hanayuki2017 さん プロフィール

  •  
hanayuki2017さん: 記憶のカケラとシャンパンと
ハンドル名hanayuki2017 さん
ブログタイトル記憶のカケラとシャンパンと
ブログURLhttp://hanayuki2017.jp
サイト紹介文過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない40代女性の世迷言
自由文人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
特に同じ女性に見てほしいな、もちろん男性も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 228日(平均7.6回/週) - 参加 2017/11/07 19:48

hanayuki2017 さんのブログ記事

  • 強制参加
  • 友人から強制参加命令が下された何の事かと思ったら男女同人数の飲み会に参加するようにと言われたもう人数に入っているので逃げるなと釘を刺されている私の若い時は合コンと言ったけど今はどう言うんだろうもちろん 昔は合コンに参加した事があります一度 嫌な思いをした事がありその後はずっと幹事を率先してやっていました幹事って他の事に集中していれば時間が経つし 後腐れなくはい さようなら〜 で終わるからね楽しく話 [続きを読む]
  • 信用の審査
  • 私用で審査を受ける事があった別に何もやましい事はないだけど私の何をどのように判断するのだろうか?仕事の内容ならいざ知らず客観的な信用って何?様々な私に関する証類の提示ただの紙切れなんだけどそれが大事それも公共機関のお墨付きの物が重要これってもう審査じゃないよね(笑)どこのお墨付きの情報の受け渡しこれで判断楽といえば楽なんだけどそんな物で私の信用がはかられるんだと思うとなぜか笑えてしまったこれが客観的 [続きを読む]
  • 無理なこと
  • 難しことっていっぱいあるその中でも仕事はね特に上司となると難しい『私は誰の意見もちゃんと聞くよ』と言う人まず 聞いてくれたことはない自分の意見に合っていなければ『無意味だ』と言われるだけじゃぁそんなこと言わないでよと思ってしまう言われた通りに仕事をすると『なぜ 自分で考えようとしない』と言う考えたことを言うと『私が思っている事と違う』と言われ『言われた通りの事をしろ』と言う『プライドを持て』と言う [続きを読む]
  • 心配です
  • 昨日の大阪北部の直下型地震被害に遭われた方 不便な思いをなされた方言葉では言い現すことがでできませんただ 心配ですどうぞ ご無事で私も大阪に親戚がいます東京で速報が流れた時すぐに連絡を試みましたがつながりませんでした数時間おいてから連絡できました無事であることに安堵しましたでも電車等の機関が麻痺しているということだったテレビでは落ち着いてください余震に気をつけて買い占めはやめようって言っていたそう [続きを読む]
  • 悲しいキス
  • 街を歩きながら ふと曇天を見上げた私の両耳にはドリカムの『悲しいkiss』が流れていた気がつくと目に涙が溢れてきた誰にも話していない 記憶のカケラが出てきた私が20歳の時1週間だけ病院に入院をしたことがある歩くことはできた 入院は暇でつまらない病院内をふらふらしていた院内の中庭で二人の男の子と知り合った一人は7歳の子 もう一人は15歳の子二人とも小児がんを患っていた二人とも抗がん剤治療の副作用で髪が無かった [続きを読む]
  • ジレンマ
  • 自分の身体的コンプレックスきっと普通の人の倍以上はあると思うどうにもできない部分もあるしできるものあると思うが諦めているそう諦めているのに往生際が悪いのだ開き直ればいいのに それもできない周りの優しい人はないよりあったほうがいいと思うよと言ってくれるでも日常生活に影響出ない範囲ならいいんだろうけど困ることが多々あるだから嫌いコンプレックスになるんだでも困ったことにこのコンプレックスたちは隠したいは [続きを読む]
  • ビニール傘越しの
  • いつからだろうか持つ傘がビニールが多くなったのは…お気に入りの長傘はちゃんとあるのに確実に1日中雨という天気予報でない限り普通の傘は持ち歩かなくなった置き忘れたりするのが嫌だからだ特に仕事先では2~3本のビニール傘がある急な雨のための 置き傘としてまた折りたたみ傘のような存在になっているコンビニに行けば安価で買えるし透明だからビニール傘越しの視界が良い雨脚が強いと いくら透明なビニールとはいえ光の透過 [続きを読む]
  • 愛想笑い
  • 私は仕事でよく愛想笑いをする仕事が進みやすくなるため私なりの大人の対応でもこの愛想笑い息子から見たらバレバレらしい「そんな見え見えの愛想笑い 通用するのか?周りの奴らバカだなぁ」と言うんだよねでもそれが通用するんだなぁ相手は私に自分の意見を認めて欲しい賛同して欲しい仕事を手伝って欲しい様々な要求を私に求めているから愛想笑いで答えるとYES! なんだね よかった僕・私 間違っていないよね となるんだよね [続きを読む]
  • 街の中を泳ぐ
  • 今いる街とても特殊なんだこの街にとって私はアウェー的な感じそう お呼びではないのだわかっているだから ひっそりと暮らしている昼間と夜の顔が違いすぎる特に夜この街で過ごすには…過ごすというより通り過ぎるだけなんだけどね水中の中を行く感じがするそう陸上に適した私の体水中には適していない溺れる前に…早く進まなきゃいけないそういう感覚に襲われる水中生物にはかなわないからね目立たないように急ぎ気味に進む何か [続きを読む]
  • くっつきたいの
  • 幸せそうな子供の寝顔を見た街で見かけた見知らぬ親子その子は父親におんぶされている横顔を背中にぴったりとつけたまま安心しきっている顔いいなぁと思った私も親から聞くとおんぶされるのが好きだったらしいその影響か?でもしっかりとは覚えてはいないけど甘えるときは背中にぴったりとくっついたりしたこと思えている子供からしたら大人の背中は大きくて安心できる場所だったんだろうね私が大きくなって誰もおんぶはしてはくれ [続きを読む]
  • 昇進しないとダメですか?
  • 仕事でとても思想が合わない方との共同作業「同じ女性同士気が合うわよね」 と言われるが私が合わせているだけだよ喧嘩しても仕事が進むわけではないからねそう思っているだけだよ彼女は昇進思考がとても強いあからさま過ぎるくらい潔いとでも言えばいいのか…勝手に思っていてくれればいいのに同じ女性だからと言って思想を押し付けてくる厄介なんです多分 自分の思想が正しいと言いたいのだろう最近男性から言われたこと「女性 [続きを読む]
  • 心が死んだ日
  • 私は過去に心が2回死んだことがあります物騒な表現でゴメンなさいでも当時の私の気持ちからすると一番近い表現なんです初めての彼との別れ初めてだったこともありますどうすれば良いのかわからず自暴自棄な時もあったかも只々心が無くなる感じだけを過ごしましたそう自然死に近い感じだから自分の心が死んでいることに気づけていなくて心の復活・再生に時間がかかりました死んでしまった心はいい意味で戻りませんだから心残りがな [続きを読む]
  • 嬉しかったこと 2
  • 先日 私にブログを書く事を勧めてくれた方とジャズバーで会った「この前見たよ ブログ 書き続けているんだね すごいよ」とお褒めの言葉をいただいた嬉しいけど 恥ずかしいだって私の世迷言だけだからテーマもしっかりあるわけでもないし浅い経験の主観だらけその時の感情だったり落ち着いていなかったり(笑)ただ感じたこと 思った事は忠実に書き記しているでも不思議な事に何をするにも三日坊主の私が続けている事に自分自身 [続きを読む]
  • 久々の3次会
  • 仕事の関係の飲み会で珍しく3次会まで行った2次会で部署が異なる若い女の子と(ちゃんとした大人の女性)意気投合した普段はあまり社内でも出会うこともないんだよね彼女は昔の私が悩んでいた事と同じ悩みを持っていたすぐに私はその頃へフィードバック色々と話をした私のあの時はこうだったとか今だとこうなるのかなぁとか結婚しながら働くという事子育てと仕事の両立などなど話が尽きなくて二人だけで 3次会へ「こんなおばさんの [続きを読む]
  • バーボン
  • ちょっと前にある方とピアノがあるバーで飲んだ相手の方がバーボンを注文した私も同じものを頂いたやっぱり 美味しい懐かしい感覚に包まれながら楽しい会話の一時を過ごした帰りのタクシーの中でどれ位振りだったのだろう…バーボンを飲むのはと思ったそこで出てきた記憶のカケラ昔々のこと初めてバーボンというものを知ったのは19歳の時だった正確には飲んではいない元彼はバーボンが好きだった学生だったこともあって手に入りや [続きを読む]
  • 暇すぎて
  • 新生活にも慣れてきたいい意味でルーチン化してきているすると 時間が余ってきた普段していないことしてみようと思った家でできることネットサーフィンしていると占いって多いねびっくりした  今更ですが…私個人の意見では統計学や確率論ではないかとだから当たるも八卦当たらぬも八卦と思っているでも暇だったので試してみた長い時間で人生を振り返ると波があったと思える確かにね とうなずけるこれって過去だから…これから [続きを読む]
  • 私の罪悪感
  • 『友罪』 という映画を観たもう一週間は経っただろうか色々な思いが溢れすぎて整理出来ずにいた実は今もまだちゃんと出来ていない内容なネタバレになるので書きませんただ登場する人たち全てが何かしらの『罪悪感』に苦しみ翻弄されているその部分がよく描かれていて身につまされる思いに駆られたそして私にとっての『罪悪感』は何?というお題をいただいた感じがした小さなものから深いものまで『罪悪感』を感じたものが一気に出 [続きを読む]
  • 私の中の塊
  • 私の心や感情そして思考などこだわりなのか癖なのか凝り固まったものがある自分自身に対してだとコンプレックスという大きな塊自分の容姿や体質に対してこれは頑丈で厄介好きでない部分が多いので様々な性質の合わさった塊びくともしないいつか風化するのだろうか?無理だろうな…きっと 成長していくだろう歪なままに…感情的な部分の塊これは脆い砂のよう流されるその時の感情で幾様にも変化する量や形状がね細かいけど1つ1つ [続きを読む]
  • 思い出した感情
  • ある好きな人のブログを読んでいた日々のあった事について記載されていた言い方が悪いけど普通の事が書かれていたでも何かしっくりこない 心が…じわじわと何かの感情が湧いてくるなんなんだろう自分でも直ぐにはわからなかったもう一度読み直してみた不可抗力で起きたことだったとはいえ咄嗟に羨ましいずるい 私もしたかった!という嫉妬心だった自分でも驚いた「あれ 私、嫉妬したんだ」 ってね一人部屋の中で爆笑したもちろ [続きを読む]
  • ジューンブライド 2
  • 続き何もかも義理の家族の希望通りの結婚式ただ私は居て流れに従うだけ私は笑っていたううん 笑っている様にしていただけだった来てくれた参列者たちのために今思い返すと…実際の進行等ははっきりとは覚えていないただ写真が物語っているそうだったね という感じぎこちない笑顔の私ばかりだったでも細かいスケジュールのおかげで何も考えず こなすだけ心の中で早く終わって帰りたいと思っていた眠りたい ひたすら眠りたい疲れ [続きを読む]
  • ジューンブライド 1
  • ジューンブライド6月の花嫁ギリシャ神話の結婚と出産の女神JunoからきているJunoは守護する月が6月(June)だっただから6月に結婚すると幸せになると言われている私の若い頃も6月の花嫁になる事を望んでいた人が多かった今はどうだろうね?結婚 もちろん好きな人とずっと このまま幸せでいたいと思い あやかりたいからなんでしょうね私も6月に結婚式を挙げた1人です本当は結婚式をする予定はありませんでしたなぜなら私のお腹の中 [続きを読む]
  • 6月と私
  • 6月になりましたね場所によっては もう梅雨入りしていますね私にとって6月は体的に辛い月特に過去に痛めた箇所が辛いよく言う 古傷が痛むそういった箇所があるのです梅雨前線等の気圧の変動が原因いまは気象病とも言うそうですね辛いんです昔々…そういえば怪我で入院したのも6月だった動けないままベッドから見える景色が薄暗い雨しか見えなかった痛くて辛いのに 心まで澱んでいた事を思い出すとても1日が長くて嫌だったそして [続きを読む]
  • 残りの回数
  • 今までに疎かにしてきたもの沢山ある…私の体はリズムを刻んでいたちゃんとリズム良く それも正確に私は当たり前だと思っていた卵巣機能のサイクルからくる月経周期本当にリズム良くきていてくれていた今はサイクルが早まるという状態そう更年期の始まりこれはこれで早まるリズムを正確に刻んでいる無意識の中でもリズム良くこれってすごいことらしい今まで気づけなかったどちらかというと邪魔に扱っていたかも『面倒だなぁ』 っ [続きを読む]
  • 一足早い夏
  • 仕事の知り合いから一足早い夏らしい景品をいただいた「◯◯さんはお子さんいらっしゃいますよね? よかったら貰い物の景品なんですが お子さんと一緒にどうぞ楽しんでくださいな」と手渡されたのが 線香花火「もう 一緒にはしてくれないかもしれないけど 私がお子様だから 嬉しい!!」「お子さん そんなに大きいんですか?」息子の年齢を言うと「そりゃ もう手持ち花火で喜ぶ年齢じゃ無いですね…」「私が楽しませてもら [続きを読む]
  • 空っぽ
  • このグラスのように心が空っぽになることがある様々なことで思っていたことが違っていたことが喪失感違和感罪悪感を感じると空っぽになる折れるとは違う心がもし液体状態ならば干上がってしまう?こぼれて無くなる感じに近いのかなぁ今そんな感じに陥っている満たされていたと思っていたグラスにあったはず…ふと気づくと無いそんな感じ私の思い違い?思いあがり?わからないこれ! という具体性に欠けるがきっと心は感じているた [続きを読む]