隣人愛の黄金の釘 さん プロフィール

  •  
隣人愛の黄金の釘さん: 我も”隣人愛の”黄金の釘一つ打つ
ハンドル名隣人愛の黄金の釘 さん
ブログタイトル我も”隣人愛の”黄金の釘一つ打つ
ブログURLhttps://koganenokugi.blogspot.jp/
サイト紹介文日本のため、与謝野晶子の金言「我も黄金の釘一つ打つ」より「汝の隣人を汝の如く愛せよ」の本質を考える。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 103日(平均7.0回/週) - 参加 2017/11/07 17:23

隣人愛の黄金の釘 さんのブログ記事

  • 敬天愛人2(離婚,不倫,同棲も天の道に背く非道)
  • 敬天愛人とは決して宗教ではありません。これを西郷隆盛の人生訓だと知らなければ、確かに、どこの宗教の標語かと思う人もいるでしょうし、この金言なら、どんな宗教でも諸手を挙げて賛同するでしょうが、好んで倫理的な美辞麗句を自らの醜さの厚化粧に使うのも宗教です。つまり、悪い奴ほど紳士淑女ぶり、果ては宗教の仮面を被っているのも真実です。例えば、その昔、私がヨーロッパに行く時、職場の数人から、是非とも、無修正の [続きを読む]
  • 敬天愛人1
  • 隣人愛の黄金の釘を掲げる以上、この有名な西郷隆盛の敬天愛人も、もっと早く掲げるべきでした。愛人の前に敬天がある以上、確かに、与謝野晶子より西郷隆盛の方が奥が深いと言えます。さて、この愛人は隣人愛ですが、敬天の天とは天の道徳的摂理と言う意味でしょう。人の道とは、この縦(天)と横(人)の両面から織りなされるべきもの…と、西郷隆盛は言うはずです。与謝野晶子もまた、天を敬うことなく、人の世に我も黄金の釘一つ打 [続きを読む]
  • 三橋さんには裏切られました
  • 貧困母子家庭の反撃の前に(5)、一つ実例です。人様どうこうは主旨ではありませんが、1ヶ月半前の三橋貴明さんDVで逮捕のニュース。私は他の人なら驚かなかったでしょうが、賢い人と思っていただけに、正直ショックでした。私はテレビはニュースしか見ませんが、ネット動画の評論家では、今は参議院議員の青山繁晴氏と、この聡明な経済学者三橋貴明さんが頭一つ抜き出ていると思っていました。2人共、安倍さんが個人的に意見を聞く [続きを読む]
  • エイズの潜伏期間は10年
  • 昔、こう聞いた覚えがあります(↑)。検索すると、エイズは感染から2-4週で、無症候(症状がない)や、インフルエンザ様の症状などを起こしてから、5年から10年の症状のない潜伏期間に入るそうです。因みに、インフルエンザの潜伏期間は1〜4日程。と言う事は、おかしな事をやって、エイズに感染しても、本人も、傍目から見ても、5〜10年は健康だと言う事です、発病するまでは。離婚や不倫や同棲も、その他の様々な罪悪も、罪悪菌の潜 [続きを読む]
  • 離婚や不倫や同棲の結果の貧困母子家庭3(思い込みによる同棲と結婚)
  • とは言え(1.2)、人生の多くの決断は、熟慮の末であれ、衝動買いであれ、ある意味、思い込まなければ決断出来ないとも言えます。例えば、このケーキの方が美味そうだ、月賦なら大丈夫、必ず合格するぞ…など、人はある程度の思い込みにより決断しているのが人生です。その思い込みが外れても、人畜無害な例を自らの体験から一つ。子供の頃、中村晃子のあまい囁きと言う曲が流行りました。私はpalore palore(1:27~)と言う英語が分か [続きを読む]
  • AVはAVではなくAVだ
  • 性悪説が本性の人間様は、テクノロジーの発展に反比例して、言語能力が堕落します。キモイ、ウザい、超〜何とか、元カレ、何とか48…。人生、浅い事は総て罪悪です。深いくず鉄の釘です。堕落でないなら、チャラい限りです。嘆かわしくも、日本語の堕落は日本人の堕落の写し鏡です。今の青少年にワープロや黒電話と言っても、さっぱり通じない様に、8,9年前でしょうか、私がネットで初めて"AV何とか〜"と言う記事を見て、最初、何 [続きを読む]
  • 離婚や不倫や同棲の結果の貧困母子家庭2(これで未然に防ぐ)
  • 離婚や不倫や同棲の挙句、貧困母子家庭(1)にならないためには、まともな相手とまともな結婚をする事、そして、自分もまともである事。これなら破局には至りません。それでは、破局に至らないまともな結婚、貧困母子家庭に至らないまともな夫婦とは何でしょうか?人は徹底的に性悪説である以上、つまり、人は多かれ少なかれ、自己中である以上、完璧な夫婦も理想の人間関係もあり得ません。隣人愛の精神で、この自己中の刃を引っ込め [続きを読む]
  • 離婚や不倫や同棲の結果の貧困母子家庭1
  • 私はその昔、母子家庭とは、父親が亡くなったのが母子家庭だと思い込んでいました。事実、これが当時の日本語の母子家庭の社会的通念でした。しかし、21世紀の母子家庭の定義ははむしろ、離婚や不倫や同棲の結果の貧困母子家庭です。今回、母子家庭の一連の記事は後者の場合と思って下さい。さて、服や車なら、気に入らなければ買い替えればいい事ですが、夫婦はそうは行きません。子供がいれば、尚更です。 これを無理やり断行す [続きを読む]
  • 究極の偽善者、男色キリスト教牧師
  • 前回までの嘘吐きの延長で母子家庭の記事の予定でしたが、その前に、偶然目にした、嘘吐きを締め括るに相応しい動画をご紹介します。私は宗教関係の動画など見ませんが、これは映画の動画一覧に"未公開映画"として偶然あった動画です。番組制作側は宗教に一切関係なく、単に"ジーザスキャンプ"と言う未公開映画を紹介しています。司会者は明らかにカルト扱いの口調ですが、見ればそれも頷けます。しかし、私達のテーマは未公開映画 [続きを読む]
  • 嘘吐き中韓北朝鮮ロシアと嘘吐き日本人3(では、どうすればいいのか?)
  • では、どうすればいいのか(1)(2)? 簡単です。私は嘘吐き中韓北朝鮮ロシア人、また、嘘吐き日本人が嫌いです。嘘吐きと付き合えば、嫌な思いをするだけなのは、読者も学校近所職場での日々の体験ではありませんか?そして、私は正直な中韓北朝鮮ロシア人、また、正直な日本人なら大歓迎です。前者は自己愛の人、後者は隣人愛の人。前者は躊躇なくくず鉄の釘を他人に打って喜び、後者は無言の内に隣人愛の黄金の釘で癒してくれるから [続きを読む]
  • 嘘吐き中韓北朝鮮ロシアと嘘吐き日本人2(アメリカは?)
  • それでは、アメリカはどうなのでしょうか(1)? 2つの観点より。一つ。中韓北朝鮮ロシアは明らさまな嘘の横車を押し通しますので、すぐ嘘だと分かりますが、アメリカは同盟国を装って、嘘とは悟らせない嘘で、巧みに日本を利用している、と私は感じます。その意味では、アメリカの方が賢い嘘吐きです。理由はおそらく、よく言われますが、キッシンジャーを初め、アメリカはユダヤ人が支配しているからです。ユダヤ人にはこのずる賢い [続きを読む]
  • 嘘吐き中韓北朝鮮ロシアと嘘吐き日本人1(五十歩一万歩)
  • 中韓北朝鮮ロシアは平然と嘘を吐いて、人の物を盗んで、ガッツポーズを取りますが、日本人も人の事を言えないのは、日々のニュース、いえ、読者の学校近所職場を見れば十分なのかも知れません。いえ、私達自身も、嘘を吐けば嘘吐きですから、自らを律せねばなりませんが、日本人も、一体何が嘘なのか、分かっていない人が多いのです。これについてはまた別項を設けます。日本人と中韓北朝鮮ロシアの嘘の割合は五十歩一万歩かも知れ [続きを読む]
  • 強い男は優しくなければならない【強い女も】
  • 私はテレビは見ませんが、昨日、病院の待合室のテレビは国会中継で、ちょうど蓮舫さんの質疑応答中でした。内容はともかく、一番印象に残ったのは、喧嘩腰の蓮舫さんの口調でした。安倍さんが本当に言い訳をしているなら、「子育て予算言い訳やめて」は正論ですが、もう馴れっこの安倍さん本人はともかく、子育てその他の議題でも、正論の刃で容赦なく安倍さんに斬り付ける蓮舫さんを画面で見た国民は、蓮舫さんの正論より、蓮舫さ [続きを読む]
  • ラップは低俗,テレビ出演禁止(中国)
  • 昨日の朝刊に「ラップは低俗,テレビ出演禁止(中国)」なる記事がありました。検索すると、結構似た様な記事が出て来ます。中国がラップ,ヒップホップ禁止令,反体制文化を警戒かヒップホップ禁止,反体制文化を警戒か 中国,ラップ禁止令,反体制文化を警戒か 一昨日の一般教養演説で、あのトランプから邪悪と呼ばれたのですから、北朝鮮政府は余程邪悪なのでしょうが、同様に、あの傍若無人で嘘吐きで強欲な中国政府が低俗と言うので [続きを読む]
  • 鳩の様に純真な日本の後払い通販
  • 日本の"商品到着後の後払い"の通販は前回記事のパラドックスです。海外ではブラックジョークとしか思われず、逆に、何の詐欺かと警戒されます。これは何か買ったら、代金は必ず払うべきものと思い込んでいる、日本人同士しか通じない言語です。海外でこれを本気でやれば、本気で後払いするのは、イスラム教と中国人なら0.01%(余程の物好き)、ラテン0.1%、ゲルマン・アングロサクソン10%程でしょう。しかも、訴えられれば、じゃあ、 [続きを読む]
  • 下劣な中国人、下劣な日本人
  • 実際に店を構え、ネットでも世界中に商品を売っている同級生から先日聞かされました。外人は平気で嘘を吐くが、特に中国人が一番嘘吐きだ。つまり、追跡番号によれば、受け取っているくせに、平然と着いてないと言い張り、あわよくば、二重取りしてやろうと言う下劣な性根丸出し。何人だから、と言うだけで決め付けるのは、下劣な2チャンネルと同じですし、下劣ならば日本人にもいます。しかし、実際に日々中国人と取引している人 [続きを読む]
  • 鳩の様に純真で、蛇の様に狡猾であれ1(隣人愛のお花畑ではない)
  • 人の性根が隣人愛なら、人生丸く収まり、これを欠けば、人生殺伐とします。これを毎回様々な角度から見ています。前回の西部邁さんの想い出もそうでした。しかし、私は何も、隣人愛のお花畑の理想論を説いているのではありません。隣人愛のお花畑だけなら、狡猾極まりない、中韓北朝鮮ロシアみたいな国家には赤子の手です。いつもは狡猾な韓国も、自ら隣人愛を装う今の対北朝鮮オリンピック外交はお花畑が過ぎるのかも知れません。 [続きを読む]
  • 西部邁さんの想い出
  • とは言え、私はこの方を今朝の新聞の追悼記事を読むまで知りませんでしたが、非常に印象に残りましたので、一部抜粋します。…西部さんが絶えず問いかけたのは、生への覚悟であった。お前は何を信条にして生きているのか、それを実践しているのか、という問いかけであった。自らの信条も覚悟も持たぬ者が学問や研究などやって何になるのだ、というのである。その西部さんが、社会に蔓延する偽善や欺瞞の言説に我慢がならなかったの [続きを読む]
  • 日本人のスポーツの見方11(強い男は優しくなければならない)
  • 強い男は優しくなければならない。これは、昔見た時代劇の侍か、戦前の柔道家が言った事か忘れましたが、好きな言葉です。武道でも、その他のスポーツでも、ビジネスでも何でも、その根底に人としての思いやり、つまり、隣人愛の精神がなければ、何か殺伐としたものしか残りません。現代の学校や職場、社会が殺伐としている原因もここにあります。読者はそれとも、殺伐だろうが何だろうが、勝てば官軍でしょうか、儲かればいいでし [続きを読む]
  • 日本人のスポーツの見方10(一部の高校野球ファン)
  • こう言うのも高校野球ファンと言うのか分かりませんが、狂信的、熱狂的である事は確かです。私の地元から50km程の市に、かつて甲子園で全国制覇した強豪校があります。ここの昔からのファンがとにかくチンピラまがいの野次を相手チームだけでなく、味方にも飛ばします。私も居合わせた事がありますが、負けた時は監督を罵倒します。強豪校の監督も性根が座ってないとやれません。我がままを聞いてくれれば機嫌が良く、ちょっと厳し [続きを読む]
  • 日本人のスポーツの見方9(アイドルコンサート的熱狂)
  • 健闘及ばず負けて、ファンから容赦なく、ボケ、カス、あほんだら、と言われるか、たとえお情けでも、次、また頑張れよ、と拍手されるか、読者ならどちらがいいでしょうか?正論の刃で斬り付けられた方は、正論より、刃しか覚えていないものです。刃と言う事は、殺伐としていると言う事です。私が居たヨーロッパの国では、少年サッカーさえ、少し熱くなると、選手同士で悪口雑言が飛び交い、親同士が喧嘩になる事がありました。たか [続きを読む]