隣人愛の黄金の釘 さん プロフィール

  •  
隣人愛の黄金の釘さん: 我も”隣人愛の”黄金の釘一つ打つ
ハンドル名隣人愛の黄金の釘 さん
ブログタイトル我も”隣人愛の”黄金の釘一つ打つ
ブログURLhttps://koganenokugi.blogspot.jp/
サイト紹介文日本のため、与謝野晶子の金言「我も黄金の釘一つ打つ」より「汝の隣人を汝の如く愛せよ」の本質を考える。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 202日(平均6.7回/週) - 参加 2017/11/07 17:23

隣人愛の黄金の釘 さんのブログ記事

  • わいせつ目的が達成できず、怒りがわいて刺した
  • 先日の広島・高2殺害「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か。身勝手極まりますが、人はその思い描いた罪悪が思い通りいかなければ、逆ギレで、極めて粗暴に振る舞うものかも知れません。特に、その思い描いたものが一線を越えた罪悪である場合です。私は若い頃、パチンコにハマりました。今思えば、負けても、せいぜい一日1万円の時代でしたが、20代の若者には大金でした。それでも、負けた腹いせに、パチンコ台を蹴っ飛ばして、 [続きを読む]
  • 人は蒔いた種を刈り取る4(エゴが混じった良い種などない)
  • 僕も私も、誠実に頑張って、良い種を蒔いて来たつもりなんだけど、収穫は決して良いとは言えない人生かなあ…(3)。大半の人の人生はこんな感じかも知れません。つまり、良い種を蒔いたのに、収穫は決して良いとは言えない。何かどこか、報われない人生だよな…。それはきっと、良い種を蒔いた動機が、広い意味で、私のため、せいぜい、私と私の家族を益するため、だったからかも知れません。それなら、これは広い意味でエゴです。 [続きを読む]
  • 人は蒔いた種を刈り取る3(僕も私も良い種を蒔いたのに…)
  • 人は蒔いた種を刈り取る(1.2.)と言えば、因果応報と同じで、何か悪行に対する教訓みたいですが、もちろん、良い事にも当てはまる名言でもあります。良くも悪くも、人は蒔いた種を刈り取るのが人生です。だからと言って、いつも良い事を心がけて来た人生だから、無病息災、家族関係円満、経済安定…と言う訳でも何でもありませんが、それでも、僕も私も、誠実に頑張って来たのに、勉強も仕事も家庭も、何か今一、メリハリがないんだ [続きを読む]
  • 人は蒔いた種を刈り取る2(裁判所は賠償金を裁定するだけ)
  • 日本の刑法は、人は蒔いた種を刈り取る1には程遠いのが現状です。各国でもそうでしょう。判決の結果、犯人の被告に賠償金の支払いが命じられます。ところが、払う払わないは、ほとんど被告の自由です。次の動画をご覧下さい。時間の無い方は8:14~9:22&17:04~17:38。総ての法律憲法刑法民法は敬天愛人を謳い、また、履行するものでなければで不条理あり、不敬です。つまり、法律は過ちを犯した者にその過ちの代価を被害者や社会に対 [続きを読む]
  • 永遠に修正不能な過ち20(蛇と戯れるヒップホップ)
  • 読者がまともな神経なら、不良とは付き合うなと息子に言うでしょう。間違ってもヤクザとは関わるなと言うでしょう。再度、そんな不良の記事です。乾燥大麻を所持したり譲渡したりしたとして、高知県警は11日、計12人を大麻取締法違反容疑で摘発したと発表した。うち6人は摘発当時高校生で、ヒップホップを通じて知り合った17歳の少年から大麻を購入していたという。逮捕、書類送検されたのは、15〜18歳の男子高校生6人、20〜22歳の [続きを読む]
  • 永遠に修正不能な過ち19(キリスト教は論語読みの論語破り)
  • キリスト教は論語読みの論語破りです。植民地支配、奴隷売買、核保有、兵器産業、拝金主義、個人主義、嘘も方便、エロ本産業、同性愛公認などの行いを見れば明らかですが、バイブルには金言が多いこともまた、確かです。引き続き、永遠に修正不能な過ちを考察するためにも、一つご紹介します。死んだハエは調合した香油(香水)を臭くし、発酵させる。この教訓の対象は、丹精込めた香水自体ではなく、せっかく丹精込めた香水を200%ぶ [続きを読む]
  • 永遠に修正不能な過ち18(ヨガとヒップホップ)
  • 読者はまさか、オウムの信奉者ではないでしょう。むしろ、極悪非道殺人カルト集団としか思っていないはずですし、事実そうです。それでは読者は何故、ヨガから始まったのオウム5は極悪非道殺人カルト集団なのに、ヨガは文化的だ、健康的だ、美容の友だと、危険視するどころか、真逆に、礼賛するのでしょうか? このところ引用している、先週の事件の新聞記事も同じことです(3.16.17)。 乾燥大麻を所持したり譲渡したりしたとして、 [続きを読む]
  • 永遠に修正不能な過ち17(邪悪の無邪気な仮面)
  • この永遠に修正不能な過ちの項目では、不用意にも、一度染まれば、除染不可能、いや、仮に治った様に見えても、一生重い後遺症に苛まれる邪悪を取り上げています。そして、それらの邪悪は、いずれも、見た目は愉快で、文化的で、人畜無害にも見えますが、以下、再度、前回&前々回の新聞記事です。この記事を書いた新聞記者さえ分かっていないと思いますが、読者はこれより、どんな無邪気を装う邪悪を読み取るでしょうか? 乾燥大麻 [続きを読む]
  • 永遠に修正不能な過ち16
  • 前回記事3の最後に、このロクでもない事件の新聞記事(↓)には、今日、子供を除染不可能なまでに汚染する邪悪の根源が丸出しです。読者はお気付きでしょうか? と問いかけましたが、気付きましたでしょうか?乾燥大麻を所持したり譲渡したりしたとして、高知県警は11日、計12人を大麻取締法違反容疑で摘発したと発表した。うち6人は摘発当時高校生で、ヒップホップを通じて知り合った17歳の少年から大麻を購入していたという。逮捕、 [続きを読む]
  • 凶暴な生徒を学校先生はどうすべきか3(有無を言わさぬ実例)
  • 生徒が凶暴なら、思い切って警察を呼べ(1)、警察・司法との連携強化を制度化せよ(2)。ちょっと極論過ぎるんじゃないですか? そうでしょうか? 前回記事の最後に、残念ながら、子供の悪も、今はそう言う時代です、と書きましたが、昨日の新聞に、そう言う時代の、こんな事件の記事がありました。乾燥大麻を所持したり譲渡したりしたとして、高知県警は11日、計12人を大麻取締法違反容疑で摘発したと発表した。うち6人は摘発当時高校 [続きを読む]
  • 凶暴な生徒を学校先生はどうすべきか1(思い切って警察を呼べ)
  • 前回記事の14歳で強盗殺人未遂の中三の小ヤクザは、学校では一体、どんな生徒だったのか? 想像はつきますし、手をこまねいて狼狽するだけの、学校や先生の様子も想像がつきます。更に、内心、死の恐怖に晒された、被害者の女性店長には申し訳ないけど、強盗殺人未遂で捕まってくれたおかげで、これで我々も肩の荷が下りた、と思っていても不思議ではありません。確かに、今日、ある種の生徒は一線を超えています。ましてや、女性教 [続きを読む]
  • 虐められている君へ10(アルプスの少女ハイジに逃げ込め)
  • 敬天愛人と言う、微動だにしない絶対的客観的価値観に立脚して、虐められている君に、虐めている奴らではなく、むしろ、君自身のあるべき立ち位置を述べて来ました(1-9)。しかし、君がもし、敬天愛人なんて難しい事言うなよ…と言うなら、今回は一番簡単明瞭な例を挙げてみよう。虐められている君を真に解放する、敬天愛人の一番簡単明瞭な例、君の本当の逃げ場のことだ。一日一話、アルプスの少女ハイジを見て、ハイジの身になっ [続きを読む]
  • 敬天愛人は性格意見立場の違いを凌駕する
  • 隣人愛を根底に欠けば、総ては広義の嘘人生に終わります(前回記事)。毎回角度を変えながら、敬天愛人の黄金の釘、そして、真逆のくず鉄の釘について述べていますが、要約すれば、こう言う事ですよね。隣人愛を欠けば、総ては殺伐とし、隣人愛があれば、如何に主義主張は違えど、総ては丸く収まる。言い換えれば、隣人愛を欠けば、総てはくず鉄の釘と化し、隣人愛の黄金の釘を打てば、性格意見立場の違いを超えて、総ては丸く収まる [続きを読む]
  • 敬天愛人の天とは、愛とはそう言う意味です
  • 敬天愛人の天とは主観ではありません。太陽が東から上る如く、万国共通の、微動だにしない客観的事実、いや、客観的真実です。真実が、人によっては真実であり、他の人にとってはそうではないなど、それは各自の主観、更には、エゴであり、客観的真実ではないからです(前回記事)。誰でも真実を主張するのが人生だとも言えますが、皆、それなりの真実、主観的な真実、身勝手な真実である場合が圧倒的です。真実印の大嘘なら、中韓北 [続きを読む]
  • 虐め対策に政府が道徳の授業導入
  • 道徳なら大変結構です。礼儀礼節を弁えれば、虐めは自ずと減る(8)にも直結します。但し、道徳の授業で虐めがなくなると思ったら大間違い。今の子供の性根はそれほど甘くはありませんが、これはまた別記事で。今回は、道徳の授業に関して、三、四日前の新聞に載っていた、ある保護者の声より。道徳の授業は結構な事ですが、先生の主観が入りがちではと、少々心配です。かつての新人類世代の親としてはまともな意見です。確かに、年配 [続きを読む]
  • 虐められている君へ8(読み書きそろばんよりも礼儀をしっかりしろ)
  • 確かに、読み書きそろばん(7)とは、子供の教育の基礎として、昔からワンセットでよく言われる事ですが、私はあえて、これに礼儀(礼節)を加えます。読み書きそろばんだけなら、知識だけとも聞こえますし、成績の良い子の保証にはなっていても、必ずしも、性格の良い子の保証とは言えません。つまり、読み書きそろばんだけの子供は虐め得ます。しかし、読み書きそろばんに礼儀を備えた子供は虐めません。本当の礼儀とは、自らを取り [続きを読む]
  • 虐められている君へ6(伏魔殿のネット空間に逃げるな)
  • 虐められたからと言って、嫌な事があったからと言って、人生面白くないからと言って、ネットに逃げること自体が広義の嘘です。ネット空間は嘘が蔓延る伏魔殿だからです。ネットもスマホも、最低限の通信と情報だけにして、それ以外は使わなくても、何の損もしない。もちろん、ネット空間にも良いものはあるが、その良いもの一つのために、甘い誘惑でカモフラージュされた九つの悪いものを掻き分けなければ、その良いもの一つに辿り [続きを読む]