ドギー さん プロフィール

  •  
ドギーさん: 只今、ツーリング中
ハンドル名ドギー さん
ブログタイトル只今、ツーリング中
ブログURLhttp://realtimetouring.blog12.fc2.com/
サイト紹介文日本全国、津々浦々、バイクやカメラで、切り・撮るブログ…ロードバイクにのめり込み中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 9日(平均10.9回/週) - 参加 2017/11/08 09:38

ドギー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 転倒から復帰への道・ジャンプ
  • より高くジャンプする為には、予備動作が重要だと思っています。リハビリも自転車生活への復帰に向けての予備動作と捉えると、無駄では無いと言い聞かせる事が出来て頑張れる事が出来ます。必ず力に繋がる。自転車でのリハビリ序盤は、アレグロが修理中と言う事もありレイダックを持ち出す事が多かったです。その初めてのライドで案の定?タチゴケを喫してしまって、肋骨にもダメージを受けましたが、今はそのダメージも回復して、 [続きを読む]
  • 転倒から復帰への道・ステップ
  • アレグロの修理中、リハビリの一環としてレイダックを持ち出して乗る事もありました。万全の状態ではないのは分かっていたので、復帰に向けての慣れと言う一面もありました。私の状態が万全ではないので、その分装備の方をしっかりとしなくてはなりません。装備と言うのは言うまでも無く、頭部を守る物。入院するきっかけになった自転車での転倒。それは私の身体や自転車だけではなく、装備にもダメージを与えていました。以前書い [続きを読む]
  • 転倒から復帰への道・ホップ
  • 取り敢えず、自転車は何とか走り出せる格好にはしましたが、その状況はあくまで走れる状態にしたと言うだけで、傷ついた部品はそのままです。退院直後はまだふらつく事もあり、集中力が持続しない感じなので、転倒の憂き目に遭いそうでした。そんな事情で、軽い転倒でも傷つく様な部品は身体の状態がもう少し良くなるまではそのままにしておこうかと思っていました。でも、いつでも取り替えられる様に、部品だけは手元にあった方が [続きを読む]
  • 転倒から復帰への道・助走
  • 取り敢えず一番の懸案事項であったホイールセットを手に入れたので、自転車で走り出すのに必要と思われる物を購入しました。これで取り敢えずは走り出せる格好には出来ます。しかし、破損したままの状態の物もあるので、それは私の状態が上向かない限りはまた転倒する可能性があるので、その状態を見ながらと言う事で。 [続きを読む]
  • 転倒から復帰への道・次の一歩
  • 自転車を復活させるには、何は無くともホイールセットが必要…と言う事で、ヤフオクでホイールセットを落札しました。フロントホイールだけでも良かったのですが、この機会はモチベーションを上げる為にも必要と思えました。本来ならばホイールセットは私自身がそれ相応の実力を持ってから購入しようと思っていたのですが、その実力はいつ得られるのか分からない状況で、この機会はそう言う事情をも越えたものになりました。オーク [続きを読む]
  • 転倒から復帰への道・最初の一歩
  • 入院中、お見舞いに来て下さった自転車仲間から転倒の状況や自転車のダメージの話は聞かされていた。その話を聞いていると、転倒の原因と自転車のダメージは思った程酷くなさそうに感じた。話を聞かされた当時の状況は、私自身のダメージは鎖骨骨折がメインとばかり思っていた所為もあり、深刻に受け止めていなかったんです。鎖骨の手術も終わり、入院している必要性を感じなかったので「退院はいつにしますか?」と質問された時に [続きを読む]
  • 転倒から復帰への道
  • すっかり冬の気配が色濃くなって来ましたね。実はこの夏、自転車で転倒しまして、一ヶ月ほどの入院の後、現在は退院して社会復帰を目指してリハビリ中です。いや、リハビリもしばらく通院でこなしていましたが、それも必要無い?とリハビリでの通院の必要性はなくなりまして、後は脳波の検査結果と左鎖骨に入っているプレートを除去するだけです。非常に残念なのは、転倒時の記憶が無く、原因も良く分からないので、転倒した経験を [続きを読む]
  • 2017夏旅物語・乗鞍
  • 2017夏旅物語・台風で右往左往からの続き朴の木平のバスターミナルでは畳平の情報が出ていた。天気も良く見晴らしも良好。昨夜、ここに向かっている最中に「大雨の為、乗鞍スカイライン全面通行止め」と出ていただけに一安心。準備を済ませると、乗鞍スカイラインへと向かった。出発直後から心拍数が上がり過ぎて、乗鞍スカイラインのゲートに辿り着く頃には持たない感じがした。ゲートでアンケートに答えて欲しいと言われ、アンケ [続きを読む]
  • 2017夏旅物語・台風で右往左往
  • 2017夏物語・ねぶた祭りからの続き台風の進路は日本海側に沿って北上する予報が出ていた。帰り道に立ち寄ろうとしていた鳥海ブルーラインはこれで諦めざるを得なくなった。次善策として蔵王エコーラインを走ろうと太平洋側を南下して行く事に決めた。八甲田を越えR4に出る時には風雨共に強く、台風の影響が大きいと感じたけれど、十和田市内に入る辺りからはその影響がまるで感じられなくなった。R4を順調に南下し、盛岡市内でいつ [続きを読む]
  • 2017夏旅物語・ねぶた祭り
  • 2017夏物語・八幡平からの続きいよいよ、ねぶた祭りの臨時サマーキャンプ場に辿り着いた。顔ぶれが年々少し寂しくなって来ているのは時の流れか。夜遅くの到着だったから、取り敢えず祭り会場に向かって写真撮影でもしようかと思ったけれど、向かっている最中に終わりを告げる花火が上がった。今回の予定としては、土日の夜に参加して、最終日の昼間の運行時には帰るつもりだった。 [続きを読む]
  • 2017夏旅物語・八幡平
  • 2017夏旅物語・磐梯山と白布峠からの続き八幡平へ向かうには、岩手県と秋田県にまたがって走るアスピーテラインと、岩手県側から伸びる八幡平樹海ラインとがある。アスピーテラインは一昨年に両側から走っているし、今回は樹海ラインから向かってみたいと思っていた。 [続きを読む]
  • 2017夏旅物語・磐梯山と白布峠
  • 毎年、ねぶた祭りに参加しようと画策するも、年々腰が重くなっていた。ここ2~3年はねぶた祭りそのものよりも、道中を楽しみにしていたりする。その楽しみの最大の目的はなかなか走りに行けない走り応えのあるスポットへ走りに行く事だ。今年は磐梯山周辺、赤城山から榛名山、八幡平、そして鳥海山。走りに行きたい順番もその通り。夏が本番を迎え、暑さも厳しいから、なるべく涼しい所から向かいたいと思い、先ずは磐梯山周辺のス [続きを読む]
  • 九州へ(Day4・阿蘇ターン)
  • Day3・雲仙クローバーからのつづき阿蘇には一昨年の秋に登った事がある。熊本地震が起きる前。その時はあまりの寒さに断念してしまったルート、阿蘇東登山道、通称阿蘇パノラマラインを登っておきたかった。牛馬優先の阿蘇パノラマライン。 [続きを読む]
  • 九州へ(Day3・雲仙クローバー)
  • Day2・移動日からのつづき雲仙は、九州の友人宅に訪れる機会があったならば、是非とも行ってみたい場所だった。しかし友人宅に訪れてしまうと、その後はここに立ち寄れる機会はほとんど無いと言って良い。ならば訪れる前に立ち寄ってしまおうと画策していた。雲仙へ登るだけならそれほど時間は掛からない。なので、いくつかのルートで登って、その魅力を色んな角度から堪能してしまおうと思った。それこそシロツメクサの葉を一筆書 [続きを読む]
  • 過去の記事 …