しょろ さん プロフィール

  •  
しょろさん: オオクワRAP
ハンドル名しょろ さん
ブログタイトルオオクワRAP
ブログURLhttp://kuwarap.hatenablog.com/
サイト紹介文本気だしたオオクワブリーダーの話
自由文クワガタ飼育を再び始めてみると、かつて以上にハマっちゃいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 12日(平均10.5回/週) - 参加 2017/11/08 01:44

しょろ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 食べ方
  • 昔は自分の意見をハッキリ言えるタイプの女性が好きだったけれども、最近はおしとやかに気を使ってくれる女性が良いね。クワガタの話です。ボトル2本目投入から1ヶ月余りが過ぎ、うちにいる幼女たちが皆個性を爆発させています。左側は、菌糸をほじくり回してボトルも噛み放題。おてんば娘です。まだ体色は黄色味がかって無いので、蛹室を作りたい訳では無いと思うのですが、、、酸欠気味なのでしょうか。真ん中は我が家で [続きを読む]
  • 冬支度
  • オオクワの冬支度。いよいよゼリーに口もつけなくなってきたので、マットをいつもより多く入れた。水分も多め。これで常温にて越冬させます。初めての常温越冬。しかも極寒の長野県。本当に冬越せるのかちょっと心配。 この時期はオオクワ飼育でやることがないので、個体管理用のラベル作ってみた。もろパクリです。熟練に熟練を重ねたプロ仕様のパクリですから間違い無いでしょう。子供の頃のクワガタ飼育は、こういう大人の趣 [続きを読む]
  • BE-KUWA No.65書評
  • BE-KUWA No.65、発売日にやっと到着しました。発売日翌日は休みなので、行きつけの台湾料理屋でゆっくり読み進めます。THE 至福。BE-KUWAは一応発売日を設けているものの、全国のクワガタ屋ではそれ以前に納品&販売していて、ネット上で感想が飛び交うのは発売日の3~4日前。近くにクワガタショップがない場所に住んでいる私は、正式な発売日を待って書店で買うしかないので、この3〜4日間が地獄のように長〜い。『〇〇がす [続きを読む]
  • 簡易温室
  • 連日の雨で気温が下がり、飼育部屋は19度を切ったまま安定しています。つい2〜3日前は外気温が28度もあったのに、、、クワガタ飼育には怖い温度変化です。さて、気温が下がって成虫たちがお休みモードに入りつつあるのはいいのですが、幼虫たちにはもう少し大きくなってもらいたいところです。そこで家に眠っている道具で簡易温室を用意しました。爬虫類用のケージとヒーターです。熱源は天井に設置するタイプ。さらに気温が冷 [続きを読む]
  • なぜ久留米なのか
  • 私は今、久留米産のオオクワを飼育していて、これにハマってます。なぜ久留米に行き着いたのか、整理することで次手のヒントにしたいと思います。もともとは、外国産のクワガタが好きだった学生の頃は派手な外国産のクワガタが好きでした。今年の春にクワガタ飼育に復帰しようと決めた時も、国産のオオクワの他にアンタエウス、ユーロミヤマなんかと迷いました。しかし国産オオクワを選んだ理由は、温度管理なしで飼育できそう [続きを読む]
  • ビン2本目
  • ワクワクドキドキのビン交換です。我が家には2血統の久留米幼虫が、計8頭います。温度管理はしていませんが、夏場でも30度を超えることはほとんどありません。標高が高い長野県在住&機密性の良いアパートのおかげです。夏は、いつ温度計を見てもおおよそ28度くらいでしたが、秋に差し掛かった最近は25度くらいまで気温が下がって来ています。キノコが生え始めてたのは、このせいかと思います。結果発表!H29-1 7/21投 [続きを読む]
  • 補強
  • 結局H29-1は、結局5匹しか採れませんでした。惨敗。自分の腕を恨む...稀に産まない♀はいるらしいですねからね!と、言い訳する。しかし、さすがにこれだとちょっと少なすぎるので、8月に3頭補強してあります。きょうはこの血統の紹介をします。TOP GUNさんで産卵させた虫蔵さん血統の幼虫です。両親は♂虫蔵15-24×♀虫蔵15-8父方:虫蔵15-24 について 84mm(masuko血統)×51mm(虫蔵14-20)からの子(羽化したのはこの [続きを読む]
  • 初むし社
  • キラッキラの夏が終わってしまうその前に!あずさに乗り込んで東京に向かいました。大学時代の友人が洒落たパクチー料理屋を教えてくれました。今回の目的は、中野のクワガタ標本・出版屋さん。中野で降りて左に行く人はみんなそこに向かっているような錯覚ってあるよね。そう、むし社です。小学生の頃から雑誌の広告で知っていましたが、当時は来てみようという発想すら浮かびませんでした。大人になったな。この扉の向こう側 [続きを読む]
  • 平成29年2回目の割り出し
  • H29-12回目の割り出し。今度は初令幼虫が3頭出て来ました。初令から菌糸ビンに入れるのは危険ですが、菌糸ビンのタイミング的に投入です。p.s.3頭のうち2頭が菌を食べずに死んでしまいました。いわゆる「菌に巻かれた」状態です。初令はマットで育てた方が良さそうです。 [続きを読む]
  • オオクワガタに挟まれた話
  • うちには祭りの出店で購入した京都府亀岡市産のオオクワガタがいるのですが、写真撮影中に挟まれた。爪の上から挟まれたにも関わらず、圧迫され、爪と肉の間から血が出て来た。こいつが力を緩めるまでの時間、おそらく2分ほど。とても長く永く感じた。大人しいオオクワガタといえども侮ることなかれ。 [続きを読む]
  • 産卵途中経過
  • ♂♀同時に投入し、一週間後に♂だけ抜き取って放っておいた産卵ケースの様子を見てみましょう。♀が木をガジガジしています。(写真はなぜか♂と一緒に撮影)こりゃ完全に産んでいるなと、意気揚々とクワガタショップに持って行き、見てもらいました。結果は卵がたったの4つ。撃沈。話が変わるが、産卵木の青カビ黒カビ、白い菌糸、粘菌などは幼虫の口に入るとよくないらしい。うちの産卵僕にも青カビや菌糸が出ていたが、卵 [続きを読む]
  • 山梨県遠征
  • クワガタ採集でもしようかと、山梨県北杜市へ。すぐに断念し、北杜市オオムラサキセンターへ。オオムラサキはシーズンオフ(蛹の時期?)で、つまらなかった。オオクワの綺麗な標本があった。その他、海外産の昆虫の標本が見どころ。ヘビンボのグロテスクな姿やプラチナコガネの美しい体色には驚いた。あと標本の作り方もあった。標本もやってみたいな。 [続きを読む]
  • 平成29年ブリード計画
  • さわやか家族計画今年のペアリングを振り返ってみます。平成29年の1組目のペア(...と言っても1ペアしかいませんが、以下 H29-1とする)を改めて紹介します。 新郎♂84.3mm(虫蔵15-7-7) × 新婦♀53.5mm(虫蔵15-21-6) データの読み方が全くわからん。これじゃあつまらない。この虫を育てた虫蔵様のブログを熟読し、ルーツを探る。新郎「虫蔵15-7-7」の家系両親は、父♂82mm(虫蔵13-7)×母♀53mm(虫蔵13-1) 父方 [続きを読む]
  • 産卵セット開始
  • 先日購入した久留米産のオオクワガタを 産卵セットに投入しました。何やらケースが小さい。いえいえ、虫がデカいんです。♂84.3mm× ♀53.5mmこれが昨今のオオクワのサイズかよ。。。驚愕です。虫蔵さんが育てた虫です。縁あって我が家に来ました。虫蔵さんは私と同い年らしいのですが、とんでもないお方です。その腕はクワガタ雑誌にも載っているほど。ありがたくブリードさせて頂きます。産卵セットの作り方ですが、完全 [続きを読む]
  • はじめまして。
  • クワガタに再びハマりそうな予感がしたので、ブログを立ち上げました。再びというのは、外国産オオクワガタが輸入されるようになった頃に私が一度ハマっているからです。その時はまだ小学生でしたが、朝起きてから夜寝るまでクワガタのことを考えており、底無しのワクワクを感じながら毎日を過ごしていました。ところが大学入試の時期になると、クワガタへの興味は薄れつつありました。クワガタ飼育の研究発表でなんとか入学 [続きを読む]
  • 過去の記事 …