Godcooper さん プロフィール

  •  
Godcooperさん: Classic MINI 素人オヤジ篇 ノントラブルだよ人生は!
ハンドル名Godcooper さん
ブログタイトルClassic MINI 素人オヤジ篇 ノントラブルだよ人生は!
ブログURLhttp://www.classic32.com/
サイト紹介文改訂版/クラシックミニビギナー篇。ローバーミニな駄文。昭和ロックのノリで人生もミニもノントラブル!
自由文1964年製名古屋のオッサンです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 317日(平均5.8回/週) - 参加 2017/11/09 12:38

Godcooper さんのブログ記事

  • 旧き良きNASCARの勇姿にシビれる
  • ミニが戻ってきた時のモディファイをどうしようか‥‥などとボンヤリ考え、深夜にネット検索を繰り返すという重いビョーキに罹っているんだけれど、これぞ我が意を得たりと膝を打つクラシックミニになかなか出会えない。イイ線いってるけどちょっと目指す方向感が違うんだよなあ…と。ミニだと車高の低さがそのままカッコ良く見えてしまい、それだけで判断してしまいがち。なので、ワシの審美眼はかなりブレる。ブレまくる。色もス [続きを読む]
  • 修理のついでだから‥‥という言い訳もマニア病の代表症例
  • ミニがないのでネタがない。ワシの私生活なんか誰も気にしてないだろうし。というわけで、すっかりこのブログも蜘蛛の巣状態。シゴトの合間の気分転換に「ブログを更新してみよう」…と、久々に画面に向かった。ミニロスを埋めるために神様が施してくださったのか、近頃はなぜか本業もギチギチに忙しい。時間は詰められるし、思い通りにはいかないことも多い。で、たまにはこうしてどうでもいい駄文でガス抜きだガス抜き!そんな気 [続きを読む]
  • 【お知らせ】2週間ぶりの投稿ですが。。。
  • 気がつけば今月になってから全然更新してない。でもクルマが外科手術入院中で家にいないので仕方ないよなあ。…ってことで、しばらく休筆宣言。サーバー契約更新の時期も近づいているので、このまま当ブログもフェイドアウトしていく可能性も濃厚で‥‥。逡巡中。ミニの修復プロセス公開も考えたけれど、気持ちのいい話ばかりじゃないのでワシのモチベーションとテンションが上がらんのだよなあ。公開ブログで感情をぶつけても仕方 [続きを読む]
  • マニアじゃわからない素人が憧れる仕様
  • 自分のミニロス感を埋めるために、自分がかつて気に入った経路をたどってみた。思えば2年前。ワシは決してマニアックじゃなく、万人ウケするキャッチーな仕様に憧れたんだよなあ。その代表選手がブリティッシュレーシンググリーンのクーパーだった。フォグを4つ並べてボンネットストライプを入れてリアクォーターウィンドウの下に月桂樹のようなクーパーステッカーがある。13インチのスポーク。あのド・ノーマルがかっこよかった [続きを読む]
  • 大ショック!!ミニが破壊されてしまった!
  • 猛烈な暑さでもクーラーはきっちり効くし、オーバーヒートのカケラも見せないので、その日もミニで郊外までドライブをすることにした。ただ、いつも出かける地方の役場とは違う別の行政機関だった。Yahoo!カーナビに従って、山奥のワインディングを通っているとき、アクシデントは発生した。路肩に避けて停止中のワシのミニに、対向車線から来た『結構大きな働くクルマの車列』のうちの1台が横っ面でガリガリ(ていうかガチャグシ [続きを読む]
  • 酷暑の街で見かけた個性派な乗り物たち
  • 本業のおシゴトで(…って副業はしてないけれど)、トヨタ自動車の本社に行ってきた。もしかしたら新型のセンチュリーにお目にかかれるかと思ったけれど、残念ながら叶わず。そしてその翌日に、本田技研工業の本社前を歩いた。もしかしたらトロロッソF1にお目にかかれるかと思ったけれど、これまた叶わず。しかし酷暑の街をボーッとしながら歩いていると、いろんなおもしろい乗り物に出くわす。写真を撮っておけばよかった…と思っ [続きを読む]
  • ココロも軽快に!CCO、メンテ♪
  • 休日にC.C.Oへ出かけた。完全な冷やかしで邪魔をしただけ、くだらない与太話をしただけ、ムダにダラダラと過ごしただけ、そしてスタッフの手を止めるという大迷惑客だ。安物の差し入れを持参したとはいえ、ショップにしてみたら早く帰ってほしい厄介者に違いない。1円の儲けも生み出さん。そろそろ上客でも紹介しなきゃ、塩を撒いて追い返さてしまう日も近いんじゃなかろうか。さんざん迷惑をかけ、さて、そろそろ退散するか…と [続きを読む]
  • 準備なしのミニで車中泊は地獄だって!
  • 週末、いい酔っ払い具合で家路についた。…ら、自宅玄関のディンプルキーを忘れて出かけていたことに気づいた。まあ仕方ない。家族には迷惑をかけて申し訳ないけれど、インターホンを鳴らすしかないな。ピンポーン♪誰も出てこない。数分鳴らしみても反応がない。締め切った部屋で空調を稼働させていればたしかに気づかんやろな。では仕方ない。スマホを鳴らしても家族の誰からも応答はない。ベッドまで充電器を持っていく習慣がな [続きを読む]
  • カーチェイスはやっぱり70’Sアメリカ映画
  • ミニミニ大作戦というなんとも力が抜ける邦題の映画をちゃんと観たことがないけれど、カーチェイスのシーンだけならYouTubeで閲覧できてしまう。レンタルビデオ屋なんかに行かなくても、なんでも見つけられる時代になったんだなあ…と、今さらながらに思う。数多あるカーチェイスシーンの中で、ワシの一番と言えばやっぱり記事タイトルの通り、アメリカの70年代前半の映画がサイコーだ。子供の頃にテレビの水曜ロードショーで観た [続きを読む]
  • 物欲満載の大金持ちでもきっとミニに乗るなワシ
  • 昵懇のオヤジ同士のくだらない宴の話題で『もしカネに糸目を付けない生活になったら何を持つ?』という、どーでもいい物欲に関する話題になった。ただし、旅に出るとか、美しいオネーチャンと仲良くなるとか、うまいもんを食うというファンタスティックエクスペリエンスではなく、ただ単純に物欲で考えるという無意味なシバリを設けてアホみたいなトーク時間を過ごした。で、ワシの考えはそれほどぶっ飛んでいない。靴&鞄は今のバ [続きを読む]
  • 夜中の街でエンジン音を聞き分ける酔っぱらいのブルース
  • とある日の夜。坂のある街をほろ酔い加減で歩いていると、背後から耳に馴染んだエンジン音が聞こえてきた。『!』それがすぐにミニの音だと反応できた。すると案の定オールドイングリッシュホワイト&ブラックルーフのミニが走り去っていった。思えばワシもずいぶん通になってきたもんだ。そのナンバープレートは、日々更新されているブログで有名なショップの所在地と同じだった。おそらくその場所から小一時間ミニで深夜のドライ [続きを読む]
  • 見栄もハッタリもないクラシックミニを大都会で!
  • 近頃はミニで郊外に向かうことも少なく、新幹線で西へ東へ。人でごった返す賑わいを見せる繁華街ばかりをうろついている。もう10年前のように宵闇深くまで酔っ払って過ごすことはないけれど、それでも都会の刺激につい吸い寄せられてしまうのは、ワシが田舎者だからだろう。で、思った。ミニって郊外のほうが圧倒的に多いけれど、実は都会で走ったほうが目立つんじゃなかろうか。ちょっと気位の高いエリアではドイツ勢のクルマなど [続きを読む]
  • ホイールの名前まで言えたおバカな青春時代
  • クジラ、ベンツマスク、鬼クラ、ハコスカ、ケンメリ、ヨンメリ、ジャパン、鉄仮面、ヨタハチ、エスハチ、ブタ目、ブタケツ、だるま、てんとう虫、ブルドッグ、Nコロ、水中メガネ、タテグロ、ハチマキ、ニーサンマル、サンサンマル、ヨンサンマル、ゴーイチマル、ハチロク、ニーナナ‥‥、え〜と、こんなもんで出し尽くしたかな。オッサンたちにはご存知の通り、かつてのクルマは愛称で呼ばれていた。さて。さらにここで問題。この [続きを読む]
  • 謎のポルシェ914の300万円オファー
  • 知人から「ポルシェ914があるんだけど300万円ポッキリで買わんか?」とのオファーが舞い込んできた。ワシは今まで「ポルシェ914のグッドコンディションのいい出モノを欲しい」という発言したことなど一度もない。それに近い発言さえしていない。なのに、なぜワシにそれをオススメしてくるんだ?…と謎。ただなんとなく当てずっぽうに打診してきたようだ。写真を見ると、それほど程度のいい感じでもなさそうだ。ホイールは [続きを読む]
  • 猛暑38℃の炎天下にミニで出かけるのは愚行か?
  • 暑い。外出するのは危険なほど暑い。常夏のハワイとか赤道直下のシンガポールのほうが過ごしやすいんじゃないか?と思うほど暑い。気温は38℃になるから外出時は気をつけろとテレビのアナウンサーが言っている。そんな休日の午後。ミニでお出かけをしてみた。もちろんクーラー はずっと稼働させっぱなし。こんなときにはキャブ仕様のクーラーなしにしなくてよかったと思う。まあでもしかし、だ。こんな日にミニを出動させることが [続きを読む]
  • 初めて買ったブタ目マークIIの思い出
  • C.C.Oじゃない中古車販売店に出かけた。初めて行く店だ。そもそも中古車販売店に行こうと思うなんて(ミニ購入時以外では)十代の昔までさかのぼるわけで、ちょっとワクワクする。クルマで小一時間の距離は近くはないけれど、どうしても行ってみたくなった。ショップのある豊田市は馴染みのある町だし、何よりそこにはワシが免許を取得して初めて買ったクルマ(初期型のブタ目マークII)が展示してあった。これは見に行かない手は [続きを読む]
  • 雨のロングドライブでワイパーくんの頑張りにエール!
  • 今月始めに日本列島を襲った豪雨災害は、小さいながらも愛知県にも及んでいた。通い慣れた過疎地域の役場へ向かう酷道が土砂崩れで通行止めになり、復旧の目処が立っていないという。それでも、シゴトは待ってくれないのでワシは現地に向かった。そこまでの道のりは片道約2時間。たどり着く方法は3通り。いつもの酷道は距離は片道約86kmほど。最短距離だけれど、もうマジで酷道すぎ。交通量が少なすぎるからなのか、今夏の通行止 [続きを読む]
  • タバコのポイ捨てをするドライバーは免許取消でOK
  • 時代の趨勢でタバコはひどい嫌われモノになってしまった。ワシも辞めて久しいけれど、吸う人に囲まれながら酒を呑むときには、一服だけもらいタバコをするという、厚かましいど顰蹙な愚行でクソ迷惑野郎になっていることがある。で、家に帰ると自分がタバコ臭を発していることがわかる。そのぐらい強烈っちゃー強烈なニオイで、周りには迷惑なのかもしれないけれど、ワシはそれを嫌いすぎる風潮もイマイチだなあと思う。ワシに言わ [続きを読む]
  • 優柔不断なワシのカスタム志向につて
  • 安いと言われる板金屋に行ってみた。で、オーバーフェンダーを全部はずして穴埋めして塗装したらいくらになるのか聞いてみた。思ったよりは高くなかったけれど、それでもホイール交換まで計算に入れると、そりゃ決して安い価格ではないわけで。費用対満足度を考えると二の足を踏む。もしワシが大旦那のカネ持ちだったとしたら、迷わずやってしまうんだろうけれど、生まれながらにケチと優柔不断な性格が災いして、エイヤ!と実行で [続きを読む]
  • サーバー障害に思う現代社会の依存度について
  • 大雨の週末はミニに乗ることもなく過ごした。おかげで何も更新するべき情報もなくしばし滞っているんだけれど、ブログ更新が滞っている理由はそれだけではない。本業のサーバーが障害で止まったまま。WEBサイトもメールの送受信もできない状況で、てんやわんや。緊急対応に追われ、さすがにアソビの情報ブログだけマメに更新というわけにもいかず、ドタバタ劇場を繰り広げている。今、こんなどうでもいいブログは更新できるという [続きを読む]
  • ネットニュースが新型ジムニー祭りになっている
  • WEB上のニュースフィードが『新型ジムニー』祭りになっている。ほぼ同時期に生まれ変わったクラウンやカローラはもう完全に食われて、みんながジムニージムニーと言っている。たしかにかっこいいし。二十年ぶりのフルモデルチェンジとあっては騒ぎもするんだろう。それにワシだって実際に気になっている。新しいクラウンには刺激はない。カローラにも食指は動かされない。だけど、なんとなくジムニーは別物だ。釣りキチ三平じゃな [続きを読む]
  • 文化系の香りを漂わせるクラシックミニ
  • どうもクラシックミニには体育会系のニオイがしてこない。野球部やラグビー部の汗臭い熱血漢は決してこのクルマを選ばないだろう。その手の輩はたいていの場合、やがてゴルフが趣味になり、ハンデの少なさを自慢し合うようになり、クラブハウスの車寄せにレクサスとかBMWで横付けすることこそステイタスだと感じるはずだ。腕にはロレックスかオーデマピゲ。わかりやすいブランドアイコンが好きなので靴にはカネをかけない。そして [続きを読む]
  • My Funny Summer Timeが聴こえ‥‥ないドライブ
  • ミニで片道1時間半、助手席にヒトを乗せてシゴトに出かけた。ミニどころかクルマに興味がない野郎にとって、狭小の室内に押し込められて跳ねまくる乗り心地は苦行以外、ナニモノでもないだろうなあ。しかしソイツを乗せて走るワシだって、せっかくのドライブ気分を奪われてしまい、ヒジョ〜につまらん。ピチピチとした(←って死後か?)オネーチャンだったらまた話は別だけれど、面白みのない生真面目な野郎を乗せて、シゴトに向 [続きを読む]
  • フェンダーレスの鉄チンを見つけた意外な場所
  • いろんな国の複数のブランド輸入車の新車中古車を扱う複合正規ディーラーという珍しい業態を展開している企業に足を運んだ。客として冷やかしたのではなく、シゴトの商談で、だ。社風を知るためにショールームをぐるっと一周見渡してみた。たしかにマニアックなクルマやバイクがあるわあるわ。こんなクルマやバイクが欲しくて買っちゃう人はとんでもない趣味人だよなあ。でもこのショールームはなかなか楽しいぞ。で、そこの片隅に [続きを読む]
  • クルマの排気音における心地よさについての一考察
  • クルマの排気音は心地いいのだけれど、エンジンの唸る音って、たとえフェラーリでも好きじゃない(唯一の例外はスバルのボクスターエンジン。アレは爽快だ)。クルマの紹介動画でボンネットフードを開け放って吹かしている映像を見ても、ワシの心は踊らない。やっぱりクルマは低回転でマフラーから聞こえる音こそ心地よい。かつてのF1でセナプロ対決時代、マクラーレンのマシンの咆哮を実況の古舘伊知郎がホンダミュージックと表 [続きを読む]