Godcooper さん プロフィール

  •  
Godcooperさん: Classic MINI 素人オヤジ篇 ノントラブルだよ人生は!
ハンドル名Godcooper さん
ブログタイトルClassic MINI 素人オヤジ篇 ノントラブルだよ人生は!
ブログURLhttp://www.classic32.com/
サイト紹介文改訂版/クラシックミニビギナー篇。ローバーミニな駄文。昭和ロックのノリで人生もミニもノントラブル!
自由文1964年製名古屋のオッサンです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 169日(平均7.6回/週) - 参加 2017/11/09 12:38

Godcooper さんのブログ記事

  • LEXUSでは味わえない贅沢だと思うんだよなクラシックミニは
  • 知人のLEXUSに乗った。GS Fというセダンのカッコをした怪物パワーの車種だ。いろいろなオプションをテンコ盛りにしたのかと思ったら、吊るしのまんまのドノーマルだという。あとで調べるまで知らなかったのだけれど、1000万円を超える高級グレードだった。大台に乗っていくのは最上位のLSとウルトラマンのような顔のLCだけかと思ったんだけれど、その他にもそんなに高い価格設定で勝負していたことを知ってビックリだ。昔 [続きを読む]
  • 油断禁物だぞ!とアラートを鳴らすラバーコーンサス
  • 1年弱ぐらいでハッキリと自覚できるほどラバーコーンというのは潰れるものなのだろうか?しかもリアなのに‥‥。なぜかフェンダーの干渉が増えているような気がする。フェンダーのすき間を測ってみると、その計測値は誤差の範囲でしかない。…となると、ショックアブソーバーがすでにヘタってきている? ミニの足廻りは刺身並みに賞味期限が短いのか?素人なりの勝手な想像なんだけれど、これはきっとドライバーであるワシのエイ [続きを読む]
  • YouTube閲覧の拡散思考にハマっていくネット依存症
  • 休日にYouTubeで昭和の曲を演奏するカバーバンドの動画を観て、テクニックを学んでいるうちに、なぜか昭和の懐メロに惹き込まれていってしまう。それをいくつか辿っているうちに、いつのまにか昭和の古い街並みの風景を眺めている。やがて戦後から復興していく日本家庭の歴史に興味津々になっていく…。‥‥と、どんどん自分の関心があらぬ方向に向いていくのはネット社会ならではの拡散思考あるあるだ。その行動は典型的なネット [続きを読む]
  • 売れるクルマのデザインが嫌いなんだけど
  • 広島産ファミリーカーの2回目の車検の予約をしてしまった。走行距離は5年でわずか23,000kmだからまだまだ全然乗れる。欲しい新車もないからまったく問題ないとは思っていたけれど、豊かな感じがしないのでイマイチなような気もする。ま、ムダ遣いをやめたと思えばいいか。メイド・イン・ジャパン製品を応援だ。とは言いつつも、『欲しい新車がない』というのは大きな問題ではなかろうか。近ごろの自動車デザインといば、どれもこ [続きを読む]
  • クラシックミニという商材のマーケット規模はいかに
  • おおおお!これはなんだなんだなんだ?!仕事で訪れた町でクラシックミニばかりがウジャウジャと並んでいる場所の横を通り過ぎた。そんなモノを見たら気分が盛り上がらないわけがない。よく目を凝らしてみたら、このあたりじゃ有名なミニ専門店のロゴが掲げてあった。なるほど、ここがあの名高いショップの本丸なのか。愛知県だけでもミニの専門ショップを名乗る組織はいくつもあるから、それだけマーケットがデカいってことだよね [続きを読む]
  • ミニが我が家にやってきてからの休日の変化について
  • ミニが我が家にやってきてから、何の用事もない天気のいい休日の朝は、クルマのケアをするようになった。2台の埃を取り除き、コーティング剤を塗布し、ミニのエンジンルームを覗く。しばしばホワイトレターの修復を施したり、ベルト鳴きのチェックをしたり…。その時々によってワシのミッションは変わるけれど、毎週変わらないことがある。それはお向かいのマンション窓から聞こえてくる教育ママの叫び声だ。おそらく小さな児童な [続きを読む]
  • 加齢臭対策してますか?してません!
  • そういえば、納車よりずいぶん前『このベース車両を仕上げていく』と言われて、初めて(その時はまだ自分のモノになる予感でしかなかった)ミニに乗り込んだ時から、実はずーっと心の奥底で気になっていた。それは全然我慢できないことじゃないし、不快でもなかったけれど、知人を乗っけたときに開口一番こう言われた。「昔の中古車のニオイが漂っている」と。ニオイとは雰囲気のことを言っているのではなく『匂い』もしくは『臭い [続きを読む]
  • 寿命5年のパソコンと長持ちのミニと…
  • シゴトで使っているMacBook Proがもう限界のようだ。パソコンの裏を見ると2010と表記があるから、8年選手だ。この1週間ほどずっと具合が悪い。突然シャットダウンしてしばらく再起動できない。起動時にヘンな色の画面になったりする。いろいろ試しているうちにやがて何事もなかったように再起動されて、しばらくは全然フツーに使える。だけどここ最近は毎日このシャットダウンが起こる。これはもう寿命が近いということだろう。 [続きを読む]
  • センス抜群なオールドイングリッシュホワイトのミニ
  • 栄の街中を颯爽と走っていくオールドイングリッシュホワイトのミニを見かけた(上記写真はかつてのC.C.Oさんの商品車で見たのは別のクルマ)。最終型クーパー?の分厚いオーバーフェンダー、深リムの13インチ、クリスタルテール、LEDの目ン玉に社外品の小さく丸っこいフォグランプ、センター出しの太いデュアルマフラー、リアウインドウにBritaxのステッカー‥‥。かなり気合いが入ってキマってた。しかも平日に見かけるとは珍しい [続きを読む]
  • もっとも印象に残ったマイカーは…ミニじゃない
  • かつて所有したり、運転したことのあるクルマの中でもっとも印象的なモノはどの車種だったか?と、知人に投げかけられて、答えに詰まってしまった。インパクトはあるクルマに数々出会ってきたものの、残念ながら“もっとも”印象的かと問われると『クラシック・ミニ』はそこに選ばれないような気がするからだ。走りで言えば、今所有しているアテンザワゴンだろうか…。山道を走っていてこれぞ“人馬一体”なのかと感動した。ワゴン [続きを読む]
  • 夜道を走って気づいたクラシックミニのストレス
  • 雨の日と夜はなるべく乗らない主義だ。古いクルマをいたわる気持ちもあるけれど、何よりテンションが下がる。景色が見えなくてつまんないのはどんなクルマでも一緒だけれど、対向車や後続車のヘッドライトが眩しい。そのくせ自分のミニのライトは今どきのクルマのように煌々とした光量はない。景色が見えないんだから、BGMでも…と思って音楽を鳴らすと、そのショボい音域ではテンションが上がらない。マフラーからの排気音が曲の [続きを読む]
  • おいおいそりゃないぜ!Google Mapsチャンの道案内
  • 知人のお見舞いに出かけるために知らない町の病院へとミニで向かった。道案内はスマホのカーナビアプリがあるから大丈夫。いつもはYahoo!カーナビばかりだけれど、近頃コイツは渋滞回避をしてくれないような気がした。それに知らない町を効率的な経路で行くならGoogle Mapsのほうがマニアックな道を教えてくれるので、今回はそっちを優先した。そしたら、ビックリ。こんな道は本格クロカン仕様の4WDで来なけりゃ通れんやろ!イマ [続きを読む]
  • 休日のカスタムカーイベントに向かうであろう集団に逢って
  • ジーパンはデニムパンツだし、上着はアウターだし、近頃の呼び名はオッサンにとってどうもむず痒くて苦手だ。呼び方なんてコールテンのズボンだし、チョッキだし、オーバーだし、開襟シャツだし、トックリのセーターでいいんだよ。それと同じで、イマドキはシャコタンではなくスタンスネーションと呼ぶらしい。…ということを学んだ。あいにくの曇り空ではあったけれど、土曜の朝にミニでひとっ走り。どんどん郊外へ向かっていると [続きを読む]
  • めちゃくちゃ速い公道のミニを見た過去の経験に思う
  • たしかあれは3〜4年前。まさか自分がミニを買うなんてまったく想像もしていなかった時代。高速道路を走っているときに、数台のクラシックミニの集団が法定速度よりたぶんちょっと速めなスピードで後方から迫り、巡航速度で流すワシのクルマをあっという間に追い抜いていったことを思い出す。『え?ミニって1000ccとか1300ccなんだよね。あんな速度で走れるんだ!』と、驚いた。すぐに小さくなって消えていくその姿はかっこよく見 [続きを読む]
  • クラシックミニのおもちゃってまだあるのかな?
  • 我が子が成長し、もうオモチャを買ってやることもなくなった。そしてこの4月から家を出たセガレの部屋を片付けていたら出てきたクルマのおもちゃたち。小さい頃から大好きだった旧いスーパーカー系や代々のフェラーリF1など、精巧にできたミニチュアカーは、自ら新居に持ち出していった。蛙の子は蛙だなあ。今どき珍しいマニアックなクルマ(のオモチャ)を愛でている姿を垣間見て、何やらホッとするような、いやいや、マイノリテ [続きを読む]
  • みんなロードクリアランスどうしてんのだろうか問題
  • みんなはどうしているんだろうか。このロードクリアランスを見てみると、アホか!と言いたくなるぐらいマフラーおよびエキパイが地面と近いんだよなあ。たとえドノーマルの車高でもイタリアの牛や馬よりも低いっていうのはいったいどうなんだ。エンドパイプの角度から想像するにタイコ付近が地面スレスレのように感じるんだけれど、実はそれよりも前席シート真下辺りの触媒が低い。これはみんなどうしているんだろうか。猛者たちは [続きを読む]
  • 三菱自動車の「過ちに学ぶ研修室」を見てみたい
  • ズルして儲けようと考えたり、損しないように隠したりすると、人はインチキ施策に知恵を絞る。企業理念が大事!なんて言いながら、目先の利益や価値を偽ると後で不正に走る。ウソを隠すためにさらにウソを重ねているうちに多くの人を騙し、巨悪組織になっていく。だからワシは三菱自動車という企業の生み出した成果物を欲しくなることはないと思っている。ウソを塗り重ねていく体質は犯罪者集団だとさえ思っていた。だけどその三菱 [続きを読む]
  • 都会と田舎で大きな差があるレアなクルマ出現率
  • 中山間地域に行くと、田畑に囲まれた家の庭に結構かっこいいクルマが停まっている。で、その多くが旧車だったりする。郊外の田んぼの中にあるガレージには、初代のセリカXXがいつも置いてある家を知っている。マスタング(ワシらの子どもの頃にはムスタングと呼ばれていた)マッハ1が整備を待って馬をかけられている場所もある。古い360ccの軽が3台停まっている家もある。VWカルマンギアとベレットのGTじゃないヤツが並んでいる [続きを読む]
  • ボンネットに積もる塵を眺めモノへの愛着を思う
  • 書き溜めた駄文をコマ切れで公開しているのでブログは毎日更新されているけれど、ここ最近はゆったり気分でミニを運転する機会はほとんどない。年度末&年度始めのドタバタに追い詰められ、先月からボディのお手入れを怠っている。毎朝、ミニのボンネットに積もっているホコリを眺めては、ムムムと唸りつつ何もせず放置のまま急ぎ足で地下鉄駅に向かう。…と、そんなことをオフィスの同僚に話したら『え?そんな毎週毎週お休みのた [続きを読む]
  • 中古車市場のローバーミニの適正価格ってナンボ?
  • グーネットで検索してみると、全国のローバーミニの中古車在庫台数は651台(2018年4月1日時点)。最安価格は25万円(92年式メイフェア)。最高価格350万円(年式不明なのが2台)。平均価格は66.5万円とのこと。価格差がヒトケタ違う。ちなみにVWビートルType1も調べてみたら、47.8万円〜581万円。こちらもまさしくまるっとヒトケタ違いの価格帯。ただしタマ数は181台なので、選択肢はミニに比べたらグッと少なくなる。それならば [続きを読む]
  • 広告表示が無効になっている〜!!
  • ワシのつなないブログを定期的にご笑覧いただいている皆さんには見やすくなって便利なのかもしれないけれど、広告表示がなくなった。というより『このログインのアカウントが無効になっています』というメッセージ。何かのエラーだと思ったら『アカウントの非承認』というメールまで届いてるやんか!!!マジか!Googleから急に悪人扱いの宣告をされているようで、めっちゃドギマギするじゃないか。自分で しないように、ル [続きを読む]
  • ミニは明るく豊かさの象徴になれるクルマか
  • ギターのリッケンバッカーは、ビートルズのおかげでイギリスの代表選手みたいなイメージが強烈にあるけれど、実はGibsonやFenderと並ぶアメリカのギターメーカーだ。にもかかわらず、リッケンバッカーがあんなにも英国風味を出すのって、ビートルズのイメージがめちゃデカいってことだよなあ。逆にグレッチのギターじゃアメリカのオールディーズロックンロールの雰囲気しか出せない。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で観た [続きを読む]
  • ローバーミニ後期型ウッドパネルのクリア浮き
  • クロームメッキのバンパーを付けていた時代のロールスロイスやジャガーでふんだんに活用されたウッドパネルは、その仕上がりが工芸作品としても美しかった。モーガンなんてクルマのフレームそのものが木製だった時代もある。木でできたパーツを自動車のあちこちに活用していた英国車からは、ゴージャスな雰囲気が漂っていた。そのイメージを踏襲した各自動車メーカーは、ウッドパネルをあらゆるクルマで取り入れ、高級感の演出ツー [続きを読む]
  • 心地よいマフラーの排気音とはなんぞや
  • 数年前、ダウンサイジングターボになったF1マシンは、あまりに静かすぎてエキサイティングな訴求に欠けるという奇妙な理由で、エンジン音やエキゾースト音をもっと大きくするという検討が行われた。カーレースというエンターテイメントのショウとしては正しい検討事項なのかもしれないけれど、自動車の進化とはまったくかけ離れた本末転倒な話だったと思う。市販されている一般的なクルマはどんどん静粛性を突き詰めて、静かであ [続きを読む]
  • 写真映りがよくなる角度ローバーミニ篇
  • かつての同僚でカメラを向けると、必ず同じポーズ、同じ角度で口角を上げ、同じ微笑みをカメラに見せる美人女子がいた。自分がどの角度で映ったらもっとも美しく見えるのかを常に研究して、キメの角度を貫徹していた。翻って、上記写真。ワシには全然カッコよくない。人の好みには個人差があるのでなんとも言えないけれど、この角度から撮るミニの姿はどうしようもなくカッコ悪い!そんなふうに感じたのはまだ購入前、中古車サイト [続きを読む]