隣人愛の黄金の釘 さん プロフィール

  •  
隣人愛の黄金の釘さん: 我も”隣人愛の”黄金の釘一つ打つ
ハンドル名隣人愛の黄金の釘 さん
ブログタイトル我も”隣人愛の”黄金の釘一つ打つ
ブログURLhttps://koganenokugi.blogspot.jp/
サイト紹介文日本のため、与謝野晶子の金言「我も黄金の釘一つ打つ」より「汝の隣人を汝の如く愛せよ」の本質を考える。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 256日(平均6.8回/週) - 参加 2017/11/07 17:23

隣人愛の黄金の釘 さんのブログ記事

  • 永遠に修正不能な過ち27(占いマニアの口から聞いた悪魔の声B)
  • 26Aから続く。正に、心臓が凍り付きました。文字通りです。読者も私も、人間的な意味で、突然悪い知らせを受けて、激しく動揺した、落ち込んだとか言う事はあるかも知れませんが、この時は次元が違いました。文字通り、蛇に睨まれたカエルでした。次の反応が出来ず、とにかく、心臓に今までにない、極限のストレスを感じました。それが人間ではないことが、人間の声ではないことが、本能的に分かりました。2,3分後でしょうか、私は [続きを読む]
  • 永遠に修正不能な過ち26(占いマニアの口から聞いた悪魔の声A)
  • 私はいつも、人間的な悪ではなく、一線を越えたこの手の邪悪には、蛇を見て、ぞっとするのに理由は要りません。唯、それだけの事です、との言い回しを用います。これで十分ですが、今回の占いに関しては、何故、蛇なのか、私の体験を交えて証明してみます。ヨーロッパ滞在中のこと。もう22年ほど前ですが、私はある時、拒食症の現地の女性と一緒に2人だけで居ました。この拒食症も、後から思えば、同じムジナの結果だったのですが [続きを読む]
  • 永遠に修正不能な過ち25(あらゆる占い)
  • 星占い、トランプ占い、タロット、手相、水晶占い…。総て、従兄弟はとこです。読者が首を突っ込めば、魂に五寸釘を打たれます。そうなる前に、今すぐ、総ての占いと手を切ることです。一見、人畜無害で、幼稚にさえ思える、週刊誌の"今月の運勢"などもです。何故か? 蛇を見て、ぞっとするのに理由は要りません。唯、それだけの事です。さて、私は、人間的な悪ではなく、一線を越えたこの手の邪悪には、いつもこの言い回しを用いま [続きを読む]
  • 高校野球県予選2回戦観戦
  • 2回戦を見て来ました。終盤、相手高校の投手の足が攣り、無念の交代。すかさず、母校の応援団から大エール。すかさず、向うからも返礼。いいですね。試合は、母校が相手二番手から決勝点の長打。それまで同点だっただけに、相手チームは悔しいでしょうが、これもまた高校野球。次は土曜日に第2シード校と。さすがにキツそうですが、スポーツが勝敗だけなら、入墨サッカーと同じになってしまいます。学生スポーツとは、何かを学び、 [続きを読む]
  • 高校野球か? 入墨サッカーWCか?
  • 今日は仕事を休んで、母校の県予選を見に行きました。まだ、1回戦ですが、相手が強そうだったので、負ける前に見に行くことにしました。こちらはエースと2番手が共に2年生。3番手が3年生で、あと3年生投手3人はベンチに入れず、バッティング投手。ケーブルテレビのインタビューでも、チームのためにバッティング投手に徹します…とか。中々厳しい世界ですね、いくら高校生とは言え。下級生に追い抜かれ、ベンチから追いやられるの [続きを読む]
  • サッカーの好きな君へ4(決勝はフランスvsクロアチア)
  • もし、君が次の決勝を見るなら、夢中になって、入墨者に声援を送るのだけは止めとけ。将来、君が入墨を許容する下地が君の潜在意識の中に植え付けられることを何より警戒しろ。さもなくば、ある日、思いがけない時に、君の意思とは関係なく、君の人生で蛇が孵化する。最悪どころか、全治永遠だぞ。1.2.3.検索してみたけど、日本人サッカー選手にも入墨を入れているのが結構いる。君達は絶対に真似をするな。また、今度、鳥栖何とか [続きを読む]
  • 大岡越前逝去
  • 人が死ぬことは当り前とは言え、寂しいですね。月曜20時は大岡越前と水戸黄門が交互にお茶の間の主役だったあの時代。毎回最後はお決まりの人情溢れる大岡裁き。所詮は台本のあるお芝居ですが、そこに描かれる義理人情道義は、決してフェイクではないと私は実感します。事実、所詮は作り話のドラマや漫画であろうが、小学校の必読書であろうが、義理人情道義なら、人の心に快く残ります。正に、記録より記憶です。それとも、読者は [続きを読む]
  • サッカーWCは入墨大会12(日本のゴミ拾いで感動する民度の低さ)
  • そんな事は当り前で、一々感動する方が異常なのです。そんな程度が低い連中がやっているのが、世界のプロサッカーであり、そのファンです。1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.子供の頃、母親から、台所とトイレを見ればその家が分かると言われたものです(と言いつつも、結構散らかってました)が、似た様なものですかね。逆に言えば、日本以外はスタジアムはポイ捨て当り前、そんな事は清掃員の仕事だと、本気で思う民度の民族だと言う事にな [続きを読む]
  • サッカーWCは入墨大会11(スキルだけを争うプロサッカー)
  • プロスポーツなら、スキルが人並外れていて当り前。逆に言えば、並外れたスキルだけが絶対的価値観で、その他は、入墨だろうが、何だろうが、まとめて礼賛するのが、少なくとも、ヨーロッパ中南米のプロサッカーなのでしょう。アメリカのプロバスケットも、格闘技も、今や、入墨は常識です。1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.スキル(技能)と言う言葉を殆ど使わない私が、今回使っているのは、最近、下の動画の「目配り、気配り、心配りじゃな [続きを読む]
  • サッカーWCは入墨大会10(入墨ネイマール敗退)
  • アルゼンチンはメッシの入墨、ブラジルはネイマールの入墨。おそらく、両者共、入墨者のヤクザの様に粗暴ではなく、テレビの取材などでは、むしろ、温厚な常識人なのでしょう。それは、取り繕って、猫を被っていると言う意味ではなく、事実、いい人なのでしょう。1.2.3.4.5.6.7.8.9.同様に、美容と健康のためにヨガ教室に通い、アーユルヴェーダに夢中な多くの女性も、ヘビーメタルやヒップホップが大好きな青少年も、私はこれらの [続きを読む]
  • オウムはドイツ語でΩ(邪悪の化身の死刑)
  • 私がヨーロッパにいた頃、オウム事件は起こりました。当時、ネットはなく、大事件だとは思いましたが、地球の裏側では、やはり、今一、臨場感と緊迫感に欠けました。情報源はテレビの国際ニュースでしたが、ドイツ語でオウムの事を"Ω"と表記していたのには、一瞬、何じゃこりゃ、と思いました。現地では、オウムの悪行の数々は報道されても、オウムがヨガ起源4だとの報道は皆無でしたが、ヨガさえなければ、オウム事件は起こりま [続きを読む]
  • 麻薬への確実な甘い呼び水5(ヒッピーとビートルズとロック)
  • 私はおじさんですが、それでもベトナム戦争は少年時代のことです。その反戦運動と表裏一体で共に生まれたの(かどうか正確には知りません)が、ヒッピーとビートルズとロックです。事実、これらは一括りで語られることが多いです。1.2.3.4.日本から出たことのない読者は体験として分からないと思いますが、私はヨーロパ滞在時代、ヒッピーをうじゃうじゃ見ました。連中は麻薬の常習犯かつ、売人で、悪を越えた邪悪の世界に生きていま [続きを読む]
  • おっさんスマホを買う
  • 買うつもりはなかったのですが、高校の同窓会の幹事になってしまい、ラインをやらんと話にならんと言われ、一昨日、仕方なくスマホに買い替えました。確かに、ラインは回覧板としては最適ですね。会社やPTAでも、これが主流なのが分かりました。ただ、情報が早過ぎて、印象が後に残りません。また、スマホ一般ですが、画面が小さ過ぎて、見ているWebサイトの全体像が掴めません。目の前の木しか見えず、森の全体像が見えず、情報の [続きを読む]
  • 故桂歌丸師匠の修身道徳落語
  • 今朝、行きつけの喫茶でコーヒーを飲んでいると、テレビで昨日亡くなられた桂歌丸師匠の生前インタビューを流していました。これを聞きながら、正直、笑点の歌丸師匠しか知らず、師匠を漫才師と思い込んでいた私は、いわゆるギャグを連発する漫才と、落語は随分違うと思わされました。戦前は修身、今は道徳ですか。落語には必ず、人生の糧となる、こうした人情的な教えが入っているものです。うる覚えですが、こう言った内容でした [続きを読む]
  • 麻薬への確実な甘い呼び水4(知恵のない婦人警官、中学校へ)
  • 知り合いの地元中学の先生によれば、先日、婦人警官がやって来て、生徒に、麻薬は怖いので、手を出すなと言って、帰って行ったそうです。1.2.3.アル中はいきなり、ウイスキーやウォッカではなく、ビールやワインからアルコールにハマって行く様に、人が麻薬に手を出すには、まずはそこに至る、伏線とも言うべき、甘い呼び水があります。その麻薬への甘い呼び水に警告を発せず、いきなり、麻薬自体に警告を発したところで、青少年が [続きを読む]
  • サッカーWCは入墨大会8(ドカベンは46年後に最終回)
  • 私が子供の頃からですから、よくもまあ続いたものです。しかし、所詮は漫画。巨人の星、あしたのジョー、アタックナンバーワン、タイガーマスクetc. 総ては架空のストーリー、架空の登場人物ですが、片や、サッカーWCはリアルタイムの実写版で、総て、実在の人物が、鍛え上げた生身の体でプレーします。生身の体に誇らしげに入れた大きな入墨を全世界に曝け出して…。どちらが日本の将来を担う青少年の教育に良いでしょうか?1.2.3. [続きを読む]
  • サッカーWCは入墨大会7(W杯賭博が外れて自殺する中国人)
  • 朝刊によれば、中国,W杯賭博で自殺図る人も,1次L波乱続きで大損か。金のためなら、大嘘も博打も厭わない中国人らしいニュースですが、これは何も、中国人に限ったことではありません。1.2.3.4.5.6.私のヨーロッパ滞在中、サッカーに限らず、世の中は公営ギャンブルや博打で溢れていました。暴力団が高校野球賭博をやったからと言って、高校球児に罪はありませんが、欧州の(中南米もおそらく)、特に、サッカーに関する賭けは異常で [続きを読む]
  • サッカーWCは入墨大会6(情熱のブラジル決勝トーナメントへ)
  • 知り合いに、ブラジルに渡り、ブラジル人女性と結婚して別れたのがいます。最初に知り合った時、彼女から、それまでに何人の女性と付き合ったのか聞かれたそうです。ブラジルでは、付き合うとは肉体関係を含みます。1.2.3.4.5.知り合いは、日本人らしく、余り人数が多いと嫌われると思い、3,4人と答えたところ、彼女は「あら、あなたって魅力ないのね!?」と、訳が分からないが、まじめな答え。いえ、これが訳が分からないと感じる [続きを読む]