仮想通貨ニュース さん プロフィール

  •  
仮想通貨ニュースさん: 仮想通貨News24
ハンドル名仮想通貨ニュース さん
ブログタイトル仮想通貨News24
ブログURLhttp://e-frontier.biz
サイト紹介文ビットコインを中心に、各種アルトコイン から草コインまで情報を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 75日(平均9.3回/週) - 参加 2017/11/08 10:28

仮想通貨ニュース さんのブログ記事

  • セントルイス銀行はビットコインに対して好意的?
  • 白書「仮想通貨の世界の概要」を発表アメリカ・セントルイス連邦準備銀行は、デジタル通貨とブロックチェーンについて好意的な評価をしており、その内容について「仮想通貨の世界の概要」という白書で発表しています。 ビットコインとヤップ島の石貨白書の中では、ビットコインのシステムを石を貨幣として使用していた「ヤップ島」に例えています。ヤップ島(現ミクロネシア連邦)の貨幣は大きな石でできていて、持ち運びが困難で [続きを読む]
  • 仮想通貨NEO(ネオ)とは? 購入方法、将来性について
  • NEO(ネオ)とは?「中国版イーサリアム」とも呼ばれる仮想通貨で、2016年にAntShares(アントシェアーズ)として公開されたが、その後NEO(ネオ)に名称が変更されているまた、仮想通貨NEOは「デジタル資産としての価値」だけでなく、「NEOのブロックチェーンを管理する権利」も併せ持つNEO(ネオ)の特徴1. スマートコントラクトNEO(ネオ)の基本構造はイーサリアムと類似しており、ブロックチェーンに契約内容を書き込 [続きを読む]
  • どう見ても、ガッキー!?
  • (lializikoさんのインスタより)どう見てもガッキーにしか見えないけど、龍夢柔(あだ名は栗子)という女性で中国で歌手やモデルとして活躍しているらしい2014年に中国のオーディション番組「来吧!灰姑娘」でグランプリを獲得し、現在は上海海洋大学に通う現役大学生だとか(lializikoさんのインスタより)やっぱり、どこからどう見てもガッキーにしか見えないおまけに恋ダンスまで披露しているというから驚きだ・・・www.in [続きを読む]
  • 仮想通貨ETHLend(LEND)イーサレンドとは? 将来性について
  • ETHLend(LEND)イーサレンドとは?ETHLend(LEND)イーサレンドの基本理念は、「世界中の借り手と貸し手が融資に参加できる世界的な貸出市場の開発」をすることです。透明かつグローバルな貸出市場を提供し、国間の金利差の解消を目的としています。 イーサレンドの特徴1. 分散型すべての融資はEthereum Smart Contract(イーサリアム・スマートコントラクト)を通じて行われ、イーサレンド自体が資産の保有をすることはありま [続きを読む]
  • 仮想通貨ETHLend(LEND)イーサレンドとは? 将来性について
  • ETHLend(LEND)イーサレンドとは?ETHLend(LEND)イーサレンドの基本理念は「世界中の借り手と貸し手が融資に参加できる世界的な貸出市場の開発」することで、透明かつグローバルな貸出市場を提供し、国間の金利差の解消を目的としているイーサレンドの特徴1. 分散型すべての融資はEthereum Smart Contract(イーサリアム・スマートコントラクト)を通じて行われ、イーサレンド自体は資産の保有はしない2. 銀行口座が不要 [続きを読む]
  • Lisk(LSK)リスクが乱高下、ビットフライヤー上場の思惑?
  • Lisk(LSK)リスクが高騰中国内大手取引所ビットフライヤーに、Lisk(LSK)が新規上場するのではないかと噂になり、LSKの価格が乱高下しています。LSKは、他の国内取引所(コインチェック)で既に取引されているため、上場に際して金融庁からの新たな認可は不要だと認識されています。そのため上場に向けてのハードルが比較的低く、今回の噂になったと考えられます。ビットフライヤーからの発表は1月中にもあるようです。 2018年、 [続きを読む]
  • Facebook、ザッカーバーグ氏の新年の抱負
  • Facebookが仮想通貨に参入?Facebookも設立後しばらくは、怪しいネット企業という位置付けでしたが、ほんの数年で世界中の人が使うデファクトスタンダード的ポジションにまで成長しています。そのFacebook代表のザッカーバーグ氏が仮想通貨を取り上げたということは、Facebbokのような革命的変化が仮想通貨にも起こりうると感じたからかもしれません。そして、20億人以上というアクティブユーザーを抱えるFacebookが、仮想通貨やブ [続きを読む]
  • Facebook、ザッカーバーグ氏の新年の抱負
  • 仮想通貨取引と言うと、「ちょっと怪しげな投資?」という変な勘ぐりを受けてしまうのが現状だが、Facebookのザッカーバーグ氏が新年の抱負で仮想通貨について言及してくれたのは、非常に明るいニュースだFacebookが仮想通貨に参入⁉?Facebookも設立間もない頃は、怪しいネット企業という位置付けであったが、ほんの数年で世界中の人が使うデファクトスタンダード的ポジションにまで成長しているそのFacebook代表のザッカーバー [続きを読む]
  • 仮想通貨Aidos Kuneen(ADK)アイドスクニーンとは? 将来性について
  • Aidos Kuneen(ADK)とはAidos Kuneen(ADK)はプラットフォーム系の仮想通貨とは異なり、いわゆる「通貨」として使用されることを目的として開発されている2017年の6月に公開され、通貨の最大発行枚数は2500万枚で、現在流通している通貨は1000万枚Aidos Kuneen(ADK)の特徴1. 優れた匿名性AIdos Kuneenは「I2P」と呼ばれる技術により匿名性が保護されているまた「AKshuffle」というものを実装することで取引を不可視化 [続きを読む]
  • 仮想通貨Aidos Kuneen(ADK)アイドスクニーンとは? その将来性について
  • Aidos Kuneen(ADK)とはAidos Kuneen(ADK)はプラットフォーム系の仮想通貨とは異なり、いわゆる「通貨」として使用されることを目的として開発されています。2017年の6月に公開され、通貨の最大発行枚数は2500万枚で、現在流通している通貨は1000万枚です。 Aidos Kuneen(ADK)の特徴 1. 優れた匿名性AIdos Kuneenは「I2P」と呼ばれる技術により匿名性が保護されています。また「AKshuffle」というものを実装することで取引 [続きを読む]
  • Dogecoin(ドージコイン)とは? 草コイン取引の基軸通貨?
  • Dogecoin(ドージコイン)とは? Dogecoin(ドージコイン)はどんな通貨?Dogecoin(ドージコイン)は略号がDOGEで、2013年に公開されました。機能的にはビットコインと似ていますが、DOGEの最大の特徴はブロック生成の速さです。ビットコインで約10分かかる承認が、DOGEでは約1分でスピード承認されます。当時人気を博した「Doge」という柴犬をモチーフしていて、当初はビットコインのパロディのような位置づけでしたが、ジャマイ [続きを読む]
  • Dogecoin(ドージコイン)とは? 草コイン取引の基軸通貨?
  • 2018年に入っても、相変わらず仮想通貨マーケットは好調を維持している今のトレンドとしては、王道ビットコイン上昇 → 主要アルトコイン上昇 → マイナーコイン上昇(これから?)という形で、資金が流れてきている感じ今回はマイナーコインの中でも少し知名度の高いDogecoin(ドージコイン)を紹介してみよう※ マイナーコイン(草コイン)への投資は当たれば大きいが、その分リスクも高いため、余剰資金で遊び程度の投資に留め [続きを読む]
  • アルトコイン急騰が続く、次に来るのは仮想通貨iXledger(IXT)か?
  • アルトコインが順番に物色されていく中、次の大化け通貨として注目しているのが、iXledger(旧名:InsureX)iXlenger(IXT)とは?iXledger(IXT)は2017年にロンドンで設立された保険会社で、世界で初めてブロックチェーン上で保険商品取引を行うプラットフォームを作成する事を目指しているブロックチェーンを用いた取引が保険業界で実現すると、様々な無駄が省かれれ、費用面や取引の透明性において大きなメリットが期待できる [続きを読む]
  • 仮想通貨iXledger(IXT)とは? その将来性について
  • iXledger(IXT)とは?iXledger(IXT)は2017年にロンドンで設立された保険会社で、世界で初めてブロックチェーン上で保険商品取引を行うプラットフォームを作成する事を目指しています。ブロックチェーンを活用した取引が保険業界で実現すると、様々な無駄が省かれて、費用面や取引の透明性において大きなメリットが期待できます。※ iXledger(IXT)は元々はinsureXという名称で登場しましたが、insureという単語が実際の保険会 [続きを読む]
  • アルトコインの急騰が続く、次に来るのは仮想通貨Ark(ARK)アークか?
  • リップル(XRP)やNEM(XEM)の大暴騰に湧く仮想通貨市場だが、すでに次の急騰コイン探しが始まっている草コインと呼ばれるマイナーコイン(極端に価格が安い)に投資し、何十倍もの伸びもを期待する投資手法もあるが、やはりある程度の実機能・実態の伴う仮想通貨に投資しておきたい次の急騰候補として期待できそうな、Ark(ARK)アークについて紹介するArk(ARK)アークとは?Ark(ARK)アークは2017年3月に取引が開始された通貨 [続きを読む]
  • 仮想通貨Ark(ARK)とは? その将来性について
  • Ark(ARK)アークとは?Ark(ARK)アークは2017年3月に取引が開始された通貨で、仮想通貨Lisk(リスク)から分裂して生まれたコインです。そのため、Liskに採用されている多くの機能を有しています。 Ark(ARK)の目的ARKは日常生活において、簡単に仮想通貨を使えるようにするという目的で開発されており、ユーザーフレンドリーなプラットフォームが特徴です。仮想通貨では、ブロックチェーンやスマートコントラクトといった独自 [続きを読む]
  • 2018年 注目の日本株! SBIホールディングス
  • 2018年 仮想通貨関連株に注目この年末年始は仮想通貨(特にアルトコイン)が次々に暴騰し、まさにお祭り騒ぎの状態でした。特にリップル(XRP)やネム(NEM)といった日本人推しの仮想通貨の上昇は凄まじく、価格が10倍以上に上昇しています。 SBIホールディングスが熱い!年明けの日本市場は仮想通貨関連株に買いが集まりそうですが、仮想通貨関連株は中小型株が多く、価格の乱高下に巻き込まれる危険性もあるため、大口資金の投 [続きを読む]
  • 2018年 注目の日本株! SBIホールディングス
  • 2018年 改めて仮想通貨関連株に注目この年末年始は仮想通貨(特にアルトコイン)が次々に暴騰し、まさにお祭り騒ぎだった感がある特にリップル(XRP)やネム(NEM)といった日本人推しの仮想通貨の上昇は凄まじく、価格が10倍以上に上昇した通貨もあるSBIホールディングスが熱い!年明けの日本市場は、仮想通貨関連株に買いが集まりそうだが、仮想通貨関連株は中小型株が多く、価格の乱高下に巻き込まれる危険性もあるため、大口 [続きを読む]
  • 2018年 注目の仮想通貨、買っておくべきアルトコインは?
  • 2017年は仮想通貨にとって大きな飛躍の年となったが、仮想通貨は既に1000種類以上も出てきており、玉石混合感は否めない2018年は徐々にアルトコインの選別が始まり、消えていく(価値がなくなる)コインも増えてくるだろうが、有望なコインにはまだまだ成長の余地はありそうだそこで、2018年に飛躍が見込めそうなアルトコインをいくつか選んでみた2018年、上昇が期待できるアルトコイン10選1. NEM(XEM)ネム国内取引所で [続きを読む]