーカーが引っかかってずれた車内のチョンチーフと目が合って、それから…扉が閉まる寸前、あの人は僕の首を見て驚いた顔をしていたんだ春の夜、ホームに吹き抜ける風はまだひんやりとしていて身体は少しずつ冷えていくそれなのにスマートフォンを握る掌は汗ばんでいる『 [続きを読む]
  • black day 2
  • 「いらっしゃいませ…ああ、チョンさんお久しぶりですね」たまに洋服を買うセレクトショップドアを開けると馴染みのスタッフがいて、俺の顔を見て微笑む「今着れるものを探していて…何かおすすめは有りますか?」「…そうですね……あれ、珍しいですねご友人と一緒なんて」中へどうぞ、と腕を広げたスタッフは、俺の後ろに気付いて営業スマイル後ろを振り返ると、俺に隠れるようにして視線を逸らす男「ああ…友人、うん…ははそう [続きを読む]
  • ご報告
  • ご訪問ありがとうございます動画サイトへ無断転載された件、についてです転載が発覚した時、そしてその後にここでお話して、本当に有難い事にたくさんの方に心配して頂いたので・・・経過を報告させて頂きますお話だけで良いよ、と言う方はこの記事はそっと閉じて頂ければ・・・と思います無断転載されたお話の内「ひなぎく幼稚園のチョン先生」の動画が消えていました本当に有難い事に、読者様数名からお声掛け頂いて、実際に違反報告の [続きを読む]
  • お花売り 21
  • まるでこどもの頃に戻ったみたいほわりと暖かい、僕の頭を撫ぜる掌どこかで聞いた事の有るメロディー低いのに心地好くて、切ないのに甘い、そんな声気持ち良くて、このまま揺蕩っていたい掌が頬に移動したからもっとその感触を確かめたくて、味わいたくて掌に頬をすり寄せたらくすりと笑うような吐息「……ん」「…おはよう、チャンミナ」「あ…そっか、僕…」まだ重たい瞼を持ち上げてほんの少し見上げたら、そこにいたのは物凄く [続きを読む]
  • 悪い男 82
  • 唯ひとりだけを求める恋そんなものは自分には必要無いと思っていたけれどもそれは、俺にとっての『唯ひとりの相手』その人に身も心も嵌り込む事が全てを崩す事になると…心の奥底では解っていたからなのかもしれないその人は俺の半身とも言えるひと俺の感情を唯一揺り動かす事が出来るひと......................................................マネージャーに送ってもらい、チャンミンとふたりで俺の家に帰って来た痕を付けるな [続きを読む]
  • 生徒会長と戯れ事
  • R18、何でも大丈夫な方向けです大丈夫な方はこちら↓からお願い致します 生徒会長と戯れ事趣味に走ってみました・・・続いても大丈夫でしょうかぽちっで反応を頂ければ書きたいなあと思っていますので、応援のぽちっ↓をお願いしますにほんブログ村読んでくださりありがとうございます [続きを読む]
  • 秘密のシム先生 7
  • 「さっきの女子と食べたら?」机に伏せられた顔で、表情は窺い知れないけれど…くぐもったチャンミンの声がちょっと、いやかなりむくれているように聞こえるのは俺の思い違いじゃない筈「ねぇ、先生…あの子とは何でもないよ名前も知らなかったくらいだし」「………お似合いだった」「俺は、先生とお似合いだって言われる方が嬉しいよ」「………楽しそうだった」「早くここに来たい、先生に会いたいって、そればかり考えてたんだよ [続きを読む]
  • 秘密のシム先生 99
  • シムチャンミン…先生俺の通う高校の養護教諭誰よりも綺麗な素顔を覆い隠す眼鏡だったり、実はもうひとつ仕事、のような事をしていたり…彼はいくつかの秘密を持っているそして、今日、俺との間に秘密が出来たシムチャンミン、彼は俺の大好きな先生で…そして、今日から俺の恋人になったんだ......................................................2時間目が始まったけれど、チャンミンに可愛く引き止められて、この時間だけ、今 [続きを読む]
  • 消えない傷痕 4
  • 「あの…さっきはすみませんでした」地下鉄のホーム隣に立つチョンチーフを横目で見て、それから下を向いて呟いた「さっき?どの事?」「…それは、僕を試しているんですか」移動して来た初日、隣に立つサブチーフの顧客を接客していたら愛想が無いとお怒りを受けた更に、首のチョーカーの事に触れられて、緊張の糸が切れてしまったのか倒れて…過去の記憶に襲われて、チーフの優しさにあてられて、医務室のベッドの上、見掛けより [続きを読む]
  • ひとりごと
  • ひとりごとです8集、グッバイステージが終わりましたねカムバ日程が発表されてずっとずっと楽しみに待って、ティーザーに毎日どきどきして、新しいビジュアルが出て、そして楽曲が公開されて・・・ユノとチャンミンの姿を毎日毎日見る事が出来て、ふたりの活動を応援する事が出来て本当に幸せでした勿論これからも応援するし、本当にどの曲も大好きで大好きで堪らないので、勝手に応援していこう、と思っています大切な大切なカムバ活 [続きを読む]
  • お花売り 20
  • ユノとの2度目の食事は彼の家で、ラーメンを食べて、食後にワイン芸能界で活躍する彼の私生活に僕が少しだけ入り込む本当はゆっくりと話をしたいと思っていたんだ僕の知らないユノの事を、好きな人の事を知りたいそれに何より、家に帰れるようになるまで居候させてもらう事になったから、それについての話だってしないと、そう思っていたのに…ユノの行動で蘇ったのは昨夜の記憶溢れたのは愛おしい、好きだという気持ちユノの家で [続きを読む]
  • 秘密のシム先生 6
  • side Cいつの間にか、静かでひっそりとした僕の日常の中にチョンが入り込んで来ていた見た目で、顔で判断されて望んでいないのに不特定多数から想いを寄せられたり、その結果トラブルに巻き込まれたり…10代の頃からそんな事ばかりで、顔で判断される事には嫌悪感しか無い年下、ましてや未成年や同性を恋愛対象に考えた事なんて無い違う、誰だって同じで…人と関わりたくなんて無いひとりでひっそりと生きていたいんだ友人だと思っ [続きを読む]
  • ホミンちゃんの72時間ラブラブミュージック
  • ご訪問ありがとうございます4月ももう半ばですね・・・4月と言えば、カムバで幸せホミンちゃん月間ですねまだまだ応援していきます・・・朝のお話「お花売り」は午後に更新予定ですそんな訳で、今日も息をするようにホミンちゃんが大好きでホミンちゃんが生活の中心な私の独断と偏見と妄想で勝手にホミンちゃんへの溢れる愛を吐き出していこうと思います・・・爽やか同棲カップルホミンちゃんのいつでもlovelovemusic72時間特番ですね(妄 [続きを読む]
  • 秘密のシム先生 5
  • 「チョン君…あの…今良いかな…」待ちに待った昼休み弁当箱を持って保健室に行こうと教室を出たらクラスメートの女子に呼び止められた「何…?ええと、誰だっけ?」『授業中には来ないように』そう言われてから約束を守っている素直な俺昼休みは1日の中でほんの少しだけ、好きな人と過ごせる時間なんだだから、早く会いに行きたくて、少し素っ気なく答えてしまったそれでも、この子はそんな事なんて気にならない様子で俺を見上げ [続きを読む]