酔いどれ さん プロフィール

  •  
酔いどれさん: 人生はいつもこれから
ハンドル名酔いどれ さん
ブログタイトル人生はいつもこれから
ブログURLhttp://yoidore.wp.xdomain.jp/
サイト紹介文50代にして熟年離婚。元嫁が残した多額の借金から復活し、はじめて自分の人生を生きるおっさんの日常。
自由文300万円強の借金を完済し500万円超の貯金ができ、信用情報からも回復して、ハーレーを乗り回す人生へと転換しました。
決して、悪いことをして儲けたわけではありません。
コツコツと地道に生きていけばやれることばかりなのです。

いつからでもやり直しはできます。一緒に頑張りませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 16日(平均12.7回/週) - 参加 2017/11/08 08:52

酔いどれ さんのブログ記事

  • 結婚相談所で出会った女性たち
  • 私が2年間登録した結婚相談所で出会った女性の話です。そこのシステムは、パソコンで女性を探し交際を申し込み了承されるとメールのやり取りをしてお互いが良ければ会うという流れが一般的でした。10人くらい(記憶に残っているのが)の人とお会いしたのですが、びっくりするような人がいました。私は、女性の希望として喫煙をしない人というのをつけて検索していました。お会いして「実はたばこを吸う」という人が二人いました。 [続きを読む]
  • 今月の収支
  • 今日は、給料日です。10月は、土日の関係で20日でしたので、32日間の収支期間となりました。今月の収支は、約12万円の黒字で終えることができました。全額貯金に回します(笑)飲みに行った回数0回、外食が2回、出張や外出の際のランチで、同行した人の分も奢ってあげましたが、4〜5000円程度で済みました。たばこは吸いませんし、お酒も毎日飲まず、金、土、日曜日の3日間だけで家で飲む程度です。ふだんの昼食は、弁当持参。もち [続きを読む]
  • てきめん
  • ここ数日の真冬並みの寒さに負け、洗い物をお湯でし始めました。そうすると、てきめんに指先がひび割れ痛くなりました。右手親指と中指が特に痛いのと荒れもひどいです。ハンドクリームが手放せないのですが、風呂に入ったり、顔を洗ったり、洗い物も数回にわたったりなど、起きていると何かしら水(お湯)を使う機会が多くて、結局、塗るのは寝る前だけになりますね。子どものころからあかぎれやしもやけというものになったことは [続きを読む]
  • いい迷惑です
  • 離婚の原因は、千差万別、他人が口をはさむことではないのですが、とわかっていても口をはさんでしまいます(-_-;)借金だけなら夫婦二人で力を合わせて返していくことができると考えます。そして、もう二度と借金まみれになるような生活にならないように立ち直ることも十分可能です。しかし、不倫は別ですね。不倫は夫婦の努力では解決できません。そして何より厄介なのが、繰り返すことです。「もうしません」というのは「見つかる [続きを読む]
  • 邪魔なんだよぉ
  • 先ほど、来週の食材などの買い出しで近くのスーパーへ行ってきました。日曜日のお昼とあって、スーパー内は混雑していました。スーパーでいつも腹が立つことがあります。それは、この混雑時に奥さんの横をダラダラとついて回り、あ〜だ、こ〜だと講釈を垂れるくそおやじです。陳列の前に突っ立ってしゃべったり、狭い通路の中央にカートを止めたり、本当に邪魔です。スーパー内をそんなについて回らずに車の中で待っててくれぇ〜〜 [続きを読む]
  • 婚活
  • 婚活もこれまでいろいろとやってきました。婚活パーティは、5〜6回行ってみて、ペア率は10割です。一緒に食事して、お互いにメールや電話番号を交換しましたが、それ以上に発展することはありませんでした。驚いたことに、婚活パーティーに子どもを連れてきていて、ペア成立後食事にその子どもをつれてきた女性もいました。おそらく、女性参加者には、サクラに近い仕込みの人がいるのだろうと勘ぐっています。大手結婚相談所に登録 [続きを読む]
  • しばらく相手に
  • もう冬の寒さですね。先週までは、何とか乗れていたのですが、今週末は「山沿いでは雪でしょう」などという予報が出ているので、乗れそうにありませんね。近くのGSにガソリンを入れに行くのが精いっぱいでしょうか。2月くらいまでは、これにまたがることも難しい季節です。時折、相手をしてあげないとすねてしまいます。分かっているけど、寒さに負けてしまうのよねぇ(笑)バイクも異性と同じように存在を忘れないように手をかけ [続きを読む]
  • それだけは見たくなかった
  • 飲み会で帰宅が遅くなった夜、リビングに行こうと元嫁が寝ている部屋の前を通ろうとしたとき、ドアが開きっぱなしでした。私の物音で目が覚めたと言われるのも嫌だったので、しめて通り過ぎようと思い、何とはなしに部屋の中に目を移したところ、それは見事な大の字の寝姿が映りました。そして、その瞬間に私は言葉にはできない衝撃と脱力感に苛まれたのでした。大股を広げ寝ている元嫁はパジャマのパンツと下着を脱ぎ捨て、下半身 [続きを読む]
  • 家庭内別居の会話
  • 元嫁との離婚前の家庭内別居状態は、本当に冷え切ったものでした。30年近く夫婦として暮らしていても、いざ離婚となるとこれほどまでになるのかという状態です。お互いができるだけ一緒に家にいる時間を少なくしよう、一緒にいるときは顔を合わせないようにしようという感じですから、会話をするなどという雰囲気は皆無です。それでも、事務連絡的なことを伝えなければならないことも生じます。その一つの方法が、カレンダーでした [続きを読む]
  • 給料前の救世主
  • 給料まで1週間となりました。今月の支払い(光熱水費などの固定経費)も終わり、さて、どれくらいの黒字になるか勝負の時とも言えます。ここで、ひと踏ん張りすることで貯蓄へ回せる金額を増やすことができます。今月は、バイクの任意保険の加入などイレギュラーな支出があったため、なおさら引き締めたいと思っています。この時期の私にとっての救世主は「もやし」です。もやしは、値段が安いことが一番、量があり食べ応えがある [続きを読む]
  • 貧乏神は
  • 貧乏な暮らしや借金生活を送っていると、ネガティブになってしまいますね。貧乏神のお得意様は、そういったネガティブ人間なのです。「ため息を一つつくと幸せが一つ逃げる」というのを聞いたことがありますが、ため息は貧乏神へのシグナルのような気がします。貧乏神は、聞き耳を立ててどこかでため息を聞き探しているのではないでしょうか。そして、「あ〜〜あ」と言った瞬間に背後に現れ、憑依するすきを狙っているのです。貧乏 [続きを読む]
  • 憂鬱なボーナス
  • そろそろ冬のボーナスの時期が近づいてきました。借金に追われている頃は、ボーナスの予想額と支払額をあれこれと考えてみると、どうしても支払額の方が上回っていてそればかりか不足している時期がありました。ボーナス時期にお金を借りなければならないという、最悪な状況でした。手っ取り早い借り入れというとカードローンかキャッシングしかなく、まさに火の車状態です。夜、ベッドに入って支払額を思い浮かべると寝付くことも [続きを読む]
  • 料理って
  • 離婚してからは、専ら自炊です。夕食がおいしくできた日は、幸せな気分なのですが、失敗してそれでも食べなければならないときは、何とも言いようのない気持ちになります。槇原敬之の歌に「君が作ったのなら文句も思い切り言えるのに」というのがありますが、まさにその通りですね。さて、自分のために作るのを「料理」といえるのだろうかと思います。料理は、食べる人がいて、その人のために、その人と一緒に味わうから言うのでは [続きを読む]
  • 借金だけを残して
  • 離婚後の元嫁の生活を案じて、自宅を譲ることを申し出ていました。もちろん、ローンは私が払うということで。アパートを借りるとなると、電化製品などもそろえなければならないし、経済的には私のほうがあるので、私が出ていくことにしていたのです。そうすれば、元嫁も仕事が続けられるだろうとも考えてのことでした。ところが、元嫁はシンガーに結婚を申し込まれたと思い込んでいて仕事も数か月前に辞めていたのでした。仕事に行 [続きを読む]
  • 寒々しい家庭内別居
  • お互いに離婚を決意した頃から、家庭内別居が始まりました。私は、リビング、元嫁はダイニング&キッチンが居場所。食事もバラバラにとり、当然のこと会話は必要最小限の「事務連絡的」なものです。そのころ、元嫁は、飲酒が常態化しており、350mlの缶酎ハイ1本から2本へ、500mlへと段々酒量が増えていくのがあくる日キッチンに残されている空き缶で知るところでした。それぞれに居場所を異にしてもトイレとお風呂は、共有しなけれ [続きを読む]
  • ソーシャルワーク 代表的な理論とアプローチ
  • 社会福祉士や精神保健福祉士の国家試験に出てくるソーシャルワークの理論とアプローチについて代表的なものをまとめてみました。人の名前を覚えるのが苦手という人は多いと思いますが、一つでも覚えておけば「間違いが分かる」ので、消去法にも役に立ちます。1点に泣くより、1点で笑うためのポイントです。「人が苦手なところをあえてやる」ただし、時間的に余裕のある人向けです。この時期になって新しいことを覚えるのは、多少危 [続きを読む]
  • お金を借りる人って、必ず・・・
  • 元嫁と離婚が成立(離婚届けを提出)して、1週間ほどたったある日、仕事中にメールが入りました。元嫁から私名義の銀行のカードローンに残債がありその一括返済を迫られている。10万円貸して欲しいとの内容でした。最後の最後まで「これ以上はないのか」と確認していたのに、1週間もたたずこのメールかと思いました。そして、「来月一括で返すから」との記載。借金を繰り返す人の特徴は、返す当てもないのに借りるときに限って「明 [続きを読む]
  • やっぱり、そうだろ!!!
  • 精神保健福祉士の模擬試験を在宅受験しました。何度、問題を読んでも答えらしいものが選択肢にありませんでした。やっぱり、問題の間違いということで全員に加点するという処置らしいです。https://www.spw-mosi.com/exam/pdf/owabi_teisei.pdfそれにしても、この1問にどれだけの時間をかけたと思ってるのか!これが本試験だったら無駄な時間を取られることになります。もし、こういった場合は、あまり時間をかけずに次の問題に進 [続きを読む]
  • 結婚を申し込まれた・・・って
  • 元嫁との最終的な離婚について話している時、「今後どうするのか?」という私の質問に対して、元嫁が発した言葉「結婚を申し込まれている」。びっくり仰天、青天の霹靂だが冷静を取り繕いながら「誰に?」と聞いてみました。これまたびっくり仰天の3乗です。有名なシンガーでした。それも若い人に人気の・・・前々からファンであることは知っていましたが、相手は有名人であり、妻子もあります。よくよく聞いてみると、ファンレタ [続きを読む]
  • 一攫千金
  • 借金生活が常態化してくると、「一攫千金」を狙いたくなります。私の元嫁がまさにそうでした。あらゆるネットワークビジネスに手を出し、そのたびに残ったものは、さらなる借金。そして、失ったものは信用と友人です。楽して儲かる話など、向こうからやってくることはありません。そのことは皆さん分かっているのですが「自分だけ」という錯覚に陥るみたいですね。また、「あなただけに」と、向こうもその心理に付け込んできます。 [続きを読む]
  • 分相応
  • 借金返済をしていると、それは貧乏になります。自分が貧乏であることを認めたくなかったり、以前の生活水準を落とすことができなかったりで、見栄を張る人がいます。自分のことはもとより、子どもにも贅沢をさせ、負の連鎖地獄から抜け出せなくなってしまうのです。貧乏は、認めてしまえば楽ですし、節約生活を楽しむことさえ可能です。コツコツためてどんと使う気持ちで節約すれば、やりがいも生まれるのですが、毎度毎度の散財で [続きを読む]
  • 外食は敵
  • 借金返済のために節約生活を送るとなると、当然ながらあらゆるものを我慢しなければなりません。その筆頭が食費です。一人暮らしになると自炊が面倒でついつい外食に頼りがちになりますが、その費用が結構カギになるのです。例えば、500円の弁当を毎日昼食で食べたとしたら、500円×23日=11,500円にもなります。さらに夕食では、1,000円×30日=30,000円となります。ということで、私は昼食は弁当を作ることにしたのです。料理が [続きを読む]
  • 国家試験受験にあたって
  • 国家試験の勉強方法はたくさんあり、これが正解というものはないと思います。働きながら試験勉強をするにあたっては、自分のライフスタイルに合った方法を考えることが大切です。過去問をひたすら解く人、ワークブックにインデックスを貼ったり、蛍光ペンを引きまくる人、サブノートのまとめる人、それぞれです。しかし、一つだけ絶対に忘れてはならないことがありますが、意外とあまりやられていません。それは、関係法令と倫理綱 [続きを読む]
  • 信用情報・・・いわゆるブラックリスト
  • 任意整理をした際に弁護士から「5年から7年は、ローンもクレジットカードもできないと思ってください。」と言われました。いわゆるブラックリストに載るという意味だと思います。確かに、そのあと、手持ちのクレジット会社から契約打ち切りの通知が来たり、ネットバンクの借入ができなくなるなど「リスト入りしたな。」という実感をこれでもかというほどに思い知らされました。また、携帯電話の機種変も現金でなければできずに、社 [続きを読む]
  • 粗大ごみ
  • 今日は、粗大ごみの日でした。朝早くから、下駄箱と不燃物を出し、断捨離です。今まであったものがなくなり、その空間を眺めていると、何なら新しいものが取り込めそうな気になります。今度の休みには、そのスペースを掃除したいと思います。私のストレス解消法は、断捨離。そして、いつでもできる趣味とも言えます(笑) [続きを読む]