夢魔 さん プロフィール

  •  
夢魔さん: 事の葉
ハンドル名夢魔 さん
ブログタイトル事の葉
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kiokunohatetaisetunamono
サイト紹介文短歌中心に、時々、詩を書いています。どうぞ、よろしくお願いします。
自由文短歌と詩、どちらも定型文中心ですが、どちらも素養があるわけでもなく自由に書いています。写真もなく、文が添えられているわけでもなく、しごく地味なブログですが、どうぞ、よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 10日(平均14.7回/週) - 参加 2017/11/08 15:01

夢魔 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • トラブル
  • 開かないブログに、長き秋の夜は更けゆくばかり                             月も笑いぬ 諦めて眠れば、すぐに暁の訪れ、去らぬ睡魔、寄り添う [続きを読む]
  • 夕暮れ
  • 手をつなぎ、でも競うよう足早に、なにかせかされ歩く夕暮れ 鈍色に暮れるこころと暮れる空                 こころに昇るなにもないまま [続きを読む]
  • 言葉
  • 誹りなど似合わぬきみの刺のある言葉は抜けず、今も痛みて 言の葉を呑みこむたびにやるせなく、葉を散らしゆく木々を羨む [続きを読む]
  • 無意識
  • 無意識に相手をみつつものを言う、哀しき癖の身につきてあり無意識にきみを探しぬ            懐かしき公園の池、傍を歩めば [続きを読む]
  • もどかしく
  • 星は、まだ、遠くにあれば、もどかしく、冷たき冬の空を想いぬ もどかしく言葉を探す           いかにして奇跡のようなきみを描こう [続きを読む]
  • みしらぬ・・・
  • あの時、きみは見知らぬ僕の中に、僕を探していたのだと思うまだ、僕は「みしらぬ秋」を見つけては、話すあてなく仕舞い込む日々 [続きを読む]
  • 無題
  • きみ例え、あまた詠みたる月は、いま、まろく明かりて、海を照らしぬさびしさは、詠み捨てゆく              願わくは、遠くのきみのしあわせな日々 [続きを読む]
  • 瀬(修正)
  • 瀬をのがれ、岸辺の岩にもみじ葉も、しばし憩いぬ                            吾季はのどかに 時の瀬を逆巻く波の速さすら、流し去れまい、きみの面影 [続きを読む]
  • 陳腐でも「今宵は星が奇麗だ」と、こころできみにメールしてみる 吐く息の初めて白くなりぬ夜、なんども星を曇らせてみる [続きを読む]
  • 過去の記事 …